≪ 2010 09   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 11 ≫
*admin*entry*file*plugin
2010年10月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


契約してきました! ハンコ押しちゃった! 

 土地、並びに住宅建築の契約をしてきました!

 13時に中川のハウスクエアで始まった契約会(?)は土地・建物あわせて長時間に及び、18時過ぎに漸く終結。いや~、長かった。今は重要事項説明書を有資格者と読み合わせをしないといけないから、時間がかかるんですね。それに、初めて聞く話ばかりで、とても面白く、色々質問してたから余計に時間がかかりました。
 契約書も住所・名前をたくさん書きました。ゲシュタルト崩壊起こしそうでしたよ。
 むすめは実家に放り込んでいたのですが、毎回付き合わされてるむすこはよく頑張っていると思います。大変。

 さて、振り返ると今月上旬に始めた家探し、あまりにも急展開でした。

10日(日) 東急リバブル訪問 家探しを始めたいことを伝える
11日(土) さっそく物件訪問(こちら
17日(日) 契約した土地を紹介される(こちら
         この段階で交渉相手は東急リバブルから東急ホームズへ
22日(金) モデルハウスの宿泊体験(こちら
24日(日) ハウスクエアで打ち合わせ 希望に沿った間取りが提案される(こちら
27日(水) 営業さんが来て条件提示(こちら
31日(日) 契約!

 とまあ、わずか3週間で契約まで来てしまいました。
 速かった理由は、

①もともとこの土地を知っていて、いいなあと思っていたこと
②現在の居住地からほど近く、土地柄をよく知っていたこと
③マンションのモデルルームはなんどか見ていたこと
④普段からたまにどういう家がいいか、夫婦で話をポツポツしていたので、共通理解があったこと
⑤気に入ると決めるのが早い私の性格
⑥間取り変更が嫁さんのツボに入った


 などがあります。つまり、家探しの初期の頃にすることは、なんとなく終わっていたんです。ここに嫁さんの育休中という条件が重なって、このような急展開。東急ホームズ側も急げば今年度の決算に間に合うということで、間取りの大幅変更を許してくれるなど、ハードルを下げてきたこともあります。
 でも、やっぱりタイミングと縁が重なったんですね。

 契約に至った土地は、あまり詳しいことは書けませんが、第一種低層住居専用地域で、第一種高度地区(高さ10mまで)。建坪率40%、容積率80%と、かなりゆったりとした建築を強制されます。
 さらに第4種風致地区にも入っていて、緑化の義務があります。ここには嫁さんがびっくりしていて、なるべく植栽を少なくしようと思っていたのに、ある程度は木を植えなきゃいけないんですね。これは今日はじめて聞きました。もう少し早く聞きたかったですな。
 境界などもハッキリしていますし、ライフラインも引き込んでいるので、ほとんど面倒なことはありません。

 現地の模型があったので、驚きました。
マイホーム周囲の模型

 明日には内金をいれて、本当に動き出します。ローンも早く決めなきゃいけません。忙しい! これからも毎週末は打ち合わせです。家の細かいところまで決めるのに、4回打ち合わせをするそうですからね。
 それから、外構ですが、実際には他の業者を自分たちで探して発注することになるんだそうです。不勉強で、そこまで全部やってくれるのかと思ってました。結構大変ですよね、これ。勉強です。

 このブログでは「マイホーム建築日誌」カテをつくりました。少しずつ進捗状況を記録していきます。間取りなどもアップしていきたいと思います。なにかの参考になるといいですしね。

 3月31日の引渡し予定日まで5ヶ月間、波瀾万丈はいらないけど、色々ありそうでもあります。がんばります。

 



スポンサーサイト

相模原市立博物館で星空を 

 今日はこの大雨の中、相模原市立博物館に行きました。
 夏にはやぶさフィーバーで賑わったこの博物館も、台風接近のなか閑散としています(それでも30人ぐらいはいたかな)。

 お目当てはプラネタリウム。そろそろ娘にも大丈夫かな、と。こちらのプラネタリウムは全天ではなく、少し傾いた形で、シアターとしても使われます。ただ、13:30からの上映に間に合わず、そのつぎは「はやぶさ」の映画。これはDVDを持っているので、博物館のなかをぶらつきながら時間を潰しました。

 規模も大きいし、綺麗な博物館ですが、展示内容はそこそこ。歴史的なところでは後北条氏の印判状(いわゆる虎の印判)などが嬉しかったです。ただ、やはりJAXAが目と鼻の先にあるってのはいいですね。連携した展開で客を呼べそう。

 プラネタリウムが暗くなると、さすがに怖くなった娘ですが、徐々に慣れて綺麗な星空を楽しんでいました。
 ただ後半のプログラムの彗星はけっこう学術的で、難しかったので退屈していました。
 プラネタリウムデビューとしてはまぁまぁかな。今度はメガスターを見せたいですね。


2010 J2第32節 FC岐阜vs横浜FC 

 台風は岐阜を通過したようですね。公式モバイルサイトによると、薄日も差しているとか。
 前節は千葉を撃破した横浜FC。今節はアウェーで岐阜戦です。

 最近生観戦してないから寂しいの~。

 さて、カイオが復帰したものの早川が出場停止。戸川が負傷しているので、CBに不安が残りますが、ここにホベルトをあて、高地と八角でボランチ。エデルがサイドで先発です。

 90分を過ぎても0-0の試合は、ロスタイムに久木野のゴールで均衡が破れ、1-0で勝利!

 快進撃!

 7日は三ツ沢に行けるので、強くなった横浜FCをこの目に焼き付けたい。
 魂が揺さぶられる試合を見たい!

FC2トラックバックテーマ 第1073回「びっくりした外国の習慣、常識」 

FC2 トラックバックテーマ:「びっくりした外国の習慣、常識」



 ヨーロッパ車はマニュアルが多い

 オランダに行ったときです。最初に空港に迎えに来てくれた旅行会社のクルマはベンツEクラス。でも排気量は2000cc(日本には導入されてない)で、MT。MTのEクラスなんて見たの初めてでした。

 街中でいろいろな車を見ても、確かにMTが多かったです。多いとは聞いていましたが、あらためて感心。今は昔ほどじゃないようですが、日本のようにMTが絶滅の危機という状態ではないようですね。

 私もホントはMTの方が好きなんですが・・・

青葉台 らーめん七志 

 今日は青葉台でもそこそこ人気のらーめん屋「七志」で夕食。

七志のらーめん

 家系ですが、まとまりのある味で女性客が多いのが特徴。久しぶりに食べました。

七志のらーめん 味玉
 注文は味玉ラーメンです。焦がしネギの風味がいいですね。スープは上々。とんこつのコクはしっかりしてるけど、油っぽさはないので、落ち着いて楽しめます。ただ固めにした麺はいまいち腰がなく、ブツブツ切れる感じ。麺なら大桜のほうがいいかも。

 むかし、結婚前に嫁さんが引っ越さなきゃいけなくて、一緒に家探しをしたんですが、ここの2Fか3Fだっかたを紹介されたことがありました。悪くないし、駅も近いけど、匂いが・・・^^


岡崎トミ子は日本人から逸脱 

岡崎国家公安委員長、元慰安婦への金銭補償「検討していかなければならない」
2010.10.28 18:34 MSN産経ニュース

 岡崎トミ子国家公安委員長は28日の参院内閣委員会で、韓国人などの元外国人慰安婦について「名誉や尊厳を回復する措置をしっかりとしていきたい。(金銭支給も)含むものとして検討していかなければならないと思う」と述べ、新たな個人補償を検討したい考えを示した。

 政府はこれまで、先の大戦にかかわる賠償、財産、請求権の問題はサンフランシスコ平和条約と2国間条約で対応しており、新たに個人補償を行うことはできないという立場を堅持してきた。岡崎氏の発言はこれを大きく逸脱している。

 岡崎氏は平成15年2月、ソウルの駐韓日本大使館前で、韓国の慰安婦支援団体主催の反日デモに参加。民主党が野党時代には、元慰安婦に日本が国家として謝罪と金銭支給を行うための「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を繰り返し国会に提出していた。

 自民党の西田昌司氏への答弁。


---------------------------------------

 恐れていた事態ですね。実際には相手にされないと思いますが、一バカとしての発言ではなく、閣僚ですからね。だからこんなヤツ大臣にしたらアカンちゅうに。

 学術上は完全に否定されている「従軍慰安婦」とやらをいまだ平気で持ち出すってのは、よほど大きな見返りがあるってことでしょうね。どれくらいピンはねするつもりだ!?

