≪ 2012 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2012 05 ≫
*admin*entry*file*plugin
2012年04月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 J2第11節 横浜FCvs町田 腹ペコ 

2012」ハ」イツ陬ア」アタ? イ」ノヘFCvsトョナト テル、ッ、ハ、テ、ソ

午前中仕事だったので到着が遅れ、昼食食べそこねました。

さあ、3連勝いくぞ!


スポンサーサイト

新東名初乗り弾丸ツアー 全線往復 

 うちの家族はGWを熊本で過ごすので、土曜から早速出発してしまいました。
 私はカレンダー通りなので、残留です。

 まあ勝手はきくので、日曜は6時に家を出て、長篠の古戦場に行って来ました。
 副題は「新東名初乗り弾丸ツアー」です。
 14日に開通したばかりの新東名を早速使ってみることにしました。長篠までは結構ありますから、長距離走った時にどう感じるか、それから混雑はどうなるか、をGWに行くことで検証。

 長篠古戦場については別にアップしますので、今回は新東名スペシャルで。

 本来は海老名で東名・圏央道と接続する予定ですが、開通したのは御殿場~浜松引佐間。御殿場までは旧来の東名を使います。
 昨日の下り線は、9時台に横浜青葉インター前後から大渋滞。さすがGWです。それを踏まえて早出したのですが、その割には結構な交通量です。甘かったか。
 まぁ、渋滞するほどではないので我慢。

 で、御殿場からいよいよ新東名です。話題になってるし、かなりの台数が行くと思いきや、ほとんど流れません。まだ迂回路に近い状態ですからね。
新東名初乗り弾丸ツアー いよいよ
 個人的にはトラックの台数が少なくてよかった。

 新東名初乗り弾丸ツアー アスファルトも新しい
 分岐の段階で2車線を確保。これ重要です。分岐・合流で大きくキャパをとっておかないと、宝の持ち腐れですからね。ちなみに帰りも御殿場の合流では渋滞せず。交通量が多い割には、十分な車線を確保していたからでしょう。
 ただし、その後3車線に落ち着き、アップダウンとカーブが激しくなると渋滞しました。結局、バイパス化で多くのクルマのペースが上がっても、最終的にそれを吸収できないんであれば同じです。
 三ヶ日ジャンクションまでは行っていないのですが、下りもそうなってたかもね。

新東名初乗り弾丸ツアー 幅が広い
 当然ながら3車線規格です。とにかく広くて!
 幅の広さ・カーブの曲率、アップダウンなどは140キロ走行を想定しているとのことですから、余裕あるはずですね。

新東名初乗り弾丸ツアー 斜めってる
 現在、静岡県の海沿いはJR在来線、新幹線、国道1号、東名と狭隘な平地に重要な路線が並走しています。用地の確保はほぼ無理ということと、東海地震のことも考慮し、新東名はかなり内陸に作られています。
 なので山を削りまくって、トンネル掘りまくってつくっているわけです。
 この写真は、愛鷹山の麓になります。道路が斜めなんじゃないですよ。斜面にそって橋が急勾配なんです。不思議な感覚でした。

 ちなみに、本来は3車線ですがインターやSA・PAの前後を除いて2車線で運用しています。民営化の影響のようですが、どうせ3車線にしてペースが上がっても、結局接続道路のキャパが吸収できませんからね。

新東名初乗り弾丸ツアー 退屈かも
 ここは3車線部分。
 とにかく、楽です。路肩も広いし、カーブも緩いから、全体的にゆったり走れる。ゆったりというのは先進的な部分と、クルマの性能の点です。
 交通量も少ないからか、走行車線でも100キロ+α。レガシィのクルーズコントロールの上限速度でちょうどいい感じです。試しに95キロで走ってみたら、遅い! という印象を持ってしまいました。
 逆に速い方は…ま、ここには書けませんが、レガシィのAWD+ハイパワーエンジンのお陰で余裕綽々。
 なので、追い越し車線はかなりのペースです。2車線部分でも、クルーズコントロール上限の私をあっという間に追い越していきますからね。

 交通量が少ないのと、余裕がある設計のため、流れに乗れるなら車間が詰まることもなく、クルーズコントロールでほっておいても良い感じ。というより、ハッキリいって退屈です。速度の緊張感がないんですもん。
 しかし、それはそれでデメリットも。全体的に速度域が高いので、パワーのない車だと苦しそう。まぁ、東名の山北あたりのようなアップダウンはないので、坂を登る苦労はないのですが、ひとたび追い越し車線に入ればかなりの速度ですから、ついていけないかも。
 旧東明をペースダウンさせるトラックたちは、ここではついていけないかも。

 となると、2車線だとその速度差をカバーできません。やっぱ3車線がいいね。
 ちなみにはじめは3車線で工事していたのを、2車線に戻している場所が沢山あります。開通ホヤホヤなのに、もう白線を削ってる跡がある。もったいない。

新東名初乗り弾丸ツアー 掛川SA
 最近、やたらSA・PAに力を入れているNEXCOですが、その甲斐あって?新東名のSA・PAは大混雑。道路はガラガラなのに、SA・PAの入り口の坂には渋滞ができていました。
 そこでできるだけ遠い掛川で休憩。みんなこれより前のところに並んでるんですよね。

新東名初乗り弾丸ツアー 回らない風車
 浜松ではこんな光景が見られました。聳え立つ発電用風車の勇姿! …回ってない。
 常時回らないようなところで建設したのはどこの馬鹿だ?

