≪ 2011 09   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2011 11 ≫
*admin*entry*file*plugin
2011年10月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうもニュースに偏りがあるよな 

 タイの大洪水はホントに大変ですが、それにしても報道が多い。やっぱりトヨタとかが影響受けるからかね。
 それに対して親日国トルコの地震についてはあっという間に報道量が激減。エルトゥールル号以来信頼関係を築いている国なんだから、こんなときこそ助けあいましょうよ。義援金受付口座はこちらです。

 さて、そのトルコの地震ですが、かなり東部の地域で起こりました。そのため影響はトルコ国内に留まらず、隣国アルメニアまで。

------------------------------------

トルコ地震で世界一危険な原発に被害か
2011年10月30日 19時25分 YUCASEE MEDIA

 死者580人を出したトルコ東部で発生したマグニチュード7.2の地震で、隣国アルメニアのメツァモール原発が被害を受け、基準値を超える放射能漏れを起こしている、とイラン国営ラジオが報じている。

 地震は23日にトルコ東部で発生し、その後も余震が続いているもようで、トルコとアルメニアの国境地帯にあるメツァモール原発で、微量の放射能漏れが起きているのだという。現在は、復旧作業を続けているのだという。

 メツァモール原発は地震多発地域でもあり、IAEA(国際原子力機関)も世界で最も危険なランクに入る原発の一つだとしている。ただ、隣国のトルコ、アゼルバイジャンと歴史上は長く敵対関係が続き、資源のないアルメニアは原発に頼らざるを得ない国情がある。

 同原発は、国内電力需要の4割をまかなっている。


------------------------------------

 こんなことも大手メディアでは報道されてる気配が無いですね。
 トルコはこの原発の運転停止を求めていますが、国内需要の4割とあっちゃあ、アルメニアもはいそうですね、とはいかないでしょうし。最近はトルコとアルメニアの関係も修復されようとしていますが、またこじれるのは嫌ですな。

 アルメニアといや、私が新婚旅行でオランダに行った時に観戦したのがワールドカップ予選のオランダ対アルメニアでした。たったそれだけの縁ですが、すごく気になります。
 

スポンサーサイト

「勝手にスイッチ」第159回 

 今週はまた土曜出勤がありますが、その代休が水曜日にあり、3日も文化の日でお休み、4・5と出勤して日曜日だけ休んでまた月曜日からフツーの一週間。なんだかよくわからないペースになりそうで、調子が狂うんではなかろうか。
 さて、今日は前置き短く!

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.元イエモン吉井とダチョウ倶楽部がバンドを組みました
 ○面白そう
 ×つまらなそう
吉井さんはずっとはじけてて欲しいです。

2.眞子内親王殿下のプライベート写真、私は
 ○見ちゃった
 ×見なかった
そりゃ、見ないということはないですよ。

3.電車の吊革で懸垂したい衝動にかられること
 ×あります
 ○ないです
懸垂苦手なもんで。網棚に寝てみたい衝動は極稀に。

4.瀬戸際になってきたTPP、私は参加に
 ×賛成
 ○反対
もう完全にアメリカ様の言いなりですよね。デメリットの大きさよりも、アメリカ様に捨てられるのが怖いらしい。新聞各社が繰り返し参加を強調してるのが気持ち悪い。大手新聞の論調が揃ったときはろくなことがない。

5.相変わらず「モバゲー」を正しく覚えないナベツネは
 ×失礼なやつだ
 ○なんか笑える
どんだけ殿様気分なんだろ。状況の把握もできないでよく経営者やってられる。

6.最高裁においても、やはり混合診療は認められませんでした
 ×当然だ
 ○残念だ
健康保険にかかる費用の抑制にはなってるのかもしれませんが。

7.いつでも大人1000円なら、映画館に行く頻度は
 ×増える
 ○増えない
あ、ザボーガーは見たいな。

8.電話の相手が不在の時、折り返しかけてと頼むのは
 ○気が引ける
 ×気にならない
自分から頼むことは殆ど無いですね。よほど急いでいる時ぐらい。職場では電話出られない時間のほうが多いし、プライベートでも電話に気づかないほうが多い。だから自分からかけます。


2011 J2第33節 横浜FCvsファジアーノ岡山 

 前節は草津とドロー。9月以降勝ち星なしで2分7敗と散々な日々。FC東京戦で光明が見えたかとおもいきや、結局勝ててるわけでもなく、順位も18位と低迷。

 今日は同じく低迷組のファジアーノ岡山が相手。別に舐めてるわけじゃないけど、このクラスの相手ぐらいしか勝てそうに思えない。いや、勝つ可能性をギリギリ感じられるというべきか。
 今節はここのところアンカーでいい動きを見せていた佐藤謙介が出場停止。こんな布陣でした。
・・・・カズ・・・・カイオ・・・・・
・・難波・・・高地・・・荒堀・・
・・・・・・・・井手口・・・・・・・・
・・宮崎・・・・・・・・・・藤田・・
・・・・中野・・・・・森本・・・・・
・・・・・・・・・・関・・・・・・・・・・
 これがお気に入りのようですね。4-1-3-2というか、変則的な4-4-2です。ケガから復帰していきなり重要なポジションを任された井手口。期待です。

 さて、試合は横浜FCペースで始まりました。しっかりつないでキープする慎重な入り方。最終ラインでボールを回し、サイドに入ったら仕掛け始める、いつものパターン。…もう読まれてるんですよね。
 個人技では横浜FCのほうが上回っていますので、高い位置でボールを奪えるし、そうは失うこともありません。でも、ボール回しからサイドバックにボールが入った時、岡山は素早くチェックに入り、その前のサイドハーフに対してもトイメンのサイドバックがしっかりカバー。結局、ボランチに預けますが井手口も展開力があるわけではないので、最終ラインに戻すのが関の山。井手口はディフェンスはよく頑張っていたけどね。センターバックも前線に動きが少ないので、出しどころがなく、しばしばGKに戻します。
 キープしている割にはアタッキングサードに入れるわけでもなく、たまに苦し紛れに放り込みますが、チャンスには程遠い。それでも早い時間帯には宮崎がサイドをえぐってクロスを上げるシーンがありましたが、時間と共にそれも見られなくなります。

 ようは、どん詰まり

 どこかでリスクを冒してドリブルを仕掛けるわけでもなく、縦に楔の鋭いボールが入るわけでもなく、ダイナミックなサイドチェンジをするわけでもなく、スピードアップからのアタックはあるわけでもなく、ただ淡々とボール回し。 
 岡山も慣れてきて、たまにピンチは迎えてもじわっと横浜の狙いどころを潰してきます。
 監督は「前半あれだけ決定的なチャンスがあって、入らなくて」と言っていますが、正直そこまで得点の予感はありませんでした。
 FWではカズはプレッシングに頑張ってはいても仕掛けのプレーはてんでダメ。ひとつだけいいスルーパスはありましたが、局面を打開することは期待できません。カイオはさすがのプレーも見せますが、ゴール前でのプレー精度がイマイチ。ここぞと言うところでボールが収まらない。決定機はふかしちゃったし。あれが決まってればずいぶん違うのにね。
 2列目の3人は動きが少ない。高地と荒堀は足元でボールを受けてばかりで、ディフェンスの餌食。難波は得意の裏への飛び出しを促すボールが出ず。
 とにかく、高い位置に5人いるけど、スペースを潰しちゃってて、プレーが窮屈。だからチャンスが少ないのよ。

 それでも、前半はピンチらしいピンチもなく、0-0だからまだよしとするか、という感じで後半突入。

 雨が本格的になってきた後半、どこで仕掛けてくるのかな、と思いきや、前半と同じような感じ。…もしかして、押し込んでるから、このままいけばゴールは近い、とか思ってねえだろうな。
 正直、流れの中では枠へとんだシュートも殆ど見られず、期待薄でした。ただセットプレーのチャンスはあったので、そこかな、と。

2011 J2岡山戦 カイオの折り返し…
 このシーンはCKをカイオが折り返した瞬間。これにカズが頭で合わせますが、大きくハズレます。
 ゴール前でのFKはいろいろ気をもたせた挙句に高地がふかして終了。

 今日は高地が大ブレーキでした。個人的には今日の戦犯と捉えています。パス出しのタイミングが遅く、キープしても簡単に奪われ、つながったパスも消極的なものばかり。チャンスを演出しまくった去年の面影なし。今日はトップ下でしたが、ダイレクトパスは殆ど無いし、相手ディフェンスもしっかりマークしていて、彼のパスのうまさが生きることはありませんでした。今年はボランチやトップ下でプレーすることが多いですが、守備がうまいわけでもないし、正直センターで生きる選手じゃないと思うんだよね。去年はサイドハーフとしてイキイキと躍動していましたが、今年は彼の遅さが目立つばかりです。

 そのうちに珍事が。なんとヤフートピックスにまで載ってしまうような。

------------------------------------

決めた!ヘディングシュート58m…世界最長級
10月30日(日)19時48分 読売新聞

 30日に行われたサッカーJ2リーグ、横浜C―岡山戦で、岡山のDF植田が世界最長級の約58メートルのヘディングシュートを決める珍事があった。

 69分、植田が自陣やや左寄りで相手ゴールキックを頭ではね返すと、球はワンバウンドして目測を誤ったGKを越え、そのままゴールへ。植田は「高く遠くへクリアしようと思った。後ろを見ていたので、ボールが入った後に(得点だと)気が付いた」とびっくり。

 今年9月のノルウェー1部リーグで約57メートルのヘディングシュートが決まり、この選手の所属するクラブが世界記録としてギネスブックへ申請する考えを表明。計測した神奈川県協会によると、植田のゴールはノルウェーでの記録よりも、やや距離があるという。


------------------------------------

 野崎のロングシュートは見逃した私ですが、こんなとこを目撃することになるなんて…。

 ただ、それよりも気になったのは、この段階で完全に膠着状態、横浜FCの攻撃は行き詰っていたんです。それでもある程度ポゼッションしているから、なんとなく前がかりな感じ。FC東京戦のように緊迫したギリギリの膠着というより、どことなく緊張感に欠けた緩慢な状態。こういう時って変な失点が多いんですよね、横浜は。だからこそ、停滞する状況を打開するためにはベンチワークが必要なんですが…。ベンチの様子を見ても動く気配なし。私はジリジリしながら早く交代カードを切って欲しいと思っていました。できれば、突破力のある野崎を左サイドに入れて、スピードアップのスイッチが入らない攻撃に刺激を与えてほしいと。

