≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin
横浜FCの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016 横浜FC 第2節も完敗 

 開幕戦、2節と連チャンでホームなんて、とても恵まれていたわけですが、逆に相手が守備の堅い讃岐とJ1から降格してきた松本と難敵続き(しかも次のアウェーは千葉)。
 そんな中での船では厳しいものになりました。

 讃岐戦は新加入選手が4人。田所・西河・藤井・津田と登場しました。しかし藤井はなれない右サイドハーフ。不思議な選手選びでした。
 前半のうちに讃岐に2人も負傷者が出る中で、なんとか主導権を握る展開ができます。選手の出来もまずまず。しかし、得点が生まれないまま後半、膠着状態を打開できないでいるうちに、CKからゴラッソを決められます。
 しかしその後の交代策も不可解なもので、結局勝点を自ら手放すような結果に。

 敗戦のショックを打ち消すように、新外国人FWイバの獲得がアナウンスされました。いきなり先発も期待されましたが、ルスさんがそんな冒険をするとは思えず、案の定ベンチスタート。
 今日は大久保をベンチ外とし、小野瀬と津田の2トップ。ボランチを中里から佐藤に代えてきました。気になったのが引き続きサイドハーフで先発した藤井。開幕ではまずまずのプレーでしたが、けっして攻撃に基点となっていたわけではなかったので、2試合続いて同じポジションというはビックリ。監督は何を見て、何を期待しているのかがわからない。

 相変わらず入りがゆるい横浜、開始30秒でサイドを破られ、角度のないコースを決められ、いきなり失点。さらにCKもドンピシャで決められます。
 ゲームプランが狂ったのですが、かと言って目が覚めた様子もなく、ミスのオンパレードが続きます。おりからの強い風雨もあって、集中力が欠けていました。パスは通らず、トラップは収まらず、走らず戻らずと、ナイナイ尽くし。
 特に緩慢なプレーで2失点ともに絡んだ野上はよくなかったですね。前半で下げられ、後半からデニスが初出場。
 後半は風上に立ったこと、松本が無理せずプレスラインを下げたことなどでチャンスも増えますが、シュートが少ない。挙句の果てに小野瀬がPKを外し、追い上げムードに水を差します。
 小野瀬がボールをセットしているとき、新外国人イバが呼ばれ、指示を受けていました。小野瀬が決めていてイバが投入されれば雰囲気も変わり、サッカーは2-0が怖いというセリフを言わせらられませんでした。

 問題点は3つ。
①ラインが間延びしている
 全員の運動量が足りないんだと思う。前線で奪われたとき、後ろが押し上げていなくて、簡単にカウンターの起点を作られる。そのあとで遅まきながらラインを上げて裏を取られる。
②手数をかけ過ぎ
 ビルドアップで無駄なパス交換を重ねるから、相手はもう待ち構えているし、ミスも出て奪われる。今日は寺田と松下がブレーキでした。
③流れを変えられない采配
 これは昨季から気になっていました。とにかく動かない。プランどおりの交代か、リードされて初めて動く。これでは逆転はない。

 ではどうする?
①監督交代
 中田さんカムバックか、重田さん昇格とか。昨季休養前から10連敗では…。もちろん、成績不振でやめた監督を呼び戻すという愚策に打って出た北川社長にも責任をとってもらう。
②もう一度選手を平明な目でみる。
 後半、選手が3人変わってから、少し良くなった。デニスはまだ守備はいいところを見ていないが、フィードは魅力的。ロクもいい動きだった。イバはよくわからん。ややホナウドの匂いもする。でもまだ時間が短い。早くフィットしてほしい。
 野上はひどかった。寺田・松下も攻撃を遅らせるだけで効果的なパスもない。寺田はむしろ低い位置で持ちすぎて奪われる悪弊が目立った。中里も前節よくなかったし、ケンスケも今日の前半は酷い出来だった。でも彼らにこだわりすぎていないか?
 ならば、まずデニス・ロク・イバを先発させ、中盤にはもっとイキがいい選手を置こう。中盤の守備力が厳しいから、大崎とかどんどん使ってほしい。藤井だって悪くはないんだから、本来の守備的なポジションで使ってみよう。

 とにかく、雰囲気を一新させねば、ズルズル行くばかりだぞ。

スポンサーサイト

待望のFW! 

