≪ 2012 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2012 08 ≫
*admin*entry*file*plugin
2012年07月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レガシィの定期メンテナンス …オートバックスで 

 明後日から東北に行ってきますので、その前にレガシィの定期メンテナンスをしてきました。
 午後から行ったので、結構な混雑。失敗した…

 といって特別なことをするわけではありません。ただのオイル交換です。フラッシングもしてもらって、カストロールのEDGE5W-30を入れました。あとは細かいとこ見てもらって、特に異常なし。これで安心して旅立てますね。
 現在走行距離は36350キロ。東北ツアーで1500キロ近くは走るでしょうから、秋ごろ40000キロに到達しそうですね。
 状態はすこぶるいいので、まだまだレガシィで楽しみます。

 ところで、現在困っているのがナビ。なにせ前のレガシィに載せていたものを移植したので、とっても古いんです。地図データは2004年! HDDナビなので性能的に問題はないんですけど、いかんせん地図が古過ぎます。職場の近所に新しく開通した道とかも入ってないので、困ることも多い。
 そこでついでに地図データの更新をしようと思って聞いてみたら、なにせ機種が古いので在庫がないそうなので、お取り寄せ。残念ながら東北ツアーには間に合いませんでした。
 更新したらまた報告します。


スポンサーサイト

テホン、登録抹消 

朴台洪選手 登録抹消のお知らせ
2012年7月28日 18時00分 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、朴台洪選手(21)が右膝前十字靭帯損傷のため、今シーズンの復帰が難しいと判断し、登録を抹消することとなりましたので、お知らせいたします。
なお、朴選手は韓国に一時帰国し手術、治療に専念いたします。

朴台洪(Park Tae-Hong/DF)
■生年月日:1991年3月25日(21歳)
■身長/体重:185cm/72kg
■国籍:大韓民国
■チーム歴: 釜慶高校-延世大学校-横浜FC(2011年加入)


------------------------------------

 これは残念なニュースですね…。年代別代表にも選ばれるほどの選手でしたが、やや伸び悩み、昨シーズンも後半は出場機会に恵まれませんでした。
 今シーズンは捲土重来を期していたでしょうに、よりによって前十字靱帯とは…。最近では丸山桂里奈や山田直輝などがやってますよね。いずれも6ヶ月ほど復帰にかかるという診断でした。
 今シーズンもあと4ヶ月。たしかにシーズン中の復帰は難しいでしょう。

 まだ21歳、しっかり治して復帰してほしいものです。


熊本からイトコたちがやってきました 

 夏休みを利用して、熊本の姪っ子・甥っ子一家が遊びに来てくれました。
 といっても私は月・火・水と3日間、会議室に缶詰になるハードなお仕事。その間、みんなで東京ディズニーリゾートに行ってきてました。
 つまり2泊3日でシーとランド両方! いいな~。

20120724 TDR
 ホテル泊だとパレードまでゆっくり見られるんですよね。

 26日はようやく休みがとれたので、みんなで江ノ島水族館に行って来ました。
20120726 江ノ島水族館
 水族館としてはシーパラのほうが面白いかな~。でもイルカショーは会場が小さい分間近に見られてけっこう楽しめました。

 ところで、最近弟くんの自我が強く出るようになってきて、かなり大変です。ちょっとイヤイヤとなると泣き出したり、怒ったり。成長の過程なんですが、まだ言葉が達者じゃない分意思伝達がうまくいかないストレスもあるかもしれません。


ランニングフォーム 

 今のところ挫折せずに続けられている毎日のランニングですが、先週土曜から距離を延ばし、6.3キロ走っています。
 延ばした分は川沿いの道ですから(折り返し地点の橋を2つ先にしただけ)、平地部分が長くなっただけなんですが、やっぱりキツくて、最後にある上り坂2つでかなりペースが落ちてしまいます。

