≪ 2008 06   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2008 08 ≫
*admin*entry*file*plugin
2008年07月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝顔 

朝顔咲いた
5月に娘と種を播いた朝顔がやっと花を咲かせました。
あまり管理がうまくなくて、正直失敗ではあるんですけど、2人で水遣りを一緒にしてきて、花が咲いたので満足です。

娘もうれしそうでした。もっともっと花が咲くといいなぁ。

スポンサーサイト

国際ガンダム学会 

「国際ガンダム学会」発足 アニメの中の未来都市を研究:産経新聞

人気アニメ「機動戦士ガンダム」について学術的に研究する「国際ガンダム学会」が発足することになり、28日、広島経済同友会(山本一隆代表幹事)などが発表した。8月末に設立シンポジウムを広島市内で開催し、作品に描かれた未来都市の姿を研究する。
学会は、社会学や建築工学の大学教授など有識者で構成し、橋爪紳也・大阪府立大学特別教授が会長に就任。作品の中で描かれている、人口の増加により宇宙に移民する時代「宇宙世紀」を経済学や社会学の観点で分析。作品が提示している未来像の実現可能性や、課題について議論する。
 「機動戦士ガンダム」は、昭和54年に放送された人気ロボットアニメシリーズ。「地球連邦軍」と宇宙に進出した「ジオン公国」との戦争を舞台に、主人公の少年たちが成長する過程を描いている。

いやぁ、いいっすねぇ。私も、どこに出しても恥ずかしい立派なガノタなんですが、ガンダムの何が好きって、富野由悠季の描く世界観がホントに好き。やけにリアリティがあって、それは宇宙科学だったり、文化人類学だったり、政治学だったり、富野さんの豊かな知見が背景にあって、すごく骨太。
たとえば、ガンダムの動力源はヘリウムの核融合。まだ実現はしていないけど、実際に今研究されている。でも、それを30年前にSFのロボットの動力に使うと考えたのって、すごい知識じゃない? だってそのころのロボットアニメは、わけのわからないエネルギーを使ってたでしょ。
「ガンダムF91」の小説では、なんでも自動でできてしまう社会だからこそ、新聞配達や牛乳配達のようなあえて人を使う職業が登場するなんてことが書かれてる。
こういう、単なるロボットアニメとしてみるだけじゃない奥深さがガンダムにはあるんだよね。富野さんが書いた小説を読むと、より濃厚に感じられるんですわ。

なので、単なるガンダム好きが集まっただけじゃなくて、記事の黄色部分のような目のつけ方は、よりガンダムの真価を見つめていることになると思うので、うれしく感じました。いや、すばらしい。

今週の「日ス輪」 

もう、暑さについて書く気もなくなるくらい暑いですな。
なにが辛いって、バイクです。前にも書いたけど、ホーネット600は冷却能力が追いついてないんですわ。なんかねぇ、ちゃんと冷却水がすみずみまで回ってるのか怪しいんだよ。
水温計が半分しか指してなくても、もうヘッド周りがしゃれにならない熱さで、火傷しそう。てゆーか長時間乗ってたら確実に火傷になります
おとなしく乗ってても、この季節は30分で大変。やなのは、エンジン自体が熱ダレ起こして、低速トルクがなくなること。発進のときにすぐストールするから、おっかない。
空冷エンジンとかって、この時期どうなんですかね。

さて、「日本のスイッチ」です。先週は一気に参加人数が下がりました。3連休だったからかな。
結果は428人/28717人(1.49%)でした。ちょっと少なめです。
では今週の「スイッチ」行ってみよう!