 ただ、ベンチはそう思ってなかったようです。監督の記者会見によれば、

>「ゲーム自体何も問題ない、いつ点が入って試合を決めるかという試合だったと思うんですが、戦術・戦略は問題ない」

 あれで得点の気配を感じていたらしい。これではどうにもならない…。
 ゴール裏は焦れていました。後半に入ってもバックパスばかりで仕掛けのないボール回しに。いつまでたってもシュートを打たない選手に。味方がボールを持っても動き出しのない攻撃陣に。

 失点後、あわてて藤田ヨシヒトを投入。流れを変えるに至らず、野崎・フランサと立て続けにカードを切ります。しかし、フランサ投入は宮崎との交代。せっかくの野崎もすぐに左サイドに下がってしまい、野崎投入というカードはあまり意味をなさなくなります。交代によって交代の意味を消す愚。
 さすがに裏を狙うチャレンジの動きは増えますが、棚ぼたのリードをもらって、落ち着いてディフェンスを固める岡山に成すすべなし。
 そして着々と時間が過ぎ、最後の猛攻…もないんだな。あいかわらず、しかけのパスはなく、責任転嫁のようなパス回しばかりで時間を浪費し、タイムアップ。

2011 J2岡山戦 ある意味惨敗
 さすがにブーイングの嵐でした。挑発に難波が激昂したりして後味も最悪。ナンちゃんにそんなに罪はなかったと思うけどな。
 しかし、あれだけボール持たせてもらってシュート9本じゃ、誰も言い訳できないか。

>「基本的に危ない場面は0だし、相手も負けるのを怖がってという戦い方だった。前半に1点取っていれば3-0、4-0の試合だったと思うので、しっかり決める、チャンスの数を増やす、そういうことはやっていきたい。」

 この監督のコメントを読む限り、危機感はないらしい。これではアカン。



のどかな土曜日 

 昨日の土曜日は、私が一日出勤でして、その間我が家ではいろいろお客さんが。

ピアノの調律その①
 まずはピアノの調律です。金沢からはるばるやってきたピアノくんですが、すっかり綺麗になったものの調律はまだ。ようやく調律をお願いしました。

ピアノの調律その②
 私は見られなかったのですが、写真で見ても楽しいですね。普段はなかなか見られないものなので、ぜひ見たかったです。それにしても複雑。

ピアノの調律その③
 こんな複雑な機構を組み込むんですから、グランドピアノよりもアップライトピアノのほうがある意味すごいかも。あくまでメカ的にですが。

 この日、調律のあとは、お姉ちゃんがピアノの家庭教師の体験をしました。先週、ヤマハ音楽教室にも体験に行ったんですが、実際に通うとなると結構大変なので、時間の融通もつけやすい家庭教師のほうがいいかもしれないということなんです。料金もほとんど変わりません。設備費がかからないからですかね。

 お姉ちゃん的にはみんなでやる教室のほうが楽しかったらしいですが、どっちにせよヤル気にはなってるようなので頑張って欲しいです。

 さて、弟くんはやっと歩くのも自在になって、活動的になってきました。とはいえ、音楽会に行けばずっと黙って聴いているおとなしい子。我が子とは思えん。
 ちっちゃい頃からお喋り上手だったお姉ちゃんと違って、お話はまだまだ。歩くのも遅かったですが、しゃべるのも遅いのです。同じ頃にお姉ちゃんは「れがし~」って言えてたぞ。

 ただ、食べるのはお姉ちゃんに負けません。
りんごおいしいでぐぬぬぬぬ
 頬張り過ぎだっちゅうの。大食漢ですが、食事が終わると自分のお皿を重ねて差し出すお行儀の良さ。

 子供って、よくわかりませんが、チョーオモシロですよね。


いい大人が束になってこの程度 

徹底検証 日清・日露戦争 (文春新書)徹底検証 日清・日露戦争 (文春新書)
(2011/10)
半藤 一利、原 剛 他

商品詳細を見る


 相変わらず新書濫読の日々ですが、最近は新書も粗製濫造気味でハズレも結構多いのが悩み。本書は久しぶりの大ハズレでした。

 私が日露戦争について詳しく知ったのは、ご多分に漏れず司馬遼太郎の『坂の上の雲』です。前半は明治の青春群像、後半は日露戦争の評伝のようになった長編です。初めて読んだのが小5の時ですが、難しくはあっても面白さが抜群ですから、以来30回以上は読み返しています。3行ぐらい見せてくれたら、どんなシーンか当てて見せますぜ。
 とはいえ、古い小説ですから、最近は新しい史料もあって、見直されてることも多い。それで本書の「最新資料を駆使した決定版」なんてキャッチに乗せられて、そういうことを整理してくれてるかなと思って買ってみたんです。

 ところが、「権威」と称される人たちの対談でありながら、ただ『坂の上の雲』のあらすじにそってコメントを重ねるだけ。目新しい話は殆ど出てきません。多少は新情報もありますが、本筋には影響しないとこ。これなら『坂の上の雲』をちゃんと読んだほうがいい。
 もともと、この本の成り立ちが文藝春秋の『坂の上の雲と司馬遼太郎』という企画の中での座談だからでしょうが、それにしても「権威」が5人も揃って、「坂の上の雲」を読みなおしても…。
 もちろん、新情報もあるんです。日本海海戦の「丁字戦法」の解釈では現在の見解を確認できてよかったですが、基本ラインはやはり司馬さんの後追いでしかない。

 逆に考えれば、専門家が5人集まっても内容を深めたりできないほどに、『坂の上の雲』はしっかり書かれているという事にもなるんですが、情けなくもあります。というわけで、さほど読後の収穫感が持てない、軽い内容の本でした。


マツダは正しい方向に向かっている 

マツダ、日本市場にクリーンディーゼル車を投入…第一弾は CX-5
2011年10月25日(火) yahoo!自動車

 マツダは25日、2012年春に発売する新型クロスオーバーSUV『CX-5』から、日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入すると発表した。

 CX-5に搭載される新世代2.2リットル・クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」は、高価なNOx後処理装置を使用せず、ポスト新長期規制に適合できる世界初の乗用車用エンジン。

 さらに、ディーゼル用に設計を見直したアイドリングストップシステム「i-stop」を組み合わせ、4.0リットルV6ガソリンエンジン車をしのぐ最大トルク420Nmと、SUVモデルトップの低燃費18.6km/リットル(JC08モード)を両立する予定。

 マツダは、安価な軽油を使用しながら、同クラスのガソリンエンジン車の約2倍の最大トルクと、約30%の燃費改善を両立する新しいエコカーとして、クリーンディーゼル車を将来の国内商品ラインアップの重要な柱としていく。
(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)


------------------------------------

 トヨタとホンダがハイブリッドに、日産がEVに現を抜かしている間に、マツダは地味に正しい方向に向かっている気がします。
 RX-8のカタログ落ちに伴うロータリーエンジンの消滅が大きく話題になりましたが、今のマツダの真骨頂は、既存技術のブラッシュアップによるエンジンの高効率化です。

 デミオでデビューした「SKYACTIV」シリーズは、ハイブリッドなどの特別なシステムを使わずに、燃費を劇的に改善しました。もちろん、カタログ燃費では後塵を拝していますが、実用燃費ではさほど水を開けられてはいないようですし、なにより重くてレアメタルを使いまくっているモーターやバッテリが必要ありません。ここにもっと注目して欲しいですね。

 さて、デミオのガソリンエンジンでは高圧縮比によって燃費を改善しました。しかし、この記事中のディーゼルエンジンは、もともと高圧縮比が必要なディーゼルエンジンを、あえて低圧縮比することで膨張比を高め、きめ細やかな燃料噴射による高度な燃焼制御を実現しています。もちろん、ディーゼルエンジンですから、ターボは必須。これも効率の向上です。それにしても2.2リッターディーゼルで420Nmの極太トルクですからね、相当なもんです。
 しかも注目はここ。

>高価なNOx後処理装置を使用せず

 NOxはディーゼルエンジンの悩みの種なんですが、現在は浄化触媒にプラチナなどを用いています。これが必要ないとなると、ディーゼルエンジンの価格も下落しますし、もちろん資源の有効活用という面でも素晴らしいことです。
 低圧縮比によってエンジンの強度を下げられる分、重量も相当落としているでしょうし(シリンダーブロックも鋳鉄からアルミになっています)、ディーゼルのウィークポイントの一つである振動も減らせます。

 以前に比べ、決して安価とは言えない軽油ですが、それでも単価は安く、そこにもってきて燃費も向上して、実用トルクもかなりのものなんですから、すごいですね。

 あとはこれにどんなミッションをあわせてくるか。いまだほとんどのメーカーはカタログ燃費の工場に向けてCVTを使っています(デミオも)。しかしやはり伝達効率も低い上にドライバーの感覚とフィットしないフィールはどうかと。軽量MTも開発しているので、それをベースにDSGのようなセミオートマを開発して欲しいですね。

 ともあれ、このディーゼルエンジン、実際の出来が楽しみです。


「勝手にスイッチ」第158回 

 土曜日が休日出勤だったので、今日は代休。といっても、午前中は出勤してしまいましたが。平日の休みは子供たちもいないし、色々できそうと思うんですが、結局寝てしまったりして有効活用できません。
 来月も2回の平日休みがあります。一日は奈良博へ正倉院展を見に行き、もう一日は嫁さんにも休んでもらってTDSにでも行こうかと。あまりよくない技ですが、子供たち連れて休日はやっぱり疲れが激しいので。
 独身の時は、平日休みはドライブorツーリングでした。早朝に出発して、温泉とか入って、おいしいご飯食べて、夕方の混雑前に帰ってくる。あとは寝る! これ、結構楽しいんですよね。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.100歳のお年寄りが「ワシもフルマラソンに出るぞ」と言い出したら
 ○止める
 ×止めない
フツーに反対すると逆に頑固に主張されそうなので、「こないだ走って転んじゃったじゃないですか」とか言ってみましょう。ほんとに出られたら、当人はともかく、主催者や周りが迷惑。

2.福岡の死刑囚一家、どうせ執行するなら
 ○全員同じ日がいい
 ×全員違う日がいい
順番に執行シーンを見せながら… 残酷?