FWイバ選手加入内定のお知らせ
2016.3.1. 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、新戦力としてFWイバ選手(30)の加入が内定いたしましたのでお知らせいたします。
なお、イバ選手はメディカルチェックの結果が確認でき次第正式契約となります。

No14. イバIBBA(Laajab Abdurahim/FW 30歳)
■生年月日:1985年5月21日
■身長/体重:190cm/88kg
■国籍:ノルウェー/モロッコ
■チーム歴:
スケイド オスロ(ノルウェー)-ボルシアメンヘングランドバッハⅡ(ドイツ)-スケイド オスロ(ノルウェー)-ノトデン(ノルウェー)-ミェルンダーレンIF(ノルウェー)-ストレンメンIF(ノルウェー)-バレレンガ(ノルウェー)-スターベク(ノルウェー)-FKボーデグリムト(ノルウェー)-河北華夏(中国)
■イバ選手コメント:
「奥寺さんとカズさんという二人の偉大なレジェンドが所属する横浜FCで共にプレーする事が出来て大変光栄です。J1昇格という目標に向かって全力でプレーしますので横浜FCのサポーターの皆さん、応援を宜しくお願いいたします。」

※イバ選手の背番号は14番となります。
※3月2日9:30のチームトレーニングから合流しトレーニングを行います。


------------------------------------------

ついに決定!

 津田が加入したとはいえ、明らかに手薄なFW陣。中田さんが新体制発表で「まだ空いている背番号がある」と言ってからはや2ヶ月、誰もがFWの補強を願い続けていました。
 ところが期限付き移籍だったホナウドも契約解除となり、結局FW4人のまま開幕。残念ながら無得点で敗戦し、また去年のようになるのか、とがっくりきたことでしょう。

 しか~し! 

 ついにFWが補強されましたよ! しかも大型外国人! 
 でかいな~。ジャンボと並んだら強烈やな~。津田と組んだら、マーク引っ張ってくれそうだな~。フットサル代表経験もあるって? でかくても足元あるんかな~。
 いや、まだ海の物とも山の物ともつかないですがね。とりあえず期待するしかない。頼むよ!

 こうなると残る補強ポイントは・・・監督の采配かな(汗)


横浜FC 2016シーズンウェルカムパーティー 

 いよいよ2016シーズンも来週開幕となりました。
 今年は時間が取れたので、シーズンウェルカムパーティーに出席してきました。

20160221 1
 今年もこの方たちが息のあったトークを見せてくれます。

20160221 2
 選手入場前に、F!リーダーズやP.IDLのパフォーマンス。今年もよろしく!

20160221 4
 さらにJユース・ユース、シーガルズの紹介です。
 シーガルズの紹介では、スタジアムのスポンサーであり、さらに今年からシーガルズのスポンサーとなったニッパツの広報さんからご挨拶。
 これまで三ツ沢のネーミングライツを8年にわたって続けてくれたニッパツですが、さらに5年延長! 地元企業の協力って嬉しいですね。拍手も大きかったです。
 Jユースは関東1部、ユースはプリンス、シーガルズはなでしこ2部へそれぞれ昇格を果たしました。トップも…!

20160221 3
 選手・スタッフの登場! 津田や小野瀬、野崎など数名欠席。残念。小野瀬の練習着が手に入ったからサインもらいたかったな~

 その後ゲームやサイン会。同じテーブルには内田、齋藤、南、前嶋とご一緒しました。サインは、カズのも欲しかったのですがあっという間の長蛇の列で諦めました。ベトナムのピルロ、アインからもらえたのは良かった!

 新入団、ユースから昇格した2人は宴会芸を披露。
20160221 5

 …前嶋くんがよく頑張ってたな~(笑) アロンアルファ!