「日本のスイッチの輪」について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

▼続きを読む▼

免許更新 

今日、自動車・二輪車免許の更新に行ってきました。
午前中がつぶれてしまった。ほんと、めんどくさいですね。
まぁ、3年更新なところが更にめんどくさいんだけど。

違反者講習は適性検査のあと、2時間。
お定まりの映画に、講義。全員に冊子が配られて、みんなおとなしく講義を聞く。

う~ん、あほらしい。

そんな講義受けたところで事故が減ったりするわけじゃないだろ? 法制度の改正で新しくなったことについては講義があってもいい。
今回は後部座席のシートベルト義務化があったし、自動車にも「中型車」なんてのができてしもた。また「中免」に逆戻りだ(笑)

しかし、その部分の説明はえらく短い。特にシートベルトについては一瞬で終了。そのあとは事故のケースの説明だけど、これが十年一日で、中身がない。バイクの事故が多いっていうけど、ずいぶんバイクを悪者にしてくれてさ、ケンカ売ってんのか(確かにあほなバイクも多いが)。
わけのわからない運転しかできない4輪ドライバーがクソ多いぞ。そこは無視かい。
というわけで、私はずっと読書。冊子はそのまま机に置いて帰宅。

あんな冊子も毎日大量に配られて、その費用は更新手続き費用に入ってんだろ? ぼろ儲けじゃん。
大量の更新者講習のために、講師もたくさんいる。その人件費とかすげぇむだなわけさ。
それも講習の最初に「この2時間の講習は法定講習です」って、お手盛りの法律で講習を義務化して、講師には警察OBが大量採用。費用はドライバーからふんだくればよくて、これでOBの老後は安泰ってわけだ。

あぁ、むかつく


いつの間にか 

半年前に、こんな写真をアップしました。
とどかん
一生懸命にドアを開ける娘です。このときは、レバーを下げるだけが精一杯だったんだなぁ(エントリーはこちら

で、半年たって今はというと・・・

▼続きを読む▼

ボクサーディーゼル 

ボクサーディーゼル
画像でかいね。

昨今のガソリン高で悲鳴を上げているレガシィ乗りは多数いると思うんですが、私もその一人。
お盆に九州に行きますが、大阪からフェリーの予定で、大阪までは自走です。約600km弱。ひぇ~

でもねぇ、レガシィを捨てる気にはならんのですよ。ノーズが重いとか、所詮FFベースとか、とにかく重いとか、いろいろ不満はあるけど、国産車でこれだけ走りがしっかりしたセダンはないんです。
まぁ、もう少し上を見るとレクサスみたいに雰囲気だけはすげぇのあるけど、でかすぎの高級路線はノーサンキュー。FFは考えてないから、国産ではレガシィだけなのよ。

うちのB4もまもなく6万㌔。タイミングベルトとかを前にトラブルで交換してるから、エンジンはまだまだ。足回りはさすがにへたり気味だけど、まぁ、問題なし。しばらくは乗り続けられるけど、いずれは、ねぇ。
で、BMW120とか試乗したりしてるけど、価格的なことや、あまりに狭すぎることなんかが気になる。
現行レガシィはちょっと軟派な感じや、でかくなりすぎたことがいやだけど、やっぱりこれしかない。
とはいえ、あの燃費はなぁ・・・



▼続きを読む▼

今週の「日ス輪」 

いやあ、こんな早い時間にアップするの初めてだのう。
娘が熱出してお出かけできなくなったので、昨日今日と外出せず。3連休だというのに、無精ひげが伸び放題ですわ。

前回の「日本のスイッチ」では、すべて多数派でした。2790人/30997人(9%) ・・・って、すごい人数ですね。
しかし、私なんて割りと右寄りでおとなしい思考ではないはずなんだけど、こういうこともある。
サミットでの福田首相については95%が「変化なし」。悪くなったって選択肢があったらどうだったかな?
世界遺産についても「今後は厳選」派が72%。
マスコミが笛吹くほど、国民は踊ってないってことですかね。

「日本のスイッチの輪」について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。



▼続きを読む▼

勘違い 

自動車販売網「閉鎖的」と批判=EPA実務協議で韓国-日本は反論(時事ドットコム

 経済連携協定(EPA)締結交渉再開に向けて日韓両国政府が6月に行った実務協議で、韓国側が日本の自動車販売網を「閉鎖的」と批判し、進出している現代自動車などの販売拡大への協力を暗に求めていたことが19日、明らかになった。日本は、販売の成否は企業努力にかかっていると反論、協議は進展なく終了した。2003年12月に両国の政府間交渉が始まって以降、韓国側が日本の自動車販売網を協議の席で問題視したのは初めて。(2008/07/20-02:31)

なんか、サターンとかネオンとか思い出すんだけどね。

市場は正直ってことなんだけどね。難癖つけんな。


▼続きを読む▼

プロ野球 オールスター 

いよいよ梅雨明けですね。

今日は暑いです。ちょっと午前中野球してましたけど、ちょっとおかしいです。
焼けるというより、焦げる感じだよ。

野球といえば、オールスターなんてのが月末にあるわけですが、今日知った驚愕の事実!
第2戦の国歌独唱が倖田來未だと!