3.きかんしゃトーマスに出てくる車両の名前を、即座に5両以上
 ○挙げられます
 ×挙げられません
甥っ子が好きでしたからね。今のところお姉ちゃんは興味を余り示しません。弟くんはまだアンパンマンなので、これからですね。我が家ではまってないので、トーマスランドには行っていません。
こういうの、子供がはまると知らずに詳しくなるんですよね。

4.ベイスターズを買収するのによりふさわしいのは
 △DeNA
 △京浜急行電鉄
正直、もうプロ野球は優良な大企業が所有するほどの価値のあるコンテンツではなくなっていると思います。前にナベツネがそういう幻想から抜けられない発言をしていましたがね。よって、どこだろうと、お金をちゃんと出してくれるならいいのではないかな。
ただ、モバゲーは色々と問題があるので、その意味ではちょっと・・・とは思いますが。
今日のニュースで「モバゲー」の名をチーム名に入れるそうですね。略して「モバゲイスターズ」というのがネット上では飛び交ってますなwww まぁ、名前に問題があるなら金を出せって話でもあるしね。ナベツネだって、文句いっても鐚一文出すわけじゃないし。
Jリーグみたいに企業名なしにすれば問題ないわけですけど。あ、ナベツネがいる限り無理か。読売ヴェルディにずいぶんこだわってましたからね。
ちなみに横浜FCの親会社(?)は現在LEOC。給食事業を手がける企業ですから、無名であってもイメージは悪くないかも。三ツ沢も日本発条株式会社で、これまた渋い。「ニッパツ」ではピンと来ない人は多いかもしれません。

でも、これでTBSのゴリ押しベイスターズ報道はなくなるのかな? 弱いのに朝のスポーツニュース(朝ズバとかね)で一番時間取るんだもんな。

5.来春、300系新幹線が引退します
 ○名残惜しい
 ×名残惜しくない
デビューは印象に残ってます。0系から100系、200系とキープコンセプトのデザインだっただけに、空力特性を全面に出したデザインは斬新でした。「のぞみ乗ったよ」というキャッチもよく覚えてます。同じサークルにいたのぞみちゃんがいじられてましたが。しかし、世代交代が進んで700系に収斂されている状況を思うと、結局過渡期の車両だったんですかね。
しかし、これで700系ばかりが走ることになるんですね。なんか、通勤電車の香りがして、「新幹線に乗る!」というスペシャル感がなくなりましたな。もっとも、そんな感傷は0系時代を知ってる世代にしかないのかな?
気がつきゃ、サクッと新幹線に乗ってますしね。

6.カダフィが血まみれになってる写真を見て
 ×気分がすっとした
 ○気分が悪くなった
すっとするほど憎しみがあるわけじゃないですからね。死体を見ていい気分になるには、私は十分に平和ボケ過ぎます。

7.警察が自転車の車道走行を厳格化させるそうですが
 歓迎する
 歓迎しない
数日前のエントリでも触れましたが(こちら)、自転車の側でもクルマの側でもある私としては、やはりインフラが未熟すぎると思いますよ。
ちょうど今日の朝、ちょっと狭めのバス道路を走ってました。私は車道を走っていたんですが、対向車もそこそこあるので、バスは私を抜けないんですよね。正直イライラさせただろうな、と。一般車もなかなか抜けません。私もそこそこのスピードで走ってますから、抜きづらいのでしょう。抜かれる側としても結構怖い。かといって、歩道は狭い上に段差が多く、もともと自転車ではゆっくりしか走れないし、すれ違いも厳しい道路です。バス停もあるから、相当ゆっくりで、かつ車道に出ることも必要。
もちろん、運転する側としても、抜くのは結構怖いですよね。路肩が狭い道路ではあまり関わりたくない。
結局、どっちも厳しい! 自転車慣れしている私でも怖いんだから、ママチャリがのんびり走ってるのはもっと怖いでしょうね。ちゃんとインフラを整備してからじゃないと、厳格適用はまずいでしょ。

8.世間一般と比較して、僕は
 ×友達が多い
 ○友達が少ない
仕事が忙しいので、友達付き合いの時間があまりないんですよね。しかも子供がいると来れば…。まあ少数精鋭で。
日ス輪の皆さん、またよろしくお願いします。


やはり計測ミスか? 

 先日、ニュートリノが光速を超える実験結果が話題になりました(こちら)。

 その後、追試などが行われるわけですが、こんな記事が。

------------------------------------

光速超えのニュートリノ、原因は時計の同期にあり?
2011年10月10日 12時45分 Slashdot

CERN (欧州原子核研究機構) が実験で計測したという光速超えのニュートリノについて、「光速を超えた」ように見えた原因は計測に使用した時計のシンクロにあるのではないかとする論文が発表された。

光速超えのニュートリノを計測したのは、OPERA (Oscillation Project with Emulsion-tRacking Apparatus) というニュートリノ検出装置を使った実験。ニュートリノはスイスのジュネーブの CERN から、イタリアのグランサッソ研究所まで地下経由で 731 km の距離を飛ばされ、その時間が計測された。

ニュートリノの計測には、始点と終点にて 2 つの時計が必要となる。これらの時計は同じ衛星を使った GPS 信号を用いて同期されているが、この度発表された論文では重力の影響によって時計が異なる速度で時を刻んでいたのではないかとの説を唱えている。論文は、地球の中心からの距離の違いによって、始点である CERN の方が終点のグランサッソ研究所よりも重力が僅かに強いことに言及。このため CERN の時計は終点の時計よりも僅かに遅く進んでおり、この点が考慮されていなかった可能性について指摘しているとのこと。

なお、OPERA 実験チームは現在この分析を精査しているとのことである。


------------------------------------

 これは追試ではなくて、結果が誤りであるという前提にたって、その原因について考察したもの。

 このニュートリノ射出→計測の実験に関しては、当然ながら両者の時計が完全に同期していないといけません。この件については最も単純な問題だけに、早くから指摘されていましたし、実験をした側も最大限に正確に掲示していたはず。なにせ光速は早すぎますから、地球上で計測する場合「誤差」というものを許容できませんからね。

 しかしその時計の同期を妨げたのが重力の影響というのがなんとも…

>地球の中心からの距離の違いによって、始点である CERN の方が終点のグランサッソ研究所よりも重力が僅かに強い
>このため CERN の時計は終点の時計よりも僅かに遅く進んでおり


 重力の違いが時間の速さを変えるというのは、これまた相対論の根幹となる理論ですし、大きな成果でもあります。
 相対論を超えようというのに、この相対論の軛がのしかかってくるとは、これまた運命的なものを感じます。

 ところで、この重力の差を考慮するというのは、この手の実験には初歩的なのでしょうか、それとも本来はあまりきにしないものなのでしょうか。


FC2トラックバックテーマ 第1303回「ホクホクおでん!すきな具は何ですか?」 

FC2 トラックバックテーマ:「ホクホクおでん!すきな具は何ですか?」



 ちくわぶ & 牛すじ

 前にもアップした(こちら)と思いますが、家で作るときはこの2つは欠かせません。
 もちろん、練り物や大根、ゆでたまごなど、基本的なものはみんな好きですけど、この2つが入ってこそ、わざわざ家で食べる意味があると思っています。
 特に牛すじは、前にアップしたとおり、国産和牛のお肉たっぷりのものを使用。これがじつにたまらん!


2011 J2第32節 徳島ヴォルティスvs横浜FC 

徳島ヴォルティス 4-1 横浜FC

 前節に中野がイエロー2枚で退場となり、出場停止。出来のよかった森本の相棒にはその藤田が入りました。ボランチだったり右サイドバックだったり、他の選手の怪我などで便利に使われていますが、ついにセンターバックかよ…。
 右サイドバックもしばらくは荒堀を使ったりしていましたが、今日は野崎。苦しい布陣です。ただFC東京相手に善戦した4-1-4-1は継続。佐藤に期待でしたが…

 藤田のブレ球ロングシュートで先制し、前半を終えたまでは良かったんですが、後半は足が止まっていいようにかき回され、あっという間に逆転。そこまでは結構良い攻撃もしていたし、昇格争いに踏みとどまる天敵徳島を泣かせられるか!? という出来だったんですけどね。
 その後はパスは乱れ、キープは出来ず、クロスは合わず、ドリブルは停められ、シュートは枠に行かず、球際に敗れ、セカンドは取れず、クリアは出来ず、マークはゆるく…

 渡邊のクリアミスからの失点などは目を覆いたくなりました。今年は渡邊を軸に強固な最終ラインを築くはずだったのに…。

 やたら…が多くなってしまった(涙)


クラリとティン 

クラリとティン

 何年も前から、密やかな人気の絵本があります。それが「クラリとティン」。この本、09年に一般販売がおこなわれたものの、もともと病院や薬局でしかみられない本でした。「クラリチン」という抗アレルギー剤の販促用絵本で、商品名がそのままライオンの「クラリ」、小鳥(?)の「ティン」という主人公の名前になっています。絵も可愛らしく、話もわかりやすくて、面白い絵本です。
 非売品ですが、なぜか我が家に1冊あって、娘が小さい頃から読んであげていました。当時はむすめのお気に入りの一つでした。

 一般販売されたものは「クラリとティンのたび」と改題されています(こちら)。医療機関にあるものを2冊分まとめたもので、1300円ぐらい。…絵本って高いですよね。なのでこちらは買っておらず、病院で見るたびに読んであげていました。
 で、先日久しぶりに行った薬屋さんで本棚を覗いたら、15巻までおいてあるじゃないですか!! 我が家にあるのは6巻ですから、ずいぶん旅は続いているんだな~・・・
 ヤフオクあたりで高値で取引されたこともあるようですが、15冊揃えるのもね~。先の一般販売は3巻で止まってるみたいですし、コツコツ病院で読むしかないのかな?

 できれば子供にたくさん読んであげたい絵本です。


結局、クルマに乗れってか? 