 頑張って走っていてもタイムもあまり縮まりません。初日はゆっくりで様子を見たのですが、48分台。これはさすがに遅すぎるので、翌日からペースを上げてみたんですが、それでも41分台まで上げるともう青息吐息。

 4年前は7キロ(ほぼ同じコース)を37分で走っていたので、自分の体力の落ち込みに悲しくなってしまいます。

 ところが、ランニングフォームについてちょっと教えてもらったので、早速実践。なにせ我流ですし、長距離は昔から嫌いだったので、フォームなんて適当に走ってましたからね。

 そのフォームというのは、「骨盤の前傾」です。
 腰椎がのっかってる仙骨を前傾させるイメージですね。具体的には腰を反らせて下っ腹を突き出すような姿勢を取る。
 そうすると重心が前にずれて、体が前に倒れそうになるので、足が自然に前に出るという寸法。ま、陸上経験者からすればそんなの当たり前なんでしょうけど、私にはかなり新鮮な感覚でした。

 これに腕のふりを少し大きくして、骨盤全体の動きを入れてやると、ストライドも大きめになって圧倒的にペースが上がりました。しかもけっこう楽チン♪
 まだフォーム導入初日で、そのフォームを維持することをメインに走ったのでさほど無理をしていないのですが、それでも39分台に入り、とても頑張った時より楽に2分短縮したのにはビックリ。

 課題としては着地する足がブレーキをかけるようになってしまうこと。腿の前外側の筋肉(大腿四頭筋)が疲れているので、多分効率が良くない。しっかり後ろに蹴って推進力をだしていかないとね。

 体重もここのところ停滞気味だったのですが、ランニング開始時より7キロ減。少しずつキレが戻ってきたので、これも走りやすくなった原因でしょうか。
 ただ、疲労は溜まっているので、どこかで足を休ませないといけないかも。苦しくても毎日やってるから続けられるんであって、休むのって勇気がいるんですよね。休んだ次の日にちゃんと再開できるかな、なんて。


「勝手にスイッチ」第197回 

 ランニング、現在も続いております。先週は子どもと一緒に寝てしまい、夜中に帰ってきた奥さんに起こされてから走ることが多かったので、11時とか12時以降に川沿いの道を走るという、不審極まりないことをやっています。
 雨も多くて嫌ですね。気温も低いから汗があまりでなくて、走った後のすっきり感が少ないのが難点。

 先週は5.3キロを走っていましたが、もう少し行けそうな気がしたので、昨日から6.3キロに伸ばしました。でも、昨日は朝某所で25分間走(中途半端…)+シャトルランのようなものをやって疲労が残った状態でしたので48分もかかってしまいました。今日も調子が上がらず、ようやく46分切るレベル。う~ん、遅いにも程がある…

 閑話休題。ようやく夏の旅行の宿を取りました。一人だからなんとかなるかな、と甘く考えていたら、山形戦観戦の前乗り、11日の山形の宿は取れず、一歩手前の米沢になりました。ま、次の日はゆっくりだからいいんですけど。
 三陸でのボランティア参加のための民宿はあと1日だけ取れず。平日なのにな…。
 でもなんかバタバタしていて、自分のスケジュールが分かりきっていないのです。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.清水アキラのモノマネが
 ○好きでした
 ×嫌いでした
口でやる鼓は私にもできます。村田英雄のやつね。

2.ホロコーストに関わった97歳の男性が発見されました
 ○断罪すべきだ
 ×今更捕まえてどうする
「関わった」ってどんくらいなんでしょうか?

