≪ 2007 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2007 11 ≫
*admin*entry*file*plugin
フットボールの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015 アジアカップ 日本vsUAE 

 延長に入って、長友が傷んだ段階で終わりましたな。

 決定力のなさに驚きますが、今回は能力というより、そもそもゴールを決めるためのことをしていないのだから、そりゃ点が入ることはありません、という感じでした。

 まず、動き出しが少ない。前線の選手ほとんどが、足を止めてトラップし、それから動く。そして、動いてから出ないと周囲も動かない。もっとダイレクトを使って崩さなけりゃいけないと思いますが、そういう動きがないので、中央を固めたUAEを崩せず、外にだすしかない。
 サイドからは単調なクロスが入るだけで工夫がないから、そりゃ守るのも楽ですね。

 シュートの無駄撃ちが多い。香川とか、どれだけ遠目から打ちまくってんの? しかも枠に行かないし。
 香川は枠内シュートが少なすぎましたね。それで攻撃の流れをきっちゃダメでしょ。相手GKもかなりの実力者で、単調なシュートがゴールに結びつくことがないのは分かりそうなもんですが…。

 後半から見てたのですが、武藤・柴崎が入って、動きは明らかに良くなりました。でも、単調な攻撃は変わらず。
 柴崎のゴールは、縦に鋭いクサビを入れ、本田の落としをさらにダイレクトで打ったもの。これはどんなに固めても対応しづらい、ゴラッソでした。

 勝ち越しこそならなかったものの、あとは延長でじっくり料理、というところで長友が負傷。交代枠を使いきっていて、足を引きずる長友をピッチに残さざるを得ません。そのサイドを狙われ、後ろが気になるようになって日本の攻撃も厚みがなくなり、こりゃ駄目だ、という感じになりました。

 案の定、迫力のない攻撃で延長が終わります。唯一の可能性は柴崎のFKでしたかね。
 PKともなれば、あたってるUAEのGK相手では厳しかった。それに比べ、川島の大ハズレなこと…。むかし、アジアユースで神がかりのPKストップをしたことがウソのようです。

 それにしても、崩しの動きがない悪癖は、ザッケローニ以来の宿痾です。結局遠藤・長谷部を戻したことでザッケローニと同じチームになりました。こうなったら、4-2-3-1だろうと4-3-3だろうと関係ありません。体質の問題ですからね。

 試合後に大仁会長がさっさとアギーレ続投を名言。訴訟のことも片がついていないし、今回の総括もしないうちにトップがそう言うんじゃどうしようもないね。こんなだから代表は強くならないんだよ。


スポンサーサイト

ブラインドサッカー世界選手権 日本vsモロッコ 

 このところ、急にメディア露出が増えた「ブラインドサッカー」
 ご存知ですか? いわゆる視覚障がい者によるサッカーです。4年に一度の世界選手権が、今日本で開催されています。

 ルールなどは、ブラインドサッカー協会のサイト(こちら)をご覧いただきたいと思います。
 昨日行われたグループリーグでは強豪フランスと1-1で引き分け、これでグループリーグ1勝2分で見事決勝トーナメント進出を決めました。

 私はさらにその前の日、第2戦モロッコ戦を観戦してきました。早くからチェックしていたんですよ~v(^^)v

 会場は代々木公園フットサルコートです。特設のスタンドがあり、私は見やすいようにメインで観戦しました。
 ゴール裏にはちゃんと日本のサポがいて、試合前はコールもしていました。
2014 11-19 1
2014 11-19 2

 目につくのはフェンスです。ブラインドサッカーではタッチラインはなく(ゴールラインはある)、このフェンスを利用してプレーすることも出来ます。アイスホッケーみたいですね。

2014 11-19 3
 試合開始前のセレモニー。両国国歌が斉唱されました。私の目の前には在日モロッコ人の集団がいて、最初ちょっとビビリました。

2014 11-19 4
 これがゴール。4人のフィールドプレイヤーは目隠しをしてプレーします。GKは晴眼者です。これはモロッコゴールですが、ゴールのすぐ後ろにいるのは日本人。プレーヤーではありませんが、れっきとした“選手”です。コーラーといい、ゴールの方向などを声で指示します。