自転車:歩道走行禁止、厳格運用…警視庁が安全対策策定へ
2011年10月19日 2時37分 毎日新聞

 警視庁は、自転車の車道左側走行の原則を順守させ、これまで積極的に摘発していなかった歩道走行の取り締まりを徹底する方針を固めた。そのうえで自転車のルール順守や走行環境の整備なども盛り込み、全国の警察本部で初となる包括的な自転車安全対策の策定作業に入った。東日本大震災以降、通勤・通学に自転車を利用する人が増え、交通事故全体に占める自転車事故の割合も増加。警視庁は「マナーを守れば防げる事故は多い」と意識向上による事故減を目指す。【伊澤拓也】

 ◇震災後に事故急増
 警視庁は自転車ブームが高まった数年前から摘発強化に乗り出している。昨年の取り締まり件数は信号無視が300件(前年比189件増)、ブレーキのない競技用自転車「ピスト」など制動装置不良が661件(同659件増)に上り、今年はさらに昨年を上回るペースだという。

 一方、歩道での高速走行や一時停止違反の摘発はほとんどなく、警視庁幹部は「黙認と受け取られても仕方がない側面もあった」と話す。

 今後は道路交通法の規定通り、子供や高齢者らを除き車道の左側を走るよう促し、走行可能な歩道を走る場合も安全徹底を求める方針とみられる。

 東京都内で昨年起きた歩行者と自転車の事故は1039件で全国の約4割に上り、今年8月までの事故全体に占める自転車関連事故の割合は37.8%で過去最高を更新する勢いだ。

 今年3月の震災以降の半年間の通勤・通学中の事故も、前年同期より5%(96件)増えている。警視庁は「このままではさらに事故が増える可能性が高い」とみている。

 研究者によると、自転車事故の7割は交差点で起き、歩道走行が主要因。昨年2月には渋谷区で歩行中の女性(当時69歳)がピストにはねられて死亡する事故も起きている。

 60年に制定された道交法は自転車の歩道走行を禁じたが、車道事故が増え、70年には標識のある歩道に限って走れるよう改正。歩行者との接触事故が目立つようになると78年の再改正で、走行可能な歩道での徐行や歩行者の前での一時停止を義務付けた。

 警視庁幹部は「道交法の基本に立ち返って歩行者との事故を減らし、車道でのルールを守った走行を訴えたい」と、安全対策の効果に期待する。

 また、警視庁は都と連携し、車道の左側を線で区切る自転車レーンのほか、路面を色分けして自転車と歩行者の通行部分を明示した歩道の整備を進める。現在は自転車レーンが13カ所9キロ、カラー舗装歩道が40カ所37キロにとどまるが、3年以内に計10カ所31キロを新設する方針を決めている。


------------------------------------

 車道は危険、歩道は走れずで、自転車には乗るなってか?
 私は現在チャリ通をしていませんが、してたときはほぼ車道走行でした。歩道だと段差が多くスピードを落とさざるを得なくて、効率が悪いからです。また、夜は街灯が歩道を照らしていないとこが多く、歩道を走っていると障害物や段差に気づきにくいということもありました。
 かといって車道は結構大変です。路肩を走っていても追い越される怖さはありますし、路上駐車も多い。ホントなら走りたくないですよ。

 ただ、私はまだスポーツサイクルでスムーズに走れるからマシな気がします。記事では子どもや高齢者を除き、とありますが、そのへんのおばちゃんやおじちゃんもママチャリで車道走るん?
 確かに歩道でのマナーが悪い自転車は多いですよ。我が物顔でチャリンチャリンと鳴らして突っ込んでくるやつとかね。私は絶対どきませんが。
 ただ自転車専用レーンが殆ど無い以上、しょうがないのではないですか? オランダぐらい整備したらいいですけどね。

 それからピストなんかは問題外。交通ルール以前の問題なんだから、あんなの、片っ端から取り締まればええねん。ピストのアホが事故起こしてるからって、フツーのママチャリで通勤してる人と同列に論じてはいけません。
 マナーも問題ですがマナーに頼るのもあかん。専用レーンを作る以外に解決方法ないですよ。

 結局、警察が対策とってますってポーズを見せたいだけのアリバイ作りじゃねぇの?


2011 J2第6節 横浜FC vs FC東京 

20111019 夕焼け

 水曜日ですが19:30キックオフで三ツ沢の試合。しばらくスタジアムに行けていなかったので、ちょっと早めに職場を出て三ツ沢に向かいました。
 職場で見た鮮やかな夕焼けに勝利を祈りつつ。

 岐阜戦ではルーズになった守備をかなりやられました。どこまでそれを修正してくるか。なにより、ズルズルと負けが込むチームをどこまで立て直せるか。

先発は
・・・・・・・・・カイオ・・・・・・・・
・難波・高地・・カズ・荒堀・
・・・・・・・・・佐藤・・・・・・・・・
・宮崎・中野・・森本・藤田・
・・・・・・・・・・関・・・・・・・・・・
 はじめは4-4-2かと思ったのですが、佐藤謙介が引き気味で、実質4-1-4-1だったと思います。
 サブには八角・井手口とケガで離脱していた選手も入り、久しぶりの三ツ沢でなんとしても!

 …とはいえ、試合開始すぐに見せつけられたのは、圧倒的な技術の差。FC東京は前線から積極的に激しいプレスを掛けてきます。横浜FCはビルドアップもままならず、しばしばボールロスト。ルーカスなんてあの年でも献身的なフォアチェックだから大変。走らないオーロイよりよほど面倒です。
 たまのチャンスも今野・森重というJ2では反則レベルのCBに抜群の対人能力の高さを見せつけられ、頼みのカイオも沈黙。
 そして奪ったボールはルーカスが最前線でキープしたり、田辺・谷澤の両サイドハーフが果敢に仕掛けたり。完全に翻弄されています。
 横浜FCにできることは、「とりあえずクリア」作戦。粘っこく守備をして、ボールを引っ掛けたらとりあえず前方またはタッチライン外へ。これでなんとか序盤をしのぎます。

 幸い、ルーカスの飛び出しが度々オフサイドとなり、中盤でのボール回しもうまいだけに手数が多くて、横浜FCが苦手なゴールへの突進がなく、徐々に守備陣も慣れてきました。とくにルーカスをチェックした森本はかなりいい出来。
 また中盤ではアンカーに入った佐藤謙介が目が醒めるようなプレーを見せてくれました。ボランチに入ると、キープやパスは良くても守備で当たり負けが多かったり、ラフプレーが多かったりでいまいちに感じていたのですが、今日は粘り強い守備で度々攻撃の芽を摘み取り、攻撃の起点ともなっていました。まだまだ奪ったあとの展開力に不満は残りますが、すばらしい奮闘ぶりでした。
 
 逆に困ったのがレフェリー。怪しいのはとりあえず笛ふいとこうというような消極的なジャッジが多く、どうしても技術にまさるFC東京の突破に対し、必死で守備に入る横浜がファウルをとられてしまいます。FC東京の守備は余裕があるからファウルにならない。そのあたり、ゲームをコントロールしようという余裕がなさそうでした。そのため前半から荒れ模様。実際、FC東京もラフプレー多かったですしね。前半終了間際に谷澤がボールのないところで藤田を突き飛ばし、これに対してもうまく収められず、険悪なムードのまま前半を終えます。

 後半、アンカー佐藤の活躍と、前線の選手がボランチの梶山・高橋を自由にさせなかったこともあって、守備がはまってきた感じ。羽生に際どいシュートを喰らったりもしましたが、チャンスも増え、いけるかも!?という希望が出てきました。
 選手たちも手応えを感じているようで、今までにない躍動感とファイトが見られます。いつもより高い位置でプレーできる高地も、より多くのチャンスに絡むようになりました。

 後半30分。カズに代えて久しぶりに八角登場。中盤の守備力を高める交代で、これはそこそこ効きました。
 しかし、膠着状態のまま時間だけが過ぎます。ゴール前でのあと一歩が届かない横浜。なんとか交代でこの局面を打開して欲しいのですが、40分を過ぎても監督は動きません。
 小競り合いがあったせいでロスタイムは4分。そのロスタイムに入る直前、CKがらみからか、横浜FCゴール前で何やらトラブル。ゴール裏からでは何があったのかよくわかりません。ただ中野がここで2枚目のイエローで退場処分。おいおいおいおい!
 佐藤が傷んでいたので、ようやく野崎が投入されますが、動揺もあったのか最後はFC東京猛攻モード。結局セットプレー崩れから石川直宏に豪快なシュートを決められてしまいました(45分+5分)。

 あと30秒だったのに!!!!

2011 J2 FC東京戦

 悔しさが募る試合になりました。
 しかし、苦しい状況のなか、選手がファイトしていたのは響いて来ました。ゴール裏も魂こもってたと思います。全力出しきって、この結果。これが今の実力ですから、そこは受け止めなくてはなりません。FC東京との差を考えると・・・
 実力だけでなく、勝ち慣れているチームと負けが混んでいるチームの差がはっきり出ました。

 ただね、やはり流れを呼びこもうとする采配が欲しかったですよ。八角投入はともかく、残り5分のところで、なにかアクションは起こせないかな!? 小野瀬には荷が重いかもしれない。フランサでは守備のバランスを保てないかもしれない。エデルでは単独突破をとめられてリズムを崩すかもしれない。でも、膠着する状況に対して自らアクションを起こさないと、何も変わらないじゃないか! どうせ野崎出すなら、もっと早くても良かったじゃないか!

この順位のチームが、首位を独走するFC東京とギリギリの鍔迫り合いを演じたのですよ。
勝つチャンスが僅かでもあったんですよ。そのままスコアレスなんて嬉しくない。今更勝ち点1なんていらんわ!
負けて元々だ。あえてバランス崩してでも、乾坤一擲の勝負をかけにいかないとは、どないだ!!!!



アレルギー体質 

 今日、職場で先輩からお菓子をいただきました。いつもいろいろいただいてばかりなんですが、今日は「そばおかき」だそうで。これが美味しかったのですが…

>「アレルギーとかなければ」

 ん? 待てよ。

 私は完全アレルギー体質です。主にハウスダストと花粉。症状としては、

アトピー性皮膚炎(大人になってからは沈静化、中学時代はひどかった)
喘息(小学校低学年時に罹患。以来30年以上)
アレルギー性鼻炎(ティッシュと薬は必携)

 なので、警戒しているアレルゲンがあります。

アルコールとそばがらの枕、埃です。アルコールとそばがらの枕では喘息が発症します。埃では鼻炎がひどくなります。

 とはいえ、よく見ると食べ物がありません。アレルギーといえば食べ物から拒絶反応が出ることが少なくありません。よくあるのが、小麦粉・卵・そばあたりですよね。ところが、私は飲食物ではアルコールのみ。それ以外は何を口にしてもアレルギー反応はありません。
 そばなんて、そばがらの枕はだめなのに、食べるのは大好き。そば打ちしても平気。この都合のいい反応はなんだ?