 さて、残念なことが一つ。開幕まで一週間といえど、結局FWの補強についてのアナウンスは無し。FWは今のところ、大久保・津田・カズ・前嶋の4人だけです。前嶋くんはユースから昇格したばかりで、まだ未知数。カズの稼働率を考えると、結局ジャンボ・津田の2人に頼ることになります。実績のある選手とはいえ、伸び代はあまり期待できません。
 昨季のように小野瀬や野村といった選手を1.5列目に使ったりすることが増えるでしょうが、やっぱり決定力のあるFWがもう一人欲しい。
 新体制発表記者会見のとき、中田ダイレクターは補強を仄めかしていましたが…。

 とりあえず開幕はこのメンバーで行くしかないでしょう。



▼続きを読む▼

2016 横浜FC展望 

 2016シーズンの横浜FC新体制発表が行なわれました。追加の補強を考えているようですが、現時点での戦力を確認したいと思います。
 昨オフは、ルーキー以外は在籍経験のある選手を呼び戻しただけで、ホントの意味での新加入は上田だけという異常な編成でした。開幕前なのにどんよりしてしまったのですが、今オフは千葉のような派手なものではありませんが、実績のある選手の補強があり、少しは明るい気分でのぞめそうです。
 順番は背番号順、( )は年齢、青字は新加入です。

GK
渋谷飛翔(20)・南雄太(36)・高丘陽平(19)
 昨シーズンから村井が抜けただけ。南のレギュラーは揺るがないところでしょう。渋谷が伸び悩んでいるのか、昨シーズンは南がフル出場でした。中堅がいないだけに、そろそろ若い2人のどちらかが出てこないと…。

CB
野上結貴(24)・デニス(29)西河翔吾(32)・楠元秀真(23)
 昨季最大の弱点だったCBは、テホン・森本が抜けました。実績のある西河に、新外国人デニスの加入には、野上もうかうかできません。実際にはデニス次第ですね。トゥイード軍曹のようになってくれるといいのですが。
 若い楠元もふくめてかなりバランスの良い構成になりました。フィットしてくれれば一転してストロングポイントになるかもしれません。MF登録の藤井もCBができますので、緊急時もなんとかなるかな。楠元はもっと伸びてくれ。

SB
田所諒(29)・市村篤司(31)・永田拓也(25)
 中島が退団、時折SBを務めた小池が移籍しました。左は、岡山で存在感を示していた田所が加入。運動量も多い選手で、十分に中島の穴は埋まりそう。逆に永田はまだ信用がないってことかな。
 右は今のところ市村一択。昨季バックアップがおらず苦しかったのですが…。石井か藤井がここに入るかもしれません。

DMF
中里崇宏(25)・佐藤謙介(26)・寺田紳一(30)・安英学(37)・大崎玲央(24)・石井圭太(20)・藤井悠太(24)グエン(20)
 急に人材豊富になってきた。No6になった中里に期待がかかってるのかな。個人的には今年も謙介推しです。昨季主にボランチに入ったのが、寺田・中里・佐藤。3人とも守備よりも攻撃的な選手で、中盤でブロックが効きにくい難点がありました。やはり1人は守備的な選手のほうがいいと思うんですよね。実際、終盤にヨンハが復帰してからはかなり起用されましたし。ただそのヨンハも衰えはありますから、未知数の大崎に期待。デカイしね。
 寺田と佐藤は前でもいけるので、後ろを固めて前で勝負させるかもしれません。
 藤井は移籍発表ではDFで紹介されましたが、背番号の発表ではMF。どこが一番いいんだろう。器用貧乏で終わらぬように…。
 話題の「ヴェトナムのピルロ」グエンは小柄ですし、守備面はやや不安かな。どういう起用になるのか、話題だけで終わらぬように。
 石井くんは勝負の年、そろそろ本職のボランチで出場して欲しいけど、まだ厳しいか?

OMF
内田智也(32)・野崎陽介(30)・野村直輝(24)・小野瀬康介(22)・ロク(28)・ナソンス(22)・松下年宏(32)・上田 悠起(19)・前嶋洋太(18)
 小池の移籍が痛いアタッカー陣。急遽野崎を契約更新しました。前嶋以外新加入なしですから、伸び代に欠けますね。
 前で起用される可能性のある寺田・佐藤も含めて、足元で勝負する選手が多く、縦に速い選手が少ないのが難点。松下が軸にはなるでしょうが、それを揺るがす若手が出てこないと、昨季のような得点力不足になりますよ。内田は以前のようにボランチで起用しないのかな。
 FWが少ないので、昨季のようにこのメンツからトップ下や1.5列目としてFW起用されることもありそうです。
 難しいのはロク・シュトラウスの起用法ですね。終盤にやっとフィットしそうな感じがしましたので、最初からチームに参加する今年は化けるか?
 昨シーズン、ルス監督が序盤重用していたのが小野瀬ですが、結果を出したとは言いがたい。野村とともに、一皮むけるのか?
 最後まで契約更新情報が出なかったナ・ソンスですが、まだ戦力として考えてるのかな? 「永遠の秘密兵器」では困るのだが。