>政府はこれまで、先の大戦にかかわる賠償、財産、請求権の問題はサンフランシスコ平和条約と2国間条約で対応しており、新たに個人補償を行うことはできないという立場を堅持してきた。岡崎氏の発言はこれを大きく逸脱している。

 こいつには条約での決定とか、政府の公式見解とか、そういうのは関係ないんでしょうね。条約や法なんて主義主張の前には毛ほどの価値もないと思ってるんでしょう。法治国家の政治家として完全に異常です。
 政府見解を逸脱どころか、国家公安委員長としての役割も逸脱してるし、まともな人間の範囲からも大きく逸脱しています。

 ところで、どんな経緯でこの発言になったんだ? 西田氏は何を質問したのかね。


契約まで大詰めです 

 昨日、東急ホームズの営業Aさんが来て、ローンのこと、新たな見積り、外構の提案などの話がありました。日曜日の契約へ向けて最終的な条件提示です。

 ローンについては、嫁さんが育休ということで共同ローンが組めません。私名義でのローンになります。そのあたりのプランを提示してもらいました。
 最終的な借入額はまだ決まっていませんが、ローン期間がなるべく短めになるようにしたいと思います。金利も変動か固定かは迷っていますが、現在変動の金利が0.9前後。固定はフラット35で2%程度ですから、今後金利が急上昇する可能性(つまり日本の景気が急上昇する可能性)はあまりなさそうだし、変動で行くかな~と考えています。それで繰り上げ返済をして最終的な返済期間をなるべく短くすれば、金利上昇のリスクも少ないと思います。
 しかし住宅ローンの金利が1%切るってのもすごいですよね。昔は金利だけで倍になるといったものですが、現在はそこまではないでしょう。

 先日のエントリで懸案としていた外構についても提案がありました。

イメージ エントランス

イメージ ファサード

イメージ 駐車場・エントランス

 どうですか? 今はこんなCGを作ってくれるんですね。イメージつかみやすい。家の中もこんなの作ってくれるそうです。室内を歩くのをヴァーチャルに表示できるらしいです。すごいですね。

 駐車場は負担のかかるところだけコンクリ。目地は砂利などを敷くことになります。車止めをお願いしなきゃ。階段との間の植栽は必要ないですね。駐車場は有効スペースが広いほうがいい。

 エントランスはシンプルな門柱(?)がまずあります。こんなもんかな~。この場合ポストがロックできるものになったほうがいいな。右はじには花壇がありますが、これはなくてもいいんですが、確かに見栄えはいいですね。
 階段は端っこだけブロックで、けっこうコンクリのまま。CGだときれいだけど、実際にはどうなんだろ。滑りにくいんでしょうけど。全部タイルにしたら高いかな? 階段横の手摺はありがたいですね。

 スロープを登ったところが自転車置場になりますが、ミス発見! 玄関とスロープの間がバリアフリーになっていません。折角のスロープですからそこは生かしたいです。当面はベビーカーがそのまま出られるように。まぁイメージ図なので確定ではないから心配ないと思いますが。

 家と駐車場の間は植栽になっていますが、ここは迷うところ。確かにここに植物があると落ち着くんですが…。庭の方には木が立っていますが、こちらは可能性アリ。問題は樹種をどうするかですけどね。ハナミズキは虫が付きやすいからやめると嫁さんが言っておりました。

 ここには出ていないですが、裏庭の方はフェンスを立てるつもりでした。これが結構お金がかかるようで、植栽を勧められました。樹種は柊。日当たりが悪いのにも耐えられ、防犯効果も高い。きれいですしね。手入れはどうなのか調べてみなきゃ。

 ちなみに建物の方はもっと変わります。壁の色も未定ですし、窓には飾りのパインシャッターを付けます。この図だと味気ないでしょ? 玄関ドアも茶色になっていますがこれも未定。デフォは白ですね、

 そんなこんなで予算は150万ほど。これに家の方の変更も加わります。けっこう増額ですが、値引きもしてもらうので、トントン。ただ庭などはまだまだ変更・追加があると思うので、まだ上がりそうですね。はぁ。


FC2トラックバックテーマ 第1071回「クレープの中身は何が好きですか?」 

FC2 トラックバックテーマ:「クレープの中身は何が好きですか?」



クレープねぇ・・・

カスタードクリームかな

ところで蕎麦のクレープ美味しいですよね。


あらためて、ミルクリーク 

 今回我が屋で購入を検討している住宅は、東急ホームズの「ミルクリーク」です。
 建築条件付き土地を購入してから、ということになっていますが、土地も東急ホームズから購入なので、面倒がありません。
 簡単にいえば、東急ホームズの土地を買って、そこに「ミルクリーク」を建ててくれ、ということ。ほぼ建売並に自由がきかない代わりに、注文住宅レベルの品質を比較的安価に購入することができます。

 さて、さんざん登場している「ミルクリーク」ですが、そもそも何!?
 東急ホームズは現在北米輸入住宅販売に特化しているますが、その商品名が「ミルクリーク」です。ちなみにミルクリークとは北米シアトルにある地名です。
 グレードが幾つかあって、高級なのは「ミルクリーク・レジェンド」なんてものも。もちろん、我が家で購入できるのはベーシックなものです。

 外観はおしゃれ。余りゴテゴテせずに、直線基調の外観ながら、輸入住宅らしい凝ったデザインの窓やドアが洒落ています。安っぽく見えないのがいいですね。

 特徴を幾つか挙げますと、

①北米式ツーバイフォー住宅。
 ツーバイフォーも善し悪しなんでしょうけどね。釘や構造材の密度が高く、耐震性が高いとしており、構造は比較的堅牢なようです。まぁ、現在の規格をクリアしてあれば、在来だろうとツーバイフォーだろうと平気だとおもわれますが、コスト面では有利かな。ボックス構造なぶん、機密性を高めるにはいいかもしれません。
 床・屋根・外壁には構造用合板を使用。合板ですから、接着剤が耐久性の鍵になりそうです。
 壁そのものが構造材ですので、窓があまり大きく取れないという面もあります。

②高い耐久性
 ベタ基礎です。これは今時常識でしょうけど。「ビフォアアフター」でも、古い家の基礎は必ず鉄筋入れてベタ基礎にしていますね。この上に基礎パッキンが置かれ、通気性も確保。
 防腐・防蟻処理も入念と謳っています。

③高い断熱性
 断熱材として高密度のグラスウールをたっぷり使い、北海道の基準を上回る断熱性能。窓も木製サッシ二重ガラス窓です。

④高気密
 ツーバイフォーの気密性の高さを防湿気密シートを活用して更に高気密化。まぁ、他社と比較してもそこそこの(圧倒的とは言えない)機密性のようです。

⑤全館空調
 なんども触れていますが、高気密・高断熱を生かした全館空調。ランニングコストを低く抑えているようです。家全体に湿気が少なくなり、ホコリなども減少。喘息・鼻炎持ちとしては期待大です。

⑥フレックスルーム
 これもなんども触れていますが、共有スペースを大きめに取ったもの。ピアノを置いたり、ラウンジにしたり、書斎にしたり…。我が家ではPCスペース兼私の書斎にさせてもらいます。造り付けの書棚を予定。

 こんなとこかな~。あとはHP見てください。

 我が家はかなり規格通りのプランをはみ出して作らせてもらう予定。決まったら少しずつ記録していきたいと思います。

これ以上非難する言葉がみつからない 

鳩山前首相が引退撤回「続ける方向に傾いてる」
2010年10月24日22時40分 読売新聞

 【ハノイ=村尾卓志】ベトナム訪問中の民主党の鳩山前首相は24日夜、ハノイ市内で同行記者団と懇談し、「議員を続ける方向で気持ちは傾いてきている。今年中にでも結論を出す必要がある」と述べた。

 6月に首相を辞任した際の「次の衆院選には出馬しない」との発言を事実上撤回するものだ。

 鳩山氏は「党の状況が決して思わしくない。自分なりの役割も、こういうところで投げ出していいのかと色んな方々から声を頂いている」と語り、外交分野などで首相経験を生かしたいとの意欲を示した。

 鳩山氏は次期衆院選への不出馬を表明した後、地元後援会関係者から出馬を求める声が強かったため、7月の後援会会合で、2011年の統一地方選の時期まで結論を先延ばしすると述べていた。


---------------------------------------

 この史上最低の食言漢に対し、どのような言葉なら適切に非難できるかわかりません。こいつとこいつの周辺の人間は、多分生きていても腐臭を放っていることでしょう。
 同じ人類とは思えない。思いたくない。

鳩呆の至高の言葉

 現世から引退して欲しい。


これからの課題 

 家の方は前にも書いたように今度の日曜日に確定となります。そこで判を押せばいよいよマイホーム建築に向けて動き出し、順調に行けば3月31日に引き渡しとなります。
 まぁ、今までの経緯からして、判を押してしまうでしょうね。かなり気に入ってるから。日曜日に提案された間取りが決定的ですよ。立地はもともと好みだったし。
 まだ契約はしていない、検討中、という状態にもかかわらず、すでに買ったつもりで設備などを細かいところまで考えてる始末。隠し金庫をどこにつくるか、とかwwwwww その土地をつい「うち」とか言ってしまうし。近所ですから2日に1回は見に行っちゃうしwwwwww
 まぁ、大問題がなければこのまま契約となるでしょうね。
 これで千円はアイダさんのものです。あ、これは私信です。

 契約する場合、土地の頭金として400万円入れなければなりません。決まってからでは遅いので、定期を解約したりして今から用意をしています。けっこう分散させているから、いろいろ銀行回りが大変。嫁さんが育休中なのが幸いです。