 結局、我が家から浜松引佐まで240キロ余り。2時間半ほどでつきました。余裕があるのでペースが早いのに燃費が絶好調。密かにものすごい効果だと思います。

 帰りは若干交通量が多かったですが、御殿場までスムーズでした。ただ、広くてペースが速いからって無茶な運転をする奴は結構いますね。サイテーです。

新東名初乗り弾丸ツアー こちらは建設中
 引佐から先はまだ工事中。全然というところも多く、まだまだですね。目標は2020年でしたっけ?
 長篠城・古戦場のある新城市はちょうどこのルートにかかっていまして、今回の史跡巡りでは至るところで工事現場を見ました。

新東名初乗り弾丸ツアー 帰りは富士も
 帰りは薄曇りのなか富士山も。晴れてたら壮大でしょうね。山に近い分、富士山も綺麗です。

 帰りは前述のとおり御殿場で渋滞。こちらは短く、流れもあったのでまだよかったのですが、秦野中井を過ぎると恒例の大和トンネル渋滞が伸びていました。20キロを1時間。結局こうなるんですよね。
 昨年の夏にも書きましたが(こちら)、途中がいくら速くてもボトルネックがある限りは意味が無い。
 正直、新東名の整備よりも大和トンネルをどうにかしたほうが、渋滞緩和効果が大きい気がしますね。

 今回の旅は走行距離の9割が高速だったこともあって、長篠であちこち移動してもあまり燃費悪化が見られませんでした。
 走行距離516.3キロ、燃費は14.6キロ/リットルと好記録。行きに高速降りたときは15.5位いってましたからね。
 旧東明ではこんな燃費にはなりません。坂でかなりロスするし、なにより一定速度で走れない。この差は大きいですね。

 なお、昨日は仕事のことで岬まで行ってきたんですが、その往復も含めて途中給油なしでクリア。あわせて700キロ以上、燃費も13.3となかなか。レガシィ、エライ!


新発売のメッツ・コーラ 

新発売 メッツ・コーラ

 話題になっているメッツ・コーラを初めて飲みました。「脂肪の吸収を抑える」というトクホのコーラです。
 まぁ、コーラ飲むなら健康は諦めろって感じですがね。

 糖質ゼロなので、合成甘味料使っています。やっぱり後味が悪く、やや薬臭さが抜けません。
 舌がコーティングされるかのような甘味料の味は、炭酸のキレを失わせます。ということで、コーラとしては大幅減点。

 やっぱり糖質ゼロならペプシネックスが一番ですね。


お姉ちゃんの「おつかい」心得 

 5歳のお姉ちゃんは、昨夏に「初めてのおつかい」を経験しましたが、じつはそれ以来ご無沙汰。
 親としては色々経験させたいんだけど、忙しさにかまけてしまって、なかなか…。ダメですね。

 でも、本人としてはいつでも! と思っているようで、「心得」を書いていました。書かせたわけじゃないんですよ。
 なかなか面白かったので、晒してしまえ!

①へんなひとについていかない
②よりみちしない
③りてんしゃがきたらかべにくつくこと
④おみせがわかんないときちずおみること
⑤おみせについたらこんにちはとゆうこと
⑥たまごとおえかきちょうおくださいとゆうこと
⑦じゅうすとおかしがあったときわかわないこと
⑧ちゃんとおかねおわたす


 何を思って書き付けたかはよくわかりませんが、近所のお店までの地図まで書いていました(ビミョーにあってる)。
 「りてんしゃ」とか「を」が使えていないとか「ゆう」とか、誤記があるのはしょうがないとして、なぜ、卵とお絵かき帳を買うのか、よくわからんwwww

 ⑦番とか、厳しめに躾けてきたかいがあったな~。挨拶も人見知りなのでできないこともあるんですが、意識はしていることがわかりました。
 保育園で教わっていることもあるでしょうし、そういったことをきちんと吸収してくれているのは嬉しいですね。

 また「おつかい」にいってもらわなきゃ!


連勝なんて夢のよう! 2012 J2第10節 FC岐阜vs横浜FC 

2012 J2第10節 FC岐阜vs横浜FC

FC岐阜 0-2 横浜FC

 さすがに岐阜にはいけないし、スカパーの放送も生ではないので、結果だけ。
 前節昇格候補の京都相手に初勝利を得て、続けて最下位争いの相手岐阜に田原の2発で勝利!

 絶望の3月から雌伏の時を経て、ついに連勝です。まだまだ楽観するには早いですが、JFL降格すら恐れていたことを考えると、これだけ早く立ち直りを見せたことは実に嬉しい。

 また、手腕が未知数だった山口監督も、短期間のうちに着実にチームを蘇らせた力量は素晴らしいものです。評価するのは尚早ですが、現在の横浜FCにとってみれば救世主そのもの。あとは、どれだけチームを成長させてくれるか、ですね。期待します!

 ところで、オフィシャルHPに、「日本一走り勝てるチーム」(微妙に日本語がヘン)の京都戦の結果が出ていました。

総走行距離
 横浜FC 107.35km vs. 京都サンガF.C. 107.41km

スプリント(時速22km以上)総走行距離
 横浜FC 8.73km vs. 京都サンガF.C. 8.82km

 負けてますけど!

 京都相手に粘り強く戦って初勝利をモノにしたゲームですが、走行距離は負けてます。といっても差は60m、京都の99.94%ですから、誤差の範囲ですよね。スプリントでも98.98%。「走る」ことは大事ですが、距離だけの問題じゃないし、走り勝ってもゲームに負けては意味が無い。
 まぁ、お遊びの部類ではあるし、スポンサーのためでもあるのでこれ以上いいませんがね。


「勝手にスイッチ」第184回 

 いやはや、今日の停電?は参りました。まぁ、私が平日の昼間に家にいて、すぐに東電に連絡がついて、直ぐに対応してもらえたわけなので、タイミングとしては悪くなかったわけですが。
 あらためてありがたいなと思ったのは携帯電話です。停電ですから、家の電話も動かないわけで、携帯で連絡が取れるというのは、こういう時助かります。充電もしっかりしてあったので、これもよかった。充電用予備電池は必要ですね。

 技術者を待っている間、本でも読んでるか、とベッドに寝転がってみると、今度はインターホンが使えないことに気づきました。「呼び鈴」なら電気はいらないんですがね。しょうがなくリビングの窓際に移動。

 短い時間ながら、電気ないってのはめんどくさいな~と今更ながら実感。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.見知らぬ子に「急用があるからタクシー代を貸して」と言われたら
 ×貸してあげる
 ○貸さない
「お母さんの連絡先を教えて。今確認するから」でオッケーな気がしますが。

2.昔、ビックリマンシールを集めて
 ×ました
 ○ませんでした
シールだけとって、チョコを捨てちゃう子が問題になりましたね。ガンダムじゃないのでスルーでした。

3.もう、東京都尖閣諸島でいいんじゃね?
 ×同意
 ○同意しない
確かに政府はどうにもなりませんが、やっぱり国が対応すべきことですよね。

4.サウナに入ると、つい周囲の人と我慢比べをして
 ×しまう
 ○しまわない
サウナ好きなんですけどね。マイペース、マイペース♪ それより、サウナの後の水風呂がどうしても入れません。

5.首都直下地震で死者9700人という想定は
 ×過大
 △過小
これは難しいな~。意外とビルの倒壊は防げる気もするんですが…

6.先週お台場にオープンした「ガンダムフロント東京」に
 ○行ってみたい
 ×興味ない
一家揃って行くかもしれません。

7.女の子同士でキャンディ口移しとか
 ×きちゃない!
 ○…なんかいよね
衛生面言い始めると、子どもとチューとかできませんしねぇ。

8.私はその夜に見てた夢を
 ×けっこう覚えてる
 ○だいたい忘れてます
最近は夢を見たという意識すら無いです。爆睡ってことですね。


大ピンチ!? 電気がつかない! 

