≪ 2007 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2007 11 ≫
*admin*entry*file*plugin
横浜FC 観戦記の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016 J2第4節 横浜FCvs山口 

 久しぶりに観戦記をアップです。昨年はサボったので…

 開幕3連敗でルス監督は検査入院。なんだかな~という展開ですが、とりあえず指揮をとるのはヘッドコーチの増田功作。クラブ創設時のメンバーで、長く選手として活躍、コーチとしても長くなりました。
 ここまでのトレーニングでどのくらい自分の色を出しているのか、今日の采配もどの程度オリジナルなのか。ただ、イバを初先発、野上・松下・中里といったメンツをベンチからも外したところを見ると、ちょっとは流れ変えようとしてるのか?
20160320 3

 相手は初対決、昇格してきたレノファ山口です。
20160320 4

 先発は
FW イバ・カズ
MF 野村・寺田・佐藤・小野瀬
DF 田所・デニス・西河・市村
GK 南

 カズの先発も驚きましたがね。ジャンボ・津田をベンチスタートとするのがどうなるか、イバは先発でどういうプレーを見せるのか。

20160320 1
 ベンチ外なんて久しぶりだろう野上は、社長たちと募金に回っていました。
 中里と松下はサイン会。なんかフクザツな気分ですな。

 連休中日とあって、スタンドはかなりまばら。久々にバックスタンドに入った我が家はのんびりお昼です。
20160320 2

 …でかい口だな、おい。
 開始前のイベント、タオルマフラーぶんぶん選手権では、こいつを抱えてマフラー振らせたら、ぶぅちゃんにロックオンされました。そう、記念品をゲットしたのはこの娘です(笑) やっぱ子どもをダシにすると目立ちますな~。5年位前は長女をダシにしてロックオンをもらい、フェアプレーフラッグベアラーやりました。

 さてゲーム。
20160320 5


 前半は後ろ2列をしっかり並べて、引き気味にコンパクトな陣形を保って守備を第一とします。高い位置からチェイスせずにボールを回させ、縦に入ってきたところから奪いに行くのを徹底。
 攻撃ではイバを最前線において、カズが低い位置の味方とのリンクをするような感じでカウンター。ロングボール中心。

 昇格してきた山口の攻撃が迫力を欠いたせいもあって、守備ではまずまず危なげない出来です。高い位置でドリブルを仕掛けられるとズルズル下がるのは相変わらずですがね。ポストに助けられるシーンもありました。
 オフェンスでは、イバの使い方が浸透していないのか、チグハグさが見られたものの、そのイバの安定したポストプレーのおかげでチャンスもそこそこ作れました。カズが前線からうまいポジショニングで守備ではコースを限定し、攻めてはイバを活かそうとプレー。ただ、チャンスがいずれも単発に終わり、やはり横浜FCも迫力不足です。
 まぁ、なんとか破綻せずに前半を終えます。

 後半早い時間でカズからジャンボへスイッチ。ようやくここから、という感じでペースアップします。前半はやや孤立気味だったイバも、ジャンボが入ってマークが散ったせいか、いい形でボールを受けるようになります。
 さすがに190センチ台が2人並ぶと迫力ありますね。

 ジャンボ投入でスイッチが入った横浜FC、エンジンがかかってきたイバのポストプレーが冴え渡り、スピーディーに前線にボールが入るようになります。
 待望の先制ゴールは、ジャンボ投入の10分後でした。左サイドでスローインのボールを受けた佐藤のクロスを、ファーのジャンボが頭で折り返します。イバが潰れた後ろでGKが弾いたボールを、小野瀬がDFに寄せられながらも頭で押し込みました。ようやく今シーズン初ゴール!
 佐藤のクロスが上がった時、ジャンボ・イバともにエリア内にいて、それぞれにマークが1人ずつ。マークが分散しているので、高さを考えると、かなり余裕がありますね。ジャンボの折り返しも良かったですし、イバがマークを引っ張ったことで山口も小野瀬への対応が遅れました。
20160320 6
 