 さて、日曜日のエントリで触れたとおり、間取りの方はほぼ我々の希望どおりになりました。細かいところで、開き戸を引き戸に変更したり、窓を追加したり、外観をどうするかなどを考えていますが、今後さらに煮詰めていくことになります。照明の配置とかもね。
 注文住宅(ホントは違うんだけど、注文住宅並にいろいろお願いしている)だと、そのあたりが楽しいけど大変です。たとえば、廊下に面した扉はドアノブが当たったり引っかかったりするので引き戸にするとか、そのレベルで考えています。

 目下の懸案は外構をどう作っていくかです。フェンスは必要だし、タイルデッキなども考えているんですが、ここは結構お金がかかる。
 さらにガーデニングは苦手だし、植栽も剪定などで手がかかるのは避けたい。メンテナンスフリーで行きたいんです。ただ子供たちの花壇ぐらいは欲しいけどプランタ対応かな。殺風景でなく、手がかからないように…。そんな虫のいいはなしはないか。

①駐車スペース
 駐車スペースの突き当たりにはすでに擁壁が造られているので、あとはコンクリを打設するだけ。あと車止めか。溝を入れたりもするようなのですが、まぁこだわるところではないので成り行きまかせ。排水のための傾斜はしょうがないとして、横方向は水平にしたいところです。傾いた駐車場では車に負担がかかるので。
 本当なら屋根を付けたいんです。降雨時だけじゃなく、夏の日当たりも多少は防げるし、霜も降りにくい。ただ、この家は建物が道路から引っ込んでいて、敷地正面のほとんどが駐車場になります。レガシィは低い車なので、あまり邪魔にはなりませんが、屋根をつけると建物のファサードが隠れてしまいます。なので当面はなし。フェンスも付けるかどうか考えています。
 あと、右側が見にくいので、どっかにミラーが必要かな。
 広さが十分あるのはいいところ。ハイエースが2台並んでも余裕がありますので、車庫入れは楽そうです。

②エントランス
 門柱、表札は必要ですが、花壇などを作るべきかどうか。正直ガーデニングにかける情熱も時間もないので、メンテナンスフリーなものを考えていますが、あまり味気ないのもね。木の一本も立てるべきか。
 玄関に上がる階段・スロープのデザインはよく考えたいです。門柱もたいしたものじゃなくていいんですが、「結界」としての雰囲気があるものに。

③駐輪場
 東側のスペースには駐輪場の予定。スロープから入れるものです。取りあえずコンクリ打設ですね。ここに屋根が欲しいところですが、設計に入れてしまうと隣との境界規制に引っかかるので後付けにします。
 ただ、実際の幅でもう少し考えないと、本当に使える駐輪場になるか分かりません。

④西の庭
 LDから外にでるとちょっとした庭のスペース。家の中から庭に出るにはLDだけというプランですから、多少は色気のあるものを。
 最初はウッドデッキを考えていましたが耐久性に難があるので、タイルデッキの方向です。物干し場兼用で。2Fにベランダを設置しないので、メインの物干し場所はこのデッキになります。
 問題は両端をどう処理するか。宿泊したモデルハウスみたいに壁で囲むのも悪くないですけど、西隣の家からするといやらしいかな。駐車場側はやっぱり植栽かな~。庭を隠す意味もあるし。ついでなので子供たちと記念植樹みたいにしたいですね。
 なお、ここだけ大きな窓になるので、シャッターを設置するように考えています。あとは布製の可動式屋根(名前忘れた。お店とかにあるやつ)とかつけるといいかななんて。

⑤北の庭
 実は一番広く取れているのが北側の庭。ただ隣の敷地がアパートで、境目には法面があるだけ。侵入し放題です。安全上フェンスか植栽が必要です。ただ、植栽も手入れが厳しいので、あまり手のかからないもの、という条件がつきます。フェンスなら足がかけにくいもの。
 地面は玉砂利でも敷いておこうかなんて考えていました。音がするのでセキュリティの面でも悪くないし。ただ殺風景なのですよ。
 そしたら同じミルクリークの住宅を建てた方のブログで「花マット」というのを見つけました。「ヒメイワダレソウ」という花を敷き詰めるもので、一旦生えてしまえばほぼメンテナンスフリーだそうです。踏んでも平気だとか。季節には一面白くて小さい花が咲くのでなかなか良さそうです。子供を遊ばすにもいいでしょうし。ただ、北側の庭で日当たりが悪いので、それに耐えられるかですね。敷設と根付くまでの除草は頑張らないといけませんが、それぐらいはしょうがない。
 先程の安全面を踏まえ、北境界のフェンス際には玉砂利を敷いて、あとは花マットというのはどうかな~。

 とまぁ、課題山積。これらは費用の問題も大きいので、じっくり相談しながら進めたいと思います。
 ただ、植栽に関しては悩みどころ。費用もさることながら、剪定や落葉や枝の処理、毛虫などの問題があるのですよ。枝が伸びすぎず、病気に強く、落葉せず、虫がつかなくて、綺麗な華が咲くような都合のいい木はありませんかねwwww 
 まぁ、いい加減な気持ちで育てられても木が可哀想なので、ちゃんと考えて、植えるからには大事にしたいと思います。嫁さんはハナミズキがいいなぁ、なんて言ってますが、どうなんでしょう。
 お花も手がかからないように。幸いなことに園芸店が近くにあるので、少しずつ進められそうです。子供たちがやってくれるようになればいいですが、親がやって見せないと無理ですからね。


「勝手にスイッチ」第109回 

 今日は土曜日の出勤の代休。腰の病院に行ったり、銀行に行ったり、雑用をして過ごしました。
 銀行はたまプラーザに行ったのですが、たまプラーザといえば最近「テラス」が完成してグランドオープン。駅周辺がすっかり見違えるようです。
 ついでなので昼食を人気の博多ラーメン「一風堂」でとりました。先日家族で行ったときはあまりに長い行列に諦めたのですが、今日は平日だし、12時前なのでたいしてまたずに入れました。

たまプラーザの一風堂

 結論。「もえぎの」(こちら)の方がうまい。

 「もえぎの」のほうが麺はしゃっきりしてコクがあるし、スープも味わいが深い。あっさりがいいなら一風堂でもいいけど、とんこつならではのガッツリとした濃さなら圧倒的にもえぎののほうがうまいです。立地でこれだけ並んでるけど、私はもういいかな。

 昨日の「アド街ック天国」で青葉台が紹介されました。半分はこどもの国と寺家ふるさと村というあたり、他にないんか! という感じでしたが、他に出てきた食べ物やさんはほとんどコンプリートしています。峰竜太が紹介していた「ノイエス」は徒歩圏ですから、しょっちゅう行ってるしね。和菓子の「若野」には娘の一歳の「お持ち」を頼んでいます。
 そこで唯一出てきたラーメン屋は「大文字」でしたが(ありゃ青葉台というより藤が丘)、あそこも私はいまいちだと思いました。やっぱ有名じゃなくても自分でおいしい店を探すほうがいいですね。

 では、今週の「スイッチ」いってみましょう。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.私の生活圏には、スーパー銭湯があります
 ○はい 
 ×いいえ
ありますが、前の職場にも近く行きづらかったのでいっていません。親父殿は南町田の「万葉の湯」によくいっていたようです。今建て替え中なんですよね。
私はお風呂は家がいいので、あまり行こうとも思いません。温泉ならちょっと出かけた先で入りたいけどね。

2.「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、書店でよく
 ○見かける
 ×見かけたことない
私の通勤途中の駅近本屋には平積みでした。興味は持てませんが。

3.耳かき店員殺害事件では、裁判員裁判初の死刑判決が
 ○出ると思う
 ×出ないと思う
てか、出せ

4.サンリオのキャラクター「キャシー」は、「ミッフィー」に
 ×よく似てる
 ○あまり似てない
うさぎを子供向けにデザインしたら、誰でもあんなふうになるんでは? せなけいこの絵本に出てくるうさこなんかも・・・。

5.身近に、猟友会に所属している(た)人が
 ×います
 ○いません
「いました」かな。昔のバイト先の責任者がよく猪を撃ちにいっていました。うちは両祖父がブルーカラーで親父殿はサラリーマン。なかなか縁がないです。

6.舛添、蓮舫両氏のいずれかの都知事選出馬は
 ×あると思います
 ○ないと思います
どっちもなってほしくないし。・・・でも、でちゃうのかも。いや、許さん。都民じゃないけど。

7.アイフルのCMでブレイクしたチワワと俳優の名前を
 △よく覚えてます
 ×忘れてました
清水章吾さんは、いいキャラでしたよね。あのサラリーマン的雰囲気を出せるひとはなかなかいませんよ。最近見ませんねぇ。

8.日ス輪主宰atsuは、先週まで基本半袖で過ごしてました
 ×おかしい
 ○おかしくない
職場じゃ背広の上着脱いでます。ワイシャツは半袖ですよ~。
でも、最近急に寒くなって来ましたね。


FC2トラックバックテーマ 第1069回「カレーのお肉、何を入れる?」 

FC2 トラックバックテーマ:「カレーのお肉、何を入れる?」



 鶏 or マトン

 家で食べる日本的なカレーなら鶏がいいですね。唐揚げ用のもも肉を大きめにゴロゴロ入れます。
 本格インドカレーならマトン。青葉台の「ラズィーズ」(こちら)では鶏かマトンなのですが、迷わずマトンを選びます。紹介したエントリでも書いていますが、スパイスの効いた本場のカレーには、鶏肉では風味が弱くてね。マトンのボディがしっかりした味が引き立つんです。
 キーマカレーもいいですけどね。


今日も打ち合わせ 決めてしまうのか!? 

