≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin
旅の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016東北ツアー 被災地の今① 

 2012年以来、東北の被災地は毎年訪れていますが、さすがに時間の問題もあって、南三陸町以外の沿岸地域は隔年でまわるようにしています。昨夏は南三陸だけでしたので、今年は岩手まで足を伸ばす年です。
 南三陸でのボランティアのあと、三陸海岸北上をはじめました。

 南三陸町でも私は主に志津川地区に行くことが多いです。ボランティアでは入谷地区や戸倉地区にも行きますが、その中であまりいけていない地区があります。それが志津川の北にある歌津地区です。一昨年、小野作商店さんでのボランティアぐらいかな。
 歌津は元は歌津町という自治体でしたが、10年前に志津川町と合併して南三陸町になったという経緯があります。自治体が違っただけあって、入谷・戸倉と比べて若干距離があるので、たまにしか行かないんです。申し訳ないんですが…。

 志津川を出発して、国道45号線を北上すると歌津です。復興工事は進んでいますが、全体としては志津川地区に比べると遅れ気味かな? 中心を通る歌津大橋が津波で失われ、その復旧工事も終わっていません。

2016東北 1
 流失した気仙沼線のあとが見えます。BRTに使う工事もしていません。目が回るように工事が進んでいる志津川地区に比べ、ややテンションが低いかな、と。

2016東北 2
 歌津駅前の伊里前福幸商店街です。時間が早いのでお店もほとんどやっていませんし、お客さんの姿はありません。2度めですが、こういう出発のタイミングで来ちゃうので、まだここで買い物してないんですよね。次こそ!

2016東北 3
 さらに北上して、気仙沼市の本吉(旧本吉町)にある陸前小泉駅付近。津谷川を越える気仙沼線の橋梁が一部残っており、その上を新しい45号線の陸橋でしょうか、建設が進んでいます。
 津谷川の向こう側は田んぼが広がっていますが、かなり大規模なトマトのハウスが立ち並んでいて、津波塩害を期に脱米作にシフトしている様子も感じられます。

 気仙沼市街に入ると、また雰囲気が変わります。町が大きいですし、市街がやや高い位置にも広がっていたため、津波の被害を受けていない地域もかなりあります。
 気仙沼で被害が大きかったのは、湾の最奥部、鹿折唐桑駅の周辺です。鹿折唐桑駅といえば、覚えていますか?
2016東北 4
 2012年の夏の様子です。この大きな漁船が打ち上げられていたのは、鹿折唐桑駅の目の前。この写真で言うと、左手奥に駅があります。周辺は完全に津波で流されていました。

 2014年には漁船は撤去され、周囲の造成整備が進んでいました。道の反対側にはセブン-イレブンができていました。
 今年もそのセブン-イレブンに買い物がてらバイクをとめさせてもらって、周囲を見回してみると…
2016東北 7
 まず目に入るのは駅と港の間にできた団地です。津波の時に避難できる高さになっているのでしょう。

2016東北 6
 鹿折唐桑駅は、大船渡線BRTの駅として整備されていました。現在BRTは大船渡の盛駅まで走っています。気仙沼線のBRT駅と共通のデザインで、南三陸町で見慣れていると懐かしく感じます。

 45号線は唐桑半島の付け根を抜けて広田湾を右手に走ります。広田湾の一番奥が陸前高田です。
2016東北 8
 陸前高田といえば、奇跡の一本松が知られています。私はちょっと話題になりすぎていたので、今までスルーしてきましたが、今回はじめて行ってみました。
 すると、一本松以上に気になったことがたくさんありました。高田松原の内側には入り江があったのですが、その周辺は今でも津波の後が生々しいですね。一本松の向こう側に見えるのは、震災遺構として保存される陸前高田ユースホステルです。砂地の地盤が津波に襲われたために、建物の半分が破壊されてしまっています。

2016東北 9
 堤防の建設は進んでいますが、内側はまだ放置状態ですね。

 2016東北 10
 こちらは建設中じゃなくて解体中。陸前高田では南側の山(写真奥)から掘り出した嵩上げ用の土砂を、大規模なベルトコンベアで市街地に運んでいました。それが通っていた吊橋ですが、ベルトコンベアとともに撤去されます。

