≪ 2011 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2012 02 ≫
*admin*entry*file*plugin
2012年01月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


只今出張中 

夜も更けて来ました。予告通り長野県に出張中です。
とにかく寒くて、さらに色々とめんどくさくて、もうへこたれています。

ただ、見上げる星空はとても素晴らしく、すばるもくっきり♪
持参してきた(ヲイ)双眼鏡で、その宝石箱のようなきらめきがすぐそこに! オリオン大星雲のガスの広がりまでぼんやりみえるのだから、もう最高です。

帰りは明後日。辛いなあ~



スポンサーサイト

2012 今年も牡蠣が届いた! 

 兵庫に住む奥さんの親戚から、今年も牡蠣を送っていただきました。毎年アップしてるんですが、ホントにおいしいんですよ~
2012今年も牡蠣が届いた①
2012今年も牡蠣が届いた②
 どうです、この大きさ!

 本来なら生食用ではないのですが…耐えられません! 2つほど生でいただきました。プルプルもちもちで至福の時…

 簡単で安心なのが、レンジでチン。ほくほくで風味が増します。
2012今年も牡蠣が届いた③
 身が厚くて、もう…

 剥き身は鍋でいただきました。
 私は明日から2泊3日の出張なので、今日のうちに頑張って食べましたよ~

 ちなみに出張は長野県。すっげ~寒いらしいですね。私が行くとこは明日の予想最高気温は-3度。マイナスで最高って!
 この予報のところよりも寒いはずの場所に泊まるので、いまからトホホです。

 明日は6時前に出発なので、もう寝ます。「勝手にスイッチ」参加は水曜日に。ではおやすみなさい。


「ぼくらの祖国」 

ぼくらの祖国ぼくらの祖国
(2011/12/28)
青山 繁晴

商品詳細を見る


 「アンカー」などでおなじみの青山繁晴さんの新著です。
 TVで発言している人の中では数少ない、現場を知り、かつ勉強熱心で多くの知見を持っておられる方です。
 若干、陰謀説が多いようにも思いますが…

 この著作は東日本大震災から見えた日本という「祖国」の姿、硫黄島で見えた「祖国」の姿、そしてエネルギー問題から考える、これからの日本について優しい文章でまとめたものです。
 エッセイのような体裁をとっていて非常に読みやすく、それだけにストレートに思いが伝わります。

 この国の現状について、なんらかの疑問を持っていて、そして何とかしなければという思いがあれば、心を揺さぶられることでしょう。

 我、何をか成さん、と。
 

今年は厄年なんです 

 今日は今年度最後の保育園サッカー教室。たくさん試合をするぞ、ということで、娘だけでなく、私もたくさん参加させていただきました。
 3ゲームに出て、1ゴール1アシスト。まぁまぁかな。

 むすめは、人を押しのけて、というのがないので、サッカーだとボールに近寄れないんですよね。ボールを追う! 追うだけですけど
 せっかく10番のビブス着てるのにさ。

 そのあとは青葉台東急の紅虎&萬力屋でごはん。チャーハンにむしゃぶりつく弟くんです。横浜FCシャツを着せていますが、サッカーは見物だけ。
ユニフォームは食べるためです(キリツ)

 午後は本日の重要なイベント、厄払いであります。
 私めは昭和46年生まれ、数えで42になりまして…

 42か…

 マジか…

 あ、そ、それでですね、男の数え42は周知のことですが本厄なわけですよ。しかも最大の。
 そこで、子供たちの初宮参りや七五三でお世話になっている川崎市麻生区の琴平神社に厄払いに行ったわけです。
厄除けはいつもの琴平神社
 弟くんは、けっこう奔放。興味深げに歩き回っております。

 25の時は確か上野の東照宮に行ったんです。歴オタ仲間と。最近のようですが、もう40を超えて…。

 ま、愚痴はやめましょ。
 もうこれで安心ですな!


さすが国会なんてどうでもいい汚沢一党 

「国会に居てもしょうがない」=若手に地元活動促す―小沢元代表
1月23日(月)23時25分 時事通信

 民主党の小沢一郎元代表は23日、自らに近い衆院当選1回の議員数人と衆院議員会館で個別に会い、地元を精力的に回るよう忠告した。通常国会は24日に召集されるが、衆院解散・総選挙に備えて議員としての本来の活動よりも選挙対策を優先するよう促した形だ。
 元代表は、若手らに「国会に居てもしょうがない」「党の部門会議に出てたって、国民は見ていないぞ」などとハッパを掛けた。元代表は、支持率が下がっている野田内閣の下での解散を否定する発言を繰り返しているが、解散含みの展開は強く意識しているようだ。
 

---------------------------------------

 やっぱり、汚沢の頭ン中には「民主主義」なんてものは少しの価値もないらしい。

 私は民主主義なんてものはそんなに素晴らしいもんとは思っていませんが、少なくとも現在の日本は国会を国家の意思決定の頂点に置いています。

 その意思決定を委ねられているのが国会議員であり、国会議員は国会に出席して審議に参加することがほとんど唯一の仕事です…なんて当たり前のことを、なんで私ごときがここで書かなきゃならんのだろ?

 一国の総理にならんとした人物の発言としては、罪が重すぎるものではないか? 完全に国民に対する背信ですぜ。なんでこれをマスゴミは大々的に報道せんのだ?


柳沢選手引退 

柳沢将之選手 現役引退のお知らせ
2012/01/27 横浜FCオフィシャルHP

 2011シーズンまで横浜FCに所属していた、DF柳沢将之選手(32)は、2011シーズンをもちまして、10年間のプロサッカー選手としての現役を引退することとなりましたのでお知らせいたします。

柳沢将之(Masayuki YANAGISAWA / DF 32歳)
■生年月日:1979年8月27日
■身長/体重:170cm/69kg
■出身地:横浜市青葉区
■チーム歴:FCすすきのスポーツ少年団-読売日本SCジュニアユース-読売日本SCユース-法政大学-東京ヴェルディ1969-セレッソ大阪-サガン鳥栖-横浜FC
■出場記録:
J1リーグ戦  67試合2試合
J2リーグ戦  171試合3試合
カップ戦   8試合0得点
天皇杯    14試合0得点
○2006年AFCチャンピオンズリーグ:1試合0得点

■柳沢将之選手コメント:
「昨年をもちまして、引退する事を決めました。プロサッカー選手として10年間過ごせた事は、長いようで短い、とても幸せで、あっという間の10年間でした。天皇杯優勝やJ2降格など、様々な経験をした選手生活でしたが、ここまでこられたのも法政大学、東京ヴェルディ、セレッソ大阪、サガン鳥栖、横浜FCの関係者の皆様、そしていつもどんな時でも応援してくださったサポーターの皆様のおかげだと思っております。本当にありがとうございました。
そして長い間、選手生活を支えてくれた妻や娘、両親、兄弟、友人には感謝の気持ちで一杯です。
最後に、子どもの頃からサッカーの事や色々な事を教えて頂き、日本サッカーリーグの八幡製鉄でプレーされていた堀田紘男先生には感謝とともに、天国に報告したいと思います。本当にありがとうございました。」

以上


-----------------------------------

 同じ青葉区のすすき野出身ということで(しかも一時期近くに住んでいたな~)、親しみを持っていたのですが…。
 岸野イズムの伝道者的な立場で加入した一昨シーズンは、堅実な守備と正確なクロスで攻守に活躍しましたが、終盤ケガで離脱。昨年はスピードの不足や相次ぐケガで不本意な出来でした。
 「ぬっくん」と親しまれつつも、退団には意外な気がしなかったのも事実。
 でも、指導者に向いてそうですから、ぜひ第2の人生を頑張ってほしいと思います。


とにかく「正論」を貫くべし 

玄葉外相の竹島演説に韓国反発、撤回求める声明
2012年1月25日19時05分 読売新聞

【ソウル=門間順平】韓国外交通商省は25日、玄葉外相が24日の外交演説で、日韓が領有権を争う竹島(韓国名・独島(トクト))問題に関連し、「韓国側に受け入れられないものは受け入れられないとしっかり伝え、ねばり強く対応していく」と述べたことについて、撤回を求める報道官声明を発表した。

 外交通商省はまた、在韓国日本大使館の兼原信克総括公使を同省に呼び、金在信(キムジェシン)次官補が抗議した。声明は「日本が表明してきた『歴史を直視するなかで、未来志向的な韓日関係へと発展させる』とした方針に逆行する」と反発。竹島問題で「(韓国は)断固たる対応を取るとの確固な立場を堅持する」としている。


-------------------------------

 常に「盗人猛々しい」南朝鮮ですが、お仲間だと思っていたミンスからこういう発言があったから怒ってるんでしょうか。

 玄葉の発言は正直何が言いたいのかよくわからないレベルのもの。なんで、ここまで気ィ使わなあかんのか。

 この前のエントリで書いたことと同じです。
 横車を押しとおそうとする「ならず者」に対して、断乎として「正義」を貫かねばならない。

 もちろん、単独の政治家ではそれは難しいかもしれません。だからこそ、日本国民すべてが声を大にして、

「竹島を返せ」

 と言うしかない。それが正義を貫くということではないかな、と思うわけです。

 どんどん図に乗ってるじゃないですか、奴ら。

 というわけで、2月22日は「竹島の日」です。


日本の社会はどうなるんだろう 

 雪ですね…。今日は帰りが遅くなり、あっという間に白くなった雪を踏みながら帰ってきました。その足跡も、もう見えなくなってるんだろうな…

 職場で、非常に不愉快なことがありました。簡単に言えば、横車を押す不正義に対し、一般的な良心ではそれを押しとめることができないということ。

 横車は押したもん勝ち、そんな社会になっているのかな…。

 自分が「正義」、と昔のヒーローものの主人公のように疑いもなく信じることはありませんが、少なくとも正義であろうということを目指しているつもりです。

 しかし、明らかな不正義の横暴に対し、なす術がない。いや、自分の人生や家族を捨てられるなら、話は簡単なんですけどね。

 そういう覚悟であれば何でもできる、なんてきれいごと言われちゃおしまいですが、正直しんどいっす。

 そんな気分でニュースを見たら、これですよ。

---------------------------------------

死刑回避、改めて訴え=光市母子殺害で弁論―弁護側「未熟な少年」強調・最高裁
1月23日(月)18時47分 時事通信

 山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑を言い渡された当時18歳の元少年(30)の差し戻し上告審弁論が23日、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)であった。弁護側は「母性に甘えた未熟な少年による犯行だった」と改めて死刑回避を訴え、結審した。判決は年度内にも言い渡される見通し。
 弁護側は、それまでの主張を全面的に翻した差し戻し控訴審と同様の弁論を展開した。
 遺体の傷痕の鑑定結果などから、被告に殺意はなく、傷害致死罪にとどまると改めて主張。供述を翻した理由は、二審までは幼すぎる被告を心配した当時の弁護人が、事実関係を確認していなかったためだとした。
 その上で、新供述の方が客観証拠と符合していると指摘し、被告は更生可能で、死刑判決を破棄して改めて審理を高裁に差し戻すべきだと訴えた。
 検察側は「犯行の動機や態様が極めて悪質で、死刑を回避すべき事情はない」として、上告棄却を求めた。
 

---------------------------------------

 こんな言い訳が通るなら、日本にはもう正義はないといえます。
 4年前、「日本のスイッチ」でこんなことを書きました。

>正義って社会全体で守らなきゃいけないって、本村さんに教わりました。
>光市の事件で、本村さんはたった一人で○田○行や安田弁護士のような
>ムシケラから「正義」を勝ち取ったんだよ。もしあれが死刑じゃなかったら、
>こんな社会、安心して生きていけない。私には大事な奥さんと娘がいる。
>本村さんには申し訳ないけど、この判決で、彼に遠くから守ってもらったんだって思ってます。
>何より申し訳ないのは、この「正義」を守る戦いを彼に任せてしまったこと。
>もちろん、多くの世論が後押ししていたことは間違いない。でも本村さんは
>「一千万人と雖も我行かん」という覚悟だったと思う。
>そんな本村さんに私たちの社会は救われた。
>今度は私たちの番です。
>社会正義のために、勇気を持って裁判員制度に参加するべきなんじゃないか。
>そりゃいろいろ問題があることはわかってる。でも、凶悪な犯罪を、
>判例主義ではなくて、正義を求める一市民として堂々と裁く。頑張んなきゃならんぞ。


 今も、この思いは変わりません。しかし平然とこんな理屈がこうも長い間繰り返されるのを見ると、虚無感に襲われます。ましてや職場でのことを思い出すと。

 正義は一つじゃない、というけど、ホントはそうじゃないと思うんです。

 最低限のラインで同じ「正義」を共有していることが社会にとって必要なんではないかな? ある程度同じ「正義」や「常識」を共有してこそ社会が成り立つのでは?