 それが受け継がれたのか、幸いにして子供たちは食物アレルギーはなさそうです。ただ、明らかに鼻炎ですし、お姉ちゃんはアトピーの前兆はある。心配です。

 私はもうひとつ都合のいいことに、薬がよく効きます。喘息もアトピーもステロイド剤が面白いように効果を発揮しました。鼻炎に関しては、市販の鼻炎薬(ソフトカプセルタイプ)がこれまた効きます。
 そして、いわゆる花粉症にかんしては、あまりひどくなりません。鼻炎気味にはなりますが、ゴーグルやマスクをするほどではありません。

 アレルギーは人それぞれ。自分のことをよく知り、対処法を知りましょう。


「勝手にスイッチ」第157回 

 いや~、今朝の田園都市線は参りました。結局クルマで東名高速飛ばしてなんとか、始業直後ぐらいに間に合いました。いないと困る人間ということはないんですが、人手がギリギリなので、やっぱり急な人員不足は対応が大変なんです。
 しかし、青葉台で見るかぎり、相当の人が大変だったと思うんですが、「人身事故」の放送と共に一気に列車から人が流れて、バスやタクシーにあっという間に行列。
 みんなどれだけ仕事好き!?
 その反射神経と対応力は凄まじい物があります。だいたい、電車のって通勤しようという人なら、職場までタクシー乗ったら(近くでも)結構お金掛かるでしょうに。自腹でよく…
 かくいう私も人のことは言えません。高速まで使ってんですからね。
 亡くなった人がいるだろう(実際にはいなかったようですが)と思いつつ、通勤のために「迷惑」と感じてしまう(実際、やっぱり迷惑だと思いますが)んですから、私の「社畜」ぶりもなかなかですね。ダッシュで駅から離れつつ、フクザツな気分でした。
 でも、正直言うと、駅を出てからトイレに駆け込みまして、発車してから閉じ込められたんじゃなくてよかったと、心底ほっとしました。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.五ェ門、不二子、銭形の声優が世代交代しますが
 ○ショックだ
 ×ショックでない
役柄どうこうというより、納谷さんとか、もう交代を迫られるほどなんだなぁ、ということにショックです。納谷さんはもう80歳を超えてらっしゃいますからね。胃の全摘出なども経験されていますし。まだまだ元気で頑張って欲しいものです。

2.英ビッグベンが、目に見えて傾いてきてます
 ○早急に補修を
 ×早急に解体を
すぐにどうなるというものでもないらしいですが、それって「直ちに影響はない」みたいで…

3.子供の騒ぐ声に、悩まされることが
 ×よくある
 ○あまりない
うちのちびども、あまり騒がないのが美点です。特に弟くん。さっき耳鼻科に行ったんですが、診察中一切声も出さず、抵抗もせず。鼻吸われてても平気。なにせ注射すら泣きませんからね。そしてニコッとしながら受付のお姉さんに手を振って去って行きます。
周りの子達のことも、最近は可愛いなあと許容出来るようになった気が…

4.香川県はマジで「うどん県」になったらいいと
 ×思う
 ○思わない
まあ、冗談の世界にとどめておいてください。

5.93歳の男性が出した56年分の絵日記が売れてるそうです
 ×見てみたい
 ○興味ない
すごいっちゃあすごいですが・・・

6.すき家曰く「強盗されても防犯対策したくない」
 ×理解できる
 ○理解できない
そういう経営者ってクズだと思います。

7.世田谷区の民家床下から出てきたラジウム入りの瓶は
 ×何かの陰謀だと思った
 ○陰謀だなんて思ってない
いい加減な人っているんだなぁって思いました。

8.C言語やUNIXをかじったことが
 ○あります
 ×ないです
正確にはかじろうとした段階で、歯がぶち折れました。コンピュータには小5から(BASICとか!)触っている私ですが、全く進歩がありませんでした。


青葉台駅大混乱!! 市が尾で人身事故だそうで… 

タトヘユツ豎リツ郤ョヘ?!!

参った!! 青葉台でいつもの急行に乗ったら、なかなか発車しません。不吉な予感…。
バッチリ的中で、市が尾で人身事故だそうで、こりゃあかん!!

とりあえず車で保育園に来る嫁さん待ち。一番のラッシュアワーなのになあ。


電車とバスの博物館に行きました 

 今日はちょっとゆったりできる休日だったので、午前中に田園都市線宮崎台駅にある電車とバスの博物館に行きました。
 昔は高津駅にあって、入場料も20円ぐらいだったのですが、宮崎台に移転してからは行ったことがなかったので、改めて訪問。

 最初は大掛かりなHOゲージのジオラマ。徹底して東急車両ですが(あたりまえ)、懐かしの車両も走ってて(7600系とかね)田園都市線沿線在住が30年近くになる私としては、懐かしさもひとしお。

電車とバスの博物館 HO模型
 子どもたちからすれば、見慣れた電車が走ってるのは面白いようです。お姉ちゃんはいつも乗る電車に喜んでおりました。弟くんはそこまでわかりませんが、しきりに指さして大興奮です。

 新しい電車とバスの博物館の特徴は、シミュレーターの充実です。電車やバス、模型の運転が楽しめます。

電車とバスの博物館 模型を運転
 こちらは別のHOジオラマの車両をマスコンで運転できます。車両にはカメラがついてて、なかなかリアル。ただ、マスコンが重くて、子供には操作が難しいですね。

 お姉ちゃんはバスの運転も経験。ただ、アクセル・ブレーキに足が届かないので、私が膝に乗せて運転。弟くんはどっか行っちゃいそうだし、結構大変…

電車とバスの博物館 YS11操縦
 別館もあって、そちらではこれまた懐かしのYS-11のフライトシミュレータがありました。本物の操縦席だそうです。こちらは隣に鬼教官wwwが座ってて、教えてもらいながら飛びましたが、海に突っ込んでましたwww

 名物の玉電デハ200とかもリスペクトしつつ、子供が楽しめる展示になっていると思います。2時間ぐらいですが、子供たちはかなり気に入ったようです。大宮の鉄道博物館も素晴らしいですが、子供にはこういうほうがいいかも。近いしね。

 私も子供をダシに楽しみました。子持ちはこういう時に便利です。


2011年の運動会は雨天決行だった 

これでも運動会やってます
 これ、発表会じゃありません。運動会です。

 今日は保育園の運動会。弟くんも入園して、姉弟そろってはじめての運動会です。ところが、ずっと天気予報は雨マーク。日曜日は大丈夫そうだから、こりゃ順延かなって思ってました。
 朝、目が覚めたら小雨ながら確実に降ってるし、風もかなり強い。「中止! 順延!」と叫んでましたが、保育園からの連絡は「やります」 …え?

 油断していたので、出発が遅れて、ちょっと遅刻気味でした。確かに雨は殆ど降ってないし、地面は夕べの雨もどこへやら。いや~、ほんとにやるんだ。
 考えてみれば、保育園ですから保護者はほぼ必ず共働き。土曜日に仕事してる人も多いわけで、この日は早くから休みをとっているはず。休暇は順延できないもんな~。我が親父殿は順延だったら参加できたんですが、今日は来られませんでした。残念。

 先生方も悩んだでしょうね。強行して雨が本降りになったら、明日ね、とは行かないしさ。
 不安は的中、1つだけプログラムが進んだところで雨が降り出し、みんなで室内に避難。急遽、ホールでの運動会になりました。
 年長さんの「ソーラン節」は毎年の名物ですが、残念ながら室内になってしまいました。かわいそう・・・
 お姉ちゃんの年中さんはダンスを披露。これは楽しく出来ました。

 親子競技もほぼカット。弟くんは最初のダンスこそママに抱っこされながらも参加しましたが、親子競技がなくなったので、もうおしまい。
もう運動会なんて感じていないと思うな
 せっかく日本代表風シャツで決めてたのに。ついでに私も日韓ワールドカップの時のユニを着ていったのに(気合入れすぎ)。

 保護者競技はクイズになりました。いままで保護者競技ではさんざんな成績の年中さん、今年こそと思いきや、頭脳戦に。これは1位こそ逃したものの、年長さんと同点の2位。商品が違うそうで、決着はじゃんけんになりました。
 担任の先生のご指名で私がクラス代表でじゃんけんに挑むことに。お、目立つ!
 多少のボケも入れた1回目はあいこ。すぐに続けようという空気を止めて、「まあまあ」と私。いや、もりあげすぎだから。もう一回のあいこを挟んで見事勝利! さんざん目立っておいしいとこ持って行きました。1位より目立った! 負ける気しなかったな。今日ならAKBのセンターだって取れそうな感じ。

 さて、その後雨が止んで、再び外へ。保護者も参加してグラウンド整備をしました。
 これでお姉ちゃんのかけっこも出来ました。練習では1位だったそうですが、スタートが遅れ、追い上げ切れずに2位。去年と同じくはるくんに負けました。修行が足りん。何のための「瞬足」だ!

 晴れてよかったな~と思ったのが、年長さんの見せ場、組体操とリレーができたこと。いや~、気持ち入っててかっこ良かった! 組体操ではピラミッドなんかも上手。動きもピシッとしててすばらしかった。誇らしげな笑顔がいいね。
 リレーはやっぱり男の子が猟犬のような走りを見せてくれるのが毎年の楽しみ。幼かった彼らが「男」っぽくなる瞬間です。歯を食いしばって、必死の形相で追い上げるアンカーの子はいかしてました。両チームとも素晴らしかったよ~。もう泣きそうでした。

 全部のプログラムが終わると、お弁当タイム。そこで年長さんが不穏な動きを始めました。???
 みんなハッピ着てる! もしや!!
 そう、あらためてソーラン節を踊るんです。観客は少なくなっちゃったけど、でもやりたいという気持ちが強かったんですね。ホールでは狭くて、呼吸があってなかったのもあったし、声も遠慮がちだったから。
 2度目だけど、年長さんにとっては唯一無二のホントのソーラン節です。
 すごく声が出ていて、一生懸命な突き抜けた踊りでしたよ。最高だった!

 お姉ちゃんが入園して5回目の運動会ですが、ここ2、3年は学年は違ってもよく顔をあわせて名前も聞いたことがある子が多くなっているので、感慨もひとしおなんです。成長した彼らのリレーやソーラン節、組体操は本当に感動します。自分の子の学年じゃなくても。年長さんの担任の先生も、いつもソーラン節か組体操で泣きます。
 言葉も喋れなかった、歩けなかったころからの時間の積み重ねは、本当に大きいものです。だから、自分の子じゃなくても、年長さんの運動会はたくさん応援します。彼らの笑顔や涙はなによりも尊いものです。

 来年はお姉ちゃんが年長さんです。最後です。
 1歳になる直前に入園して、ずっと過ごしてきた保育園。ずっと一緒だった友達。ママさん同士も仲良くなって、プライベートでも遊んでいます。クラス替えもないし、人数も少ない。ちょっとずつ増えたけど、年少さんからはあまり変わりません。かけがえのないコミュニティができています。我が子だけじゃなく、他の子もちっちゃい頃から見てるから、他人には見えません。
 最初の学年末の発表会は、舞台で泣いてる子もいたのですよ。もちろん、みんな喋れないし。
 そんな子たちが、来年はソーラン節を踊り、組体操をやり、リレーを走る。全力の彼らを見たいです。

おれ、絶対泣くよ。

 さ、とりあえず来年に向けて特訓だな! お姉ちゃんよ!