 一昨年来た時は、そのベルトコンベアのスケールに肝を潰したもんです。以下2枚が一昨年の夏です。
2016東北 13
2016東北 14

 模型で見るとこんな感じでした。
2016東北 15

 陸前高田では震災遺構として、先ほどの一本松・ユースホステルほか、気仙中学校(以前の記事で紹介しています)、道の駅高田松原、下宿定住促進住宅を保存することになっています。
2016東北 11
 こちらが道の駅。

 下宿定住促進住宅は、以前も紹介しました。5階床まで浸水したそうです。2012年に初めて見た時、ベランダの化粧板が4階までぶち抜かれてるのが衝撃的でした。
2016東北 12

 陸前高田の市街を過ぎて、45号線は大船渡へ向かうのですが、その途中、不思議な建物?が目につきます。
2016東北 17
 
 グーグルの衛星写真で見るとこんな感じ。
2016東北 17-2

 これも塩害にあった土地で、野菜の栽培を生産性を高めて一年中出荷するための施設です。「グランパファーム」という会社が設置しました。ドームの中に円状の水耕栽培施設で葉物野菜を生産します。東京などではLEDを使った野菜工場がコスト高で結局うまく行っていませんが、こちらは太陽光がドームを通して入ってくるので、その辺りが違うのかな。
 この施設、設立当初にニュースになっていたのをたまたま見ました。面白いとは思いましたが、こういう特殊なものがうまくいくかどうか、やや懐疑的でもありました。それが今でも運営されているようなので、ホッとしました。被災地だからといって、実験的なことをやって、失敗したからポイ、では困りますから。
 まぁ、他に増えているわけではないので、さほどメリットもないのかもしれませんが。

 すぐ隣には普通のハウスが並びます。
2016東北 16
 正直、これで十分な気もしますが。

 まだまだ続きます。


▼続きを読む▼
スポンサーサイト

2016 東北ツアー 南三陸おでって編 

 東北ツアーのメインは南三陸町でのボランティア活動です。2012年以来、少しでも被災地の助けになろう、ということで続けています。
 南三陸町では昨年3月を持って「復興ボランティア」となり災害という言葉がとれました。現在は管轄が観光協会が運営する「南三陸応縁団」にうつり、名称も「おでって(お手伝い)」となりました。
 昨年まではボランティアセンターに行って、その場で現場の割り振りが行われたのに対し、現在は事前に活動を選んで申し込む形になりました。
 実際、もう復興作業は土木工事がメインという段階ですので、ボランティアとしての仕事はないに等しいのです。ですが、農業・漁業・観光などで町を活性化していかなくてはいけません。現在のボランティアはそういう役割を担っています。

 となると、どんな活動を選ぶか?? 農業支援・漁業支援などがありますが…。
 で、今回選んだのは1日目:漁業支援(牡蠣の処理)、2日目:農業支援(入谷の農工房)としました。やっぱり南三陸に来たからには漁業に関わりたいし、昨年は農工房でやらせていただいているので、今年も、という選択です。

 まずは1日目、牡蠣の生産組合です。牡蠣については、2012年のボランティアで稚貝を養殖用のロープに仕込む作業をしました。
2016南三陸おでって 1
 この時はほとんど復興が進んでいませんでした、稚貝の仕込みも遅れていたし、作業する場所もない状況で、被災した施設の残骸を利用していました。当然、水揚げした牡蠣の処理なんてとこまで行ってなかったということでしょう。それが今や…。

 今年の作業は水揚げされた牡蠣の汚れ落とし。2013年に同じ場所でやらせてもらっているので、場所や勝手がわかっているし、やはり3年前とどんなふうな違いがあるか知りたかったからです。
 志津川の仮設魚市場の向かいにあるのが牡蠣加工処理施設です。
2016南三陸おでって 10