 金曜日に宿泊体験をしてきて、さらに今日はショールームで打ち合わせ。新しい間取りプランなどを見せてもらうのと、壁や内装のデザイン、設備などの相談です。場所は中川のハウスクエア。

 先週見せてもらった間取りは結構良かったのですが、和室がリビングから離れているという弱点がありました。ここに嫁さんが引っかかってて、私は正直気にしていなかったのですが、色々話して納得。この点は可能なら変更を、とお願いしてきました。
 私も間取りに関する本を買って俄勉強。でも読み終わる前に今日になってしまいました。

 今日見せてもらったプランは、北側に水まわりを集中、階段も動かして東側に和室が来ました。その分、6畳だった和室は4.9畳になりましたが、リビング・キッチンに隣接になって、広がりが出ましたし、子供を転がして置ける部屋になったのでとてもいい感じになりました。狭くても家具を置くわけでもないので、問題なし。
 水まわりが北に集中したことで、セキュリティ上不安のあった北の壁の1Fに窓が必要なくなり、安心です。
 2Fも小変更でフレックスルームが広くなり、私の城になりそうです。
 玄関にもWICがつきました。靴箱いらなくなっちゃった。

 外構を見ると、建物の西側のスペースには希望のタイルデッキを予定。物干しもできそう。玄関にあがる階段の横にはスロープが付いて、自転車置き場を家の東側のスペースに。これ便利! それにスロープがあればベビーカーも楽だし、足の悪いお義母さんも安心です。

 このプランに嫁さん大喜び。実は階段の位置も変わるほどの大変更なので、プランニング料が高くなってしまいましたが、本来ならそこまでいじらせてもらえないので、ラッキーです。

 プラン確認のあとは、壁や玄関のドア、システムキッチン、ユニットバスなどのサンプルを全部見せてもらいました。すごく悩むんでしょうが、選べないよりマシ。よく考えたいと思います。
 でもキッチンには食洗機、トイレはウォシュレットがデフォルトなんて、今の家はすごいね。逆に言えば、オプションで付けるものが多くないので、あまり費用もかからなそうです。

 ・・・でもね、まだ買うって決めたわけじゃないんですよ!
 あくまで検討中なんです!

 完全に買う気まんまんとしか見えないですよね。
 このブログを見た学生時代からの友人は、私の行動パターンから見て、こいつ絶対に買う!と確信しているようです。た、確かに…。

 決断は来週末。それまでにローンのことを検討します。
 もし、ハンコ押したら、「マイホーム」カテ追加ですね。


2010 J2第31節 横浜FCvsジェフ千葉 

 なんでこんな日に出勤かな!?

 フロンターレを追い詰め、鳥栖からは0-3からの4得点と勢いというだけではない力をつけてきた横浜FC。昇格云々というより、今の横浜FCがどれだけやれるのかを見たい!
 その相手として、ジェフはもってこいじゃないですか。

 中位・下位チームから勝ち点を荒稼ぎして臨んだ福岡戦では、まだまだという甘さを突きつけられました。しかし再びそこから這い上がる横浜FC! 前回のの対戦では0-4でした。そのジェフに何を見せるのか・・・

 結果は

 横浜FC 1-0 ジェフ千葉

 前半43分の西田のゴールで3位を千葉と争う福岡に素晴らしいプレゼントをしてしまいました。

 いや~、強くなったんだよ、横浜FCは!

 ある意味、優勝した時よりも手応えを感じる。強くなっていくチームにです。
 残る7試合の中にはまず、3連勝のあとにケチをつけてくれた徳島がいます。倒す!
 そして首位を走る柏。三ツ沢では調子を上げてきた頃に戦って2-2。次こそ勝つ!


モデルハウスに泊まってきました 

 昨日のエントリでも書いたとおり、今購入を検討している家のモデルハウスでの宿泊体験ということをしてきました。
 どこの家を考えているかというと、東急ホームズの輸入住宅「ミルクリーク」です。2×4の北米住宅に特化したハウスメーカーで、気密性や断熱性の高さ、センスの良いデザインがウリです。
 前にも書いたとおり、全館空調や長期優良住宅にも対応しているので、そこそこ評判はいいようです。

 先週見たモデルハウスはとても印象が良かったのですが、やっぱりアラがみえてこないですからね。
 私は小学6年生までは戸建に住んでいましたが、その後はずっとマンション暮らし。正直戸建の住み心地がよくわからないので、こういうサービスはありがたいですね。

 夜、仕事から帰ってすぐ夕食を食べて、8時半ごろにモデルハウスに到着。嫁さんが気をきかせて私の両親を呼んでくれました。たくさんの目で見たほうがいいし、私の親父殿は建材メーカーに勤めていましたからいろいろ気づいてもらえるでしょう。

モデルハウス 階段

 営業さんに案内されて入ると、いきなり吹き抜け! リビングの上がスッポリで、2階へ登る階段や2階の廊下が良く見えます。吹き抜けを作ることは考えていませんでしたが、1回と2階に一体感があって、いいですね。リビングから子供部屋のドアが見えているのもいい。
 現実的に我が家には無理ですが(広さが足りない)、ちょっと気に入ってしまいました。

 間取りなどは考えているものと全然違うので、そういう意味では参考になりませんが、細かいところを色々チェックしてみました。

①遮音性
 断熱性・機密性と遮音性は両立しているとは限りません。このモデルハウスは目の前がかなり広めの4車線道路。ペースもかなり速く大型車も多いので、音に関して実感するには絶好のロケーションです。
 1Fにいるとあまりうるさいとは感じませんでしたが、2Fで寝ているときはうるさく感じました。私は爆睡していたんですが、嫁さんは珍走団の音で目が覚めたそうです。
 こんなもんなのかなあ?
 室内ではトイレの音がリビングに結構入ってきました。奥まったところにあるとはいえ、ドアがリビングに向いているので構造上そんなもんかも知れません。

 2FにはリビングのTVの音がかなり聞こえていたようですが、吹き抜けですからしょうがないかな。

②水回り
 ユニットバスはかなりベーシックなもので、最近はやりの床に水が溜まらないものでもなかったので、なんとも。ただ広さは十分ですし、バスタブも足をゆったり伸ばせるのは嬉しいですね。
 洗面所は洗濯機があっても広さは十分。ただ、このあたりはどんなユニットを使うかで決まってしまいます。デフォがどの程度のものかわかりませんが、少しお金を出さないと満足できるものにならないかも知れません。
 なお、浄水器が標準装備。そういうとこは最近の家はうるさいですね。

③収納
 このモデルハウスは和室がない設定なので、押入れがありません。しかし玄関のWICや階段下収納など1Fでも充実しています。2Fは部屋ごとにしっかり収納があり、主寝室には広いWIC。廊下にもありますから、文句なし。ただ吹き抜けのためにフレックススペースがないので、そこが見られなかったのが残念でした。

④全館空調
 夕べは少しひんやりする程度で過ごしやすい気候だったのが残念でした。全館空調の真価は見えてこないですね。コントロールユニットが2Fにあったのが納得いきませんが、ゆったりと空気が動いている感じはしました。確かに玄関に入ってからキッチン、2Fまで同じような温度なのは楽ですね。
 夜遅くなって少し気温が下がったので、若干温度を上げてみたところ、僅かに唸るような音がして暖かい空気が出てきました。それでも1Fに降りてみれば音は気にならず、ゆっくり全体の室温が上昇。
 子供部屋で就寝したのですが、やはり空気が強く吹き出ないのはいいですね。快適に眠れました。
 ただ、子供たちには贅沢すぎるというか、こんな楽なのを味わってていいのか?とも感じます。外でたくさん汗をかかせないとね。
 なお、室外機も1つでいいので家の裏もスッキリでした。

⑤キッチン
 これもどういうシステムキッチンを入れるかで違うので、なんとも言えませんが、シンクが大きくて使いやすそうでした。収納も多いし。コンロはIH。これは実家にあるので珍しくもありませんが、ガスがいいのか、IHがいいのか、迷います。子供には火で料理することを覚えて欲しい気もするし…。大人になって火が使えません、では恥ずかしい気もします。

⑥その他
 庭らしい庭はないのですが、ダイニングからタイルテラスに出られました。ちょっとしたスペースですが、塀で囲まれていてデッキチェアに座ると外からは見えないので、意外と寛げそうです。BBQとかできるといいですね。タイルだとウッドデッキと違って長持ちしそうですから、メンテも楽そう。
 階段が広くてゆったりしていました。玄関入ってすぐに見えて、吹き抜けに面した「見せる」階段というせいもありますが。
 
 家具がないので家全体がスッキリしていて、居心地のいい家でした。ただ、素敵な吹き抜けや、品の良いインテリアなどの要素を取り除いて、そこにいろんな荷物をおいたり、そっけない家具を置いたりした生活感を重ねて考えなければいけないですからね。
 