いや、どうせ野球なんて見ないんだけどさ。馬鹿にするにもほどがあるだろ? あのふざけたバカ女に神聖なる国歌を歌わせるのは、日本国そのものを冒瀆するってことだぜ。
・・・もしかして、そうやって国歌を貶めるのが狙いか?

ますますプロ野球が嫌いになったね。
サッカーではこんなことないといいけどな・・・。こないだ見に行った代表戦は河村隆一だったな。これもどうかとおもうけどね。

今週の「日ス輪」 

あまりの忙しさに目が回っております。首は回りませんが。

今日の暑さは以上でしたね。私の仕事場ですが、オフィスには冷房がありますが(当たり前)、現場にはありません。外ではないのですが。暑さにめっぽう弱い私としては、めげてしまうわけです。

そういや、2歳の誕生日が近いわが娘は、ついにヒュンメルを覚えてくれました。
ロゴを指差して、「これ、ヒュンメルってかいてあるの」
・・・アディダスもナイキも知らないのにヒュンメルを知ってる2歳児。まぁ、うちだけだろうね。ふっふっふ。

では今週の「日本のスイッチ」いってみましょうか。
先週の結果は、844人/29907人(2.82%) 鰻の問題をのぞいて、すべて多数派でした。サミットに関する1、2問目に否定的な意見が8割以上を占めていましたね。これが一般的な感想なんだな。
よくわかりませんが、一般的な世論調査と違って、「スイッチ」はそこそこ時事問題に興味関心がある人じゃないとやらないだろうから、毎日新聞とはいえ、けっこう重みのある数字なんじゃないかな。

「日本のスイッチの輪」は「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

▼続きを読む▼

東京国立博物館 

その名もズバリ、「対決 -巨匠たちの日本美術」という展示を、上野の東京国立博物館で見てきました。

魂抜かれました。今までいろんな美術館や博物館、展覧会見たけど、こんなに感動したのは初めてかも。
まず、企画がいい。日本美術市場の巨人たちを2人ずつ組み合わせ、その「対決」を楽しもうというもの。運慶や快慶のようにペアで扱われる人のそれぞれの作品や、雪舟とそれに私淑する雪村。戦国を彩る巨人、永徳と等伯などなど・・・。確かに「対決」って、ちょっと下世話な発想かもしれないけど、硬直した精神からは生まれない斬新さだよね。
しかもそれぞれの作品が超一流ときてる。まぁ、国立博物館でやるんだものね。さすが。