3.いよいよ今週末、ロンドン五輪開幕です
 ×すげー楽しみ
 ○そんなに楽しみじゃない
もともとサッカー以外は興味なかったし、今回はサッカーも前に書いた通りどうでもいい感じになってるし、そうなると見たい種目なんて皆無。あ、聖火ランナーかなwww

4.反原発デモに参加した鳩山由紀夫は
 ×面白すぎる
 ○ちっとも面白くない
こいつのアホさ加減にも飽きました。腹が立つだけだから消えていいです。松山千春に負けたらおもしれ~な~。

5.小島よしおなら海パン1丁で高校野球の応援しても
 ○いい
 ×いいわけない
あと、エガちゃんもあのままでいい。

6.日本プロ野球選手会が、来年のWBCに不参加表明しました
 ×残念だ
 ○別に構わない
前にも書いた通り、MLBの新しい集金システムですからね。2度とも優勝しておいて不参加という壮大な勝ち逃げでいいんじゃないですか? 南朝鮮にリベンジするチャンスも与えないってことで。

7.ウナギがないならアナゴを食べればいいじゃない?
 ×同意する
 ○同意しない
やっぱうなぎがいいな~。

8.コーンスープにクルトンがいっぱい入ってると
 ×嬉しい
 ○嬉しくない
そもそもコーンスープがあまり好きではないので。


2012 J2第25節 横浜FCvs鳥取 

 鳥取との前回対戦では、カズゴールもあって5-2とスコア上は圧勝でしたが、えらい打ち合いとなったので思った以上に苦しんだ印象がありました。
 今節ではCB戸川が出場する他、千葉から移籍してきたDF藤本とFW久保がそろって出場が可能になり、前回とは違ったイメージのチームになりそう。ただ、前回2失点を喫した住田がいないので、やや安心。

 横浜は前節千葉に敗れ、仕切り直し。これからもコツコツ勝っていかなくてはいけません。ただ暫くは上位との対決が続くので、ここでしっかり喰らいついていかなくてはいけない。そのためにも今日の試合ではしっかり勝ち点3をとって、スプリングボードにしたいところです。

 横浜の先発は
FW 大久保・カイオ
MF 野崎・中里・八角・高地
DF 阿部・堀之内・スンジン・杉山
GK シュナイダー

 です。
 といっても、すツアーとは4-4-2ではなく、中里・八角・高地がトレスボランチを組み(八角がアンカー気味)、カイオと野崎がトップ下&サイドハーフという感じの4-3-2-1です。

 この試合、なにより脅威となったのは鳥取の新加入選手久保裕一でした。ポストプレーにしてもドリブルでの仕掛けにしても強力で、開始早々から存在感抜群。
 鳥取は横浜FCのボランチに厳しくプレスを掛け、両サイドハーフを高い位置においてサイドから速攻を仕掛ける戦術。これがはまって、横浜は前半、苦しい展開を強いられました。
 トレスボランチに関しては、両側の中里・高地がプレスに行くと、その背後を使われ、アンカーの八角が引き出されてさらにスペースを与える、という悪循環。中里は厳しいプレスのなかでパスにブレが見られ、苦しい場面が多かったですね。
 ボランチが機能しないので、横浜の「前進する保持」は見る影もなく、最終ラインからなかなか縦パスが入りません。大久保もやや体が重そうで、ポストプレーや競り合いに切れがない。

 逆に鳥取はサイドの森や尾崎などが躍動、たびたび突破をはかり、中央の久保を狙ってチャンスを量産。かなり強力な攻撃を見せられます。一度はゴールネットを揺らされるものの、オフサイドに救われました。この他にも危ないシーンが多々あり、前回対戦のときの失点を思い出させられます。

 そんな苦しい状況を救ったのは高地でした。すでに接触プレーで左脚を痛めていましたが、右サイドで得たFKを直接沈め、先制。味方に合わせるようなボールでしたが、GKの伸ばした腕を越え、急激に落ちてサイドネットに突き刺さるスーパーゴールで一気に状況が変わりました。

 先制された鳥取が前がかりになると、前線に少しずつスペースが生まれ、横浜のポゼッションも機能し始めます。すでに傷んでいる高地を前半40分に下げ、武岡を投入。これで八角・中里の2ボランチに戻し、守備も整理されてきてややペースを掴みました。