 今日は昨日の休日出勤の代休でした。
 ちょっとお出かけして、3時ごろ家に戻ってきたら、

 電気がつかない!

 停電か!?と思ったけど、別系統の電気を引っ張ってる空調は動くし、これはブレーカーが落ちたということになるわけで、さっそく玄関クロークのブレーカーをチェック。

 するとインジケーターに「異常」の表示が。

 漏電・・・?

 すぐに東電に連絡。今日は保育園で個人面談の予定だったので、ちょっといけそうにありません!と連絡して、技術者の来訪を待ちます。

 意外と早く来てくれて、すぐに原因が判明しました。
 原因は門柱の上につけている門灯。雨が入ったようですね。考えてみれば、ほかに漏電しそうなとこはないので当たり前の結果ですが。

 コネクタを外してもらって、復旧。まぁ、門灯はめったにつけてないからいいんだけど、なんだかなぁ。

 とりあえず、普通に生活できるのでホッとしました。


やっとこさ初勝利! 2012 J2 横浜FCvs京都 

横浜FC 2-1 京都

なんでこんな日に出勤なんだ~!

 ようやく訪れた歓喜の日、通常出勤でした(涙)。ここ数年、劇的な試合を見逃すことが多すぎです。

 監督コメント見る限り、ディフェンスから入ってゲームをコントロールした感じですね。いまの横浜FCに必要なスタイル。それをしっかり植えつけたあたり、モトさんもたいしたもんです。
 京都もまさかこの試合を落とすとは思ってなかってでしょうね。してやったり!

 コーチング等で最近はミスの多い関を思い切って代えてきて、シュナ潤が久々の出場。他にも先発メンバーをじわっと入れ替えて試合を作ってくるんですね。けが人が戻ってきたら面白いかも。
 さすがに昇格なんてことはいいませんが、台風の目になってほしいものです。

 30日は久しぶりに三ツ沢に行けそうです。私も勝利の瞬間に立ち会いたいですわ!


食欲大魔王再び 

食欲大魔王再び

 食欲大魔王こと我が息子は、自分の食べ物は誰にも譲りません。
 骨付鳥肉を食べた日、彼の苦悩は始まりました。

 軟骨部分が大好きなお姉ちゃんがむしゃぶりつくのを見て、弟くんも必死にかぶりつきます。しかし上手に肉の部分を食べられません。
 仕方なく私が肉をはずしてあげると、満足気にペロリ。

 いらなくなった骨は、軟骨狙いのお姉ちゃんの手に渡ろうとしたその時!

 うわ~~~~~~~ん!

 自分の食べ物が奪われると思った大魔王は、必死に抵抗。呆れ顔のお姉ちゃんが骨をお皿に戻してあげると、再び骨にかぶりつきます。

 お前は犬か!


花盛り♪ 

桜はほぼ散ってしまいましたが、それは本格的な花の季節の訪れでもあります。
先日はあまり咲いていなかったチューリップも、ほぼ咲き揃いました。

・チ・蝪シ・?テ・ラコ鬢ュツキ、ヲ

花壇のほうも冬に植えたビオラなんかが勢いが強くなり、隙間がなくなるほどに成長。長い間楽しめるのが嬉しいですね。
イヨテナ、簑ョトケ、キ、゙、キ、ソ

こんなに大きくなると、このあとどうすればいいのやら…


レガシィB4 初の車検 

 我が家のレガシィB4も購入から丸3年がたち、ついに初めての車検を迎えました。

 バブル期ならばここらで買い替えを検討するところですが、もちろんそんな余裕はありませんし、買い換えたくなるようなクルマがあるわけでもない。
 燃費が悪いことを除いては、非常に気に入っているので、当たり前のように車検を通しました。

 昔はインテグラでユーザー車検をやったりしましたが、そんな時間も気力もないので、割高とはわかっていてもディーラーにお願いしました。ま、ディーラーとの関係も大事なので。

 車検用整備以外の主な整備項目は、エアエレメント交換、ブレーキフルード交換、エアコンフィルター交換、ATFホース交換、Vベルト交換程度で、ブレーキパッドも随分残っているし、ほとんど特別なものはありません。さすがに今のクルマですね。3年ですからね。

 今までの法定点検をずっとディーラーで受けていたので、その割引もありましたが、それでも13万ほど。これから2年に1回この費用がかかるのか…。自賠責保険とか、任意保険に入っている身としては無駄な出費にしか思えませんね。

 走行距離は33000キロを超えています。チョイ乗りあり、通勤あり、ロングランありですから、よく伸びていますね。
 レガシィのいいところは、適度なサイズで街乗りでも取り回しに苦労せず、長距離でも疲れないところ。預けている間、実家のマーチ(先代)に乗っていたのですが、すごく乗りづらかったです。すぐに腰が痛くなったしね。長く乗り続けられる名車ですよ、ほんと。





「勝手にスイッチ」第183回 

 前回参加が遅くなったので、今週はチョッパヤ更新で。

 昨日の横浜FCですが、首位を走る湘南に3-2で惜敗。点は取れるようになってきたんですが…
 岐阜が勝利して、勝利なしは横浜だけ。く、苦しい。

 娘がピアノ教室に正式に通うことになりまして、30分ほどのレッスンを受けています。週1回でうまくなるのかわかりませんが、問題は家であまり練習をしないところ。気持ちがそこまで入っていないんですよね。本人はやりたいとは言うんですが、ホンネは如何なものか。
 子供のやりたいことを見つけるのは実に難しい。かといって、放ったらかしてもキッカケをつかめませんし、そのあたりの匙加減を考えないとね。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.いいともの「友達の輪」がなくなっちゃいました
 ×ショックだ
 ○そんなの前からないって知ってたよ
昔の連絡つかなかったとか、そういう時代のほうが面白かったですね。番宣ばかりで、計算されたメンバーじゃね。

2.「タッチ」の26年後を描く続編が連載開始です
 ×興味ある
 ○興味ない
40過ぎの南ちゃんか…。妙な符合ですが、こないだ全巻読んだとこなんですよね。今読んでも面白いなあと思いました。

3.赤坂に3LDKで家賃8万4000円の物件があります
 ×住みたい
 ○住みたくない
職場に遠いので。我が家は自然も豊かだし、いいですよ~

4.「言ってる意味わかる?」と言われると
 ×ムカッとする
 ○気にならない
言っちゃうこともあるしな~

5.ニャルラトホテプ(ナイアーラトテップ)という言葉を
 ×聞いたことある
 ○聞いたことない
はて?