 こんな事件をひどすぎると思う「正義」や、この弁護士と名乗る鬼畜どもを異常だと思う「常識」って、そんなにおかしいことなのかな?

 たとえ多くの人がおかしいと思っても、こんな図々しく言えばそっちが「正義」になっちゃうの?

 橋下市長が大阪でやろうとしていることは、基本的に私は「正義」だと思う。でも、それを相対化し、批判する言説がマスゴミにはあふれている。

 でも、マスゴミが「正義」になっちゃうの?

 だれか、教えてください。


「勝手にスイッチ」第171回 

 金曜日は朝から雪ということで寒い一日でしたが、その朝に通勤で使っている田園都市線宮前平駅で人身事故。バスのアナウンスでそれを知り、急いで家にとってかえして車で職場へ向かいました。
 しかし、なんでそこまでして必死に職場に行こうとするんですかね。我ながら苦笑です。みなさん、タクシー使ったり、長時間歩いたり、連絡取りながら全力で出勤するわけです。
 私の職場でも3分の1ぐらいの人が影響を受けましたが、遅延証明を握りしめつつ、なんとかして時間内に来ようと努力するわけで、その健気さが何とも…。そうなったら、もう午前休にしちゃえ、とか、休んじゃえ、とならないのが日本のすごいところというか困るところというか。

 以前、同じく事故で電車が止まり、大混乱する青葉台駅の写真をアップしたことがありますが、その日はアクセスも急上昇、必死で情報を得ようとしているんですよね。こんなブログがヒットしちゃってごめんなさいって感じでした。

 23日もまた雪のようです。事故などおきませんよう。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.軽自動車は、日本が誇るべき素晴らしい規格だと
 ×思う
 ○思わない
以前のエントリでも触れましたが(こちら)、もともと簡易的な自動車の規格として登場したもので、その後の発展に合わせて拡大してきたものの、かなりいびつな制度になってしまったと思います。
 室内空間の拡大のために車高を高くしてきたものの、幅が狭いため、非常に不安定だと思いますし、660ccのエンジンは安全性のために重くなった車体には非力で、かえって実燃費が悪かったりもします。
 確かに小さいサイズの車は使いやすいですが、我が家のレガシィでもさほど不満は感じませんし、軽まで小さくしたところで二輪車のようにすり抜けができるわけでもないわけで、安全性を考えてももう少し大きいほうがいいと思いますよ。
 エンジンも800ccぐらいはほしいですね。

2.浜崎あゆみは、日本の戸籍では未婚のままでした
 ○驚いた
 ×驚かなかった
そういうこともあるんですね。ま、あまり意味のなさそうな「結婚」でしたからある意味正解?

3.芥川賞作家、田中慎弥氏の記者会見は
 ×気分悪い
 ○面白かった
いろいろこじらせちゃった人ですね。

4.入試の合格発表がネットのみで行われるのって
 ○行く手間省けてよい
 ×味気ない
私の高校入試では、受験番号だけでなくフルネームも掲示されていました(公立)。大学受験の時は、見に行った大学はすべて落ち、受験と重なって見に行けないので電報(!)を依頼した大学だけ合格。だから大学入試では現場で「やった!」という経験をしていません(涙)。

5.楽器を守ろうとして座礁事故の犠牲になった楽団員の
 ○気持ちわかる
 ×気持ちわからない
それだけ誇りを持っていたんですね。尊敬に値します。

6.紗栄子「ダルビッシュを一ファンとして応援したい」
 ○本心だろう
 ×嘘だろう
だって、ちゃんと稼いでくれないと養育費貢いでくれないもんね。

7.宝くじの一等当籤金上限が、7億5000万円になります
 ×ヒャッホウ
 ○ふーん…
買わないんですよ、いつも。

8.親にゲーム禁止にされて、ゲーム機も取り上げられたこと
 ×あります
 ○ないです
中学時代までゲーム機もってなかったですからね。



明日はお客さん サンドイッチづくり 

 明日はお客さんが来ます。嫁さんのお友達で、息子と同い年のお子さんも一緒。お昼ごはんのサンドイッチづくりをお姉ちゃんがお手伝い。

むすめのサンドイッチづくり

 料理好き?なむすめは綺麗に具材を並べ、丁寧にパンを重ねておりました。結構いろんなことができるようになっていて、成長を感じます。


2012年の横浜FCはどうなる? 

 新体制発表も終わり、本格的に始動した横浜FC、エルゴラッソや神奈川新聞では、初日からハードなトレーニングとなっているようです。
 監督が繰り返しているのは、去年はけが人が多く、ケガを恐れてトレーニングを弱めてしまった。開き直ってハードに戻した終盤はいい結果が出た。だから、今年は初めからしっかりと鍛える、ということらしいですね。

 ハードなトレーニングにケガはき物。とはいえベテランが増えた今年は若干心配でもあります。逆にもう一度ベテランたちが昔のキレを取り戻してくれたら、という期待もあり、何とも言えません。
 芝田フィジコにそのあたりの匙加減を期待します。

 さて、ここいらで新しいメンバーをポジションごとに見てみましょう。( )内の数字は現在の年齢です。

GK シュナイダー(34)・村井(19)・関(25)
 期限付移籍3年目となる関が正GKというのは動かないところ。昨年フル出場ですからね。こうなるとベテランのシュナがポジションを奪い取るのは厳しい。評価が定まっているということですから。
 となると、動きがあるとすれば村井の成長ということになります。まずは第2GKの座を奪い取れるか。昨年は練習を見に行くことができなかったので、村井のプレーは見ていないのですが、今年はチャンスあるかな?
 関については、新しいCB陣との連携がどうなるか、というところでしょうか。

CB スンジン(24)・渡邉(25)・堀之内(32)・テホン(20)・森本(23)
 昨年に比べ、やや安心できるメンバーとなりました。昨シーズンはCBで奮闘した中野はこのメンバーだとサイドバックでしょう。
 経験も重要なポジションだけに、百戦錬磨のベテラン堀之内の加入は心強いです。膝の状態如何ですが、若手の成長に一役買ってほしい。
 ケガでシーズンをほぼ棒に振った渡邉が2010シーズン後半の安定感を取り戻せば中心となるでしょう。相棒はスンジンか堀之内。テホンはポカが多く、そこが修正できれば大化けする可能性があります。森本は昨季終盤ポジションを奪いましたが、若干苦しい立場。高さがないのも苦しいですね。ストロングポイントがほしいところ。

SB 阿部(20)・中野(28)・杉山(31)
 横浜のサイドバックは、いい選手が出たと思ったら移籍されてしまうパターンが多く、いつも人材難。今シーズンも本職は3人とやや不安です。
 左サイドバックは期待の阿部ちゃん復帰で、まず当確。2010シーズンで見られた思い切りのいいプレーを期待します。ただ、このときはホベルトが中盤で高いボール奪取能力とカバーリング、展開力を見せていて、それが阿部の思い切りを引き出していたともいえます。昨季のようにボランチが固定できず、サイドバックが孤立無援で相手の攻撃にさらされると、彼のポテンシャルが発揮できるかどうか。
 中野は守備が計算でき、CBもお手の物なので、バックアップとしては十分。攻撃面で貢献できれば阿部ちゃんに負けることはないと思いますが…。
 右は柳沢が抜けて、運動量豊富な杉山が加入。本職の右SB他にいないので、レギュラーは約束されているといえます。攻撃に厚みを加えてほしい。
 層が薄いため、バックアップは他のポジションの選手ということになります。左は高地・野崎、右は井手口あたりでしょうか。

DMF 八角(26)・佐藤(23)・中里(21)・井手口(23)・ホベルト?(32)
 懸案のポジションです。昨季このポジションでブレークした寺田が抜け、中里が加入。監督は高地もこのポジションでよく使いますが、全体として残念ながら底上げができたとは言い難い。Jでのプレー経験があるとはいえ、中里に多くを期待するのはまだ早いですしね。
 まず絶対条件となるのは八角の復活です。ケガが多く、フルシーズン稼働したことがないので、そろそろ。彼が一皮むけると、相当期待できるのですがね。
 佐藤は、昨季FC東京戦で4-1-4-1のアンカーに入ったときは抜群の出来でした。技術は十分、キープ力もあります。課題はフィジカルコンタクトとボール奪取、シュートの精度、そしてカードコレクターからの脱却ですね。8番をもらって、期待されている選手。まだポテンシャルを十分に発揮しているようには思えません。
 井手口はチャンスが増えてきたときにケガで離脱。ボランチでどこまでできるか、まだ未知数です。それは中里も同じ。彼らが急成長すれば、厚みが増すのですが。
 最後に、練習生参加のホベルト。まだ別メニューということで、膝のケガの具合が気になります。まもなく33歳ということもあり、衰えも懸念されるところですが、やっぱりつい期待してしまいますね。もし、ホベルトがだめだったら、カイオのボランチ起用がまたあるんじゃないかと心配です。
 それから、高地ですが、私はボランチ適正はないと思っています。守備ではスピードが足りず、中央の低い位置では彼の攻撃力も生かされない。左サイドハーフがいいですよ、やっぱり。

OMF 高地(31)・内田(28)・野崎(26)・武岡(25)・小野瀬(18)・ナソンス(18)
 例年通り4-4-2となれば、攻撃的MFはサイドに配置されます。左は高地・野崎、右は内田・武岡が中心となるでしょうが、FW陣もサイド起用されるケースが多く、左にカイオ・カズ、右に難波・永井あたりが入ってくる可能性も高い。となると、結構な激戦区ですね。
 左は、昨季の活躍で見れば野崎が最右翼(左サイドなのに最右翼とはこれいかに)。「突破」というプレーは攻撃の重要なアクセントとなりました。高地も2010シーズン同様高い位置でプレーさせたいところ。守備に追われていても彼の力は発揮できません。
 右は武岡がまだ全体練習に復帰できていないので、とりあえず内田が有力。内田は優勝した2006シーズンはセンターをすることも多かったですが、大宮では主にサイド。本人もサイドがいいと感じているようです。守備がもっと強ければセンターでも行けるんですが。また、永井をここで使う可能性もありますね。
 小野瀬とナソンスはともに年代別代表の経験がありますが、未知数。まずは交代出場のチャンスをつかむところからです。小野瀬が昨季出場機会があったのも、けが人が多かったから。今年はどうなるか。大槻・橋村のように出場機会を得られないまま移籍、というのではかわいそうですよ。ナソンスは、かつてのヨンチョルのようになってほしい。もちろん、ブレークは横浜で。

FW 難波(29)・カイオ(24)・カズ(44)・永井(32)・田原(29)・大久保(31)
 最年少がカイオという(!)FW陣。大久保、田原というポストプレイヤーを加え、2トップとしたときの起用法が気になるところ。 
 横浜での実績からいって、当然カイオが軸になります。昨季はボランチやMF起用などもありながら9得点。下位に低迷するチームからすると、十分な成績と言えるでしょう。しかし中盤からボールが出ないようなこともあり、ゴール前で怖さを発揮できなかったことも多かったと思います。サイドに流れても、味方がクロスを決めてくれないこともしばしば。長身ながら、高さを生かしたプレーヤーではありませんので、センターに強力な相棒がいるといい。そういう意味では田原・大久保の加入は心強いです。
 ポストタイプの田原・大久保に、足元でしかけるカイオ、裏に抜ける難波、ウィンがータイプのカズと永井。これをどのように組み合わせるか。監督の手腕が試されます。個人的には、大久保・カイオコンビがいいかな~。

 しかし、改めて眺めてみると、ボランチとサイドバックに不安を抱えています。夏あたりに状況を見て補強を考える必要があるかもしれませんね。
 こののち、2月6日から日南キャンプが始まります。TRMなどでメンバーがわかってくるかな?