 後半、拮抗した展開が続きますが、終盤に一気にゲームが動きます。まずは後半30分。鳥取の奥山が抜け出してシュートを決めますが、オフサイドの判定。納得出来ない鳥取イレブンが気持ちを切り替えられない中、シュナイダーが素早く右サイドの杉山に展開。サイドを独走した杉山がクロスを上げると、ファーサイドを長駆疾走してきた阿部が決めて2-0! サイドバックながら最後尾から一気に駆け上がってゴールを決める、阿部らしい(2010年の初ゴールもそんな感じ)プレーでぐっと流れを引き寄せます。

 しかし鳥取の闘志はまだまだ全開。2-0というのはサッカーでは難しいというのは定説ですからね。2分後には鋭いカウンターを発動させます。
 セットプレーからの流れで久保がゴールを決め、2-1。やはりタダモノではなかった。こうなるとどっちに転ぶかわからないゲームです。

 そんなゲームを引き締めたのは後半27分にカイオに代わって投入されていた田原でした。圧倒的なフィジカルと懐の深いキープ、そして巧みなドリブルで横浜FCの攻撃を活性化させます。35分、左サイドのエリア内で鳥取守備陣を翻弄し、ゴール前に折り返します。これを野崎がゴールに叩きこみ、3-1。これで勝負あり!

2012#25 鳥取に勝利
 スコアだけなら完勝ですが、ホントに拮抗した良いゲームでした。ちょっとしたことで反対になったかもしれません。難しいゲームをものにできてよかったですね。
 横浜はややパス回しの精度も欠いていたし、研究もされている様子ですので、もう一段レベルアップしたいところ。シュートは横浜8本、鳥取は倍の16本。やっぱりあのオフサイドに救われた…。
 鳥取はかなりチーム力が上がった印象。後半巻き返すかも。


 ところで、今日はかなり無料チケットがでたようで、観客も1万人近く入りました。相手が遠い鳥取ということを考えると、ほぼ横浜FC側だけでこの数字。
 昨年までは無料チケット出してもこんなに入らなかったので、やっぱり勝ってるというのは大きいのかな、と思います。
 小中学生が多かったので、その前で3点とって勝ったことも大きい。少しずつでもファンを増やしていこう。


2012 J2第25節 鳥取戦 蒸し暑いなあ 

2012 �ェ�堤ャャ�抵シ皮ッ� 魑・蜿匁姶 闥ク縺玲囁縺�

千葉には敗れました…


しかし! これからもひとつひとつ戦うのみ!

勝つ!

くまモンすぎるお部屋 

 以前に何度か熊本のゆるキャラ、「くまモン」を紹介しています。三ツ沢にも現れ、フリ丸とも共演。ロアッソ熊本のチームマスコットではないものの(チームにはロアッソくんというのがいます)、アウェーチームに関する着ぐるみがやってきたのは初めてではないでしょうかね。

 地元でも版権フリーのため、あらゆるところに登場しているくまモン。あまりに定着していて、我が家の子供達にすら認知されています。お姉ちゃんなんて、たまに「くまもとサプライズ~」なんて口ずさんでるもんな。

 そしてついに…。

くまモンすぎる①
くまモンすぎる②
くまモンすぎる③

 ここまで来たよ! これ、ニューオータニ熊本で登場したくまモンルームだそうです。たぶん、うちの子たちは大喜び!