 これで余裕が出た横浜。山口も同点を狙ってペースを上げてきます。ややバタついた展開へ。こういう流れは采配で動かすしかない。増田コーチはここで奮闘したイバを下げ、初出場となる大崎を投入。
20160320 7

 守備でミスが多かった佐藤に変えてボランチに入れるのかな、と思いきや、大崎は最終ラインへ。3バックにシステム変更です。
20160320 8

 これが奏功、守備が再び安定し、山口の勢いを削ぎました。重心を後ろに起きつつ、サイドからカウンターを仕掛けます。
 すると81分、今度はCKからゴール前の混戦、泥臭く小野瀬が押し込み、2ゴール目。これで勝負あり!
20160320 9

 ただ、時間はまだあります。終盤、今度は野村を下げて津田を投入。再び2トップにします。やや5バック気味にしつつ、津田のスピードをいかしてカウンター狙い。これで山口の反撃を封じました。
20160320 10

 4分のロスタイムもしっかり凌いで、ようやく初勝利!
20160320 13

 正直、山口は今までの相手比べれば余裕のある相手でした。増田コーチはいい流れに乗ったと思います。イバ先発で雰囲気も変わって、タイミングが噛み合いました。
 とはいえ、次節はどうするんでしょう?
 山口の出来からすれば、順当な結果のようでもあり、かといってルス采配では効果的な選手交代・システム変更ができたかどうか。ただそれも、先制点が取れた結果うまく行った面もあるわけで、評価が難しいですね。

 ただ、前半我慢→ジャンボ投入でシフトチェンジ→先制後は3バックで落ち着かせる→終盤は津田で締める、という采配は非常に合理的ではありました。3バックをルスさんがすでに手がけていたのか、増田コーチがトレーニングで導入していたのかわかりませんが、横浜FCにしては珍しく、采配で主導権を握ることができたゲームでした。

 ついでながら、この試合、レフェリーが不安定でした。困ったもんだ。

▼続きを読む▼
スポンサーサイト

2015 J2第1節 横浜FCvs群馬 

 毎年思うのですが、Jリーグは開幕が早いです。昨年はホーム開幕でしたが生憎の雨。非常に寒かったのを覚えています。今年はアウェー、群馬での開幕でした。
 今朝の横浜は朝から雨。しかし前橋の予報は曇りでしたから、それを信じてバイクで出発しました。正田醤油スタジアム群馬は駐車場のアクセスが悪いようなので。

 幸い群馬県に入ってからは雨もやみ、気温も上がってきました。正田醤油スタジアム群馬は初めて来ましたが、いわゆる国体型の総合運動場の一角ですから、トラックもあり、スタンドもあまり大きくありません。メインに陣取りましたが、こちらはやや高さがあるので、よく見えます。

 気になる開幕のスタメンは、
FW 大久保・カズ
MF 小野瀬・中里・寺田・松下
DF 中島・野上・テホン・市村
GK 南

 カズの開幕スタメンは驚きましたね。優勝した2006シーズン以来です。まぁ、今シーズンは背水の陣、48歳になったばかりで、どんなプレーを見せられるか。ボランチ寺田の相棒は案の定中里。こちらは武者修行帰り、期待です。
 最も不安があったCB。野上の相棒はテホンでした。在籍時(2011)は、CBとしては高さもスピードもあるのに軽いプレーが散見されましたが、どれだけ成長しているでしょうか。なお、サブには楠元が入っています。
 対する群馬は新外国人アクレイソンとタンケが先発、また横浜FCから復帰した松下裕樹はキャプテンマークを巻いて登場です。今年から所属する永井雄一郎はサブ。群馬にはベンチ入りしていませんが坂井洋平もいますし、なんか懐かしい。
2015-03-08 1