独立独歩という言葉はミンスにはない 

イラン制裁、戦略なき日本 外務省、対話重視で米と溝
1月19日(木)7時55分 産経新聞

■財務省、金融混乱回避へ意欲

 核開発を続けるイランへの制裁強化に向け、日米両政府は18日、事務レベル協議を始めた。とはいえ、イラン産原油輸入削減に前向きな財務省と、イランとの対話を維持したい外務省の溝は埋まらず、日本政府は明確な方針を打ち出せないまま。米側は対日不信をさらに深めたに違いない。(坂井広志)

 18日来日したアインホーン米国務省調整官、グレーザー米財務次官補は外務省で外務、財務、経済産業など関係省庁の審議官級と約1時間半も対応を協議した。日本側から色よい返事は得られなかったとみられ、グレーザー氏は記者団に「日本が適切な措置を取ると確信している」と不満そうな表情を浮かべた。

 安住淳財務相は12日、ガイトナー米財務長官に「イラン産原油輸入を早い段階で計画的に減らす」と即答し、米側を喜ばせた。
 安住氏が前のめりとなった理由は一つ。米国で昨年末、イラン中央銀行と取引のある金融機関に対し、米銀との取引を禁じる国防授権法が成立したからだ。
 日本には三菱東京UFJ銀行などイラン中央銀行と取引がある金融機関が少なくない。「米銀と取引禁止になれば金融パニックが起きかねない」。そう考えた安住氏は「原油輸入を大幅削減した国の金融機関には適用しない」とする例外規定に飛びついたのだ。

 ところが、外務省には「寝耳に水」。ある外務省幹部は「米側から『輸入削減すれば適用除外する』と言質をとる前に削減を明言すれば今後の交渉で不利になる」と憤りを隠さない。
 日本は1979年のイラン革命後、米国-イラン関係が冷え切った後も対話を継続してきた。露骨に米国と同調せず、対話を通じて緊張緩和への働きかけを強めたいとの思いがある。
 しかもイラン産原油は原油輸入量の1割を占めており、性急に輸入削減すれば産業界への影響も大きい。イランからの輸入継続を明言している中国に利するだけだとの見方もある。
 玄葉光一郎外相が安住氏の発言を制するように「対話の道を閉ざさぬようにしたい」と繰り返すのは、こうした事情があるからだ。エネルギー政策を所管する経産省も外務省と同じく性急な輸入削減には慎重だ。

 ところが、藤村修官房長官をはじめ首相官邸は今回も調整機能を一切果たさなかった。結局、安住、玄葉両氏と枝野幸男経産相は「削減の方向で検討する」と曖昧な表現で足並みをそろえたが、これで米側が納得するはずもない。
 米国はイラン制裁の足並みがそろわないことにいら立ちを募らせる。米軍普天間飛行場移設問題が膠着(こうちゃく)状態に陥っていることも相まって、オバマ米大統領が野田佳彦首相に対し、より強硬な対応策を求める可能性は否定できない。


----------------------------------------

 ポイントは大まかに言って2つ。

①ミンスに戦略があるわけがない
 ミンスのやることは場当たり的で、かつ関心を引くことだけが目的のパフォーマンスしかない。
 選挙の時は甘いマニフェストで国民の関心を引いた。もちろん、耳に快くあることが重要なのであって、実現可能かはどうでもいいことだった。
 国際社会に対しては、鳩呆がこれまた実現性もなければ、実現することの意味もない二酸化炭素25%削減という大ぼらをぶちあげた。もちろん、その場で賞賛(実際には呆れられただけだろうが)の拍手が聞ければそれでよかった。
 沖縄には普天間基地の「県外移設」を約束し、結局は混乱に拍車をかけただけ。もちろん、沖縄県民の感情につけこんだだけ。アメリカとの約束などどうでもいい。
 八ツ場ダムは…もういいや、面倒になった。どうせ同じこと。その場だけ相手が喜ぶことを言えばそれでいいのだ。

>安住淳財務相は12日、ガイトナー米財務長官に「イラン産原油輸入を早い段階で計画的に減らす」と即答し、米側を喜ばせた。

 こいつもミンスのDNAを濃厚に持っている奴だからな。深く考える脳みそもなければ、創造性もない。アメリカとイランの緊張の中で、日本はどうすべきか、なんて哲学は欠片も持っていない。もっとも政治家に向いていないタイプ。

 外交とは、政治の中でもっとも創造性を必要とするもの。ミンスには無理だ。

③産経の思惑が見え隠れ
 基本、この記事は客観姿勢で書かれていますが、チラッと見えるのが産経の親米志向。

>これで米側が納得するはずもない。
>オバマ米大統領が野田佳彦首相に対し、より強硬な対応策を求める可能性は否定できない。


 これって、アメリカが納得するようにミンスが党論を統一して、アメリカと統一歩調をとれってこと?
 最後の一文は、ほとんど恫喝。いいじゃん、アメリカに「強硬に」要求されても、日本はうまく独自の方策をとれば。


 仕事で取引のある方が、昨年イランを訪れたそうです。治安など心配なこともあったそうですが、イランは基本的に親日。とても快適に過ごせたそうです。さらにいえば、国家レベルはともかく、国民生活の中ではけっこうアメリカにも好意的だそうで、この点イスラム諸国の中でも若干の温度差があるそうです。
 となれば、日本は間に立つことだって可能だし、主導的に動くことすらできる立場にいるはず。そこを考えずにただ目先のことでアメリカに媚びるバカ安住と疑いもなくアメリカに追従する産経。

 こいつら、どうしようもない…

2012横浜FC 契約更新情報⑨ 

横浜FC 2012シーズン契約更新選手のお知らせ
12.01.18 J's Goal

横浜FCでは、下記の選手と2012シーズンの契約を更新いたしましたのでお知らせいたします。

三浦知良(KAZUYOSHI Miura / FW 44歳)

■生年月日:1967年2月26日
■身長/体重:177cm/72kg
■出身地:静岡県
■チーム歴:
城内FC-静岡学園高等学校-ジュベントス[BRA]-キンゼ・デ・ジャウー[BRA]-サントス[BRA]-SEマツバラ[BRA]-CRB[BRA]-キンゼ・デ・ジャウー[BRA]-コリチーバ[BRA]-サントス[BRA]-読売SC/ヴェルディ川崎-ジェノア[ITA]-ヴェルディ川崎-クロアチア・ザグレブ[CRO]-京都パープルサンガ-ヴィッセル神戸-横浜FC―シドニーFC[AUS]―横浜FC(2005年加入)
※BRA=ブラジル ITA=イタリア CRO=クロアチア AUS=オーストラリア

■2011シーズン出場記録:J2リーグ戦30試合0得点/天皇杯1試合0得点

以上


------------------------------------

 オフィシャルHPが変なことになっているので(1/19 2:00現在)、J’s Goalにリンク貼りました。

 カズはやっぱり更新してなかったんですな。よくわかりません。ともかくこれで新体制発表で名前がなかったエデルと橋村以外は契約更新が完了。

 さて、カズは2005年に横浜FCに加入。実は出戻り組の大久保や内田は別にして最古参選手です(正確にはカズもシドニーに一瞬移籍していますので出戻りですが)。
 Jリーグだけで見れば、ヴェルディ在籍が7シーズンで、横浜在籍はそれを超えてしまいます。
 リーグ戦出場は、ヴェルディ153試合、京都41試合、神戸103試合、横浜FC179試合で、カップ戦を除けば試合数も最高になりました。
 キャリアだけを見れば、すっかり横浜FCの選手なんですね。TV露出を見てるとそんな感じしませんが(苦笑)

 今年はFWに大型補強がありました。サイドMFも含めてポジション争いが厳しくなり、去年のようにけが人が多くない限り出場試合は減少するでしょう。それでも現役にこだわる。素直に大したもんだと思います。


「勝手にスイッチ」第170回 

 今年は気まぐれで購入した本を記録していくことにしました。漫画や雑誌も含めて、全部。1月はすでに6000円以上買っていますが、一時期3万円以上本につぎ込んでいたこともありますからね。
 今、昔と比べて変わったなあと思うのは、雑誌の購入が激減したということです。
 結婚前の全盛期は、

○サッカーマガジン/毎週
○Driver/毎月2冊
○マガジンX/月刊
○モーターサイクリスト/月刊
○星ナビ/月刊
○鉄道ジャーナル/月刊
○Newton/月刊


 これを全部買っていました。読む暇がよくあったものです。あまりのペースで溜まったので、結婚を機に漸減させ、現在はNewtonぐらいかな。たまに買ったりしますけど。
 サッカーマガジンは代わりに新聞の「エルゴラッソ」買ってるから、あまり変わりませんね。

 昨年は雑誌を買わない分、新書をかなり買いました。今年は専門書ももう少し読み直そうと思います。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.成人式で自らAKBや福山を歌っちゃう市長って
 ×笑える
 ○笑えない
ホントに好きだったらいいんですけどね。流行ってるからって便乗するのは、失礼でもあると思います。流行っているものに知ったかぶりするのって、すごく嫌いなんですよ。知らないなら知らないでよし。
 私も年取って音楽はかなり聴かなくなりました(ウォークマンが埃かぶってます)。ただ、気に入ったものは聴きますよ。「いきものがかり」は全部聴いてます。でも、だいたいはあまりいい歌とも思わないので、無理して聞かないし、話も合わせません。

2.福知山線事故について、当時のJR西日本社長に無罪判決です
 ○妥当だ
 ×妥当じゃない
刑事責任は、また別問題ですからね。会社として滅茶苦茶なことをしてたわけじゃないんだから、法的に罪を問うのは無理でしょう。もちろん、事故を起こした企業のトップとしての責任は重大です。

3.ヘルシーメニューのタニタ食堂。自宅か職場の近くにも
 ×欲しい
 ○いらない
たぶん物足りないです。どうせ、昼はコンビニのサンドイッチひとパックだけですし。

4.兵庫県知事が、大河ドラマ「平清盛」を酷評しました
 ×批判は自由だ
 ○大人気ない
くわしくはこちらを。

5.昭和の脱獄王、白鳥由栄を
 ○知ってる
 ×知らない
妙に義理堅かった人ですよね。

6.タナカナオキと聞くと、どうしてもココリコ田中を連想
 ×してしまう
 ○しない
あの人は「ココリコ田中」ですからねぇ。ま、それ以外の「タナカナオキ」なんて全く思い浮かびませんけどね。

7.最近、「ステマ」という言葉をよく目にするように
 ○なった
 ×なってない
あきらかに怪しいだろってのも前から結構あったと思うんですが。というより、ネットの口コミなんて匿名である以上、そういうことする奴は当然いると思ってます。私のブログは全く違いますので、年のため。あ、自分でステマですっていうやつはいないか。