 ブラインドサッカーは音が頼り。GKやコーラー、そして監督の声による指示で、自分の位置や相手の位置、ボールの動きなどを把握します。だから、プレー中は応援禁止。声を出さないように、固唾を呑んで試合を見ることになります。


▼続きを読む▼

国際親善試合 日本vsジャマイカ 

日本 1-0 ジャマイカ

 アギーレ大勢戦目。あいも変わらず見世物じみた興行ですが、アギーレ監督はそのへんの空気を読んでるのか読んでないのか、割と大胆に選手を起用していくのは、今のところ悪くないですな。

 これからのベースとなる4-3-3は、
FW 武藤・岡崎・本田
MF 香川・細貝・柴崎
DF 長友・森重・塩谷・酒井
GK 西川

 前の2試合で違和感のあった森重の起用法も、今回はCB。前のインサイドハーフだった細貝をアンカーにし、柴崎と香川を並べました。
 ジャマイカのコンディションが相当重かったので、割引いて考えなくてはいけませんが、結構機能したのかな、と。

 コンパクトに保てていたし、高い位置でのプレスは効いていました。香川はトップ下のようなポジションで、サイドのように長い距離を走らなくてもいいのはむいてるんじゃないですか?
 攻撃陣に目が行きがちな試合でしたが、早い段階でピンチを防いでいた細貝が私的にはMOM。ドイツで磨いてきたあたりの強さが際立っていました。

 攻撃は、スピーディだったしショートカウンターも機能していたので合格点でしょ。追加点がないのは、まぁ、こんなもんかな、と。

 初出場の塩谷は、落ち着いていましたね。森重との関係もよく、無難なプレー。ただ、ホントに身体能力ゴリゴリで来られたらわかりませんね。
 本田は前半は良かったですが、後半は空気。ひとりよがりのプレーが目立ちました。

 一番良くないと思ったのは柿谷。全体的にスピーディで流動的な攻撃を意識していたのに、彼は足元でもらって、止まってからのプレーが多かった。溜め、というには次のプレーが遅すぎ、攻撃を停滞させていたと思う。プレー機会は少なかったけど、小林のほうが狙いにあったプレーをしていたと思います。

 あと、太田宏介がんばれ!

 ところで、最後の選手インタビュー、質問がレベル低すぎ。あんなんならやらないほうがいい。
 例えば香川だったら、新しいシステムや今までとは違うポジションとかについて聞いとけよ。サッカーの内容に触れず、上っ面の質問ばかりのインタビュアーなんていらん。

 

国際親善試合 日本vsベネズエラ 

日本 2-2 ベネズエラ

 後半ゲームが動きましたが、前半のクオリティの低さは何なんだろう。
 狙い通りボールを奪えず、ビルドアップもままならず、FWは孤立。
 パスの精度の低さは目を覆うほどでしたが、なにより全体の運動量が少なすぎる。パスコースに顔を出しに来る選手がいないから、ボールを出せない。判断が悪くてパスを出そうともしないから、動きようもない。鶏と卵ですが、まぁ、運動量がない方が問題かな。

 先制点を奪われたシーンは、最終ラインがビルドアップしようとしても、中盤が顔出しに来ないから最終ラインの中でボールを回さざるを得ず、それを詰められてボールロスト、失点となりました。

 4-3-3は、細かく言えば4-1-2-3となります。中央の逆三角形が流動的に動いて攻守にバランスを取らねばなりませんが、今の日本はそうじゃない。最終ラインの4人とアンカーの森重だけがディフェンス、2列目の二人(柴崎・細貝)は攻撃に偏りすぎて、リンクマンになれていない。だから前にボールが入らないのです。
 最終ラインとしては、つなぎのパスが入れられないから、ロングボールで前線に当てざるを得ず、これまた精度がないからすぐに奪われる。
 前半、川島が好セーブを見せてましたから(2点目の失点で帳消しですが)0-0でいけましたが、2点ぐらいは取られてもおかしくない内容でした。