 このスタジアムは、遙か赤城山を望めます。雲をかぶっていましたが、裾野が広がる雄大な山容は、中々のものですね。
2015-03-08 2

 では、開幕です!
2015-03-08 3
2015-03-08 4


▼続きを読む▼

2014 J2第42節 横浜FCvs北九州 

 いよいよ、今シーズンも最後、42節です。昇格こそなくなりましたが、最後のホーム、意地を見せて欲しい。
 すでに山口監督の契約満了などが発表されていますが、他にも別れが。
2014 11-23 1

 ヒュンメルの契約非更新は驚きました。ショック。
 Jリーグ昇格以来ともに戦ってきてくれたヒュンメル。独特のデザインは、単にチームが採用している、というだけでなく、多くのサポの心を捉えました。スタンドを見渡しても、横浜FCグッズ以外のヒュンメルアイテムを身につけている人の多いこと(ワタシもそうですが)。
 こんなこと、他のメーカーではないでしょ? 試合終了後のセレモニーでの温かい拍手がその結びつきの強さを物語っていると思います。どういう事情かわかりませんが、すごく残念です。
 私はこれからもヒュンメルを愛し続けます! …だから、最後のヒュンメルショップ、お目当てのエナメルバッグとかなかったけど、たくさん買いましたよ~。
2014 11-23 13
2014 11-23 14
 ユニフォームサプライヤーに対して、こういうセレモニーって珍しくないですか?

2014 11-23 4
2014 11-23 5
2014 11-23 19
 マネージャーの下久保さん、ヨンデコーチ、芝田コーチ、中村コーチも退任の模様です。芝田さんは岸野さんと一緒に来て、結構長くなりました。私、2011年に北九州の遠征先でばったりお会いしたんです。懐かしい。

2014 11-23 3
 山口監督ラストゲーム。私も色々いいました。プロは結果がすべて。でも、この試合は勝って、最後をともに喜びたいです。

 なお、奥寺さんはAFCの殿堂入り、おめでとうございます。花束のプレゼンターはカズでした。
2014 11-23 2

 先発は、
FW 黒津・野崎
MF 内田・寺田・渡辺・野村
DF 中島・西嶋・野上・小池
GK 南

 両松下やドウグラスが累積警告で出場停止。CBには西嶋が起用されました。


▼続きを読む▼

2014 J2第37節 横浜FC vs 栃木 

 金曜日、訃報が入りました。

------------------------------------------------------------------

奥大介氏の訃報に接して
2014年10月17日 18時00分 横浜FCオフィシャルHP

 10月17日元横浜FC強化部長の奥大介氏がご逝去されました。

 奥大介氏は、1994年ジュビロ磐田に加入し、2007年シーズン終了後横浜FCで現役引退するまで14年間Jリーグの舞台で活躍されました。
 またサッカー日本代表としても26試合に出場し多くのファン・サポーターの記憶にも残る選手でした。

 現役引退後も横浜FCのテクニカルアドバイザー及び強化部長としてクラブの発展にご尽力いただきました。

 ここに謹んでご冥福をお祈りすると共に、哀悼の意を表します。

 株式会社横浜フリエスポーツクラブ


------------------------------------------------------------------

 横浜FCの選手としてはJ1での2007シーズンだけでしたが、フロントにも入ってクラブとのつながりを持ち続けてくれた選手でした。
 正直、ジュビロでの活躍が一番印象に残っていますが、横浜でも盟友久保竜彦とともに観客をうならせるプレーを見せてくれました。

 今日は、その追悼試合となります。キックオフ前には黙祷。

2014 10-19 1
2014 10-19 2

 サポーターやクラブ関係者だけでなく、多摩大目黒高校サッカー部の選手なども来ていました。謹んでご冥福をお祈りします。

 さて、今日は娘がエスコートキッズに選ばれました。というのも、フリ丸の塗り絵コンテストでフリ丸賞をもらって、そのご褒美でした。昨シーズンに続き、2度目ですね。前回は西嶋と手をつなぎましたが、今回は野上との入場でした。
2014 10-19 3
2014 10-19 4