モデルハウス 主寝室

 主寝室はかっこいいですね。でもこうはならないんだろうな・・・



モデルルーム宿泊体験 


今夜は今検討中の家と同じタイプのモデルルームに宿泊体験に来ています。
キャンセルがでたそうで、急遽ブッキングしてもらいました。近いとこだし。

ただ、土曜日私は出勤なんですよね。仕事終わってから来たし、じっくり見られる時間がない…

眠いけど、頑張って味わってみます。

それにしても綺麗(当たり前)。

FC2トラックバックテーマ 第1067回「実際に行ってみて感動した場所は?」 

FC2 トラックバックテーマ:「実際に行ってみて感動した場所は?」



 オランダですかねぇ。
 アムステルダムやデン・ハーグなどの美しい町並み。国立美術館・マウリッツハイス・ゴッホ美術館でみた名画の数々(特にフェルメール)。最高の雰囲気を演出したフィリップススタジアム。
 ・・・挙げればキリがありません。


なんだこの不愉快さは 

前原外相発言が障害に=日中首脳会談の実現で―中国
10月21日(木)19時56分 時事通信

 【北京時事】中国外務省の胡正躍次官補(アジア担当)は21日の記者会見で、月末にハノイで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議での日中首脳会談について、前原誠司外相の発言などが実現の障害になっているとの認識を示し、改めて日本側に対応を求めた。
 胡氏は、前原氏が15日の記者会見で首脳会談に関し「時期は焦らなくていい」と述べたことに触れ、「なぜ焦らないのか」と不快感を表明。「毎日のように中国を攻撃する発言があり、外交官が口にすべきではない極端なものすらある。このようなことが繰り返されるのは耐え切れない」と不満をあらわにした。
 

---------------------------------------

 さんざんっぱらすき放題言っといて、批判されたらこれだからな。モンペか!

 前原ごときを擁護したくもないんだが・・・

 中共が世界平和の障害です


東京ヴェルディ 存続 

東京V、存続確実に=受け入れ先、支援企業固まる―Jリーグ
10月19日(火)21時14分 時事通信

 経営不振のためJリーグが運営に乗り出している2部(J2)の東京Vについて、大東和美チェアマンと東京Vの羽生英之社長(Jリーグ事務局長)は19日、来季以降のクラブ存続が確実になったことを明らかにした。新たな受け入れ先がほぼ固まったほか、スポーツ用品販売大手のゼビオと5年間の包括スポンサー契約を結んだ。
 6月にJリーグ子会社のジェイリーグエンタープライズが東京Vの株式を取得し、羽生事務局長が社長に就任。リーグが加盟チームを直接運営する異例の方法で再建の道を探っていた。
 羽生社長によると、新たな出資者は個人を含む複数。Jリーグは29日に臨時理事会を開き、新たな出資者を承認する。「東京ヴェルディ」の名称はそのまま引き継がれ、本拠地も現在の味の素スタジアム(東京都調布市)を使用する方針。
 

---------------------------------------

 「読売ヴェルディ」化をリーグから阻止され、ナベツネに見捨てられたヴェルディがここまで凋落するとは思いもよりませんでした。ちょっとだけ「読売ザマミロ」という気持ちもありましたけどね。
さすがに消滅ともなるとJリーグ全体の問題となりますから、フリューゲルスの例をだすまでもなく、とてもマズイことです。
 Jリーグはまだ基盤が弱いチームがほとんど。経済の沈滞もあるとはいえ、観客動員数も苦しいチームが多い。
 去年は大分トリニータの例もありましたし、以前は栃木も同じようにJからの支援がありました。

 ここ数年で参入したチームもけして楽とはいえないだろうし、来季Jに参入するガイナーレ鳥取や次年度以降に持ち越された町田ゼルビアなどのように、今でもJを目指すチームがあります。

 これからも似たようなことはたくさんあるでしょうが、リーグが緊急にサポートして、その間にスポンサーを探すという形は繰り返されそうです。
 各チームとしては観客動員を増やしてスポンサーを多く確保するしか、現実的な方法はありません。

 そのなかで大きなネックになってるのではないかと思うのが、競技場です。

 横浜FCは幸いにも横浜駅からも遠くないところに、ニッパツ三ツ沢球技場という、サッカー専用の素晴らしいホームスタジアムがあります。陸上のトラックがなく、客席とピッチが近くて迫力があります。これはかなり恵まれています。

 Jチームを見渡してみても、ホームスタジアムがサッカー専用というチームは多くはありません。さいたまスタジアムを使える浦和などは恵まれすぎです(使用料も高いのでしょうが)。鹿島もいいですよね。意外と鳥栖が立派な専用スタジアムが駅の近くにあります。
 専用スタジアムのチームは、J1で鹿島・浦和・清水・磐田・大宮・神戸・仙台の7チーム。J2では柏・千葉・鳥栖・福岡・横浜・栃木の6チーム。37チーム中13チームですから、ようやく1/3です。
 名古屋は豊田なら専用ですが、瑞穂は陸上。札幌はトラックこそありませんが、野球場でもあるので除外。

 大概は市営や県営の陸上競技場です。国体がらみで作られたところも多いですね。サッカー観戦を想定していないので、スタンドは貧弱で、ゴール裏に座席がないことも。傾斜も緩いので、後ろの座席に行ったところで見やすいわけではありません。反対側のゴールで何が起こってるか、よく解らんのです。スコア掲示もかなりアナログで、大型の映像装置などはほとんどありません。

 8月に行った北九州の本城陸上競技場などは、典型的でしょうね。川崎の等々力も1Fゴール裏に関してはコンクリートの段があって柵が立っているだけ。2Fにあがってなんとか見えるレベルです(2Fがゴール裏の屋根になっているのは助かりますが)。幸いスタンドの改築をするようですが、専用スタジアムの建設は否定されました。

 また、こういった競技場は公園などの緑化地帯にあるので、主要駅からのアクセスがよくない傾向があります。三ツ沢も「三ツ沢公園」の中にあります。駅からバス便が多いですが、歩くとちょっと遠いです。
等々力も野球場なども一緒にあって、やはり駅からバスです。

 でもまだこのあたりはいいほうで、町田ゼルビアの野津田公園などは町田からかなり遠いです。折角盛り上がってプロチームが設立されても、不便というだけで観客動員のボトルネックになってしまいます。

 「サカつく」では収入を増やして、徐々に大きな専用スタジアムを建設していきますが、現実はなかなかそうも行きませんよね。でも、なんとか便利な場所にいいスタジアムを作って欲しい。行政の協力も必要ですから制約も山ほどあるのは承知のうえで。

 思い出すのはオランダ・アイントホーフェンのフィリップススタジアムです。フィリップスの企業城下町であるアイントホーフェンはさして大きな町ではありません。しかし、駅から遠くないところにサッカー専用スタジアムがあって、リーグ1の強豪PSVの本拠になっています。スタンドも傾斜が強く、かなり上のほうの席でしたが、よく見えました。スタジアムショップも結構な大きさのものがありました。
あれこそサッカースタジアム! カンプノウとか、サンチャゴ・ベルナベウとかまでいかずとも、いいスタジアムです。

 三ツ沢は行くのが本当に楽しいスタジアムです。横浜FCのサポでよかった!とおもえる「俺達の丘」です。同じ思いを他のチームのサポにも持って欲しい。観に行くのが楽しみになる、闘志をかきたてられるアウェーであって欲しい。
 がんばろう、Jリーグ!


FC2トラックバックテーマ 第1065回「忙しいときのお手軽料理!」 

FC2 トラックバックテーマ:「忙しいときのお手軽料理!」



 親子丼

 ご飯が炊けてるとき限定ですが。材料も少ないしね。一人からでも出来ますから。
 一人暮らしのときはよく食べていました。


「勝手にスイッチ」第108回 

 勝手にスイッチもついに煩悩の数になりました。私は108じゃ済まないような気がするけど。

 土曜日運動会、日曜日家の検討と、忙しく過ごしてしまい、ますます腰の調子が悪いです。もともとヘルニアなりかけなところに、疲労がたまってやばい状態です。
 とりあえず整形外科に行ってみたら、鍼を打たれました。通電までされて、コリはずいぶん良くなりましたが、やはり椎間板は磨り減ってるわ骨棘か大きいわ、骨の並びがガタガタだわで、ひどい状態ですね。しばらく通院です。
 ディズニーランドのチケットがあって、楽しみにしてるんですが、1日もつかな~

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。


1.ベイスターズが、新潟に移転するかもしれません 
 ◯いいと思う
 ×よくないと思う
横浜市民ですが、正直プロ野球にあまり愛着ないもので。ただ、どっかで書いたかも知れませんが、横浜って熱中度が低い気がします。Jリーグも350万の人口から考えると、もう少しお客さんが入って欲しいとこです。やはり娯楽が多い地域だし、私が住む田園都市線沿線は神奈川都民と言われる地域だし、熱が上がりにくいんですかね。アルビレックスの熱狂を見ると、横浜より新潟って思うのかも知れません。寂しいですね。