New インプレッサ Coming Soon 

 我が家のレガシィも購入から早2年半。今日はディーラーにセーフティチェックをお願いしてきました。お陰様で問題なし。
 走行距離は28000キロを超え、本当に車の特性が体に馴染んできた感じです。心なしか日常的な燃費も良くなった気がします。ま、これから冬に入ればコールドスタートで相当悪化するわけですが。

 ところで、そろそろインプレッサがフルモデルチェンジということで、セールスさんからパンフをいただきました。
New インプレッサ Coming Soon

 新しいインプレッサは、先代でははじめはラインナップされなかった4ドアセダンを復活させ、はじめからセダン・5ドアHBでデビューします。私の乗っている先代のBL/BPと見紛うようなフロントマスクが特徴。たぶん現行のBP/BRになってコンパクトさがなくなり、サルーン化したことで失ったファン(例えば私)を取り戻そうというのでしょう。サイズもBL/BPより若干短いため、特に私のようなB4ファンは心動いてしまいますね。ただ、「G4」というペットネームはどんなもんでしょう。いかにもB4とイメージを重ねようとしてますね。
 正直このデザインはイマイチ。新しさがない。やたら直線を増やしていて、ゴチャゴチャしている感じすらします。過去のレガシィや初代インプレッサは、素材の良さを外観で上手に表現していました。そういうのがなくて、ただレガシィっぽくしただけ。カッコ悪いということはないけど、スバルらしさは乏しい。

 とはいえ、新型レガシイは大きく鈍重になりすぎて、コンパクトなスポーツセダン好みの私は次期購入車としては全く考えられません。となればインプレッサはそこに候補として入ってきてもおかしくありません。AWDで1300キロ台の車重も軽くていいですね。

 エンジンはすでにフォレスターでデビューしている新設計のFB20型水平対向4気筒2リッターエンジンが載っています(テンロクもあり)。これはスバルの次世代基幹エンジンで、ロングストローク化によりトルクの向上と低燃費化をはかったもの。ミッションは「リニアトロニック」と称するCVT。ターボ+MTはありません。
 このFBエンジンはターボ化はあまり考えられていないようですね。MTがないのはマイナス。

 とりあえずデビュー前の段階ではハイパワーモデルはありません。多分、遅れてSTIバージョンが登場するのでしょう。エンジンはEJ20ターボか、現行インプレッサに搭載されるEJ25ターボ(燃費が相当悪いそうですが)ですかね。
 私はターボにこだわっていませんが(元はターボ嫌いですから)、4WDのレガシィ/インプレッサを気持ちよく走らせようとしたらターボが欲しいという気もします。ただ、燃費は最低でも私のレガシィぐらいはないとまずいでしょう。
 NAでも2.5リッターでトルクのあるのならいいのですが、CVTは勘弁してほしい。

 ということで、まだ食指は動きません。どうせ、まだ一度も車検を通していない今のレガシィを手放す気は全然ありませんからね。

 現行インプレッサは07年デビューで、わずか4年しか持ちませんでした。その前は7、8年のモデルライフでしたので、この新型がヒットすれば、7年後には熟成された末期モデルがあるはず。おぉ、ちょうど我が家のレガシィが10年寸前!
 その頃にターボで馬力を稼いだスポーツセダンが生き残れているかわかりませんが、もし残っていて、出来が良ければまたFMC寸前の駆け込み購入の対象になるかもしれませんね。


2011 J2第31節 FC岐阜 vs 横浜FC 

FC岐阜 4-3 横浜FC

 家に帰ったのが後半残り15分ほどという時間。1-2でリードを許していて、またか…というゲンナリ感を早速喰らいましたが、直後に難波の同点ゴール。佐藤の粘りが効いていました。
 さらに3分後にはフランサの凄まじい精度のスルーパスからカイオが逆転のゴール。久々に快哉を叫びました。

 しかし。

 終盤にPK献上。最近多いなぁ。微妙な判定でしたが。しかも一度は関ががっちり止めたのに、やり直しで同点。そのうえロスタイムにロングボールの対応を誤り決勝点を決められる最悪のエンディング。

 ディフェンスラインの裏を衝かれた時の最終ラインの対応の悪さはこのところのウィークポイントだとおもいますが、全然修正できてないですよね。最後の時間もガムシャラにゴールに迫る気魄は感じられなかったし。

 これで7試合勝利なし。好調だった8月から一転、9月以降は2分5敗。得点6、失点19。この失点はどうにかならないかな。ほとんどが中野・パクのCBだし、ここに手を入れるしかないのでは。渡邊はまだコンディションがあがらないのか? 森本じゃダメ?
 この状態で次節は三ツ沢でのFC東京戦。惨劇がおこらなければいいが。

 がんばって声だすからさ。なんとかしようぜ!



思いつきで適当なこと言うと… 

急発進の車が駐車場フェンス突き破り、線路進入
2011年10月11日12時36分 読売新聞

 11日午前10時半頃、東京都福生市東町のスーパー西友福生店の駐車場で、昭島市の女性(68)が運転する軽乗用車がフェンスを突き破り、隣接するJR青梅線福生駅の線路内に進入した。

 女性は「同乗者を降ろすためにエンジンを切り、再びエンジンをかけたところ急発進した」と話している。けが人はなかった。福生署が事故原因を調べている。

 JR東日本八王子支社によると、事故の影響で、青梅―拝島駅間の上下線で一時運転を見合わせた。

------------------------------------

 写真を見ましたが、このクルマ、スズキの「Kei」のようです。古い車ではないし、まさかMTということもないでしょう。
 何が言いたいかというと、

今時そんなクルマ、ありえない!

 基本、今のATはPレンジに入れて、尚且つブレーキを踏んでいないとエンジンが掛かりません。エンジンが掛かっても、ブレーキを踏まないとPからDレンジには入れられません。これ、常識ですよね。
 となると、停止からの発進は、

ブレーキを踏む→エンジン掛ける→ブレーキ踏んだまま→Dレンジに入れる→ブレーキを抜く→アクセル踏む

 という手順を必ず守らなければなりません。この過程でメカ的な故障が入ったとしても、急発進はありえないことがわかりますよね。だってエンジン掛けるときは必ずブレーキ踏んでるはずなんですから。自分でアクセル踏まない限り急発進はないのです。せいぜいクリープぐらいで。このセーフティシステム(?)はすっかり枯れた技術ですから、コンピュータの異常とかでミスが起こることはありません。

 昔のMTならギアを入れたままエンジンかけると、セルモーターのパワーで動き出します。昔はこれが踏切でエンストした時の緊急脱出手段でした。でもセルモーターですから、さほどのパワーはありません。写真で見ると、鉄パイプの車止めも押し倒してからフェンスを突き破ってますから、セルモーターでは到底不可能。
 まして、現在のMTはほとんどがクラッチ踏んでないとエンジンかからないです。

つまりこのばあちゃん、嘘ついてますねん。

 トヨタのプリウスがアメリカでバッシングを受けた時、ユーザーの訴えが事実無根であることがのちにわかりました。同じケースでしょう。
 クルマのシステムに通じてないと、嘘ついてもしょうがないのです。どうせ、間違えてアクセルをガツンと踏んじまっただけでしょ? あんたが全部悪い! クルマのせいにするな!

 こんなのが公道を走るのは迷惑なので、

免許没収でお願いします


ブラジルワールドカップ第3次予選 日本vsタジキスタン 

ブラジルワールドカップ第3次予選 第3戦 日本vsタジキスタン

日本 8-0 タジキスタン
得点:ハーフナー2、岡崎2、駒野1、香川2、中村1

 第2戦はアウェーでウズベキスタンと引き分けた日本(そういや記事にアップしなかった)、本田を欠いて格下相手になかなか点を取りきれない、というゲームが続いてしまいました。
 もっとも長丁場のワールドカップ予選ですから、6試合でじっくり勝ち点を積み上げて最後に一番上にいればいいわけで、そこまで焦ることではないのですが、報道は落ち着かないですね。
 さらにここのところ香川真司の調子が良くないのが懸念される、なんて感じで、微妙な空気の中でホームでのタジキスタン戦を迎えました。
 タジキスタンはシリアの失格で急遽繰り上げられてきた国です。シリアには2試合合計6-2かなんかで負けてますから、実力的に見ても鷹揚にしてていいはずですがね。ただプレッシャーもあるし、タジキスタンもよくわからないので、なんとなく警戒心が首をもたげているようです。

 それを一気に楽勝ムードに変えたのがハーフナーのゴール。最終ラインに6人ぐらい並べてるタジキスタン相手に工夫のないクロスを放り込んでは跳ね返されていましたが、一度サイドから戻したボールを駒野がダイレクトでクロスを入れます。一旦ラインを上げそうになったディフェンスラインが崩れ、ドンピシャのタイミングで走りこんだハーフナーが高い打点のヘディングで決めました。最終的には2人につかれていましたが、走り出しの時にはフリーですからね、そりゃ負けないでしょう。

 結局、価値のあるゴールはこれだけだったような気がします。

 あとは攻めて来ないし、マークも緩いし、当たりにも来ないし、パスも繋げないタジキスタン相手にやりたい放題。どんだけドン引きでも、ラインコントロールすらままならないのでは、何人いようと関係無いですよね。
 合計8点を奪いますが、雑なクロスも多かったし、最後は気が緩んでパスも適当だったし、「やっただけ」感の強いゲームでした。タジキスタンも何点取られようと攻めに来ないし、エリア内に引きこもっちゃってさ。覇気がないから、学生相手の練習試合以下の内容になってしまいました。
 3次予選レベルでこんなチームが出てきても、申し訳ないけどやっぱり迷惑ですな。楽にはなるけど、どうせ北朝鮮にもウズベキスタンにも勝ち点を提供するんだし、同じこった。こればかりはマッチメイクできないから、しょうがないけどね。

 難しいのは11月11日のタジキスタン(アウェー)ですよ。普通にやればいわゆるB代表レベルで十分。海外組を招集する意味はないですよね。
 それでも環境劣悪(は言い過ぎ?)のアウェーで戦うとなればめんどくさいわけで、万が一にも引き分けなんつったら大問題だし、かと言って、今日みたいなベストメンバーで勝っても疲れるだけだし。

 というわけで、次戦のポイントは、戦術とかそういうのではなく、ザッケローニのマネージメントですね。


やっぱり前原もあかんなあ 

日韓EPA、李政権下で妥結を…前原氏が要請
2011年10月10日19時05分 読売新聞

【ソウル=東武雄】韓国訪問中の民主党の前原政調会長は10日、韓国の金星煥(キムソンファン)外交通商相とソウルのホテルで会談し、中断している日韓経済連携協定(EPA)の交渉について「李明博(イミョンバク)政権の間に早期妥結を望みたい」と述べ、来年12月の次期大統領選までに結論を急ぐよう求めた。