 この施設は2013年には出てきていて、復興が少しずつでも進んでるんだな~と喜んだのを覚えています。
 こちらは3年前の様子。
2016南三陸おでって 23

 牡蠣は養殖場から水揚げされたばかりではかなり色々なものがついています。他の貝(ムール貝が多い)や海藻など。こいつを綺麗にしないと商品にはなりません。牡蠣同士もくっついてますからね。それも外さなきゃいけないのです。
2016南三陸おでって 8

 というわけで、牡蠣を綺麗にしていくわけですが、今回は機械の方を担当しました。
2016南三陸おでって 4
 この機械、人力でざっと汚れをとった牡蠣を向かって左手から流していきます。中で水流やブラシで洗浄し、出てきたものをかごに入れて整理します。
 これが結構重労働だったりもしますが、ペアになった方とのコンビネーションもバッチリで、どんどん進みました。50ケースぐらいはやりましたね。
2016南三陸おでって 5

 機械での作業が割と早く進んだので、人力での清掃にも参加しました。
2016南三陸おでって 7
 こんな道具を使って汚れをかき落としていきます。

2016南三陸おでって 6
 まだまだ量があるので、大変です。無言になって、ひたすら牡蠣に向かい合います。

2016南三陸おでって 11
 横浜FCサポの代表ということで(笑)


▼続きを読む▼

2016 東北ツアー 南三陸編 

 久しぶりのエントリです。すっかり放置してますが。

 また今年も宮城県南三陸町へ行ってきました。2012年に初めて訪れて以来、南三陸は8回目となります。
 美しい海と里、おおらかで明るい地元の方々、そして海の幸! はじめは被災地のために何かできることを、と思ってボランティアに参加したのがきっかけでしたが、今は南三陸町の魅力にどっぷりハマってしまっています。
 とはいえ、やっぱり遠いのでなかなか行く機会に恵まれません。年に3回ぐらい行けるといいんですけどね。
 今回は数少ないチャンスなので、南三陸町だけでなく岩手県の宮古市まで足を伸ばしました。南三陸町めぐり、ボランティア、三陸海岸巡りなど、盛りだくさんの旅でした。

 ではまず、南三陸ざっと見編です。

 南三陸町は東日本大震災の津波で大きな被害を受けました。町の中心となる志津川地域や、南の戸倉、北部の歌津などの沿岸地域は壊滅状態です。ここ数年は津波対策と高台移転を中心に大規模な土木工事が行われていて、街の様子が激変しています。来るたびに道が変わっているので、戸惑うことばかりです。

2016南三陸 4
 町の中枢、町役場やベイサイドアリーナの前です。奥にある駐車場の向こう側は、もともと山だったのですが、高台造成の土砂を採取し、さらに平坦に造成して新しい住宅街ができつつあります。集合住宅には驚かされました。すでに戸建てには入居者もいます。
 写真左側の白い塀がきれている場所は、去年の3月までは災害ボランティアセンターがありました。

2016南三陸 5
 これが2012年の夏。写真左手のあたりです。白いテントがボランティアセンターで、その奥には森が広がっていました。

2016南三陸 1
2014年8月。駐車場の向こう側がかなり削られています。この土砂は盛り土に使われます。

2016南三陸 2
 2015年3月。ボラセンのテント解体寸前です。こののち、造成がスタートしました。

2016南三陸 3
 建設中の集合住宅です。建物自体はできていますので、周囲の整備を進めています。

2016南三陸 6
 ベイサイドアリーナの道を挟んだ反対側にできた新しい病院です。台湾赤十字の支援もあり、とても立派な病院となりました。こちら側も山ばかりだったのですが、造成され、住宅街となっています。

 病院の建設中は、
2016南三陸 7
 これは私が初めて建設中に見たとこだと思います。2014年8月です。

2016南三陸 8
 こちらは昨年3月。こちらも一気呵成に進んだ気がしてしまいます。どうしても間を空けてしか来られないからですね。

2016南三陸 9
 病院西側の造成地です。以前(2014年8月)はこんなんでしたが、あっという間に造成が完了した感じです。これが今はこちら。
2016南三陸 0
 上の写真の位置から、ちょっと入ったところです。