6.京都・祇園の事故は、事故ではなく殺人事件だと
 ○思う
 ×思わない
続報を見るにつけ、狙ってるとしか思えなくなっているんですが…。華麗な動き見せたりしてますから。

7.北朝鮮が打ち上げの失敗をあっさり認め公表しました
 ○そりゃ認めるしかないだろう
 ×まさか認めるとは
せめて大気圏外までいければね~。発射1分じゃ、あかん。

8.今年のGW、私の予定は
 ×決まってます
 ○決まってません
仕事はカレンダー通り&休日出勤あり、なのです。嫁さんと子供たちは熊本の姪っ子のところにぶっ通しでいきますが、私は後半から。前半はお仕事もありますが、せっかくなので新東名使って長篠の古戦場でも見に行くかな。


国道16号 南町田の立体化工事 

 第2東名が一部開通したというニュースが盛り上がっていましたが、こちらも渋滞の名所、国道16号の南町田付近です。

 私の実家が南町田にありまして、私も一時期同居していました。しかしここがエライ地域で、どこへいくにも周辺が渋滞するというところ。
 町田街道・国道16号・国道246号に囲まれ、まず渋滞を抜けるところからお出かけが始まるという大変な場所です。まあ町田街道に関しては裏道なんかもあって、横浜の我が家との行き来は何とかなっていますが。

 最大のネックは、16号と246号が交差する南町田駅付近。南北に地上を走る16号の上を246が東西にオーバーパスで超えていくのですが、16号には東名横浜町田インターが接続し、さらに町田街道が246には接続するという交通の要衝です。16号は南下すると保土ヶ谷バイパスになりますから、交通量が多いし、南町田にはグランベリーモールなんかもできて、ここを通過する車以外に目的地とする車もやってきますから、もう大変。

 そこで現在進行しているのが、16号の立体化工事。246のオーバーパスの上を16号がさらにオーバーパスで飛び越えるというスゴ技です。それぞれ直進車は信号なしで通りぬけ、曲がる車だけが地上を走る状態にするわけです。東名との接続もスムーズになるはずで、完成すればすごい光景でしょうし、混雑も減るかな~。

 ま、完成はまだまだ先ですが。
 その工事の一端を見てみましょう。
国道16号 南町田①
 これは南町田から少し北に行った交差点の歩道橋から撮ったもの。ちょっと先に見えるブルーのシートがかかっているあたりが着地点になりそうです。となれば、このあたりは合流地点ですから、道幅も大きくとっていますね。

国道16号 南町田②
 歩道にそって南下。着地点に向かう陸橋の一部はできています。免震装置もありそうでした。このあたりは南町田駅の再開発も絡んでいて、フロンティアっぽいです。

国道16号 南町田③
 さらに南下して駅に近づきました。南町田駅ははじめグランベリーモール側にしか改札がなかったのですが、16号側にも改札を増設。駅前は再開発が行われる準備が進められています。16号の反対側は巨大マンションが立ち並んでいます。

 いつになったら完成するかな~


「勝手にスイッチ」第182回 

 またまた忙しくなってきて、スイッチの更新がこんなに遅くなってしまいました。
 会長主催のお花見も行けず(まぁ、三ツ沢に入ったんですが)、申し訳ございません。

 このところ忙しいのは、ひとつは自分の仕事ですが、嫁さんが忙しくなってきて、子供たちのお迎えを私がすることが増えてきているからでもあります。楽しいんですけどね。

 今週は前置きも少なく、この辺で。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.NHKのエイプリルフールつぶやきは
 ×問題ある
 ○何が問題?
エイプリルフールぐらい、のんきなことやってもいいじゃないですか。

2.私は、火曜日の嵐でひどい目に
 ×遭った
 ○遭わなかった
この日は午前中に暴風警報が出たので、職場も早く帰っていい、ということになり、さらに午後の早い時間に保育園からもお迎えの要請が。
クルマでサクッと帰って、お迎えに行き、2時半には家に帰りました。風はそこそこ強くなっていましたが、雨は降っておらず、楽チンに帰れましたよ。
その後雨が強くなってきましたが、ご飯も早く食べて8時過ぎには子供たちが就寝。安楽でした。
ただ、嫁さんは嵐が弱まるまで残業していたので、帰りが遅かったです。そっちは大変でした。

3.死刑囚が刑場の写真を見たいと言うなら
 ○見せたらいい
 ×見せてはいけない
自分の吊るされる場所を目に焼き付けてしまえばいいです。

4.歩行器に頼りながらも日本刀を振り回す97歳の老人を
 ○止める自信ある
 ×止める自信ない
たくさんの服を投げつければいいんです。

5.ポルシェ911のデザインは
 ○素晴らしいと思う
 ×素晴らしいと思わない
RRの良さを生かし抜いていますからね。なのでリアビューが特に好きです。
ディテールだけでなく、全体で911を表現できているところがすごい。でもカイエンは嫌いです。

6.今、朝マックすると朝刊が無料でもらえます
 ×マック行かなきゃ!
 ○別にいらねーよ
職場で読めるし。そこまでして読みたいものでもないし。

7.日本から漂流してきた漁船を、米国が撃沈しました
 ○適切な処置だ
 ×あまりに乱暴なやり方だ
ビルだって爆破する国ですから、合理的ですよね。

8.最近、欲しいと思えるものが
 ○ある
 ×ない
CB1100! あ~、バイク乗りて~



ようやく春爛漫ですね 

テル、゙、ュ、ハ、ャ、鬘「コ?ウォ

昨日、通勤途中に撮った桜です。寺家町はまだ満開ではないようですが、横浜もだいたい満開となりました♪
遅まきながら、春爛漫という感じですね。
冬が寒く、春の到来が遅かっただけに、日本の春の素晴らしさをあらためて実感します。

イ讀ャイネ、ホ・チ・蝪シ・?テ・ラ、筅隍ヲ、荀ッ

我が家のチューリップもようやく咲きました。朝からいい気分です♪


沖縄のひとって、こんな新聞読んでるの? 