8.私はホテルなどに泊まると、エアコンとか使いまくり
 ○ます
 ×ません
目が覚めたときに暑かったり、寒かったりするの嫌なんですよ。


2012 横浜FC新加入情報 番外編 

新加入永井&堀之内 カズに刺激「もろ大スター」
2012/1/15 スポニチアネックス

 J2横浜FCは新体制発表を行い、FW永井とDF堀之内の元浦和コンビがカズとの初コラボを熱望した。

 共にカズに憧れが強い世代の32歳で「もろ大スター。その人と一緒にピッチに立てるのはモチベーションになる」と永井が言えば、堀之内も「中学の時にカズセレクションというスパイクを履いていた。(浦和の)みんなにも“いいなあ”と言われました」と笑顔を見せた。また10年に在籍したMFホベルト獲得の動きも判明。15日に来日予定で、練習参加の内容次第で正式契約を結ぶ。


-------------------------------------

 記事自体は、恒例のカズネタなんですが、ひとつ大事なところが。

>10年に在籍したMFホベルト獲得の動きも判明。15日に来日予定で、練習参加の内容次第で正式契約を結ぶ。

 ほ~! まさにきょう来日ではないですか。
 彼が期待通りの動きができれば、懸案のボランチがパワーアップします。3番が空いていたのは、やはりそういうことだったんですね(2010年、ホベルトは3番をつけていました)。

 気になるのは、ひとつは年齢。2月に33歳となります。あの驚異の運動量が見られるのか、そしてスピードに衰えはないのか。
 そして、膝のケガ。昨年はFC東京でわずか1試合の出場にとどまり、11月に契約解除。手術した膝は相当悪かったと聞いています。きちんと回復しているのか。試合勘は戻るのか。

 彼は何度か無所属→途中加入で大活躍ということをしているので、試合勘は大丈夫かもしれませんが、膝ばかりはね。
 シルビーニョ、ファビーニョと2年連続で痛い目に合っているので、いかに一昨年大活躍したホベルトとはいえ、つい懐疑的になってしまうのですよ。

 しかし、コンディションさえ万全であれば、彼の能力は折り紙つき。ついでにいえば、カイオもちゃんとFWに専念できます。
 クラブには慎重に判断してもらい、そして正式契約となれば、上位進出も夢ではありません。

 …「あの言葉」は2年続けて悲しい思いをしてますので、現実的になるまでは封印です。


TPPとは、なんなんだろうか…? 

日本の「軽」規格廃止を…TPPで米自動車3社
1月14日(土)21時38分 読売新聞

 【ワシントン=岡田章裕】米通商代表部(USTR)は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に日本が参加することに対する意見公募を締め切った。

 農業、製造業などから100件を超える意見が集まった。米自動車大手3社(ビッグスリー)で組織する米自動車政策会議(AAPC)は、日本の自動車市場の閉鎖性を理由に「現時点では反対」と表明し、参入障壁となっている軽自動車規格については、「廃止すべきだ」と主張した。

 今年秋の大統領選を控え、大きな雇用を生んでいるビッグスリーの政治に対する影響力は大きい。月内にも始まるとみられる日米の事前協議で自動車分野は大きな焦点で、交渉は難航が予想される。

 AAPCは、日本独自の軽自動車規格について、「市場の30%を占めているが、もはや合理的な政策ではない」と批判した。日本の技術基準や、認証制度などの規制も参入の障害になっており、透明性が必要としている。1990年代後半からの日本政府の円安誘導政策も、米国車に不利になっていると指摘した。


------------------------------------------

 いやはや。TPP推進派は、こういう要求に対して、どう答えてくれるんでしょうか。
 ここまでくると、経済的にメリットがあるかないかという次元ではなく、なんでここまでアメリカの言うこと聞かなきゃならんの? ということにまず答えてほしい。

 軽自動車という規格は、確かに不合理な点が多い。衝突安全性能と車内スペース拡大という矛盾する市場の要求に対し、かなり無理をしているのが軽自動車。自動車税の優遇措置以外に存在価値はありません。
 確かにあれぐらい小さいボディであることは大事だと思いますが、「規格」のなかに押し込めているのがおかしい。

 でもね、いくらデカイ車しか作れないからって、アメリカに言われる筋合いはないわけです。

 さまざまな技術基準に関しても、合理性云々を言えば確かにおかしい。
 新車を買えば重量税・取得税・消費税を払い、さらに役に立たないのに自賠責。そんでもって毎年の自動車税。アホか、と思いますがね。

 でも、それは日本国内の問題。

 さらに円安誘導政策だ? 南朝鮮と一緒にするなって。急速に進行する円高に、必死に対応してるんだよ。自己防衛策でしかない。精一杯やってもめちゃくちゃ円高じゃねえか。

 これだけ自分たちの都合しか考えない相手と、TPPの交渉なんてする意味あるのかね?

 こと車に限って言えば、まずは小さくて質感が高くて、燃費がいい車を作ってからにしろ
 

2012横浜FC 契約更新情報⑧ & 新体制発表! 

横浜FC 2012シーズン契約更新選手のお知らせ
2012/1/14 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、下記の選手と2012シーズンの契約を更新いたしましたのでお知らせいたします。

カイオ(KAIO Felipe Goncalves/FW 23歳)
■生年月日:1987年7月6日(23歳)
■身長/体重:187cm/77kg
■国籍:ブラジル
■チーム歴:マルトロン-パラナ・クルーベ-アトレチコ・パラナエンセ-セレッソ大阪-アトレチコ・パラナエンセ-横浜FC
■2011シーズン出場記録:J2リーグ戦29試合9得点/天皇杯1試合0得点

以上


------------------------------------

 得点力の乏しい横浜FCとしては、「至宝」ともいえる存在となってしまっているカイオ。なかなか更新がアナウンスされず、複数年のはず、とか思いながら不安を紛らす日々でした。
 今日は新体制発表の日ですが、ようやく更新のアナウンスがありました。ということは複数年ではなかったってこと?
 とりあえず、これだけの選手をキープできたのはありがたいこと。しかし、起用法が不安ですね。昨シーズンはボランチなんかもやりましたが、田原や大久保、永井を獲得したところを見ても、ありうる話ですね。本当にそれでいいのか?
 やっぱりカイオは前線にいてこそ怖い選手だと思うのですが。ついサイドに流れたり、低い位置に降りてきたりしますが、そうさせない中盤のパワーが必要なのです。とはいえ、これだけFWが多いと難波やカズを含めた起用法が見えてきませんね。となると、永井やカイオ、カズあたりは中盤起用かな?

 2トップが田原・大久保、左サイドが難波で右が永井、ボランチにカイオと誰か。登録だけ見れば5トップ!? なんて…

 では、最後になりますが、更新まとめを。カズはアナウンスされていないですよね? 見落とした? それこそ複数年でアナウンスされないだけでしたかね。今日の発表ではしっかり名前がありましたので更新として。

1 シュナイダー潤之介   契約更新(1/10)
2 柳沢将之         退団(未定) 
5 八角剛史         契約更新(1/6)
6 高地系治         契約更新(12/31)

7 エデル          未
8 フランサ         退団(未定)
9 難波宏明         契約更新(12/31)
10 カイオ          契約更新(1/14)
11 三浦知良        複数年契約?

13 野崎陽介        契約更新(12/31)
14 武岡優斗        契約更新(12/27)

15 飯尾和也        退団(松本山雅へ完全移籍)
16 宮崎智彦        期限付移籍満了(復帰、磐田に期限付移籍)
17 寺田紳一        期限付移籍満了(G大阪へ復帰)

18 西田剛         完全移籍(→福岡)
20 渡邉将基        契約更新(1/10)
21 村井泰希        契約更新(12/21)
22 井手口正昭       契約更新(12/21)
23 佐藤謙介        契約更新(12/21)

24 荒堀謙次        完全移籍(→栃木)
25 藤田祥史        完全移籍(→千葉)

26 中野洋司        契約更新(1/6)
27 朴台洪         契約更新(1/10)

28 森本良         契約更新(12/21)
31 関憲太郎        期限付移籍延長(仙台より期限付き移籍中)

39 藤田優人        期限付移籍満了(柏へ完全移籍)
※※ 伊藤竜司       完全移籍(FC琉球期限付移籍→松本山雅)
※※ 橋村祐太       未(北九州へ期限付き移籍中)


新加入
MF 中里崇宏  新(流通経済大学)
MF 小野瀬康介 新(横浜FCユース)
DF 杉山新   完全移籍(ヴァンフォーレ甲府)
FW 田原豊   完全移籍(湘南ベルマーレ)
DF ぺ・スンジン 完全移籍(徳島ヴォルティス)
FW 永井雄一郎 完全移籍(清水エスパルス)
MF ナソンス   新(長薫高校=韓国)
FW 大久保哲哉 完全移籍(モンテディオ山形)
MF 内田智也  完全移籍(ヴァンフォーレ甲府)
DF 堀之内聖  完全移籍(浦和レッズ)


 結局アナウンスがないのが、エデルと橋村。エデルは昨年ケガで苦しみました。いつ化けるか、いつ化けるかと期待しても、ちょっと限界も見えてきたような…。いや、好きなんですよ、彼。いよいよ期限付か何かで放出か? となると外国人枠が1つ空きます。あとで挙げる新背番号を見ると、ヒトケタでは3が空いてます。どうするかな~?
 橋村は北九州からもアナウンスがありません。出場試合も少なく、どうなるか…。ユース出身だけに頑張ってほしいけど、ユースから昇格してます!っていう実績だけに使われた気もします。小野瀬にはそうでないことを証明してほしい。橋村は、なんとか生き残ってくれ!

 最後に新背番号。
1 GK シュナイダー潤之介
2 DF 阿部巧
4 DF ペ・スンジン
5 MF 八角剛史
6 MF 高地系治
7 MF 内田智也
8 MF 佐藤謙介
9 FW 難波宏明
10 FW カイオ
11 FW 三浦知良
13 MF 野崎陽介
14 MF 武岡優斗
17 MF 中里崇宏
18 FW 永井雄一郎
19 MF 小野瀬康介
20 DF 渡邉将基
21 GK 村井泰希
22 MF 井手口正昭
23 MF ナソンス
24 DF 堀之内聖
26 DF 中野洋司
27 DF 朴台洪
28 DF 森本良
31 GK 関憲太郎
32 DF 杉山新
34 FW 田原豊
39 FW 大久保哲哉

 
スローガンは、「走覇」! …走るだけじゃダメなんだけどな。違うほうに入ってないかな?