2016南三陸 11
 こちらは奥まで入ってみたところ。

 ほんとうに綺麗な町並みで、羨ましいばかり。ただ、住宅展示場のような無機質さも感じます。なにより海の町志津川らしさがあまり感じられないのが残念です。
 …まぁ無責任な立場で批判するのは簡単ですが、大事なのはここに住む人がどう感じるかですね。道も広く、高台とはいえ街衢は平坦に整地されていますから、暮らしやすいのではないでしょうか。しかし、小学校や中学校に行くには何度も山を登り降りしなければならないので大変そうです。


▼続きを読む▼

夏はやっぱり南三陸町へ 

 気がつけばすっかり放置プレー。いかんいかん。

 さて、夏が近づいてきましたが、今年も夏は南三陸町へ行きます。
 初めて東北の被災地を訪れたのが2012年で、その時に「10年、しっかり見届ける」と決意して以来、4年が経ちました。まぁ、まだ4年しか経っていない、というとこですが。

 2012年夏 宮古市田老~南三陸町~石巻~亘理
 2012年夏 いわき
 2013年冬 石巻
 2013年夏 南三陸町
 2014年夏 南三陸町~田老
 2014年秋 南三陸町
 2015年春 南三陸町(ボランティアの集い)
 2015年夏 南三陸町
 2015年秋 南三陸町(里山歩きツアー)


 こんな感じで今まで足を運んできました。南三陸町は毎年行くようにしていますが、三陸海岸も見たい。ただ時間とお金に限度があるので、気仙沼以北は2年に1回にとどめています。
 前回は2014年でしたので、今年は行く年!
 というわけで、今年の東北ツアーの計画を立てました。

 1日目 移動日:南三陸町まで
 2日目 南三陸町でボランティア「おでって」参加
 3日目 同上
 4日目 三陸海岸北上 宮古・田老まで
 5日目 移動日:いわきまで
 6日目 帰宅


 もちろん相棒はCBくんです。

 ところで、今回は南三陸町以外でも民宿を探していたんですが、やっぱり震災で多くは営業をやめてしまっているんですね。残ったところも、建築関係者の長期逗留で埋まってる感じ。残念です。

 

早春、京都の旅 その2 

 今回の旅館は、「松井別館 花かんざし」です。本館も綺麗ですが、別館は素敵な若女将がいるんです~\(^o^)/
20160312 18

 部屋もいいし、料理も美味しいですが、なによりおもてなしが素晴らしいお宿です。夕食は懐石。可愛らしいでしょ~
20160312 19

 食事のあとは、タクシーで高台寺にでかけました。ライトアップがあるんですよ。たまたま狐の嫁入りイベントなんかもあってすごい人出がさらに大騒ぎ!
 さて、まず方丈庭園。
20160312 20

 ただのライトアップじゃなくて、竜が飛び交う派手なレーザーの演出でした。みんな見入ってたし、同行の人たちもすご~いって喜んでたけど、閑寂ななかに禅の精神を表現する石庭でこんなんやってもな~。風情も何もないって感じ。
 まぁ、冷静に考えれば、石庭は昼間に見るもの。だって、庭の隅々まで様々な工夫があって、さらに借景も含めて構想されてるんですよ。人間の作る明かり程度じゃその素晴らしさを堪能できない。演出でどうこうなんて、前に対する冒涜だな。やっぱり、本来の姿を忘れていろいろやるのはよくないよ。
 というわけで、石庭のライトアップはスルーしました。

 外に出ると、中庭の臥龍池のほとり。ここから御霊屋方向はきれいでした。風が全くなくて、池が鏡のようになっています。
20160312 21

 とはいえ、東山全体の雰囲気が味わえないし、やっぱ昼間がいいわ~

 そこから二年坂へ
 ここは暗いと昼間の賑わいがなくて、いい感じです。
20160312 22

 清水寺もライトアップでしたが、舞台に上がれる時間には間に合わず。でもここもきれいでしょ? 夜空に輝く点は木星です。夜は旅館近くの飲み屋でゆっくり男同士で飲みました。
20160312 23



▼続きを読む▼
chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。