 久々に新聞から。あまりにもあまりなので。

------------------------------------

民間地銃携行 一体、何を守るのか
2012年4月7日 琉球新報

 一体何から何を守るのか。長距離弾道ミサイル発射とみられる北朝鮮の「衛星」打ち上げに備え、防衛省が石垣島に展開した地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の警備で、陸上自衛隊員に実弾を装填した小銃や拳銃を携行させることが明らかになった。自衛隊施設以外では国内で初めてのことだ。
 PAC3が配備されているのは石垣港の新港地区で、自衛隊基地ではなく民間地だ。PAC3の発射台が空を向いて置かれているのも異様な光景だが、住民が平穏に暮らしている市街地のすぐそばで、自衛隊員が銃を携行する風景は尋常ではない。戦場なら敵の攻撃をかわすために必要かもしれない。しかしここは国内だ。住宅地に隣接する場所で携行する銃は住民に向けられることにならないか。
 銃の携行は自衛隊法第95条の武器を防護するための武器使用が根拠になっている。防衛省が国会に提出した資料では95条による武器使用を「警察比例の原則」に基づくものだと記されている。警察比例の原則とは警察権行使を最小限にするものだ。PAC3の警備による自衛隊員の銃携行は警察権行使と同じ水準であることが分かる。
 それならば、警備は警察に任せるのが筋ではないだろうか。実際に新港地区の入り口には5日から複数の警察官が配置されている。さらに自衛隊員が銃を携行する必要が果たしてあるのかとの疑問が湧く。
 2001年の米中枢同時テロの後、在沖米軍基地のゲートにはライフル銃で武装した兵士が警戒に当たり、テロ直後には本紙記者がゲートで銃口を向けられ、カメラを奪われた。昨年10月の米軍によるPAC3移動訓練では基地内でライフル銃を携行した憲兵隊が金網越しの県道で取材をしていた記者に写真撮影を中止するよう要求した。
 基地の島・沖縄が軍事色を次第に強め、その気配が基地のない石垣島まで広がることに違和感を覚える。国内初の実施も沖縄で実績作りをしているのではないかと疑ってしまう。
 そもそもPAC3の配備は住民の安全を守るのが目的だったはずだ。それにも関わらず、民間地域で自衛隊が銃を携行するとなると、市民に不必要な不安や懸念を広げるだけでなく、守るべき住民を敵視しているとも受け取られかねない。これでは本末転倒ではないか。


------------------------------------

 いやもう、ツッコミどころ満載で!
 これ、社説なんだぜ~。

>住宅地に隣接する場所で携行する銃は住民に向けられることにならないか。

 ならんやろ!

 そう思うのはキチガイサヨクだけだよな~。支那や北朝鮮あたりではそうなのかもしれないので、日本もそうだと思ってんのかな。いや、もう完全に頭おかしい。

>守るべき住民を敵視しているとも受け取られかねない

 この発想の奇妙キテレツぶりには言葉もありません。沖縄の新聞はやばいと聞いていましたが、ここまでひどいとは…。

 もう、北朝鮮のやってることなんてどうでもいいんだな。
 世界の軍事的対立のなかで、もっとも危険なのは日本国民vs自衛隊ということなんでしょうね。


食欲大魔王 

 我が息子は食欲大魔王です。出されたものは残さず食べるのはもちろん、食べ終わって他の人の分が残っていると、食べたくてしょうがない。
 物足りないと泣くし、食べたいものがすぐに出されないと泣く。もう大変です。
 食欲に任せて食べさせてたら、ものすごく太ってしまったので、現在ダイエット中。適度な食事にしてたくさん歩かせるだけですけどね。そしたら3ヶ月ぐらい体重変わっていません。といって、痩せ型になったわけでもありませんが。
 どれだけ太ってたんだか…。

す、酸っぱくないの…???
 さて、近所の馴染みの蕎麦屋さんにお食事に行きました。
 ヤツの食欲は食べられそうなものは何でも対象なので、レモンもこのとおり。果ては全具口の中に入れましたからね。慌てて引っ張り出しましたが、例によって泣かれました。酸っぱくないんか?


2012 J2第7節 横浜FCvsモンテディオ山形 

 前のエントリでも書きましたが、やや風が強いものの快晴で日差しも暖か。桜も八分咲きで、春うららか、という感じ。
 こういう日なので、三ツ沢の臨時駐車場もサッカー観戦以外の人が多く、試合開始2時間半前についたのに、入口で待たされることになりました。
 すでに広場は満車で、歩道に停めることに。係員さんの誘導で…う~ん、ギリギリ!

三ツ沢の臨時駐車場も混雑

 坂道も彩り鮮やかになって来ました。

桜咲く三ツ沢の丘 今日こそ…

 ビッグフラッグも美しい。今日こそ!

いい天気! ビッグフラッグも鮮やか


 さて、前節の草津戦は、先制されましたが粘り強く戦って永井の移籍後初ゴールで追いつきドロー。この流れをもっと進めたいところです。
 今年は横浜のサッカーをじっくり見よう、ということでなるべくバックスタンド観戦を増やそうと思っていますが、今日もバックで。

 先発は、
GK 関
DF 阿部・中野・スンジン・杉山
MF 内田・佐藤・高地・武岡
FW 大久保・カズ

 です。

 開始早々、ミラクルが。
 キックオフと同時にカズが左サイドハーフの内田へ。内田はすぐに寄せてきたカズにリターン。カズは左サイドでするするとドリブルでボールを運びます。そして高い位置にきたところで裏にボールをはたきます。追い越してきた内田がそれを受けてクロスを上げると、大久保がヘディングシュート!
 惜しくもシュートはバーを叩きますが、跳ね返りを初先発の武岡が頭で押しこみ、先制!
 なんと開始20秒、山形の選手が一度もボールに触れることなく、1点をもぎ取りました。すげ~!