2.チリ落盤事故の、見事な救出劇に
 ×感動した
 ◯感動しなかった
まったく映像を見ていないもので。日本人はこういうの好きだし、ものすごい盛り上がりでしたね。逆だったら、チリの人は日本なんて関心を持たないだろうな・・・。個人的にはこの後の処理の方が気になります。費用の負担者とか。チリにとって銅は基幹産業。どのように対策を取ってくるのか。世界の1/3を産出するだけに、日本もその意味では無縁ではありません。

3.米国が、現政権下で初めて核実験を行ないました
 ◯これが現実
 ×失望した
核を称揚するつもりはありません。しかし、現在の人類は核のような抑止力なしに秩序を維持できるところまで成熟していません。核廃絶はいずれ成し遂げるべき課題ですが、現在はその時ではないと思います。

4.芸能界に、枕営業というものは
 ◯実在する
 ×実在しない
常識が通用する世界ではありませんからね。

5.谷亮子が、柔道を引退しました
 ×それでいい
 △いや、引退すべきは政界のほうだろ
もう、両方でしょう。晩節を汚すとはこのことだな。

6.「柳腰」という言葉を、私は以前から
 ◯知ってました
 ×知りませんでした
まぁ、歴史屋ですから。日本でも使いますが、「西遊記」でもあったような気がします。西遊記が書かれた明代ではそういう女性が持て囃されたようですね。もっとも舞台である唐代では楊貴妃のようなふくよかな女性がもてたのですが。

7.青函トンネルが、世界一長いトンネルの座を譲り渡しました
 ◯悔しいです!
 ×悔しくないです!
まぁ、青函トンネルは長さ以上に軟弱地盤の海底を通したことに大きな意義がありますけどね。スイスのはよく知りませんが、その辺の難易度はどうだったんでしょうか。

8.子供の頃、ザリガニ釣りをして遊んだことが
 ◯あります
 ×ないです
もう、しょっちゅう。よっちゃんイカとかを餌にして、タコ糸で釣ってました。建設途中で計画がストップした団地があって、そこに池というか沼というか、そんな水たまりがたくさん残ってたんです。立入禁止だけど侵入しまして、ずいぶん釣れました。もちろん、田んぼでもじゃんじゃんゲットしてましたね。あまりに釣れるのでキャッチアンドリリースwwww 飼うとなっても雑食性で餌に困らないし、水さえマメに変えてやれば結構簡単でした。幼少期の思い出のヒトコマです。



2010 J2第30節 サガントスvs横浜FC 

 壮絶な天皇杯3回戦から中3日。九州でのアウェーということで、コンディション的に厳しい試合となりました。相手は因縁の鳥栖。
 もちろん私は観戦に行けていませんが、Fメールで仰天! 前半ですでに0-3と、コテンパンです。やっぱキツかったのかな~とおもっていたら、結果は4ー4! よく見たら一度は逆転しているんですね。
 最後に力尽きて豊田のゴールで同点とされてしまいましたが、後半だけで4得点。フロンターレ戦といい、驚異的な粘りを発揮できるチームになっています。

「横浜FCは根性があります」

 とは、岸野監督の言葉です。今年は昇格を目標に掲げながら序盤に躓き、調子を上げてきたときには上位との差がつきすぎていて苦しい状況になってしまいました。それでもここまでファイトできるチームを築き上げた手腕には本当に頭が下がります。
 チームとして未成熟なところはたくさんあります。でも、こういう試合を積み重ねるチームに、サポとしては敬意を表して全力で応援するしかありません。

 今週の土曜日のゲームはまた出勤で三ツ沢に行けません。それでも魂は三ツ沢に!


もう一押しなんてもんじゃない。 

 先週の土曜、なんとなく不動産屋さんに行ったのが、我が家の家探しのスタートでした(こちら)。
 その中で、現在の家に近いということでとても気に入っていたところが、一区画だけ空いているという情報が入りました。
 先日のエントリのまま書くと、

A 公園直近ご近所
 普段良く遊んでいる公園の近くに造成された建築条件付。今の家からも近く、周辺環境はとてもいい。公園で遊びながら、ここは立地がいいなぁと思ってました。小中学校が近く、バス停・スーパーも近い。今のところ、ほぼ埋まっていて、出遅れてるのでチャンスはないかも。土地も広めで、若干割高。

 付け加えると、南側道路に面していて、土地自体も東南に傾斜しているので、日当たりなどは結構いいのかな、と。目の前は公園。カースペースは2台分あります。

 今日、改めてそこを見学。まだペンペン草の生えている土地と、モデルルームも建っているので、その中もじっくり見させてもらいました。

家候補!?
 まず立地に関してはやはりとてもいいです。この写真の手前が南側になります。右側がアプローチで、段差が少ないのが分かると思います。
 ただ、後ろ(北側)がスコーンと抜けてて、そこがアパートになっていること(奥の壁)が気になります。。同じような分譲住宅だったら、あまり気にならないかもしれませんが、アパートの玄関のところから、ちょっと降りるだけで敷地に入れるのが・・・。フェンスは必要ですよね。
 カースペースの端の方は、電柱が立っているので、車庫入れにちょっと障害かも。向かって左奥の擁壁が食い込んでるのも、気になる部分ではあります。

 肝心の建物は、なかなかでした。
 先週見てきた家は、建売ばかりでしたから、やはり気に入らない部分は多かったんです。一番の不満は収納が少ないこと。布団と本が多い我が家には致命的なのです。あとは2階への階段がリビングにないことなど。
 そのあたりを見ようと思って入った家は、まず玄関内に靴以外のものまで入れられるウォークインクローゼットがあることにびっくり。リビング階段もクリアで、ゆったりしたいい1階です。
 でもまぁ、そこまでの驚きはなし。びっくりは2階でした。

 階段を上がってパッと目に入ったのは、「空間」。・・・???
 2畳ほどもある空間は、奥に窓があって、とても明るいのです。クローゼットまである。「フレックススペース」と言って、仕切ることもできるし、このままでも使える。書斎にもなれば、納戸にも、ギャラリーにもなる。完全なフリースペースなわけです。ちょっとした家具なら置けるし、懸案の本置き場にもいい。
 これはいい!

 2階は3部屋あるのですが、どれも収納が大きく、不安はありません。そこへもってきてのフレックススペースですから夢も広がります。

 フレックススペースのクローゼットの扉の隣にもう一つ扉が。あけてみると、でかい機械とぶっといパイプ。・・・???
 「これは、全館空調の機械です」

 ・・・全館空調!!!???

 ここにあるのは大型のエアコンで、廊下から部屋から全部の空調をやってまうのだとか。一般家庭で!
 きけば、部屋数の多い住宅で、個別にエアコンをつけるとかなり効率が悪い(そりゃそうだ)。メンテも大変。それに廊下やキッチン、トイレや納戸などはエアコンが効かないわけです。
 全館空調ならそこまで全部やれるし、密閉性の高い住宅なので、効率もいいとのこと。へぇ~。イニシャルコストは高いけど、ランニングコストは抑えられるらしい。さらにいえば、一日中、一年中かけっぱなしにするんだと。そうすることで、定格運転ができるので、ここでもコストダウンだと。へぇ~。
 家の中全体でホコリなども抑えられるし、家全体の湿気もかなり減らせる。すごいですね。営業トークに乗せられすぎかもしれないけど、これは驚きました。
 考えてみりゃ、フレックススペースなんてこのシステムがなきゃ成り立たないですよね。部屋ごとにエアコン用のダクトやコンセント作ったりすること考えたら、合理的です。このモデルルームでは2階にスペースを取って機械を置いてたけど、実際には屋根裏に置くことが多いようです。なおさらスペース効率がいいですね。

 ひとしきり堪能したあと、こんどはプランを見せてもらいました。先週伝えていたこちらの要望をいれて、簡単に図面を起こしてきてくれていました。
 みると、1階はほぼノーマルなタイプで、リビング階段が押さえられています。トピックは奥の和室で、6畳+2間の押入れ。最近の家って押入れがないんですよね。そこの不満を言っていたら、こうなってた。すげ。ただ、和室はリビングとつながってる方が広く使えていいのですが、ちょっと離れてる。これはこれからですね。

 2階は例のフレックススペースが大きめに取られていました。子ども部屋にはしっかり収納。そして主寝室には3.8畳ものウォークインクローゼットが! もはや部屋です!
 これもすごい!