2012 横浜FC新加入情報⑧ 

内田智也選手ヴァンフォーレ甲府より 完全移籍加入のお知らせ
2012/1/12 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、2012シーズンの新戦力としてヴァンフォーレ甲府よりMF内田智也選手(28)が完全移籍加入する事となりましたのでお知らせいたします。
なお、内田智也選手は2002年から2008年(※2008年は大宮へ期限付き移籍)まで横浜FCに在籍4年ぶりの復帰となります。

内田 智也(Tomoya UCHIDA / MF 28歳)
■生年月日:1983年7月10日
■身長/体重:166cm/58kg
■出身地:三重県
■チーム歴:
四日市中央工業高等学校-横浜FC-大宮アルディージャ※2008年期限付き移籍 –横浜FC-大宮アルディージャ-ヴァンフォーレ甲府
■出場記録:
J1リーグ戦:79試合4得点
J2リーグ戦:162試合12得点
カップ戦:9試合1得点
天皇杯:13試合4得点
■内田智也選手コメント:
「4年ぶりに横浜FCに戻ってきた内田智也です。皆さんに育ててもらいJ1でプレーが出来ました。
今度は皆さんをJ1に連れて行って恩返しが出来るように頑張ります。」

以上


----------------------------------

堀之内聖選手浦和レッドダイヤモンズより完全移籍加入のお知らせ
2012/1/12 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、2012シーズンの新戦力として浦和レッドダイヤモンズより、DF堀之内聖選手(32)が完全移籍にて、加入することが決定いたしましたのでお知らせします。

堀之内 聖(Satoshi HORINOUCHI / DF 32歳)
■生年月日:1979年10月26日
■身長/体重:178cm/72kg
■出身地:埼玉県
■チーム歴:三室サッカー少年団-浦和市立三室中学校-浦和市立高等学校-東京学芸大学-浦和レッドダイヤモンズ
■出場記録:
J1リーグ戦:148試合7得点
カップ戦:39試合1得点
天皇杯:17試合3得点
※ACL:10試合出場0得点
■堀之内聖選手コメント:
「この度横浜FCでお世話になることになった堀之内聖です。第一にチームが勝利できるよう全身全霊をかけて戦います。熱いサポートをお願いします。」

以上


----------------------------------

 今オフは出戻り真っ盛りですね。スンジン、大久保、阿部につづき4人目。もちろん、それぞれ事情は違うのですが、とても頼もしいとも感じます。
 ウッチーはJ1だった2007シーズン以来の復帰。最近はケガがちであまり出番が減っていましたが、それでもJ1で通用する力は見せていました。
 甲府で契約満了となったいたので、もしかしたら…と思っていましたが、再会となりました。
 視野が広く、パスセンスもさることながらドリブルや裏への飛び出しなど、攻撃にアクセントを加えられる選手。期待です。ただ、彼が生きるのは後ろからのいいパスを高い位置で受ける時。横浜では山口なんかがいましたからね。今の横浜FCにはそういうタイプがいないような気もします。
 4-4-2ならセンターハーフかサイドハーフ。けっして守備力が高い選手ではないだけに、ボランチ起用はむずかしいですかね。

 堀之内の名前は意外でした。横浜FCのセンターバックは、テホン20歳、森本23歳、スンジン24歳、渡邉25歳とかなり若い。中野を入れても28歳です。経験も重要なポジションですから、彼のような数々の修羅場を潜り抜けてきた歴戦のベテランが加入することは、大きなプラスになりますね。
 ボランチもできるし、セットプレーでも得点力がある。ひざのけがを抱えていますから、常時主力、とはいかないでしょうが、いい補強ですね。


2012 横浜FC新加入情報⑦ 

阿部巧選手FC東京より 期限付き移籍加入のお知らせ
2012/1/11 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、2012シーズンの新戦力としてFC東京より、DF阿部巧選手(20)が、期限付き移籍にて加入することとなりましたのでお知らせいたします。
なお、期限付き移籍期間は2012年2月1日から2013年1月31日までとなります。

阿部 巧(Takumi ABE / DF 20歳)
■生年月日:1991年5月26日
■身長/体重:166cm/64kg
■出身地:東京都
■チーム歴:徳持FC-FC東京U-15深川-FC東京U-18-FC東京-横浜FC(※期限付き移籍)-FC東京
■出場記録:
2010年
横浜FC J2 16試合1得点
2011年
FC東京 J2 8試合0得点
J2リーグ戦 24試合1得点
■代表歴:U-17日本代表/U-18日本代表
■阿部巧選手コメント:
「また横浜FCにお世話になることになりました。1年前に達成できなかったJ1昇格を今年こそ必ず果たせるように、今まで以上にチームに貢献したいと思います。また応援よろしくお願いします」

以上


-----------------------------------------

阿部ちゃんキター!!!

 ついに期待の移籍が実現しました! 2010シーズン、途中加入して大活躍した阿部ちゃんが、期限付ながら戻ってきました!
 横浜FCデビュー戦だった2010年の柏戦(こちら)、抜群の走力でゴールを決めた阿部、瞬く間にサポーターのハートを鷲掴みしました。

 スピードあふれるオーバーラップ、小柄ですが粘り強いディフェンス、アップダウンをものともしない豊富な運動量、正確なロングキックなど、サイドバックとして非常に頼もしい選手。なにより、アグレッシブなプレーは胸熱でした。
 結果的に、それまで左サイドバックを担ってきた田中輝和・片山奨典を移籍に追いやるほどの活躍で、U-19代表にも選ばれます。

 J2に降格してきたFC東京は、すぐに彼を呼び戻しました。覚悟していたとはいえ、非常に残念だったものです。しかし戻った昨シーズンは出番が少なく、「なら、なぜ戻した!」とほぼ逆恨み。
 当面は中野とポジションを争うことになりそうですが、左サイドハーフの野崎とともに、期待できそうな香りです。

 あとは、それを支える強力なボランチがもう1枚ほしい。2010シーズンは、そこにホベルトがいたからこそ、サイドの攻撃力が引き出されていたわけなので。

 それにしても、うれしい。ようこそ、阿部ちゃん!


おいおい、なんか勘違いしてないか? 

薄汚れた画面…大河「平清盛」を兵庫知事が批判
1月10日(火)18時52分 読売新聞

 8日に始まったNHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率が低かったことについて、兵庫県の井戸敏三知事は10日の記者会見で、「鮮やかさがなく、薄汚れた画面ではチャンネルを回す気にはならないというのが第一印象」と述べた。

 県内には、清盛が日宋貿易の拠点として整備した大輪田泊(おおわだのとまり)や遷都した福原京などがあったことから、県は観光客誘致のキャンペーン中。今後の展開次第ではNHKへの改善申し入れも検討するとしている。

 自宅で初回を見たという井戸知事は「うちのテレビがおかしくなったのかと思うような画面だった」と、色彩を抑えた映像などを批判。さらに、「時代考証は史実に忠実にするとの方針は聞いているが、時代考証を学ぶために見るのではない」とし、「公家社会打破のエネルギーや、日本の将来を先取りした人物像を正面に据えていただきたい」と注文を付けた。

 NHK広報部は「映像表現の進歩で、ドラマはリアルさを追求する方向に進んでおり、それを望む視聴者も多い。清盛の成長に合わせ、貴族社会の華やかな映像も出てくるので、今後を楽しみにしてほしい」としている。


--------------------------------------

 色々突っ込みどころが多くて、何から言ってよいやら。

 とりあえず、このアホ知事は神戸の宣伝のためにどんなんでもいいから、史実なんて無視してきらびやかなドラマを流してくれと。それを要求する権利が自分にはあると。

 バッカじゃねぇの?wwwww

>時代考証を学ぶために見るのではない

 NHKが歴史ドラマやるってことはね、それなりにホントのことやってるって思う人は多いんですよ。実際にはgdgdでも、いまだにNHKは嘘つかない、みたいな変な信仰は残ってるよね。
 これでも考証よりそうとうドラマ優先なんだぜ、大河は。清盛が白河上皇の落胤とかっていう与太話を本筋に持ってくるなんて狂ってますよ。

 フィクションだから、ドラマだからって、だからってでたらめは許されないの!
 もっとも、南朝鮮の歴史ドラマなんてもっとすごいでたらめですけどね。例えば20世紀になっても庶民は染色されてない布しか持ってなかったのに、それよりさらに昔の時代に、農民が極彩色の服着てんだかわけわからん。
 あそこは事実なんてどうでもいいと思ってる連中ばかりで、歴史は都合よく変えられるものだと思ってる。

 ま、このアホ知事も同類ってことですけどね。
 「こうあってほしい」で歴史語られてたまるか! それは歴史とは言わないの! 中世なんて汚いもんなの! 自分の都合で勝手に美化すんな!

 だいたいね、歴史なんてきれいごとばかりじゃないの。かっこいいものでもないの。
 信長の鉄砲三段撃ちなんてないし、武田の騎馬軍団も、伊賀忍者も、全部ウソなの。
 平安貴族なんて、垢まみれで皮膚病蔓延なの。
 前田慶次なんて、関が原では老人なの。直江兼続は戦に弱いの。真田幸村なんてやつはいないの。信繁ってのはいるけど、大坂の陣では初老のおっさんなの。沖田総司は池田屋で喀血なんてしてないの。坂本竜馬はすごいひとかどうかわかんないの。
 ホントのこと言ったら、ドラマにならないとか、夢がないとか言いやがって。知るか! 歴史の中で生きてた人たちがそんなこと考えてるわけないだろ! ドラマのために生死を賭けててわけじゃない。失礼だ!

 歴史家はそういう与太はスルーして、真摯に歴史に向き合って、コツコツと史料を読んで、そこから与太話からはわからない、本当の歴史のダイナミズムを見出そうとしたり、人間の営みを考えてみたりしてるのよ(ま、ミーハーにすりよるやつも多数いるけど)。
 手前味噌と言わば言え。私なんて研究者の端くれにも入りませんが、そういう誇りを持って歴史に挑んでるつもりですわ。

 大河ドラマってのは、その対極にある邪念の結晶なんだよ。視聴率のために史実をひん曲げてもなんとも思わない不誠実な連中がつくり、それに便乗して、アホな観光客を集めようとする欲ボケがいる。
 
 やめちまえ!

 いま、ちょうど大河の考証やってる人の本読んでんですよ。思うところがいろいろありますので、いずれ紹介しますね。


2012横浜FC 契約更新情報⑦ 

藤田祥史選手ジェフユナイテッド市原・千葉 へ完全移籍のお知らせ
2012/1/10 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、FW藤田祥史選手(28)が2012シーズンよりジェフユナイテッド市原・千葉へ、完全移籍することが決定いたしましたのでお知らせします。

藤田 祥史(Yoshihito FUJITA / FW 28歳)
■生年月日:1983年4月13日
■身長/体重:185cm/75kg
■出身地:兵庫県
■チーム歴:ヴィッセル神戸ジュニアユース-神戸国際大付属高等学校-立命館大学-サガン鳥栖-大宮アルディージャ-横浜FC
■出場記録:
2011年  横浜FC J2 31試合3得点
■藤田祥史選手コメント:
「横浜FCで経験させていただいたことを忘れず、これからも頑張っていきたいと思います。1年間どんなときも応援いただいたことに、心から感謝しています。ありがとうございました。」

以上


-------------------------------------

横浜FC 2012シーズン契約更新選手のお知らせ
2012/1/10 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、下記の選手と2012シーズンの契約を更新いたしましたのでお知らせいたします。

シュナイダー 潤之介(SCHNEIDER Junnosuke/GK 34歳)
■生年月日:1977年5月22日
■身長/体重:185cm/82kg
■出身地:東京都
■チーム歴:明星高等学校-明星大学-群馬FCフォルトナ(現:アルテ高崎)-サガン鳥栖-ベガルタ仙台-ガイナーレ鳥取-横浜FC(2010年加入)
■2011シーズン出場記録:試合出場なし

渡邉 将基(Masaki WATANABE/DF 25歳)
■生年月日:1986年12月2日
■身長/体重:181cm/77kg
■出身地:京都府
■チーム歴:京都FC長岡京-桂高等学校-京都産業大学-サガン鳥栖-横浜FC(2010年加入)
■2011シーズン出場記録:J2リーグ戦7試合0得点/天皇杯0試合0得点

朴 台洪(Park Tae-Hong/DF 20歳)
■生年月日:1991年3月25日
■身長/体重:185cm/72kg
■国籍:大韓民国
■チーム歴:釜慶高校-延世大学校-横浜FC(2011年加入)
■2011シーズン出場記録:J2リーグ戦25試合0得点/天皇杯1試合0得点

以上


-------------------------------------

 藤田移籍ですか~。スタメンを張っていた両藤田がいなくなるとは…。鳥栖時代にゴールを量産してJ1に呼ばれた得点力を期待されましたが、3得点におわり、つらいシーズンだったと思います。
 上背がありながら、前線でハイボールの競り合いで強さを発揮したわけでもなく、ポストプレーの精度を欠いていたというのも、難点でした。結果、終盤はやや出場機会を減らしました。ただ、戦術として彼の特徴を生かすような雰囲気があまり感じられなかったのも事実。フォアチェックばかりさせられて、体力を消耗するのがこのチームのFWですから…。それに左サイドハーフまでやらされましたからね。
 田原・大久保といった大型FWの獲得は彼の退団を前提にしていたのか、それともその補強状況から移籍となったのかわかりませんが(前者でしょうけど)、どうしてもポストプレイヤーがほしいってことなのかな…。
 西田・荒堀にしてもそうなんですが、クラブとしては更新の意思があったわけで、それが移籍というのも寂しいものです。新天地での活躍を祈ります。