なにより、「芸術作品」たちが、とても、ポップでアグレッシブな精神で作られていることに、あらためて感動。形式を破り、新たな芸術を創出している人たちばかり。すげぇ。

ぜひ見に行ってほしい展示です。いやぁ、いいもん見させてもらったわぁ。

絶句 

拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因-自民・加藤氏
7月7日22時58分配信 時事通信

 自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国に戻さないとした当時の政府決定について「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さんを中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない理由だと思う」と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に問題があったとの認識を示した。
 加藤氏は「(戻していれば現状のようには)ならなかった。『また来てください』と何度も何度も(両国間を)交流していた。一回返すと平壌は殺してしまうんじゃないかと(言われたが)、そこが(安倍氏らとの)外交感覚の差だ。そんなことができるはずがない」と述べた。 
~~~以上引用終わり~~~

しょ、正気ですか!?




▼続きを読む▼

今週の「日ス輪」 

先日の訃報、今日お通夜がありました。
なんか、写真とか見せられちゃうと辛いですね。
なんでそこにいんの? ・・・

はぁ。

今週の「日本のスイッチ」です。
先週は479人/30215人(1.59%)でした。

「日本のスイッチの輪」は「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

▼続きを読む▼

横浜FC vs ザスパ草津 

7-6 草津戦1


見てください! 今日は日産スタジアムです。
タダ券出まくりです! ヒュンメルショップにあったやつなんて、1枚で5人までOK。先着5万名までだってさ(笑)
私は別ルートで頂きました。ありがたいです。しかし、スタジアム向かう人の波は、フツーの人ばかり。レプリカ着てる人がぜんぜんいないっす。
サポ席は2階ゴール裏。1階とメイン・バックスタンドは青くない・・・。



▼続きを読む▼

訃報 

仕事の同期が交通事故で亡くなったそうです。ニュースになってました。
なんで・・・

30数人しかいない同期なのに、キャリア5年余りで交通事故で亡くなるのは2人目。
いいやつなのに。

配属が違うから、なかなか会う機会がなかったけど、今年は研修で同じ班になったんだよ。
・・・研修なんて受けられないよ。そんな気分になれないよ。

・・・いやだよ、ほんと

夕涼み会 

夕涼み会


保育園で夕涼み会。2歳にならないわが娘は、まだ盆踊りに参加できません。
ですので浴衣ではなく甚平で。

父親はお手伝いで焼きそば担当。去年はもう一人お父さんがいたけど、今年は私だけでした。
先生たちに混じってひたすらへらを操る。20人分を15、6回作ったなぁ。涼むどころかってかんじだけど、楽しいんだよね。
来年も頑張ろう。

ちびさんも来年は盆踊りできるかな?


ユーロ決勝 

結局次の日更新になってしまった。

ユーロ2008決勝はドイツvsスペインでした。
今大会、スペインはすごいですね。華麗でかつ強いってなんなの。オランダは堅守速攻でグループリーグはいけたけど、ノックアウトステージではやられちゃった。カンナバロが欠場とはいえ、これも堅守が売りのイタリアもぱっとしないまま消えた。
現実的なサッカーに見えて、現実的でないサッカー。
スペクタクルで非現実的に見えて、現実的なサッカー。
不思議な大会でした。

スペインはビジャがケガで欠場。フェルナンド・トーレスの1トップにして、その下に4人の攻撃的MFをならべてきました。ドイツはケガのバラックが結局出場。
開始当初はドイツペース。スペインは4-1-4-1がなかなかフィットせず、ボールが回らない。およ?と思ったけど、10分もしたらすスペインがペースを掴む。
そしてスペインの強さはここ。ペースを掴んだときにしっかりとゴール。33分、シャヴィのパスを受けたF・トーレスが、対応にもたついたラームを置き去りにしてゴール!一瞬の速さがすげぇ!
ラームも準決勝でゴールをあげるなど、大会では悪くなかったみたいだけど、あのシーンは情けないなあ。結局ラームは前半で交代。
ドイツは後半、2トップに代えて、リズムを引き寄せます。しかしなかなかゴールが割れない。スペインはプジョルを中心に集中した守りでこの時間をしのぎました。

横浜FC(比べるな?)でもいつもそう。ここぞという時間帯は必ずあるんだけど、そこで取れないともうだめなんだね。スペインがシャヴィ・アロンソを投入して4-2-3-1にすると、中盤での守備が安定、カウンターも切れ味を増し、ドイツは攻勢が鈍ります。
1-0の拮抗したスコアながら、スペインは最後までラインを上げ、高い位置でのディフェンスを繰り返しました。ずるずる下がるどこぞの国とは大違い(比べるな?)
そして、このままタイムアップ! スペインが優勝!

この試合、監督の采配も見ものでした。常に流れを変えようと積極的な選手交代。システムを柔軟に変え、ドイツも奏功しなかったとはいえ、つぼを心得た采配で、感心させられました。
岡田さんにないのがこれなんだよね。少しは見習ってほしいわ。
ヒディンクのロシアにしても、負傷者を大量に出しながらドイツ相手に奮闘したトルコにしても、監督の采配ひとつで劇的に変わるのがサッカー。「型」にはまりやすい日本人には難しいのか?

とにかく勉強になった大会でしたね~



chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。