 これに対し、金氏は「米国との(FTA)交渉が一段落するので、他国との交渉に実務的な余裕ができる。議論を進めていきたい」と応じ、前向きな姿勢を示した。

 一方、金氏は、いわゆる従軍慰安婦問題について、「新たに(韓国の)憲法裁判所の判断が下された中で、日本としての対応を求めたい」と述べ、元慰安婦の賠償請求権問題を改めて提起した。前原氏は「政府の考え方は不変だ」として請求権問題は解決済みとの立場を強調した上で、「人道的な観点から何らか考える余地がないか議論したい」と語った。

 前原氏は会談後の記者会見で、政府の賠償に代わる具体策について「たとえばアジア女性基金のようなものだ」と述べ、元慰安婦に「償い金」支給などの事業を行った財団法人・女性のためのアジア平和国民基金(2007年解散)を例に挙げた。

 前原氏は同日、韓国の柳佑益(リュウイク)統一相とも会談し、北朝鮮の核問題などについて意見交換したほか、拉致問題の解決に向けて緊密に連携していくことで一致した。


------------------------------------

 なんで、向こうの酋長の任期に合わせて急がなきゃならんのだろ。
 ちなみにEPAとは、「物流のみならず、人の移動、知的財産権の保護、投資、競争政策など様々な協力や幅広い分野での連携で、両国または地域間での親密な関係強化を目指す条約」(Wikipedia)、これを南朝鮮との間に急いで締結するほどの理由は日本にはないと思うんですが。
 強いて言えば、「知的財産権の保護」はパクリどころかウリナラ起源ばかり主張されて、しかも様々な技術を盗まれて迷惑を被っていること甚だしいので、これだけ要求する必要はあると思いますがね。

 ちなみに南朝鮮はギリシャに隠れて報道されませんがデフォルトの懸念がありまして、デフォルトリスクを表すCDSが絶賛急上昇中♪ そんな国と経済で心中する気かい?
 こういうとこで、前原は所詮、南朝鮮マンセーなんだよな。

 従軍なんちゃらについても、
>人道的な観点から何らか考える余地がないか議論したい
 って、金出す気満々じゃねぇか! ふざけんな!

 ほんと、TPPとか、日本を潰そうとすることには熱心なミンスは、政権から早く下りてほしい。てか、政党ごと本来の居場所である朝鮮半島か支那に移住してくれ。


「勝手にスイッチ」第156回 

 今日は久しぶりにサッカーをやりました。見る方ばかりで実際にゲームをやるなんてずいぶんなかったのですが、20分ほど。
 慣れないセンターバックだったんですが、とにかくボールを奪えず(だめじゃん)。とりあえず体寄せて前向かせないだけです。あとは他のDFに任せる。
 途中サイドバックにポジションを変えたら、やっぱり前向いた相手とマッチアップするので、後手に回るんですよね。単純なスピードではそこそこいけるんですが、切り返しとかもう無理です。そこそこ動いてるつもりでも、ゲームとなったら話は別ですね。40の坂はきついですわ。
 で、しばらくしたら腰痛が…(涙)

 では、スイッチ、行きましょう。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.もし飼ってる犬猫が、あるペットフードのCMに異常に食い付いたら
 ×次はそれ買ってやろうかと思う
 ○気にしない
多分、です。だって犬猫飼ったことないし、将来も飼うことはないので。アレルギー体質なので、犬猫はありえないんです。ちなみに子供がCMのおもちゃ(プリキュアのなんちゃらとか)に反応してもまったく買ってあげる気はありません。

2.この50年間で最も偉大な発明は、iPhoneらしいです
 ×同意する
 ○同意しない
LEDのほうがすごいような気がする。いや、他にもたくさんあるのでは。

3.今日本では、「ねこダンス」とやらが世を席巻してるそうです
 ×そうだね流行ってるね
 ○いったいどの世界線の日本の話ですか?
最近、私の中の日本は限りなく狭くなっているようで。

4.金正男の息子とされているキム・ハンソル氏は
 ×マトモそう
 ○マトモじゃなさそう
ちょっとイッちゃってる気がしました。

5.TBSは、選り好みせず横浜を売ったらいいのにと
 ○思う
 ×思わない
「DeNA」が候補に上がった時、ナベツネが知らない、飼うなら松下とか何とかって企業じゃないととか言ってました。企業の選び方が30年前でしたが、そもそもプロ野球はそこまで社会的に重要なコンテンツでなくなってることに気がついていないのがアフォですね。思い上がりにもほどがある。

6.尿管結石になるあたり、小沢も相当
 ×参ってるんだろう
 ○あいつがあのくらいで参るタマか
ありゃ痛いらしいですな。ホントだったら、ですが。苦しんどけ。
ただ、肉とか食べ過ぎるとなるらしいね。

7.夫の不倫相手の裸画像をネットに晒した妻の
 ×気持ちわかる
 ○気持ちわからない
こわ・・・

8.ドクターペッパーを飲んだことが
 ○あります
 ×ないです
そりゃあ40年も生きてるし、炭酸好きだし、何度か飲んでますが…。どうしても美味しいとは思えないです。コーラが一番。


ピアノが届いた! 

 我が家の計画では、リビングにソファを買って、さらに嫁さんの実家からアップライトピアノをもらってくる、というとこでひと通り「完成」と考えていました。
 ただ、金沢からピアノを運んでくるのも大変だし、お金もかかるし、ということで、電子ピアノを買おうなんて考えたこともありました。
 でも子供に習わせるんだったら、本物があったほうがいいし、せっかくあるんだから、ということでやはり島嶼の予定通り、金沢からもらってくることになりました。嫁さんが調べてみたところ、補修・調律・輸送をすべてやってくれるところがあって、結構かかるけど、補修をしっかりやってくれるようなので、お願いすることにしました。
 金沢から運ばれたピアノは一度大阪に行き、そこで補修を受けます。そこから我が家に運ばれてくるわけです。

ピアノが届いた!①
 で、トラックで到着したのが先ほど。恰幅のいい男性2人で運びこむようです。

ピアノが届いた!②
 どこから搬入するかですが、玄関は段差も大きいし、玄関入ってすぐにクランクがあるので、却下。庭からタイルテラスにあげて、掃き出し窓から直接搬入になりました。
 一応台車は使っていますが、段差はやっぱり持ち上げます。2人でここまで上げるとは…。さすがプロ。

ピアノが届いた!③
 狭いタイルテラスにやっとこさ。庭のブルーベリーが邪魔ですね。

ピアノが届いた!④
 で、ようやく設置完了。意外と圧迫感がなく、すんなり溶け込んだ感じです。はじめからここにピアノを置くことを考えていたので、当然ながら設計段階で床補強をしています。コンセントも、ピアノの両側で干渉しないように考えています。ピアノの左側にコンセントが見えますか? ソファとも干渉せず、バッチリ!
 綺麗にブラッシュアップされてて、30年を超えた年代ものとは思えませんね。
 これであとはピアノの上の壁に時計をつけなきゃ。

 でも、一番肝心なのは…
ピアノが届いた!⑤
 お姉ちゃん! しっかり練習して弾けるようになってね! 今は嬉しそうですけど、将来ただのインテリアにならないように願っています。なにせ、嫁さんはエレクトーンだし、私は楽器なんてハナから出来ませんし、子供たちが活用してくれないとね。弟くんは、その気になったらやってもらおう。
 まぁ、プロになれなんていう気はさらさら無いですが、中学校の合唱コンクールで伴奏者になれるぐらいにはなってほしいなぁ。

 さて、かかった費用ですが、輸送費込みで23万円弱。買うよりは安いけど、高いなぁ。でも、ちゃんと受け継いで使っていくのも大事なことですよね。


こんなんでいいのか? 横浜FC 

天皇杯
横浜FC 0-2 松本山雅FC

 昨日はBSで観戦。スカパーe2と違って大きな画面で見られるのが良かった。松本山雅は久富・須藤・飯尾が先発で登場。久しぶり!
 そしてもちろん、松田直樹の魂が。

 さて、試合の方は…

話しにならん!(怒)

 序盤から積極的にプレスを掛ける松本山雅に圧倒され、ビルドアップすらままならず、シュートすら打てません。それでもなんとか松本山雅の猛攻をしのぐと、ボランチのカイオをFWに、高地をボランチに、エデルをサイドハーフにして、ペースを取り戻しますが、しっかりとゴール前を締める山雅ディフェンスにシュートをブロックされたり、思うような体勢で打たせてもらえなかったりで、どうも・・・

 後半早々、集中力を取り戻した山雅が再び押し込みます。藤田が中盤でプレスにかかり、ボールロスト。エリアまで運ばれ、浮いたボールを何とか荒堀がヘディングでクリアしますが、距離が足りず、あろうことかどフリーの片山に渡ります。これを片山がワントラップボレーで豪快にゴールに突き刺し、山雅が先制。
 直後には船山のドリブル突破を止めきれず、エリア内でパクがファウル、PKを献上します。これは判定が厳しいなぁ、と思いましたが、それでもまずい判定ではない。これで0-2。

 こののち、選手交代でペースをあげようとするも、得点差の余裕と、衰えない出足の山雅にいいところなく、2回の決定機も阻まれジ・エンド。

 荒れたピッチに苦しんだことはあっても、球際で全く勝てず、フリーランニングも少なく、パス出しも判断も遅く、ついでに言えば気魄もなく、話にならない。

 あらためて、今年のこのチームが終わっちゃってんだなぁ、って実感させられました。監督&GM交代でしょ。一からやり直しだ。

 そうそう、元横浜FCの3人はイキイキしてましたね。まぁ、この程度の出来の横浜FC相手ならやれちゃうでしょうけど。特に久富は積極的なプレーですごくよかったですね。踏ん張り効かなくて最後のシュートが枠に飛ばないのは相変わらずだけど。
 次も頑張れ、松本山雅!