 更新はシュナ潤、渡邉、テホン。
 シュナは関残留で今年も第2GKという線が濃厚ですが、田北さんと村井君を鍛えてほしいな。
 昨年はけがに泣かされたナベですが、来シーズンこそフル稼働を。2011シーズン後半の強さと安定感を取り戻してほしい。しっかりコンディションを上げてくれ。
 スンジンの加入で危うい立場のテホン。ポテンシャルの高さは伝わってくるのですが、ポカも多い。昨季は終盤森本にポジションを奪われましたが、誰が出ても安心のCB陣を築いてほしいものです。

1 シュナイダー潤之介   契約更新(1/10)
2 柳沢将之         退団(未定) 
5 八角剛史         契約更新(1/6)
6 高地系治         契約更新(12/31)

7 エデル          未
8 フランサ         退団(未定)
9 難波宏明         契約更新(12/31)
10 カイオ          未
11 三浦知良        未
13 野崎陽介        契約更新(12/31)
14 武岡優斗        契約更新(12/27)

15 飯尾和也        退団(松本山雅へ完全移籍)
16 宮崎智彦        期限付移籍満了(復帰、磐田に期限付移籍)
17 寺田紳一        期限付移籍満了(G大阪へ復帰)

18 西田剛         完全移籍(→福岡)
20 渡邉将基        契約更新(1/10)
21 村井泰希        契約更新(12/21)
22 井手口正昭       契約更新(12/21)
23 佐藤謙介        契約更新(12/21)

24 荒堀謙次        完全移籍(→栃木)
25 藤田祥史        完全移籍(→千葉)

26 中野洋司        契約更新(1/6)
27 朴台洪         契約更新(1/10)

28 森本良         契約更新(12/21)
31 関憲太郎        期限付移籍延長(仙台より期限付き移籍中)

39 藤田優人        期限付移籍満了(柏へ完全移籍)
※※ 伊藤竜司       完全移籍(FC琉球期限付移籍→松本山雅)
※※ 橋村祐太       未(北九州へ期限付き移籍中)


新加入
MF 中里崇宏  新(流通経済大学)
MF 小野瀬康介 新(横浜FCユース)
DF 杉山新   完全移籍(ヴァンフォーレ甲府)
FW 田原豊   完全移籍(湘南ベルマーレ)
DF ぺ・スンジン 完全移籍(徳島ヴォルティス)
FW 永井雄一郎 完全移籍(清水エスパルス)
MF ナソンス  新(長薫高校=韓国)
FW 大久保哲哉 完全移籍(モンテディオ山形)
 


2012 横浜FC新加入情報⑥ 

ナソンス選手加入のお知らせ
2012/1/10 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、2012シーズンの新戦力として長薫高校(韓国)よりMFナソンス選手(18)の加入が決定いたしましたのでお知らせいたします。

ナ ソンス(Na Sung Soo/MF 18歳)
■生年月日:1993年8月13日
■身長/体重:170cm/63kg
■国籍:大韓民国
■チーム歴:長薫高校
■代表歴:U-17/U-18/韓国代表
■特 徴:細かく柔らかいボールタッチと瞬時にトップスピードに乗るドリブルはコンパクトフィールドで破壊力を発揮できる選手。
■ナソンス選手コメント:
「今回横浜FCに加入できることを嬉しく思っています。いち早くチームに溶け込み、チームの力、チームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。」

以上


------------------------------------------

大久保哲哉選手モンテディオ山形より 完全移籍加入のお知らせ
2012/1/10 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、2012シーズンの新戦力としてモンテディオ山形より、FW大久保哲哉選手(31)が完全移籍にて、加入することが決定いたしましたのでお知らせします。
なお、大久保哲哉選手は2003年、2004年横浜FCに在籍。8年ぶりの横浜FC復帰となります。

大久保 哲哉(Tetsuya OKUBO / FW 31歳)
■生年月日:1980年3月9日
■身長/体重:190cm/81kg
■出身地:神奈川県
■チーム歴:横須賀市立田浦中学校-横須賀市立横須賀高等学校-駒澤大学-横浜FC-佐川急便東京SC-柏レイソル-アビスパ福岡-モンテディオ山形
■出場記録:
2003年  横浜FC  J2  20試合3得点
2004年  横浜FC  J2  17試合1得点

合計
 J1リーグ戦 22試合4得点
 J2リーグ戦 162試合43得点
 JFL  55試合35得点

■大久保哲哉選手コメント:
「お久しぶりです。ジャンボです。プロのキャリアをスタートさせてた、横浜FCでまたプレーできることをとても嬉しく思っています。チームの目標であるJ1昇格に向けて、チームの力になれるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。」

以上


------------------------------------------

 まず、ナソンス選手。知らない。韓国の高卒じゃ知らなくて当たり前ですね。初めはどこの国の人かと思いましたが、漢字は羅誠洙らしいです。
 韓国では年代別代表に入っているようですので、ヨンチョルみたいなイメージでいいのかな? 彼は横浜では化けてくれませんでしたが…。
 ややエデルとかぶるかな?と思いましたが、荒堀が抜けたこともありますし、流れを変えられる存在に成長してほしいですね。

 そしてジャンボ! エルゴラッソの記事通りになりましたね。福岡時代にはずいぶん苦しめられました。横浜在籍は03、04シーズン。当時を知る選手は一人もいません(苦笑)。しいて言えば増田コーチがまだ現役でしたね。
 このブログもやってませんので、記録なし(涙)

 ただ記憶に刻まれているんですよ。もうどこが相手だったかも覚えていないんですが、三ツ沢のゲームで、誰か横浜の選手がミドルシュートをうって、GKが反応してキャッチしようとした瞬間、疾風の如くなだれ込んだジャンボがGKの目前で押し込んだということがありました。
 あの時の「え!? いつの間に!?」感は忘れられません。高さだけの選手じゃないんです! 福岡ではトップ下もやってましたしね。

 とはいえ、FW過剰のこのチーム。田原と併用という感じですか?
 それから、杉山・田原・永井・大久保と、移籍選手はみんなOver30という…

 ちなみに、エルゴラッソではまだほかに噂の選手を上げていました。そう、あのA君です。実現するといいな…



「勝手にスイッチ」第169回 

 本日、アクセスカウンタが50000を超えました。
 このブログに移行してから、4年3ヵ月。早いものですね~。記事数はこのエントリが1881個目です。

 さすがに4年を過ぎると、いろいろ積み重なっているな~と感じます。
 むすめは1歳から5歳。息子が生まれ、はや1歳10か月。
 モーターショーは3回。バイクを降りて愛車も変わりましたが、その新しいレガシィも4月には初の車検です。
 横浜FCの観戦記事は49。ブログを始めた2007年(J1だった)に所属していた選手で、今もいるのはカズと難波だけ。ちなみに翌シーズン開幕時(J2降格した)で見ても、八角が加わるだけ。八角はすっかり古株なんですね。
 日ス輪に加わって、「スイッチ」カテも200を超えました。いつもお世話になっております。

 どこまで続くかわかりませんが、あとで見て懐かし~、という記事が増えてきましたので、えっちらおっちらと書いてまいります。
 ご訪問いただいている方、皆さんに感謝申し上げます。

 では、明日から仕事も平常運転に戻ります。頑張って「スイッチ」も行ってみましょう。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.平田が出頭してきたのに、マトモに取り合わなかった警官は
 ○けしからん
 ×無理もない
指名手配を全部覚えていろとは言いませんけどね。オンラインとかでチェックするのは簡単なんじゃないですか?
それぐらいの手間を惜しんでどうする!
まぁ、事件から10年以上たって、当時のことをあまり覚えていないという警官も増えつつあるのでしょうがね。かといってチェックしないというのも…。

2.上戸彩の事務所「結婚はありません」
 ×事務所がそう言うならそうなんだろう
 ○形式上の否定に過ぎないだろう
まぁ、上戸彩なんてどうでもいいんですが。

3.秋山真之の孫が民主党の国会議員だったことを
 ○知っていた
 ×知らなかった
情けなや、と思ったことがあります。ま、真之も晩年はいろいろイッちゃってましたから。

4.食べログに書いてあることを、私はアテに
 ×します
 ○しません
結局は自分の勘に頼るしかないですよ。あの手のレビューなんて、自作自演いくらでもありそうだし。

5.もし私が吉本芸人だったら、「紳助復帰するな」なんて
 ×言えない
 ○いや、言える
会社と視聴者のどっち向いてしゃべってるのか、と。そういう心意気もなしに芸人やってもね~。

6.中国製のジョブズ人形、そのクオリティには
 ×感心できる
 ○感心できない
見ていないのです。スビバゼン。

7.お正月飾りをゴミとして処分するのって
 ○抵抗ある
 ×抵抗ない
どんど焼きでもないとね~。

8.賽銭箱に紙幣を投入したことが
 ×あります
 ○ないです
多くて100円までです。紙幣は義捐金などの寄付のほうへ。ただ、ご祈祷などでは結構払ってますが。




今夜から寂しくなります 

オ「、熙讀ッ・ォ・ェ・?チ、网?

只今羽田空港です。冬休みをうちで過ごしてくれたお義母さんと姪のカオルちゃんが、それぞれ金沢と熊本に帰る日になりました。
一足先に戻ったお義父さんとともに、たくさん遊んで、たくさんお世話になって、とても賑やかで楽しいお正月を過ごさせてもらいました。
また、家族四人のバタバタ生活に戻ります。寂しいなあ…


2012横浜FC 契約更新情報⑥ 

2012シーズン契約更新選手のお知らせ
2012/01/06 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、下記の選手と2012シーズンの契約を更新いたしましたのでお知らせいたします。

八角剛史(Tsuyoshi HAKKAKU/MF 26歳)
■生年月日:1985年4月20日
■身長/体重:174cm68kg
■出身地:千葉県
■チーム歴:市川市立市川第四中学校-ジェフユナイテッド市原ユース-駒沢大学-横浜FC(2008年加入)
■2011シーズン出場記録:J2リーグ戦10試合0得点/天皇杯0試合0得点

中野洋司(Hiroshi NAKANO/DF 28歳)
■生年月日:1983年10月23日
■身長/体重:174cm/69kg
■出身地:佐賀県
■チーム歴:佐賀北高等学校-筑波大学-アルビレックス新潟-横浜FC(2011年加入)
■2011シーズン出場記録:J2リーグ戦33試合0得点/天皇杯1試合0得点

以上


---------------------------------------

関憲太郎選手ベガルタ仙台より 期限付き移籍期間延長のお知らせ
2012/01/06 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは2011シーズンベガルタ仙台(J1)より期限付き移籍加入しておりましたGK関憲太郎選手(24)が期限付き移籍期間を延長することが決定いたしましたのでお知らせします。
なお、期限付き移籍期間は2012年2月1日~2013年1月31日となります。

関憲太郎(Kentaro SEKI / GK 25歳)
■生年月日:1986年3月9日
■身長/体重:177cm/74kg
■出身地:群馬県
■チーム歴:
神流小学校-北小学校-前橋育英高等学校-国見高等学校-明治大学-ベガルタ仙台-横浜FC(期限付き移籍)-ベガルタ仙台-横浜FC(期限付き移籍)-ベガルタ仙台       
■出場記録:
 J2リーグ戦:51試合0得点
 天皇杯:2試合0得点
■関憲太郎選手コメント:
「今年も仙台から期限付き移籍期間延長でプレーすることになりました。
去年はチームとしても、個人的にも悔しい1年となりましたが、今年はその悔しさをバネにチームの目指すべきJ1昇格に向け、1日も無駄にすることなくプレーしたいと思います。今年もよろしくお願いします。」

以上


---------------------------------------

 今日は3選手の契約が発表されました。
 まず、八角・中野両選手の更新。ケガが多くてフル稼働のない八角選手、来シーズンはボランチとしてチームを支えてもらいたいものです。中野選手は思うようにならなかったセンターバックの一角を必死で守ってくれました。来シーズンは左サイドバックかな?