 最初の方は音声をオンにしていたのですが、連携が、とか、慣れないシステム、とか言ってましたが、もうアホかと。
 代表なんだから最低限のプレーは見せろよ!
 判断は遅い、パスはしょぼい上にブレブレ、当たり負けの数々、それぐらいはクリアしてから代表に出てくれ。連携云々の問題じゃないわ、あんなの。
 後半、持ち直したのはベネズエラの運動量がおちたから。それでようやく互角でしたね。
 武藤のゴールは素晴らしいが、あくまで個人技。チームとして狙いを持ったゴールではない。そこを履き違えてはいかん。

 この低いレベルの試合を必死に持ち上げようとするので、途中から音声消しました。
 キャーキャー言ってるだけの観客もどうしようもないが、中継のレベルの低さもどうにもならんね。テレ朝はサッカー中継の資格ない。

 それから、タッチラインのすぐ外にある、長いデジタルサイネージ、あれはひどいな。非常に目障り。
 キリンが昔から日本代表の支援をしてきた功績は認めます。でも、最近は調子のりすぎだろ。もう、キリンチャレンジカップはやめよう。この2試合に限ってみれば、あのデジタルサイネージを見せることがメインで、代表は広告を見せるために試合をしているにすぎない。

 一定の宣伝効果が必要だから、それなりの試合数を国内でしなければならない。客が呼べて視聴率も上げないといけないから、海外組はできるだけ招集。
 ボロ負けしてはしょうがないから、弱めのところ。または負けても納得できる強豪。
 アウェーの強化試合なんてチケットをお得意様に配布できないからするだけ無駄。

 そういう試合が増えすぎた。もうキリンは手を引いて欲しい。日本代表が強くなるために。
 


国際親善試合 日本vsウルグアイ まぁ、こんなもんだろ 

日本 0-2 ウルグアイ

 まぁ、実力を反映した順当な結果ですな。

 2失点にからんだ坂井は、いわゆる「洗礼」ってやつだけど、プレス、トラップや判断の質をどこまで上げなければいけないかを感じられたのでは?

 全体としては課題がよく出たので、いいゲームだった。ウルグアイは適度に手を抜いてくれたので、試合が壊れずに済んだしね。

①アンカー
 今日は森重がアンカーに入りました。守備能力を買ってのことでしょうが、前2枚との連動もなく、守備がズルズル下がってしまいました。なるべく高い位置でボールを取るコンセプトなら、アンカーにはもっと猟犬のような選手がほしいかな。
 Jなら、米本拓司あたりが成長して欲しい。

②パススピード
 決定的に遅い。テンポも悪く、退屈なサッカーです。これは前任者の負の遺産ですが、カウンターがまったく成立しないってのは話にならない。ボールタッチも多いし、意識を高めて欲しい。フロンターレがそれをやろうとしているのだけど。

③高いFW
 皆川が先発。しかしあまり生かせていません。高さ、強さ共に。そういや、ハーフナー・マイクも定着できなかったもんな。それを生かす周囲の問題だと思います。柿谷みたいな足元がうまい選手を評価しすぎるんですよね。
 そのくせ、サイドを攻めても単純なクロスを入れては跳ね返されるだけ。学習能力なさすぎ。

④運動量
 これも前任者の負の遺産。ボールが動いてからじゃないと、それ以外の選手が動かない。オフザボールの動きなんて、ずっと昔から言われているのに、日本代表はまったくダメ。それで崩せるわけもないし、プレスも続かない。

⑤雑なボールタッチ
 よく、日本の技術は高いとかいいますが、ホントかな、と疑ってしまいます。バイタルに入ってからのパスやトラップのブレがひどい。コンビネーションとかじゃなくて、ほんとに個々の技術がひどい。
 何気なくボールを繋ぐウルグアイとよく比べて欲しい。

⑥観客
 強化試合にチャントいるか? 出しどころがなくてもたもたキープして、なんとかファウルもらった本田に割れんばかりの拍手。意味わからん。観客が厳しい目でしっかりと見られないと、強くなるわけがない。いつまでぬるま湯の中でやらせる気だ?

 ま、とりあえずこんなトコですかね。


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。