 いい雰囲気でゲームに入れたこともあって、前半は横浜FCペース。
 初めて見る山口采配ですが、開始早々感じたことは、「ハマナチオ」でした。いや、守備が堅い、というわけではないですが。

 優勝を果たした2006年シーズン、高木琢也監督がとった戦術は、DFラインと平行にMFもフラットに4人並べ、低めの守備ラインでボールを奪ってからサイドをワイドに使ってカウンターを仕掛けるというもの。3ラインをコンパクトにすることで、ボール奪取を増やし、セカンドボールへのアプローチも高めます。
 その戦術の中核として活躍したのが山口監督。

 とにかくグズグズなディフェンスしか出来なかった開幕当初の横浜ですから、まずは守備面でベースを作りたかったんでしょうね。
 これがはまって、山形の3トップに仕事をさせません。リズムよくパスを回そうとする山形の攻撃を、コンパクトな守備で寸断します。
 ラインを崩して食いつくとギャップができるわけですが、そこも後ろでしっかりフォロー。まずまずです。

 ただ、攻撃はまだ形ができていません。06シーズンはアウグストというテクニシャンと、アレモンという飛び道具があったので得点を奪えたわけですが、内田がアウグストに近い働きはしても、大久保はスピードがあるわけじゃないのでカウンターに迫力が出ないんです。ここはカウンターとはまた違うビルドアップをつくっていかないといけないわけで、これからの課題ですね。

 先制し、ゲームを支配する、今季初めて見る状況に期待も高まりますが、水をさされたのが前半終了間際。
 後方からのボールに競り合った所でクリアの処理が遅れ、山形の秋葉にコロコロボールでゴールを奪われます。ボールへの出足が遅れる悪癖で失点。崩されたわけでもないのに、悔やまれます。

 後半、山形は球際で強くあたってくるようになり、ドリブルでの強引な突破も増やしてきます。横浜FCが苦手なスタイル。ややゲームの流れが傾きかけます。勝ち越したい横浜はカズを下げ、永井を投入。中央に大久保、右に永井、左に武岡の3トップに、トップ下内田という配置にして勝負に出ます。

 しかし、うまくいっていたハマナチオスタイルを崩したことで、中盤でのボール奪取が効かなくなり、出足が鋭くなった山形に押し込まれます。後半13分、右サイドで一瞬宮阪へのプレスが入らず、ミドルシュートを打たれ、反応が遅れた関の頭上を抜かれて痛恨の失点。
 このあたり、負けが混んでいるチームならではの勝負弱さ。逆にJ1でやってきたチームの軸の強さ、というのを感じます。

 横浜FCは苦しい時のジャンボ頼みで、ロングボールが増え、せっかくの永井投入もあまり生かせません。これは今季の悪癖。ビルドアップもままならず(これはボランチの不出来かな)、手数をかけすぎてシュートまで持っていけない。オフェンスはまだまだですね。
 32分に野崎を入れてサイドへの意識を高めて、再び攻撃が活性化しますが、勝ち越した山形は後ろに人数をかけて中央を固めますから、やはり、なかなかシュートまでいけない。

 それでも34分永井のヘッド、38分大久保のヘッドなどパワープレーで決定機を作れるようにはなって来ました。ただ山形GK清水の好守に阻まれます。最後は終了間際の決定機も佐藤が決めきれず、試合終了。

 いい形はできてきても勝利が遠い。
ほんとにどうしてよいのやら

 ただ、希望の持てるゲームではあったと思います。苦しい状況が続きますが、山口監督を信じるしかない。

 最後に…

 カイオとホベルト! サイン会やってる場合じゃないぞ! 小野瀬も一日店長やってないで!


 

2012 J2第7節 横浜FCvs山形 サクラ咲け横浜FC 

・オ・ッ・鮗鬢ア イ」ノヘFC

ホーム久しぶりの観戦は好天に恵まれました。
桜も八分咲きで、まずまず。

やや風がありますが、ここいらでサクラ咲け、横浜FC!!



郡内ツアー③ 武田勝頼と小山田信茂の最期 

 天正10年3月3日、新府城に火を放った勝頼は翌4日には勝沼に至ります。信茂は母を人質に差し出し、一足早く郡内に戻りました。
 勝頼は郡内に入るために笹子峠の麓まで辿り着きますが、この時点で多くの家臣が逃亡していました。ここで信茂の迎えを待ちます。
 しかし、東下する勝頼を追う織田信忠の侵攻速度は思いのほか速く、6日には甲府を占領、残党狩りを行い、信玄の弟信廉や子の一条信龍らが斬られました。

 ここで空白の数日間。

 9日、信茂の家人小山田八左衛門が勝頼のもとにやって来ましたが、彼は信茂の母を連れだして勝頼のもとを去ります。この時点で信茂は離反を決意していたことになります。
 翌日10には信茂の離反がはっきりし、勝頼は行き場を失いました。やむなく北上して天目山に向かいます。勝頼にしてみれば、あとは死に場所を探すということでしょう。

 信茂はこの間、何を考えていたのでしょうか。
 先にも書いたとおり、ギリギリまで引っ張った裏切りは、彼なりの迷いなのでしょう。信長に限らず、早くに降ったものは重用され、遅くに降るものは討たれるというのが、洋の東西を問わず法則的なものです。おそらく信茂はそれもわかっていた。
 信茂の計算を狂わせたのは、信忠の進軍の速さだったのではないでしょうか。岩殿山で防備を固めるだけでなく、北条氏との連絡もつけなければならない。そんな時間がなくなってしまった。この状態で勝頼を迎えても、郡内はあっというまに信忠軍に蹂躙されてしまうしかありません。

 郡内は甲斐国内とはいえ、別天地。小山田氏にとって父祖代々の地です。これが織田勢によって破壊されるのは、信茂には耐え難かったのではないか。
 ふるさとを愛する、というような現代的な感覚とは違います。しかし、「一所懸命」という感覚は生きていますし、繰り返し書いている通り元は独立した国人だったわけですから、武田氏を支えきれない状況になって以上、あとは郡内を守るしかない、と考えたのではないでしょうか。

 勝頼が、信茂の離反を知って、どのように反応したかは分かりません。天目山にむけて山中にわけいっていきます。


▼続きを読む▼

郡内ツアー② 郡内とは 

 さて、ここで地勢的に見た岩殿山の位置づけを確認してみましょう。

 山梨県は甲府盆地を中心に構成されており、その甲府盆地は北から流れてくる釜無川と笛吹川の沖積作用によって成立しています。山梨県の多くの都市は釜無川(甲府以南では富士川)と笛吹川の流域にあり、甲府市との連絡も川沿いに結ばれていて、甲府を中核とした地勢が構成されます。一般にはこの地域を国中といいます。
 しかしながら、東部の都留郡一帯はその甲府盆地とも山地で隔絶されており、実は山梨県と言っても関東との結びつきが強く、文化的にも関東色が濃い地域となります。「国中」に対し、「郡内」と言われます。小山田氏はこの郡内の所領であり、武田氏の家臣でありながら、やや独立性の強い存在だったと考えられています。