 というわけで、物件としては細かいところぬに注文はあるものの、ほぼ申し分なし。立地はもともと気に入っているわけですし、問題はお金だけです(それが大きいんですが)。
 ハッキリ言って、当初の予算はオーバー。やっぱりちょっと分不相応な感じですね。土地代が高いのですよ。ただ、注文住宅のくせに建物自体の値段はかなり安い。全館空調でもね。輸入住宅だから円高差益もあります。
 長期優良住宅だし、現在の金利の安さや住宅ローン減税も受けられるし。
 なにより、2馬力なので、なんとかなるかな~などという甘い期待も。

 しかし、このぐらい気に入ってしまうと、もうダメかもね。営業さんからすれば、もうひと押しどころか、もう倒れてるみたいなもんだろうね。

 問題山積なのは百も承知なのですが、この区画では最後の一つなので、とりあえず仮予約をしてしまいました! つまり唾は付けたってことです。いや~、思い切った。

 あとは来週もう一度よく話を煮詰めて、本契約をするかどうか。それまで勉強だ!
 これでほんとに契約しちゃうと、完成は5月末ぐらい。どうなることやら・・・
 

2010運動会 鼻がグズグズ 

 今年の運動会はひと味違います。なにせ出場種目が多い! 見せ場が増えて、見る方も楽しみです。

 まずは開会式。「チュンチュンワールド」を踊って準備体操。むすめは鼻炎が発症し、鼻がグズグズ。妙な顔をしながら、一生懸命踊っています。集中力はまだないけど、踊りはちゃんと憶えていました。

 つぎは駆けっこ。ライバルは月齢が早いはるくん。0歳児クラスからの仲良しです。去年はスタートダッシュに失敗しましたが・・・。
 おい、斜めに走ってるやん。結局はるくんに次ぐ2位でした。じいさんに「斜めに走ってたぞ」と突っ込まれると、「だってあっちもゴールだもん」・・・。
 たしかにね。コースラインはないし、ゴールテープを張ってるトコは全部ゴールだ。

 増えた競技① 縦割りクラスでの競争。年少から年長までは学年を超えて縦割りのグループを作っています。うちの子は「プリキュアチーム」・・・男の子はそれでいいのかい?
 3人ひと組で、年少さんがかご(ダンボールだけど)にのって、一人が引っ張り、一人が押す。・・・うちの子重いですけど?

 この保育園では最年長クラスがソーラン節をやる伝統(といってもまだ5回目)ですが、むすめは後ろで大漁旗を掲げる役が回ってきました。クラスで4人。ほぉ。背が高い法だし、月齢も早いからでしょうね。ちゃんと務めおおせました。

 さて、保護者競技は今年も大縄。去年は3回という惨敗を喫したクラスですが、今年はリベンジなるか!
 練習では息があって、15回ぐらいまで跳んだところで、「疲れるからこのへんで!」
 いざ本番! 一度目は・・・5回!? 2度目は・・・いきなり先生が引っかかって0回! いや~、ボケ役も必要ですよね。去年より66%も向上したし!

 年少さんになって大きく変わったのはダンスが入ることです。「たまごっち」でした。
2010運動会 踊るぽんぽこぽん
 踊りは全部覚えてたけど、やっぱり鼻が気になるようです。でもかわいいでしょ?

 参加最後は親子競技。去年は私が出ましたが、今年は奥さんが登場。玉入れを一生懸命やりました。

 それにしても、すこしずつ、競技がさまになってきてるし、そのうえでお兄さんお姉さんをみると、来年もますます楽しみになります。目標があるっていいよね。クラスの他の子も、頼もしくなっています。再来年、ソーラン節をかっこよく踊れる学年になってほしいな。
 来年はこいつも一緒に出られるといいなぁ。
2010運動会 ぼけ~


中2日の強行スケジュール 

 等々力の激闘から中2日で、明日も重要なイベントがあります。休養不十分ですが、最後まで全力を尽くさねばなりません。

 あ、横浜FCもですね。中3日で鳥栖戦。負けられません。コンディションは心配ですが、今の横浜FCならいい戦いをしてくれるでしょう。

 冒頭の話は、わたしです。明日、保育園の運動会なんですよね。ここしばらく腰痛の調子が最悪で、そこへ一昨日の観戦もあって状態は悪くなるばかり。
 明日は縄跳びとかもあるのですが、がんばらないといけません。でもコンディションが・・・。

 むすめは年少さんになって参加する競技が増えました。そこもすごく楽しみです。弟も見てるし、頑張れ!

 その弟は、こないだの日曜日に歯が生えたのが確認できました。下の前歯2本が顔をのぞかせてます。お姉ちゃんは遅かったけど、むすこは早いです。

 さ、明日にそなえて早く寝よ!


家さがしはじめました 

 先日の「スイッチ」で触れましたが、家探しを始めました。今の家は、結婚してから住み始め、もうすぐ6年になります。URなので、家賃は割高な面もありますが、更新などの面倒なこともないので、気楽にしてきました。もともと親元にいたときにも住んだことのあるとこなので、居心地がいいんですよ。
 
 でも賃貸だし、狭いし、子どもが2人になったので、そろそろ将来を考えないとな~と思い始めていました。共働きで、これまでもコツコツと貯金をしてきたので、思い切って購入しようかと。
 で、こないだの日曜日に不動産屋にいって、とりあえず話を聞いてみて、物件を見させてもらおうかな、と動き始めたわけです。

 ここまで嫁さんと悩んでいたのが、マンションか戸建か。これまで、何件かマンションの方は見に行っていました。そこで感じたことは、

①今のマンションはきれい。当たり前か。セキュリティや便利設備も多いですね。
②収納はない。限られた面積の中で部屋を広くとろうとしているので、収納は全然。押入れもなくてクローゼットだけというとこも。モノが多い我が家ではしんどい。
③部屋数が少ない。子どもが女の子と男の子なので、将来は別部屋にしたい。できれば4LDK欲しいけど、手が出せるマンションはほとんど3LDK。一般的なマンションは4LDKそのものが少ないですね。
④バイクが置けない。自転車駐車場はほぼ必ずありますが、バイクはせいぜい原チャリまで。普通2輪車以上は考えられていないです。車の駐車場も機械式がメインで不便。


 ということで、マンションはきびしいなぁ、と。マンションは駅から近くないと資産価値も小さいし、駅から近いと駐車場が少ないし。
 今の家は駅から遠いけど、バス便が便利なので、そういうとこで戸建を探したほうがいいかな、となってきました。

 なんにも調べてない頃は、戸建も新築は難しいだろうから中古かな、とか、でも一生に一度の大きな買い物だし、せっかくだから新築がいいなとか、考えていました。
 ところが、どうも青葉区はそうではないんですね。

 青葉区は開発当初、まだ地価が安かった頃で、一区画が大きめに造成されていて、大きめの家にちゃんと庭がある、といった家がほとんどのようです。バブルで急騰した地価は、その後の不景気でも下落幅が小さい。結果として、中古戸建は家が古くても土地代がかさみ、かなりの価格になっています。
 ところが、最近の新築分譲は現在の基準(125㎡)ギリギリで区画が作られているので、ちょっと狭目。それを建売りで作ったりしているから、価格が抑えられているんです。そんなわけで、中古より新築の方が高いという逆転現象がwwww

 そこで月曜日に新築を中心に物件を見て回ってきました。次の検討ポイントは、「建売り」か「建築条件付」か。
 建売りはリーズナブルですが、間取りや収納などであまり気に入ったものがない可能性があります。
 建築条件付はある程度要求が通るのが魅力ですが、割高な上に、土地の購入を先にする必要があり、引っ越すまでに賃貸の家賃と土地のローンがダブルで来るという難点があります。
 でも、そこは気に入ったとこ次第ですね。建売でも、ある程度妥協できるものであればいいや、と。

 家のそのものの基本のコンセプトとしては、

①収納が多い。押し入れはないと困るんです。屋根裏収納とかもあればいいなぁ。
②使いやすくて、ベーシックな間取り。お風呂が2階とか、そういうのはいらない。
③道路から、なるべく段差が少なく家に入れること。奥さんのお母さんが足が悪いし、やっぱり住みづらくなると嫌だからね。
④キッチンはカウンタータイプ。奥さんの希望。
⑤階段がリビングにあるもの。2階から直接玄関に行けないのがいい。
⑥庭は小さく(なくてもいいくらい)。正直、ガーデニングとか無理。カースペースにするか、そうでなければウッドデッキとかにして、お花はプランターで。
⑦できれば、カースペース2台。青葉台近辺なら、保育園を考えて奥さんが車通勤になりそう。レガシィは毎日の通勤には向かないから、軽かなんかを1台プラスとか。
⑧バス停から近目で。上の子は女の子だから、人通りが少ないとか、暗いとかはやっぱり不安です。今のとこがバス停直近で、やっぱり便利で安心なんです。
⑨スーパーが近い。歩いて10分以内がいいなぁ。


 優先順位順ではないですが、このあたりは奥さんと相談しているうちになんとなく固まってきたかな。
 ただ、先程書いた125㎡という土地面積の中で、となれば、建て売りでは収納は少なめだし、部屋の一つ一つもけして大きくはありません。カースペースも厳しいですね。斜面の多い土地柄ですから、道路からのアプローチも階段付きがほとんど。多いのが、コンクリ+盛土で嵩上して車庫がそこに入り、その上に家が立っているパターン。このパターンはなるべく避けたいな。

 半日見て回って、とりあえず候補が3つほど上がりました。

A 公園直近ご近所
 普段良く遊んでいる公園の近くに造成された建築条件付。今の家からも近く、周辺環境はとてもいい。公園で遊びながら、ここは立地がいいなぁと思ってました。小中学校が近く、バス停・スーパーも近い。今のところ、ほぼ埋まっていて、出遅れてるのでチャンスはないかも。土地も広めで、若干割高。

