FC2ブログ
≪ 2010 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2010 06 ≫
*admin*entry*file*plugin
2010年05月の記事一覧

其恕乎 

 最近、『論語』ブームですね。昨日、立ち読みしてつい買ってしまった雑誌「一個人」も創刊10周年記念号で論語特集でした。
 私は学生時代中国古代史専攻なので、当然ながら論語にも親しんできましたが、今あらためて見直しているのは「素読」です。

 論語の内容はいいものではありますが、人生訓としては割とアタリマエのことだったりして、衝撃的なものではありません。誰もが納得できるような、「いい話」なのです。警句としては、墨家や法家の方が秀逸かもしれません。
 しかし、論語は文章として無駄がなく、リズムが良くて訓み下していて、非常に心地いい。語彙もけして難しいものでないので、読解力が幼くても理解しやすいのもいいところです。

 私自身が中学高校と、論語のみならず「三国志」「戦国策」「墨子」などで漢文の良さを味わってきているので、「素読」は教育方法として結構いいのでは、と思っています。

 そこで、現在我が家ではむすめと「素読」をしています。まだ一緒に読むことはできないので、私の読みきかせですが、意外としっかり聞いてくれています。「今日のお勉強まだ?」なんて聞いてくれることも。
 何日かに一節を進めていますが、これ繰り返せば、憶えてくれるかな?

 私は「衛霊公」十五編の二十四、

 子貢問いて曰く、一言にして以て終身之を行うべき者有りや。子曰く、其れ恕か。己の欲せざる所は、人に施す勿かれ。

 というのは好きで、こればかりは気に入ってます。「恕」という一字が大好きです。むすこの名前にも入れたかったのですが、「怒」に字面が似ているので、却下されました。

 それはともかく、むすめが漢文の美しいリズムと、論語の持つしっかりした倫理観を身につけてくれたら嬉しいです。


スポンサーサイト



chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・