 地図を見てみましょう。郡内は山梨県の東部にあり、北から丹波山、小菅、大月、都留、富士吉田と在所が連なります。
 丹波山・小菅は多摩川水系の最上流部になり、奥多摩と結びついています。国中に出るには小説にもなった大菩薩峠が蟠り、車が通れるルートとしてはその北方にある柳沢峠という羊腸たる山岳ルートしかありません。
 大月は甲州街道、中央本線、中央自動車道が通る交通の要衝。相模川の上流ですから、川沿いに上野原を経て旧相模湖町に比較的容易に出られます。国中へは、笹子峠が立ちはだかっていて、古い峠道はこれまた狭くカーブが続く険しい道です。先の3ルートはそれぞれ笹子峠にトンネルを穿っていますが、長さ5キロ近い長大なトンネルです。
 相模川(桂川)は大月から南に折れ、遡ると都留市に至ります。狭小な盆地ですが、郡内の治所となった場所で、小山田氏の居館もここにありましたし、江戸時代も郡内の代官所がありました。国中で出るには大月を経るのが順当でしょう。大月から富士吉田には国道139号線が走ります。
 最後に富士吉田。富士登山の入り口として栄えた町ですが、山中湖・河口湖を控え、周囲は全て山地に囲まれており、都留との連絡のみ川沿いにつきます。国中へは、河口湖から御坂峠(これもすんごい峠道ですが)を通ることになります。
 
 郡内はこのように、国中と郡内の境に南北方向に山並みが連なって隔絶されており、桂川流域を軸とする一地帯をなしているのです(もっとも、現在丹波山村と小菅村は、大月や国中とを結ぶ公共交通機関は存在せず、奥多摩の一地域のようになっていて、郡内からでさえも離れてしまっていますが)。
 同時に、峠さえ越えれば相模・駿河に通じるため、険しいながらも交通の要衝でもあり、係争の矢面に立つ地点でもあります。そして、この枢要の地を治めていたのが小山田氏だったわけです。

 小山田氏は本領が武蔵小山田荘(現在の町田市。今も小山田の地名が残る)で、鎌倉時代に郡内に移り、戦国期は谷村(やむら)を本拠としました。現在の都留市中心部になります。郡内領のうち、小菅は小菅氏、上野原は加藤氏などが盤踞しており、小山田氏の支配は大月・初狩・谷村・富士吉田・山中湖の桂川水系を中心とする地域でした。
 戦国期、甲斐守護の武田氏とは争うこともありましたが、後に従属。独立性の高い国人領主として重きをなすこことになります。武田氏としても、郡内は甲斐東方の防御の要となります。特に北条氏との争いがあると最前線の防衛を担うことになり、小山田氏は重要な地位を占めることになります。

 郡内は面積的にも小さくなく、山梨県の面積のおよそ30%を占めています。小山田氏は武田氏の家臣でありながら、これだけの面積(すべてではありませんが)を所領としていたわけです。甲斐で他にこれだけの規模の国人領主といえば、河内地方を治める穴山氏があるのみで、これは武田氏の支流で御親類衆の立場ですから、それに並ぶ小山田氏の地位の重要さがわかります。
 岩殿山城はこの郡内領のうち相模と甲斐国中との交通を扼し、同時に郡内のうちでは貴重な平地である大月盆地を掌握する、小山田氏の第二の拠点として機能していたわけです。
 武田氏滅亡の折り、小山田信茂は武田勝頼に岩殿山に落ちることを勧め、勝頼もそれを受け入れました。強固な要害であると同時に、勝頼夫人の実家である北条氏の援助も期待しての判断だったと思われます。

 しかし、重要な土地である郡内も、生産力の低さは相当なものでした。当時重要なのは面積ではなく、土地生産性です。のちの太閤検地では甲斐一国でおよそ24万石、このうち郡内は江戸中期でも2万5千石と言われ、10%程度に過ぎません。2万5千石といえば、少なくないのかもしれませんが、実際には米を作れる場所も少なく、畑地などを換算した数値ですから、実収はもっと少なかったはずです。気候も厳しく、生活の厳しさは想像に難くないところです。領民の生業は山稼ぎが殆どで、食料は移入に頼らざるを得ませんでした。
 この他、富士吉田には、富士参詣者を導く御師が多く、多くの参詣者を集めていました。御師を差配し、入山を奨励することで入山料などを得ていたと考えられます。
  


▼続きを読む▼

郡内ツアー① 岩殿山城 

 歴史を学んでいると、大勢の人物の生涯に触れることになります。それが著名な人物であれば、伝記などで生まれてから死ぬまでを知ることができます。
 しかし、歴史上の人物というのはそれこそ星の数ほどいるわけで、ある人物に一瞬だけ関わって、そのシーンだけ登場して、そして消えてしまう人も多い。
 フィクションであれば、そのシーンのためだけに人物が創作されるわけですが、歴史上の人物となるとそうはいかない。親もいて、子もいて、幼少時代からの創作ではない実際の人生がある。様々な行動の中に、思惑があり、決意があり、

 戦国時代は大勢の「戦国武将」が登場します。人気のある時代だけに、家臣にも有名な人物が多い。しかし、優れた家臣でもその武将の「機能」として登場することが多く、その人生を語られることは少ない。人物についても「勇猛な」とか「知勇に優れ」という機能だけが説明されるに過ぎません。

 武田信玄は典型的な戦国武将として、ここで説明の必要のないほど知られています。家臣についても、著名人が多い。
 謀臣山本勘助に始まり、猛将山県昌景、「甲陽軍鑑」の作者に擬せられた高坂昌信(春日虎綱)、馬場信春、内藤昌豊、真田幸隆などなど。それぞれ活躍の機会もあり、武田信玄の人生があるシーンを迎えるたびに登場し、活躍します。逆に言えば、そのシーン以外では登場することもありません。