ロータリー消滅? 来るべき時が来たのか… 

ロータリーエンジン姿消す マツダ「RX-8」来夏生産終了
10月7日(金)12時23分 産経新聞

 マツダは7日、ロータリーエンジン搭載の唯一の車種であるスポーツカー「RX-8」の生産を来年6月で終了すると発表した。各国の環境規制などに対応するにはコストがかかりすぎると判断した。山内孝社長は「今後も研究開発を継続する」としているが、後継車の発売予定はない。同社の看板だったロータリー搭載車がついに姿を消す。
 
 ロータリーエンジンは現在、世界でマツダだけが手掛けている。同社は昭和42年5月に初めてロータリーエンジンを搭載した「コスモスポーツ」を発売。その後も同社の看板技術としてロータリー搭載した車を相次いで発表した。「RX-7」は61年の生産が7万2千台に達するなど、若者を中心に大ヒットした。

 同エンジンはピストン往復の代わりにおむすび形のローターが回転して動力を生む仕組み。小型で高出力なのでスポーツカーでは性能を発揮しやすいが、低速運転時の燃費性能が劣る欠点があった。

 だが、世界的には自動車の低燃費化が進展。昨年のRX-8の世界販売は約2900台、国内は960台にとどまった。さらに欧米で来年以降、相次いで環境基準を厳しくなるほか、日本でも来年には安全基準が変わる。ただでさえ販売が低迷する中、マツダは各国の規制強化に対応するのは困難と判断。すでに北米と欧州向けの生産は打ち切っており、今回、全面的な生産終了を決めた。

 同社はRX-8最後の特別仕様車として「スピリットR」を11月24日に発売。312万~325万円で、1千台の販売を目指す。

 マツダは今後、既存エンジンで大幅な低燃費化を図った独自技術「スカイアクティブ」を軸に製品を展開する。水素を燃料とし、排ガスが出ない「水素エンジン」の実証実験も進めており、これらを新たな看板技術にしたい考えだ。


------------------------------------

 結局、ブレークスルーは訪れなかったですか・・・

 RX-8自体街中でよく見ることができますが、よく見ると初期型で、マイチェン後のモデルはあまり見かけません。いっときの熱が冷めて、販売が激減しているってことが感じられます。
 マツダも昨今の経済状況の中で、これ以上こだわってはいられなくなったんですしょうね。当然といえば当然ですが、マツダのブランドイメージのフラッグシップとも言える技術だけに、決断は難しかったでしょう。

 ウルトラスムースなロータリーですが、確かに乗ってみるとレシプロとは一味も二味も違う吹け上がりで、スポーツ走行にはたまらない魅力でした。
 でもその良さを引き出すにはワインディングなどで高回転を維持して走る技術も必要です。なにせレブリミットは9000RPMですからね。私なんぞはヒールアンドトゥが下手っぴですし、一般道でガンガン回す度胸はないので、宝の持ち腐れ必至です。

 一般道に入ってみれば吹け上がりの良さは楽しめても、実質的なトルクが薄く、街乗りの速度域では思うほど車速が上がらないので、ストレスが溜まります。RX-8はノンターボなので、良くも悪くもロータリーの特性がはっきりしますね。楽しいなあと思ったし、憧れがあっても、私自身の好みで言えば低速トルクが厚いのが好きなので、日常で使う気分にはなれませんでした。

 こういうエンジンですので、燃費はかなり厳しい。街乗りでリッター6キロを割ることもしばしばで、高速道路でもリッター10に届かないぐらいという話を聞きました。私のレガシィB4がATでターボ付きでも街乗り8キロ、高速では14キロぐらい行くことを考えると、かなり苦しいですよね。気にしちゃいけないクルマなのはわかっていますが。

 こういった低速トルクと燃費について技術的なブレークスルーがないと生き残りは難しいだろうとは思っていました。しかし、なかなかその日は来ず、結局生産中止となってしまいました。研究は継続するとのことですが、いつの日か低燃費・高効率のロータリーが生まれる日が来るのでしょうか・・・


追い詰められてまんな~ 

小沢“独演”8分間…「私の抹殺が目的」と敵意むき出し!
2011.10.06 ZAKZAK

 民主党元代表、小沢一郎被告(69)の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢被告の初公判が6日午前10時から、東京地裁(大善文男裁判長)で行われた。小沢被告は罪状認否で、無罪を主張。8分間にわたる異例の独演会的な意見陳述で「この裁判は直ちに打ち切るべき」と言い放ち、「国家権力の乱用」「私を抹殺するのが目的」などと、検察捜査を痛烈に批判した。

 小沢被告は午前9時半前、SP(警護官)数人とともに、詰めかけた報道陣のカメラには目を向けず、憮然とした表情で東京地裁に入った。

 検察官役の指定弁護士の冒頭陳述に対し、小沢被告は「指定弁護士が話されたような事実はありません」と全面的に無罪を主張。その後、A4用紙数枚の紙を持ちながら、まるで“独演会”のような意見陳述を展開した。

 小沢被告はまず、「違法捜査により得られた調書を唯一の証拠としているこの裁判は、直ちに打ち切るべき。百歩譲って裁判が続けられるとしても、私が罪に問われることはない。虚偽記載ではなく、まして共謀の事実は断じてない」と言い切った。

 「百歩譲っても」の部分で語気を強め、「断じてない」と否定した部分では声を高めた。事前に相当練習した様子がうかがえた。

 そのうえで、小沢被告は「国民から何の負託も受けていない検察という一捜査機関が国家権力を乱用した」といい、紙をめくりながら続けた。

 「国家権力が小沢を標的に行ったもの。明白な権力の乱用で、民主主義国家における暴力行為。小沢を表舞台から外す社会的な抹殺で、暗殺より残酷といえます」

 「証拠もないのに、野党第一党代表を狙い撃ちした。衆院選は国民が直接、権利を行使し国の代表を選ぶ唯一の行為。政権交代が行われる前に、権力の乱用を許すなら民主主義国家と呼べない」

 東京地検特捜部は2009年3月、西松事件の巨額献金事件の捜査に着手した。小沢被告は当時、民主党代表だったが2カ月後に辞任した。これで「総理の椅子」を逃したことが悔しかったのか。小沢被告は続けた。

 「日本は戦前、権力が結託し、政党政治の抑圧を許した。それが敗戦の悲劇につながった。そのような過ちを繰り返すのか。震災や原発事故の復旧はいまだなされておらず、世界経済も混迷状態にある。国家権力の乱用をやめ、民主主義を取り戻さなければならない」

 途中で声が裏返るなど、やや興奮した様子も。内容も、意見陳述というより、政治講演のようだった。

 起訴状によると、小沢被告は、陸山会が04年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、有罪判決を受けた石川知裕衆院議員(38)ら元秘書3人と共謀し、陸山会に貸し付けた4億円を04年分政治資金収支報告書に記載せず、04年分に載せるべき土地取得費約3億5000万円を05年分に記入した、としている。

 最大の焦点は、元秘書との「共謀の有無」だ。検察官役の指定弁護士は冒頭陳述で、小沢被告が報告書提出前の05年3月、陸山会の収支の報告を受けたが、虚偽の記入と知りながら「分かった。分かった。きっちりやっておいてくれ」と了承した、と、石川氏の供述調書を基に事件の構図を描いた。

 裁判は、来年1月までの計12回。3月9日に指定弁護士による論告・求刑、同月19日に弁護側の最終弁論があり、4月中には判決が言い渡される予定だ。


------------------------------------

残る手は恫喝のみwwwwww

>「国家権力の乱用」「私を抹殺するのが目的」
>「民主主義を取り戻さなければならない」


 本当に無実なら、こんな言い方はしませんよね。真っ黒の人間が何を言うやら。
 なにより、もっとも民主主義を解さない集団であるミンス党の中で、もっとも阿漕な真似をしてる奴のくせに民主主義を騙るなど片腹痛いわ!

------------------------------------

<小沢一郎元代表>腰の痛み訴え病院に搬送
10月7日(金)0時14分 毎日新聞

 民主党の小沢一郎元代表は6日夜、東京都世田谷区深沢の自宅から救急車で日本医科大病院(文京区)に運ばれた。

 東京消防庁によると、元代表は同日午後8時ごろから左の腰背部の痛みを訴えた。同11時すぎに家人から119番があり、かかりつけの同病院に搬送。意識はあり、自分で歩くことができるという。


------------------------------------

 あれだけ威勢がよかったくせにこれかよwwwwwwwwww
 

FC2トラックバックテーマ 第1292回「あなたは体柔らかい?硬い?」 

FC2 トラックバックテーマ:「あなたは体柔らかい?硬い?」



 柔らか…かった(涙)

 体前屈やると、掌が床にぺったりついていたんです。
 ところが、ここ数年、スポーツのあとのストレッチなどを全然ちゃんとしなかったんですね。それで主にフクラハギやハムストリングが相当硬くなりました。気にして最近はストレッチしてんですが、時すでに遅しです。

 で、その足のハリが原因で腰痛が悪化。結構辛いです。一番ひどい時は体前屈で第二関節ぐらいまでしか床につかず、ショック!
 ここのところ、少し回復して、掌がほとんど付くようになりましたが、べったりという感じではないのがやっぱり悲しい。

 やっぱ、四十の坂は大変ですね。ここ1、2年でめっきり衰えたと思います。まだ体が動く人は、しっかりストレッチしましょう。


聖武天皇の歯? 

東大寺に聖武天皇の歯?大仏殿で遺愛品と出土
10月5日(水)9時56分 読売新聞

 奈良市の東大寺大仏殿で、明治時代に鎮壇具(ちんだんぐ)(8世紀、国宝)と一緒に出土した人の歯を奈良国立博物館(奈良市)が調査したところ、熟年男性のものとみられることが分かった。

 鎮壇具には、正倉院から持ち出された聖武天皇(701~756年)の遺愛品「陰寶劔(いんのほうけん)」「陽寶劔(ようのほうけん)」が含まれていたことが昨年判明しており、50歳代半ばで亡くなった聖武天皇の歯である可能性も指摘されている。

 歯は1907~08年、大仏殿修理に伴い、大仏を安置する須弥壇(しゅみだん)を掘った際、敷地を清めるために地下に埋めた仏具である鎮壇具とともに発見された。

 最近の分析の結果、右下あごの第1大臼歯(長さ約2センチ、幅1・2センチ)で、大きさや摩耗の具合などから、熟年男性の歯の可能性が高いことが判明した。


--------------------------------------

 これは面白いですね~。
 歴史上の人物の遺体が残っているケースは、奥州藤原氏を除いてミイラの風習もなく、早くから火葬が行われた日本では珍しいです。
 土葬された徳川将軍の遺体が詳しく調査されているのと、良い状態の遺体が確認された伊達政宗など、比較的時代は新しいものに限られます。

 聖武天皇といえば1300年近く前の人ですから、日本の有名人としては最古のものになる可能性があります。歯だけでもいろいろなことがわかるでしょうから、これからの研究が楽しみです。

 もっとも、当時の誰かのいたずらかもしれませんけどね~


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。