B 駅から徒歩圏便利な住宅街
 同じ青葉台からのバス便地域。建売り。閑静な住宅街ですが、ちょっと歩けばバス通りだし、ドラッグストアも近い。まだ造成中で、入居は来年になるかな。まだどんな家が建つかわからないことと、カースペースは1台で、日当たりのいい東南側はあまりない。駅から歩ける範囲だし、立地はとてもいい。中学校が遠い。

C スーパー真裏のお手頃建売
 ここも今の家の直近。Aよりも今の家に近く、スーパーの真裏。バス停も直近。平凡な建売りだけど、南道路向きだし、カースペースも2台。結構気に入ってんだけど、間取りがいまいちで、あとは奥さんはスーパーに近すぎることを気にしています。

 もちろん、この3つの中だけで決めるつもりもないけど、市が尾付近は出物が少ないし、選択肢はあまり増えそうにないかな。
 ものすごく慌てて決めるつもりじゃないんだけど、私は決断早い方なので、ある程度見えてくるとパパッと決めちゃうんです。だけど、家はさすがにそういうわけにもいかないし、ローンの見通しとか、よく考えないといけないですからね。自重しています。

 これからもう少し物件探しと、ローンとか手続きの勉強をしていかなくてはいけないかな、と。それから、家を見るにしても立地にしても見るポイントは他にもあると思うし、そこも勉強。

 ぼちぼち頑張ります。


2010天皇杯3回戦 川崎フロンターレvs横浜FC 

 勝てなければ意味が無い

 勝者に相応しい戦いをしたのに勝てなかった

 勝ち切れない「俺たち横浜FC」に腹がたつ

 次こそ勝つ 首洗って待っとれ、フロンターレ 


 10月3日以来の試合で、休養十分の横浜FC。アップセットを狙います。フロンターレは日曜日にナビスコ敗退で中2日。中村もいないし、横浜にも勝機があります。
 思いはひとつ。
 「何かを起こさなければ、ここにいる意味が無い」

 先発は、
・・・・難波・・・・カイオ・・・・・
・・高地・・・・・・・・・・武岡・・
・・・ホベルト・・・八角・・・・・
・・野崎・・・・・・・・・・柳沢・・
・・・・早川・・・・・渡邉・・・・・
・・・・・・・・・・関・・・・・・・・・・
 U-19で阿部がいない左SBは野崎です。
 フロンターレも中村を欠く以外はベストの布陣で、「ガチ」です。

 疲れがあるはずのフロンターレは、開始早々から全開できました。早く先制して、あとはまったりと過ごすつもりなのでしょう。素早い攻守の切り替え、次のプレーへの判断の速さ、正確なトラップとパス、急所を衝くドリブルに、鋭いシュート。さすがです。
 J2に慣れた目に、別次元のプレーを見せつけられ、いきなり動揺してしまいました。横浜FCも必死に食らいつきますが、ボールをいいように回されるわ、ペースについていけなくてパスまで乱れるわで、苦しい展開でした。
 ここで光ったのはCB渡邉。強さ・激しさ・冷静さを兼ね備えたプレーに、幾度も救われます。それでもディフェンスはジュニーニョの切り込みに悪戦苦闘。きわどいシュートまで打たれて、アップアップでした。

 それでもなんとか15分間を凌ぐと、ぱたっとフロンターレのペースが落ちます。横浜FCも早さに慣れ、徐々にボールを奪ったりキープしたりできるようになり、いい形が見えてきました。守備も落ち着きを取り戻し、じっくりと守備ブロックの外でボールを回させて、仕掛けてくると素晴らしいファイトでこれを弾き返す。あまりに頼もしいディフェンスに、攻め込まれることが快感になるくらい。

 前半を0-0で折り返すと、後半は横浜FCペース。フロンターレのお株を奪うパスワークで幾度もチャンスを作り出します。武岡のドリブルもかなり脅威を与えていました。序盤、J1のプレーに戸惑っていたのが嘘のように果敢にボールを奪い、鋭いパスとドリブルが場内を沸かせてくれました。
 先に仕掛けたのも横浜FC。監督が早くに動きます。エデルと次いでフロンターレから移籍した久木野が投入され、両サイドから崩しにかかります。フロンターレはこの攻撃に振り回され、決定的なシーンがなんども生まれました。
 
 時間と共に滾るゴールへの期待。けしてそれは期待だけでなく、確信を持って見ていられるほどの圧倒的パフォーマンス。密度の濃い時間がつくる高い圧縮熱。

 そして81分、その瞬間が。

 右サイドに侵入した柳沢のクロスを久木野が頭であわせてついに先制。圧縮熱が爆発した瞬間でした。そう、久木野なんです!

 あと10分・・・。永遠のような時間でもありました。
 予想通り圧力を高めてくるフロンターレと、必死に支える横浜FC。

 しかし、無情にも88分、CKを決められ同点。ホベルトが痛んで、ピッチを出て、交代の根占の投入が認められないままに蹴られたもの。このあたり、釈然としなかった・・・

 そのまま試合は延長へ。ここでも攻め立てる横浜FC。しかしシュートはGK正面だったり、シュートが遅かったり・・・。
 そこでうまれたエアポケットのような時間。110分、フロンターレ楠神のクロスがDFにあたったかしてそのままゴールへ。なんともないようなプレーで痛恨の勝ち越しを許してしまいます。

 それでも下を向かないのが今の横浜FC。ロスタイムに早川・渡邉も上がってのワープレーで執念を見せます。 ほぼラストプレーかというようなその時。右からのクロスに飛び込んだのは渡邉。見事なシュートをゴールに突き刺し、同点! ゴール裏は最高潮!
 ・・・しかし、冷水を浴びせるかのようなオフサイドフラッグ。納得いかん!
  
天皇杯川崎戦 勝てなければ・・・

 圧倒的に横浜FCのゲームだった。客観的に見ても、勝つべきチームは横浜FCだったはず。それでも勝てなかった。
 選手は素晴らしいパフォーマンスを見せた。プレーの質もファイトも最高でした。それでも奪えたのは1点でしたかなく、結果は敗退でしかない。

 監督のコメントは、「惜しかったとか、なんだとか関係なくて、勝たなければいけなかった」

 そのとおりなんです。
 一緒に行った同僚は、健闘を讃えてくれたし、面白い試合だったと言ってくれた。でもそれは客観的な見方でしかない。善戦なんて意味が無い。
 「俺たち横浜FC」は負けた。
 選手だけが負けたんじゃない。すべてのサポとスタッフと一丸となった「俺たち横浜FC」が負けた。悔しいというより、腹が立つ。もちろん選手に怒っているわけじゃないし、ジャッジに腹を立てているわけでもないし、フロンターレに腹を立てているわけでもない。
 うまく表現できなくて、真意が伝わらないかもしれませんが、これが正直な感情です。

 思えば、1999年、天皇杯を同じ等々力で戦いました。相手はヴェルディ川崎(当時)。JFLで見せた強さがヴェルディにどれだけ通用するか、そういうゲームでした。薮田や高木成太らの活躍でヴェルディを追い詰めましたが、延長でVゴールを決められ2-3で敗戦。最近、どっかに書きましたね。

 あの試合をまた思い出しました。勝てそうで勝てない、何かの差。

 それをまた突きつけられたんですから。ヴェルディには今、しっかりと勝てるようになってきっちりリベンジしたと思います(相手が弱くなってるけど)。今度は、フロンターレにこの借りを返さなきゃいかん。
 昔、ちんちんにやられたジュニーニョにはCKからの失点を許したものの、流れの中ではほぼ完璧に押さえ込んだ。強豪の心胆を寒からしめた。でもそれだけじゃ足りない。

 勝たなきゃいかん!

 俺達は次は勝つ!!


来ました、等々力 


ラッキーなことに仕事が早上がりの日に当たって、余裕をもって等々力に来られました。

相手はフロンターレですから、心臓に悪い試合になりそうです。しかし、コンディションは有利、中村もいないし、アップセットと行きたいとこです。

こちらも気合いで。

国際親善試合 日本vs韓国 ザッケローニお手並み拝見 

 しっかり見られたのは前半も終わりに近づいたあたりからでしたので、簡単に。

守備
 ・最終ラインはまだまだ。ただワールドカップの遺産で、集中力の高さは感じられた。
 ・中盤でボールをかなり奪っていた。アルゼンチン戦でも岡崎の得点は岡崎自身の高い位置でのボール奪取からはじまっているし、好感触。
 ・苦しい時間帯で、中盤がもう少しキープできれば・・・

攻撃
 ・ボール奪取後のポジショニングはかなりいいのでは。
 ・エリア内でけっこうドリブルをしかけていた。あれはいい。後半、本田がつっかけて、DF3人引きつけてから長谷部に出したシーンは特に(長谷部ふかしたけど)。
 ・もっとサイドをえぐってほしいな。
 ・でもまだ、得点力はないなぁ。

 ザッケローニカラーはまだよくわからん。終盤に4-3-3(中央は逆三角形)にしたあたりがこれからどうなるかですね。
 駒野は大丈夫かな。あとで見たけど、ありゃ酷いね。さすが南朝鮮は・・・。

 あと、最後に一言。

 ありゃ、ハンドだろ


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。