 そして、GK関選手の残留は、誰もがホッとしたことでしょう。期限付移籍のメンバーが軒並みクラブを離れていますからね。しかし、期限付きも3年目。買取できんのかい!?
 仙台としても、手放せない選手ってことですよね。とりあえず来シーズンは安心ですが…。

1 シュナイダー潤之介   未
2 柳沢将之         退団(未定) 
5 八角剛史         契約更新(1/6)
6 高地系治         契約更新(12/31)

7 エデル          未
8 フランサ         退団(未定)
9 難波宏明         契約更新(12/31)
10 カイオ          未
11 三浦知良        未
13 野崎陽介        契約更新(12/31)
14 武岡優斗        契約更新(12/27)

15 飯尾和也        退団(松本山雅へ完全移籍)
16 宮崎智彦        期限付移籍満了(復帰、磐田に期限付移籍)
17 寺田紳一        期限付移籍満了(G大阪へ復帰)

18 西田剛         完全移籍(→福岡)
20 渡邉将基        未
21 村井泰希        契約更新(12/21)
22 井手口正昭       契約更新(12/21)
23 佐藤謙介        契約更新(12/21)

24 荒堀謙次        完全移籍(→栃木)
25 藤田祥史        未
26 中野洋司        契約更新(1/6)
27 朴台洪         未
28 森本良         契約更新(12/21)
31 関憲太郎        期限付移籍延長(仙台より期限付き移籍中)

39 藤田優人        期限付移籍満了(柏へ完全移籍)
※※ 伊藤竜司       完全移籍(FC琉球期限付移籍→松本山雅)
※※ 橋村祐太       未(北九州へ期限付き移籍中)


新加入
MF 中里崇宏  新(流通経済大学)
MF 小野瀬康介 新(横浜FCユース)
DF 杉山新   完全移籍(ヴァンフォーレ甲府)
FW 田原豊   完全移籍(湘南ベルマーレ)
DF ぺ・スンジン 完全移籍(徳島ヴォルティス)
FW 永井雄一郎 完全移籍(清水エスパルス)
 


またまたスキーに行きました 今度はYeti 

 年末のスキーツアーで、すっかりスキーにはまった姪のカオルちゃん。喜んでもらえてうれしいので、ぜひ上手になって帰ってもらおう、ということで4日に再スキー計画を立てました。
 やっぱり、回を重ねないと上手にならないし、できるなら間をあけないほうが感覚を忘れないでいいかな、と思いまして。

 ところが前回訪れた富士見パノラマスキー場はどうやら雪の模様。サマータイヤで行けるとこじゃないとまずいので、今度は富士山麓のスノータウン・イエティに行くことにしました。ここも人工雪で、問い合わせたところ道中雪はないとのこと。天気予報も晴れです。

 東名を裾野ICで降りて、富士エバーグリーンラインを目指します。非常に天気が良くて、富士山もくっきり! エバーグリーンラインも楽しいワインディングで久々にレガシィの実力発揮!
またまたスキーに行きました 宝永山くっきり
 ちょうど宝永火山の真下で、土手っ腹の噴火口がよく見えました。

 さて、イエティですが我が家から1時間半しかかからず、なかなか便利がいいですね。
 ただ若干コースの幅が狭く、また手近な場所だけに初心者や子供が多くて、パノラマより滑りにくさがあります。
 ただ距離は長めで、存分に滑走を楽しめました。

またまたスキーに行きました へっぴり腰・・・
 パノラマではそこそこボーゲンで滑れた娘ですが…
 すっかりへっぴり腰になっちゃった。やっぱりスピードが怖いようですね。スクールにも入れたんですが、5歳だけにいったん怖くなっちゃうとスピードを克服するのが難しい。そりゃ、自転車もまだですからね~。ま、焦らず焦らず。

またまたスキーに行きました 上手になりました
 カオルちゃんのほうは、ボーゲンながらかなり上達。結構なスピードでじゃんじゃん滑るようになりました。飲み込み早いなぁ。

 彼女は熊本に帰ってから阿蘇のスキー場に連れて行ってもらえることになったようで、これでスキーはモノにできるかな?

 我が家はというと、同行の嫁さんも久しぶりに(子供産まれてから初)スノボを堪能。ただ終了後にシューズが壊れたようで、今シーズン終了宣言。娘もおなか一杯のようです。
 私はもう一回職場の人と今月末に行く予定があります。
 それにしても、この年になって、こんなにスキーに行くとは思わなかったな~。


2012横浜FC 契約更新情報⑤ 

伊藤竜司選手松本山雅FCへ完全移籍のお知らせ
2012/01/05 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、2010シーズン6月よりFC琉球(JFL)へ期限付き移籍しておりましたDF伊藤竜司選手(21)が、2012シーズンより松本山雅FCへ完全移籍することとなりましたのでお知らせいたします。

伊藤 竜司(Ryuji ITO/DF 21歳)
■生年月日:1990年7月23日
■身長/体重:186cm/82kg
■出身地:東京都
■チーム歴:
宇喜田サッカークラブ-FRIENDLY Jr.ユース-帝京高等学校-横浜FC(2009年加入)-FC琉球(期限付き移籍)-横浜FC
■出場記録:
 J2リーグ戦:0試合0得点
 JFLリーグ戦:36試合0得点
 天皇杯:1試合0得点
■伊藤竜司選手コメント:
「この度、松本山雅に移籍することになりました。横浜FCでは実質1年半プレーしましたが一度も試合に絡めずに、とても残念に思っています。
だからこそもっと成長したいという思いから、新天地での挑戦を決断しました。応援してくださったサポーターの皆様ありがとうございました。
そしてこれからも応援よろしくお願いします。」

以上

-------------------------------------

 こちらは、残念ながら復帰ならずの伊藤選手。大型CBということで期待していたんですが…。
 FC琉球ではポジションをつかんでいましたから、松本でも頑張ってほしいですね。松田直樹の魂をうけつげ!

 それにしても、最近の横浜FCは高卒選手を育てきれないな~。
 横浜で高卒でものになったのは、北村・内田・菅野・太田・大久保か。しかしみんな移籍しちゃったという…。現在在籍の選手で高卒新人は村井と小野瀬、それから期限付き移籍中の橋村だけ。小野瀬はまだわかりませんが、村井は今シーズン出場ゼロ。橋村は2010シーズンに出場がなく、2011シーズンの北九州では2試合11分の出場にとどまっています。
 近年は大卒選手を積極的に獲得していますが、育成もしっかりやってほしい。贅沢?

1 シュナイダー潤之介   未
2 柳沢将之         退団(未定) 
5 八角剛史         未
6 高地系治         契約更新(12/31)
7 エデル          未
8 フランサ         退団(未定)
9 難波宏明         契約更新(12/31)
10 カイオ          未
11 三浦知良        未
13 野崎陽介        契約更新(12/31)
14 武岡優斗        契約更新(12/27)

15 飯尾和也        退団(松本山雅へ完全移籍)
16 宮崎智彦        期限付移籍満了(復帰、磐田に期限付移籍)
17 寺田紳一        期限付移籍満了(G大阪へ復帰)

18 西田剛         完全移籍(→福岡)
20 渡邉将基        未
21 村井泰希        契約更新(12/21)
22 井手口正昭       契約更新(12/21)
23 佐藤謙介        契約更新(12/21)

24 荒堀謙次        完全移籍(→栃木)
25 藤田祥史        未
26 中野洋司        未
27 朴台洪         未
28 森本良         契約更新(12/21)
31 関憲太郎        未(仙台より期限付き移籍中)
39 藤田優人        期限付移籍満了(柏へ完全移籍)
※※ 伊藤竜司       完全移籍(FC琉球期限付移籍→松本山雅)
※※ 橋村祐太       未(北九州へ期限付き移籍中)


新加入
MF 中里崇宏  新(流通経済大学)
MF 小野瀬康介 新(横浜FCユース)
DF 杉山新   完全移籍(ヴァンフォーレ甲府)
FW 田原豊   完全移籍(湘南ベルマーレ)
DF ぺ・スンジン 完全移籍(徳島ヴォルティス)
FW 永井雄一郎 完全移籍(清水エスパルス)
 



2012 横浜FC新加入情報⑤ こりゃまた、びっくり 

ペ スンジン選手徳島ヴォルティスより完全移籍加入のお知らせ
2012/1/5 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、2012シーズンの新戦力として徳島ヴォルティスよりDFペ・スンジン選手(24)が完全移籍加入する事となりましたのでお知らせいたします。
なお、ペ・スンジン選手は2007年,2008年(※2008年はザスパ草津へ期限付き移籍)横浜FCに在籍4年ぶりの復帰となります。

ペ スンジン(BAE Seung Jin/DF 24歳)
■生年月日:1987年11月3日
■国籍:大韓民国
■身長/体重:182cm/74kg
■チーム歴:蔚山大学-横浜FC-ザスパ草津※期限付き移籍-横浜FC-徳島ヴォルティス
■出場記録:
 J2リーグ戦:112試合6得点
 カップ戦:0試合0得点
 天皇杯:6試合0得点
■代表歴:U-18韓国代表/U-19韓国代表/U-20韓国代表/U-22韓国代表
■ペ スンジン選手コメント:
「サッカー選手としてのキャリアをスタートさせた横浜FCに戻って再びチャレンジできることを大変嬉しく思っています。
このチームで自身をもっと成長させ、J1昇格に貢献できるよう戦っていきます。応援よろしく願いします。」

以上


-----------------------------------------

永井雄一郎選手清水エスパルスより完全移籍加入のお知らせ
2012/1/5 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、2012シーズンの新戦力として清水エスパルス(J1)より、FW永井雄一郎選手(32)が完全移籍にて、加入することが決定いたしましたのでお知らせします。

永井雄一郎(Yuichiro NAGAI/FW 32歳)
■生年月日:1979年2月14日
■身長/体重:184cm/77kg
■出身地:東京都
■チーム歴:
三菱養和ジュニア-三菱養和ジュニアユース-三菱養和ユース-浦和レッドダイヤモンズ-カールスルーエSC[ドイツ]※期限付き移籍-浦和レッドダイヤモンズ-清水エスパルス
■出場記録:
 J1リーグ戦:288試合52得点
 J2リーグ戦:29試合12得点
 カップ戦:68試合10得点
 天皇杯:31試合10得点
○1998年~1999年カールスルーエSC(ドイツ地域リーグ南部) ※期限付き移籍
○ACL:14試合出場3得点
○2007年FIFAクラブワールドカップ3試合出場1得点
■代表歴:国際Aマッチ4試合出場1得点
■永井雄一郎選手コメント:
「横浜FCに加入することになり、とても嬉しく思います。自分の今迄の経験を生かし、チームのJ1昇格に役立てるように頑張りたいと思います。応援宜しくお願いします。」

以上


-----------------------------------------

 な、永井だって~!?