FW
津田知宏(29)・三浦知良(48)・齋藤 功佑(18)・大久保哲哉(35)
 記者会見で中田さんが「空いてる番号があります」といって補強を示唆した時、誰もがもう一枚FWを! と思ったことでしょう。相変わらず手薄です。会場でデニスがサプライズ紹介された時、FWちゃうんか!とツッコミたかった人も多いでしょうし。
 ただ津田は期待。徳島でも存在感あったし、パワフルなプレーは楽しみ。
 このメンバーだと、津田を中心にワントップでいくか、津田・大久保の2トップか、ということになるでしょう。そこにカズを混ぜていく感じで。齋藤くんはまだどうともわかりませんからね。昨季全試合出場の大久保は津田の加入で負担が減って、逆にチャンスが増えるかもしれませんね。
 ただ、このメンツだと流れを一気に変えるタイプがいない。FWに限った話ではないが、これでは長いシーズンを乗りきれないと思う。

 こうやって見ると、若い選手が急増したな、と思う。ただ、渋谷・高丘・石井・上田・ソンスと芽が出たとは言いがたい。いつまでも「期待の若手」を待っていられないのです。ウチで期待通り育ったといえるのは野上くらい。謙介・中里・小野瀬・野村はまだまだ。移籍してきた中堅選手が活躍するばかりでは寂しい。今年も齋藤・前嶋と2人上がってきて、ユース組は5人となりました。彼らがチームの根幹になる日が早く来ますように。


2016 横浜FC新体制発表記者会見 

 今年も横浜FCの新体制発表の日がやって来ました。このオフは新選手加入や契約更新をサボってアップしていませんが、昨シーズンオフと違って課題に明確に向かい合う補強が行なわれたように思います。

 で、今日はその新体制発表が横浜FCのLEOCトレーニングセンターで行なわれました。去年はいかなかったので、今年は嫁さんと一番下のチビを連れて行きました。上2人はおじいちゃんちにお泊りで、妖怪ウォッチの映画を見に行っています(笑)

20160111 1

 まずスタッフですが、ルス監督再任。昨季8連敗を立て直せず、中田さんに交代となりましたが、再登板は驚きました。采配など若干心配ではありますが、今年は早い決定でチームづくりの段階からしっかり関わってくれているのではないかと期待。
 中田さんとのコンビで今季は頼みます!

 増田・早川・田北さんは変わらず、あらたに重田さんがアカデミー兼任ながらアシスタントコーチに。OBコーチ3人です。

 新加入は、DF西河・DF田所・DFデニス・FW津田・MF大崎・DF藤井・FW齋藤・MF前嶋・MFグエンの9人。
20160111 2
(グエンはU23代表の試合で欠席)

 新加入選手入場の時に会場を沸かせたのが、サプライズ発表となったDFデニス・ハリロビッチ。188センチと長身のスロヴェニア人です。楽しみです。
 背番号は、

1 渋谷飛翔
2 野上結貴
3 田所諒
4 デニス・ハリロビッチ
5 西河翔吾
6 中里崇宏
7 内田智也
8 佐藤謙介
9 津田知宏
10 寺田紳一
11 三浦知良
12 サポーター
13 野崎陽介
14
15 市村篤司
16 野村直輝
17 安英学
18 南雄太
19 小野瀬康介
20 ロク・シュトラウス
21 大崎玲央
22 永田拓也
23 ナ・ソンス
24 松下年宏
25 石井圭太
26 高丘陽平
27 楠元秀真
28 藤井悠太
29 上田悠起
30 齋藤功佑
31 前嶋洋太
32 グエン・トゥアン・アイン
39 大久保哲哉

 です。3・4・5・6でどよめきが。そして9で期待の拍手!
 その津田は今年の目標を聞かれて、2桁と言ってました(まぁ99点まで2桁ですがwww)。拍手があったけど、それじゃ足りない! ジャンボと2人で30以上はいってくれないと昇格はないよな~

 そしてあえて空欄で載せました、NO.14。中田さんは空いてる番号があります、まだ補強は終わっていない、と言っていました。リップ・サービス出ないことを期待。やっぱりFWが層が薄いですから。


▼続きを読む▼
chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。