 信玄の家臣に小山田信茂(1545~82)という人物がいます。先の重臣たちに比べ、やや世代が若く、信玄より18歳年少、次代の勝頼の7歳年長です。信玄在世中から頭角をあらわしていますが、注目度は低く、大河ドラマ「武田信玄」には登場していません。
 唯一注目されるシーンは、武田家滅亡時。穴山信君が謀反し、織田信忠による甲斐侵攻を許した勝頼は、新府城を捨て落ち延びようとします。その際に小山田信茂が甲斐東部の所領に落ちることを勧めました。勝頼はそれに従いますが、笹子峠の麓まで来たときに信茂が離反したことを知ります。勝頼は東に行くのを諦め、そこから北上しようとしますが、滝川一益の追撃により、ついに天目山で自刃しました。
 そう、つまり信茂は穴山信君とともに斜陽の武田勝頼を見限り、その滅亡を早めた人物とされるのです。
 信茂は織田信長に投降しますが、「不忠である」として首を刎ねます。本能寺の変の時に一気に襲われて死んだ穴山信君とともに、「裏切り者の末路」としても話が良く出来ているので、信茂に貼られた「裏切り者」のレッテルは完全にこびりついてしまっています。

 しかし、ちょっと調べてみると信茂はタダモノではない。郡内地方を所領とする重臣で、川中島以来数々の戦いに参陣した歴戦の勇将であり、三方ヶ原の戦いでは最大級の戦功を挙げ、長篠の戦いでも劣勢の中最前線で戦い続けて戦線をなんとか維持しています。山県昌景に「文武相調いたる」と評されるなど、武田家を代表する人物であったようです。最後の「裏切り」のために汚名を被り続けているのですが、果たしてそれだけの人物だったのでしょうか。
 
 私の中でなんとはなく信茂についての関心が高まってきたので、ぶらりと信茂の足跡を訪ねることにしました。



▼続きを読む▼

変化が激しいEテレ 

今日の暴風雨はすごいですね。
保育園から引き取り要請の連絡がきたので、午後有給取って子供たちを引き取ってきました。
嫁さんは落ち着くまでは残業するそうです。

さて、ご飯作りながらEテレ見てたのですが、「おかあさんといっしょ」のまゆお姉さんが代わってるじゃないですか!!

よく考えると、Eテレは交代が相次いでるんですよね。
「シャキーン」のあやめちゃん、「みいつけた」のスイちゃんとか。歌が変わってたりするし。まいんちゃんも中2ですからそろそろかも…(歌と衣装は変わりましたね)

子供がいると、Eテレはやけに詳しくなります。結構楽しいんですよね~。
ただ、上の子が生まれてからしか見てないわけで、その頃から見てる人が代わると、ちょっと悲しいですね。まゆお姉さんとか、ずっと見てたわけで。
去年は「いないいないばあっ」のことちゃんが代わってビックリ。あやめちゃんもずっとですからね。

まだ下の子は二歳ですから、当分Eテレにはお世話になります。


「勝手にスイッチ」第181回 

 最近、またガソリンが高いですね。
 ハイオクは167~170円ぐらい。レガシィは街乗りでリッター8キロぐらいですから、この価格は結構キツイです。ま、燃費は目をつぶったんで、文句言っちゃいかんのですが。
 ただ、嫁さんが通勤で結構使うことが多いし、私も週に一度ぐらいは使います。ちょっともったいないですね。

 3年前の200円近い状態からすればまだましなんですが、せいぜい140円ぐらいにしてくんないですかね。
 私がバイクに乗り始めた頃は、レギュラーだと100円切ってたんですがね。今じゃ軽油すら当時のハイオクよりはるかに高いんだからな~。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.カンボジア代表になったからには、猫ひろしには頑張って
 ○ほしい
 ×ほしくない
いや、代表にはなってほしくなかったです。でもなっちゃった以上頑張らないとカンボジアの人に失礼ですから。サッカーでも代表のために帰化することは結構あるけど、長く日本に暮らしている選手ばかりだし、今回の件はやっぱり受け入れ難いですけどね。カンボジアの方々、本当にごめんなさい。

2.前田敦子はAKBを抜けても芸能界で
 ×生き残れる
 ○生き残れない
マスゴミ総出のゴリ押しで何とかやってるレベルじゃね~。そっくりさんで売ってるAV女優のほうが可愛いような気もするぞ。

3.財布の中には、期限切れのクーポン券やポイントカードが
 ×いっぱいです
 ○あまりないです
定期的に処分はしてますが…

4.黒柳徹子の前でもタメ口キャラを貫いたローラは
 ×すごい
 ○無礼だ
ま、黒柳徹子もけっこう無礼な人ですからお互い様ですけど。

5.「透明人間になってやりたいこと」で、やましくない回答が
 ×思いつく
 ○思いつかない
5分悩んで諦めました。

6.民放連次期会長「NHKが番組をネットで同時配信すると、民放を見る人が減る」
 ×そう思う
 ○ちょっと何言ってるか分からないですね
N(なんだか)H(ヘンで)K(狂ってる)

7.「ザク豆腐」をもう店頭で
 ×見かけた
 ○見かけてない
どこ行けば売ってんのかな?

8.音楽をかけっぱなしにして寝るのって
 ×好きです
 ○無理です寝られません
家で音楽流していることがまずない。


4月になりましたね 

 4月になり、保育園も進級です。

 お姉ちゃんはいよいよ年長さん。しかも女の子では、誕生日が一番早いのがうちの娘でして、女の子最年長!
 しっかりしてるんだかしてないんだか、よくわからないヤツなので、いろいろ心配ではありますが、0歳の時から保育園に通っている「ベテラン」ですから、頑張ってくれるでしょう。

 最後の運動会、最後の発表会、そして卒園式。うちの子だけじゃなくて、同じクラスのお友達もとても成長しています。その子たちとも今年で最後。今年はたくさん泣いてしまいそうです。

 弟くんは乳児の一番上のクラス。来年度から年少さんです。
 まだおしゃべりが覚束ない…というか、しゃべれてないのがやや心配。ま、成長には個人差がありますからね、焦らず焦らず。
 反抗期もまだだし、ちょっとした言葉やゼスチャーでいろいろアピールする弟くんは、ある意味可愛い盛り。
 今年はどこまで成長してしまうのか、ちょっとさみしい気もします。

 まだまだ赤ん坊と変わらないと思ってたのに…という、どの親にも共通するだろう思いを持って、また一年を過ごしていきます。


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。