 快晴でエスコートキッズを楽しむにも最高のサッカー日和でした!
2014 10-19 7
 飛行船も飛んでいました。

 では、観戦記を。


▼続きを読む▼

2014 J2第33節 横浜FCvs大分 

 アップしませんでしたが、前節は長崎に苦杯。不敗記録も14でストップし、アウェー連戦で勝ち点1と、苦しい結果に終わりました。それ以上に苦しいのは、野上・松下36の2人が警告をもらい、累積で大分戦出場停止となったこと。主軸2人の欠場はかなり苦しいです。
 大分は現在6位。プレーオフ圏内のチームとの直接対決ですから、これで勝たなければのし上がるのは厳しい。

2014 09-23 1
 その野上は高丘とともにサイン会に登場。高丘のサインは弟くんのフリ丸Tシャツに、野上のサインはお姉ちゃんがイヤーブックにもらいました。

 気になるスタメンは、
FW ソンホ・野村
MF 内田・寺田・佐藤・松下24
DF 中島・ドウグラス・渡辺・小池
GK 南

 ボランチには2試合連続で佐藤、CBは9節以来の出場となる渡辺が入りました。フェリペもサブに入りましたが、この重要な試合に起用するのは勇気がいります。
2014 09-23 3

 2014 09-23 4
 横浜も大分も4-4-2でガチンコ。

 その大分は開始早々からFWが横浜の最終ラインに思い切ったチェイシングをかけます。後方でパス回しをしつつ機を伺う横浜のスタイルを崩そうということでしょう。
 横浜もこれをうまくいなそうとしますが、南まで下げたボールにもガンガン来るもんでペースが狂います。南がバックパスを蹴りだしたら、相手FWにあたってゴールキックとなるなんてシーンもありました。

 それでも、徐々にそのあたりはうまく対処できるようになりました。
 ただ、誤算は開始わずか15分で野村が負傷交代。野崎が入ります。この交代は後半どこかであったでしょうが、この時間帯では大分を困らせるには至りません。

 カウンター気味に攻撃を組み立てる大分に対し、横浜はビルドアップのテンポが遅く、大分のプレスの網にかかってしまって停滞。佐藤謙介はなんとか攻撃を組み立てようと奮闘しますが、早いプレスに持ち味出せず。
 前半も30分過ぎ頃からはようやくワンタッチでボールを動かすようになって、リズムが出てきますが、精度を欠き、野崎のシュートが惜しかったものの、そのまま前半終了。

 後半、少しずつですが、攻撃が機能し始めます。右サイドの小池がえぐる動きを見せるようになり、また小野瀬投入で推進力がでてきます。
 22分、その右サイドで縦に抜けだそうとした松下24を大分の安川が倒してFKを獲得。結構遠いのですが、松下の精度はそれをものともしません。
 ゴール前に送り込んだボールは絶妙なカーブを描いてファーサイドへ。それをさきほど松下を倒した安川がオウンゴール。彼は散々でしたね。
2014 09-23 5
 これ、ゴール直前です。

 追加点がほしい横浜はこの後も攻め立てますが、どうにもゴールが遠い。ソンホもチャンスはあったものの決められません。彼はやはりFWとして決定的に得点力が足りないです(涙) 
 そうこうしているうちにロスタイム。4分間守りきれば、というところでしたが、立て続けのCKで流れを切れず、若狭に押し込まれて同点に追いつかれてしまいました。

 残り時間、必死に勝ち越しを狙いますが、寺田のドリブルもファウルがエリア外とされます。
2014 09-23 6

 意表をついて中島が狙いますが、バーの上。
2014 09-23 7

 残念ながら勝ち越せずに終わりました。
 次節は松下も野上も帰ってきます。がんばろう!
 2試合の出場停止から復帰したドウグラスが、2試合連続でイエローもらってるのが気になるが…。
2014 09-23 8


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。