 ペスンジンの復帰は一部でうわさになっていましたので、なるほど、という感じです。加入した年は出場機会もなく、ほぼ存在を忘れてしまうかのような状態(失礼)でした。草津、徳島と移籍し、徳島ではセンターバック・サイドバックとしてレギュラーを獲得。しかし2011シーズンは開幕前に手術をしたこともあって、やや出場機会を減らしていました。サイドバックもこなせる長身DFということで頼もしい限りですが、終盤出番が減ったテホンの立場が微妙になりますね。
 ただ、センターバックは渡邉がケガから復帰し、来シーズンは頑張ってくれるはず。パートナーとして森本・テホン・中野といましたが、スンジンが入ることで、中野は左サイドバックがメインになることでしょう。4人が競い合って、昨シーズン苦労したCBを立て直してほしいものです。

 永井の加入は驚きました。清水で契約更新されなかったことは知っていましたが、まさか横浜加入とは。高卒ながら開幕戦でJ初出場、当時横浜Mの井原・小村のCBをぶっちぎったプレーは忘れられません。
 カウンターからの独走ドリブルとか、すごかったですね。すさまじいスピードながら軸にブレがなく、安定感抜群。


 もうベテランですが、根強い人気のある選手ですから、観客動員には貢献するでしょうが、それだけでは困ります。清水では残念ながら輝きを取り戻せず、不本意な成績でしたが、初めてのJ2で復活なるか。

 しかし、FWの補強は田原に続いて2人目。確かに今年のFW陣の活躍は物足りませんでしたが、こんなにFW集めてどうすんの? カイオの契約更新がなかなかアナウンスされませんが(マジ心配)、更新されたらカイオ・藤田・カズ・難波・エデル・田原といますからね。しかしよく見れば藤田・難波・カズ・エデルはサイドMF起用が結構多い。永井もトップ下などもやってますから、そこも考えてんのか?
 どうもこのあたり、納得できない部分でもあります。
ただ、永井選手その人には期待します。往年のドリブルを取り戻して、興奮を味あわせてください!


三ヶ日も過ぎたので、ニュースネタを。 

 最近、ミンス関連もアフォなニュースばかりだし、突っ込む気すらせず、しばらくニュースネタから遠ざかっておりましたが、たまには。

----------------------------------------

死刑執行ゼロ19年ぶり 法改正求める声も
2012年1月3日 16:19 日テレニュース

 11年は、死刑の執行が一件もなかった。年間を通じて死刑が執行されなかったのは、92年以来19年ぶりとなる。

 最後の死刑執行は10年7月28日で、死刑廃止論者とされていた当時の千葉景子法相が、民主党政権下では初めて死刑執行に踏み切った。しかしそれ以降、柳田稔氏、仙谷由人氏、江田五月氏の3人の法相の下で死刑の執行は見送られ、11年9月に就任した平岡秀夫法相も「法務省内に設置されている勉強会の議論もふまえ、私なりの考えを整理していきたい」と、執行に慎重な考えを示した。

 平岡法相はその後、「個々の問題については自分が考えて結論を出す」と述べ、勉強会が続く間に執行する可能性について言及したが、結局、11年のうちの執行はなく、確定死刑囚の数は11年12月27日の時点で129人と戦後最多に上った。

 こうした法相の姿勢について、全国犯罪被害者の会「あすの会」顧問・岡村勲弁護士は「法律を守らない人は法相になる資格がない」と厳しく批判している。刑事訴訟法では、法相は判決確定から6か月以内に死刑執行を命じなければならないと定めている。岡村弁護士は「『法相の勉強中はこの期間に入れない』とは、法律のどこにも書いていない」と指摘した。「法相がやらないなら、死刑執行命令権を検事総長に移すよう法改正すべきだ」と主張している。

 平岡法相は11年12月27日の記者会見で、死刑執行ゼロが19年ぶりになることを指摘されたのに対し、「色々な検討をした結果として出てきている話なので、それ自体に大きな意味があるとは受け止めていない」と述べるにとどまった。


---------------------------------------

「紳助君の復帰、信じている」吉本興業社長が言及
1月4日(水)15時2分 産経新聞

 暴力団関係者との親密な交際を理由に昨年8月、芸能界を引退した吉本興業の元タレント、島田紳助さん(55)について、同社の大崎洋社長は4日、大阪市内で行った「創業100周年プロジェクト発表会見」で、紳助さんの復帰を希望する考えを明らかにした。

 大崎社長はあいさつの中で「私たちは(島田)紳助君の才能を惜しみます。願わくば、社会、ファン、マスコミの皆様のご理解をいただければ、いつの日か吉本興業に戻ってきてもらえるものと全社員、全タレントが信じています」などと話した。

 大崎社長は昨年末に紳助さんとメールで何度かやり取りしたが、復帰についての話は出ていないという。「本人の意見は尊重したいし、そもそも復帰したいかどうかも確認していない」と大崎社長は話しており、具体的な内容などは全くの白紙としている。

 紳助さんは昨年8月、緊急会見を開き、暴力団関係者との間で親密な交際があった事実を明らかにし、芸能界から引退すると発表。テレビ各局がレギュラー番組の突然の打ち切りを決めるなど社会的にも関心を集め、芸能界と暴力団との関係に一石を投じた。


----------------------------------------

「高齢者でなく、現役・将来世代に税投入」活力でシニア支援
2012.1.4 13:01 MSN産経ニュースWEST

 大阪市の橋下徹市長は4日、年頭の記者会見にのぞみ「無駄を省いて住民サービスを拡充するときには、高齢者ではなく、現役、将来世代に税を投入していきたい」と語った。

 「無駄を省いて行政改革をやって住民サービスを拡充することは当然のこととしてやります」と述べた橋下市長は「高齢者を切り捨てるわけではないが、高齢者に直接税を投入するのではなく、日本の状況をみると現役世代や将来世代に税を投入し、将来世代を強化しその活力によって高齢者を支えるという施策の見直しをしたい」と語った。


----------------------------------------

 脈絡ないですが…


▼続きを読む▼

平成24年一般参賀と浅草ツアー 

 毎日のようにイベント目白押しの我が家、私も結婚以来初めての横浜での正月を満喫しております。
 さて、横浜にいないということは、元日の天皇杯決勝も見に行けたのは久しぶりなわけですが、もう一つ重要なイベントに行けていなかったということでもあります。それは、皇居での一般参賀。
 あれ行くとね、お正月らしい、実に平和で穏やかな気持ちになるのですよ。そこで、嫁さん・娘・姪のカオルちゃんに、私の両親も加えて出かけました。カオルちゃんは熊本の小学生ですが、一般参賀経験がある子はそうそういないぞ。

 千代田線二重橋前駅を降りると、もう周辺は参賀モード。警察が規制をかけて誘導しています。広いので、あまり窮屈な印象にならないのが皇居のいいところ。ボランティアの方から日の丸の小旗も受け取って、いざゆかん。晴れて、いい日和です。
 11時から予定される第2回のお出ましに合わせていたつもりですが、やはり相当の人出で、手荷物検査やボディチェックに時間がかかり、第3回のお出ましを待つことになりました。ボディチェックの時、小旗を帽子の後ろに差して立ててたら、担当の婦人警官にウケました。大変なお仕事にちょっと笑いを提供できてよかったです

平成24年一般参賀 二重橋
 こちらは二重橋と伏見櫓。皇居としてでなく、「江戸城跡」とみても見ごたえがあるのがうれしいですね。

平成24年一般参賀 伏見櫓を望む
 二重橋を渡ると、伏見櫓に向かって列が伸びます。伏見櫓は往時の建物。貴重です。

平成24年一般参賀 二重橋を振り返る
 伏見櫓手前から二重橋方向を見ます。石垣、お濠とあって、奥には近代的ビル群。いい景色だと思いませんか?

平成24年一般参賀 長和殿
 ここがTVでおなじみ、天皇皇后両陛下はじめ皇族の方々がお出ましになる「長和殿」です。
 第3回のお出ましは11:50の予定。11時に照準を合わせてきた私たちはちょっと早めになるのですが、おかげで結構近いポジションを確保できました。そのかわり待ち時間は30分以上ですが。
 すでに大勢の人でぎっしり。私は身長が176センチと、まあ低くはないのでよく見えますが、153センチの嫁さんと同じくらいの御袋殿にはあまり見えないようです。140センチのカオルちゃん、108センチのむすめは言わずもがな。お出ましの時はみんな小旗振るから余計ですね。結局、お出ましの時は娘をだっこ、たまにカオルちゃんを持ち上げたりしてました。

平成24年一般参賀 頂きました、陛下のカメラ目線
 いよいよお出ましです。見てください、この完璧なタイミング! 陛下の視線をばっちりいただきました! お言葉も短いながらお優しい心配りにあふれていて、いつも心に沁みます。
 今年は、成人された秋篠宮殿下のご長女眞子様もいらっしゃいます(右端)。いずれ、わが娘も…

 今年は7万人以上が参賀に皇居を訪れたそうです。私が見た限りでも、いろいろな世代がいて、中には外国人までいて、賑やかです。ボディチェックの時、前にいたフランス人のグループは、とても楽しそうでした。
 これだけ多くの人が、思想とか何とか、ではなく、強制されるでもなく、長い行列を作って竜顔を拝しに行くってのは、ホントにすごいことだと思います。皇室と我々国民の強い結びつきを改めて感じることができる国民的行事なんですよね。だからとても穏やかな気持ちになれる。
 今日は天気が不安定で、朝は雨がぱらついたりしたそうですが、この時間はよく晴れ、風もなくて暖かったんです。なんだか皇室の在り方を象徴しているように思えます。

 ところで、皇后陛下は捻挫されていたんですね。

-----------------------------------------

皇后さまが捻挫、3日の宮中三殿への参拝中止
2012年1月2日19時58分 読売新聞

 宮内庁は2日夜、皇后さまが同日早朝に皇居内を散策中に右足首を捻挫されたことを明らかにした。
 悪化しないよう、3日の宮中三殿への参拝は中止となる。


-----------------------------------------

 大事に至らなくてよかったです。早朝ということで、一般参賀には無理をしてお出ましだったのですね。

 さて、せっかく東京まで出てきたので、足を延ばして東京らしさを味わうために浅草へ。
 浅草寺だけでなく、スカイツリー見物も兼ねています。

正月浅草ツアー スカイツリー
 雷門の近くまで行くと、ほぼ完成したスカイツリーが望めます。あの「金のウンコ」がチラッと見えますね。遠くから見るとすごく高さを感じるんですが、近くに来るとそうでもない、面白いもんです。
 ただ、てっぺんがいかにもアンテナ然としているのが(アンテナだからしょうがないんですが)残念。やっぱり、タワーのてっぺんは尖ってないとな~。

正月浅草ツアー 雷門
 浅草寺は想像以上の人出。参拝にはかなりの行列ができています。よって花やしきで遊ぶだけに的を絞りました。並ばないと仲見世を楽しめないんですが、しょうがない。一気に通り過ぎて、花やしきへ。

正月浅草ツアー 花やしき
 ここって、こんなに混むとこ!? さすが正月で、とんでもない混雑。ディズニーランド並みです。
 素朴な遊具が多いので、娘でも楽しめると思ってきたのですが…

 ここのジェットコースターは現存では日本最古。58年使われています。ビルの壁面に沿うように走るのがとっても楽しい。時速は42キロなんですが、迫力満点です。ただ、50分も待って乗るほどじゃないよな~。
 娘も嫌がって乗らず(残念)カオルちゃんと2人で楽しみました。

 正月浅草ツアー 花やしきのメリーゴーラウンド
 娘はまだメリーゴーラウンドで十分ってことですかね。

 最後に浅草寺に戻って露店を楽しみます。ドネルケバブの店がやたら多かったな。
 飴やらなにやら、誘惑が多すぎです。カオルちゃんもこんなに多くの露店は初めてとのことで、楽しんでもらえたかな?

 正月浅草ツアー 雷おこしの実演
 雷おこしの実演なんかもありました。練りこんだり、型に広げたりするのをすべて人力で。すごいですね。おこしはもちろん、カリッとした触感のお菓子ですが、ここで出来立てをいただくと、ちょっとしっとりしていて、温かいのを食べられます。また違うお菓子のようでおいしいですよ。

 最後にもう一度スカイツリーを。
正月浅草ツアー 夕暮れの浅草寺
 浅草寺の五重塔に露店のにぎわいとスカイツリー。ちょっと味のある一枚になった…かな?

 よく歩いたので、帰りの電車はぐったり、ぐっすりでした。



chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。