 ・・・落ち着かん。


WBCに不参加だってさ 

選手会がWBC不参加表明=スポンサー料などの問題で
7月20日(金)14時45分 時事通信

 労組日本プロ野球選手会は20日、大阪市内で臨時大会を開き、来年3月に開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加しないことを全会一致で決議した。新井貴浩会長(阪神)は「主催者側が代表チームのスポンサー権などを参加国に認めないという状況では、参加できない」と語った。
 労組選手会は、日本からのスポンサー料やグッズのライセンス収入なども全て大会運営会社に入る仕組みを問題視し、昨年7月の臨時大会で「改善されなければ参加を見送る」と決議。新井会長は「1年たつが、主催者側から何もアプローチがない。これからの世代のことを考え、出場しないという苦渋の決断をした」と経緯を説明した。
 日本野球機構は、昨年12月のオーナー会議でWBCに参加する方針を表明していた。加藤良三コミッショナーは20日、「出ないことの影響を真剣に考えねばならない」と述べ、選手会と早急に話し合う意向を示した。


------------------------------------

 もともとWBCはアメリカが主導で開催が決定したものです。メジャーがどういう心づもりかわかりませんが、サッカーのワールドカップが世界的に認知され、巨大なイベントとして莫大な収益を上げていることが頭にあったことは想像に難くないですね。
 実際、大会運営はメジャー出資の会社によって行われていて、大会収益の大半はそこを通してアメリカに流れているようです。

 日本はサッカーのワールドカップで、「代表チーム」による国際大会の楽しさを味わってしまっているから、プロ野球から代表選手を選んで世界大会に出場するのは、多くの人が望んでいました。しかしオリンピックで大会種目から除外されて、その情熱を向ける場がなくなったので、WBCに大きな期待を持って望んでいたと思います。

 そして2大会連続の優勝によって、サッカーよりもあっさりとその栄光を楽しむことができました。

 反面、予想外の訳がわからない組み合わせ方法(トーナメントのはずなのに同じチームと何度も対戦するとか)に疑問の声も上がりました。冷静に考えれば、野球が盛んで強力なチームがあるのは日米韓程度に限られ、大会そのものの質を上げるにはそういうチームが多く対戦せざるをえないわけです。
 しかし、プロリーグがあれば、そのリーグ戦と大会の兼ね合いの問題もあって、メジャーの選手などは出場に難色を示すことも多い。
 さらにいえば国内で「ワールドシリーズ」を名乗るアメリカでは大会そのもののプライオリティが低いのです。

 ・・・じゃあ、誰がこの大会を求めているの?

 となったとき、日本とか南朝鮮ぐらいしかないかなって気がします。実際日本企業が多くスポンサーには名を連ねていて、マスゴミにとっても有望なコンテンツだったのですが、その日本や南朝鮮に収益の配分が少ないとなると、なんのために盛り上げてお金出してんだかわからなくなります。
 商業化の道を歩んだとはいえ、オリンピックもワールドカップも、収益よりも国際大会を行う理念からスタートしたから良かったのです。それにくらべてWBCははじめから収益を上げるためのコンテンツとしてスタートしている。そこに大きな違いがあったということかな。

 それにしても過去の2大会を制している日本が参加しないとなると、大会の質が危ういですよね。
 有望なコンテンツを失うマスゴミは日本も参加すべきという論調を展開するような気がしますが、現状でも「優勝」という栄光はあっても日本のプロ野球としてはほぼ赤字だそうで、選手の怪我のリスクなどを考えると日本のプロ野球側はやりたくないんだろうな。

 個人的には、一部の国でしたやってない野球で「世界一決定戦」やってもしょうがない気がするな~。ま、勝ち逃げってことでwww



▼続きを読む▼

いよいよ本格的に「横浜FC香港」が誕生 

香港サッカーリーグ ディビジョン1に 『横浜FC香港』参入のお知らせ
2012年7月16日 16時00分 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、2012年8月より香港サッカーリーグ ディビジョン1に「横浜FC香港(YOKOHAMA FC Hong Kong)」として参入することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

【横浜FC香港(YOKOHAMA FC Hong Kong) 概要】

■法人名:YOKOHAMA FC HONG KONG SPORTS CLUB COMPANY LIMITED
橫浜足球香港體育會有限公司(中国語標記)
■所在地:UNIT 2808,NANYANG PLAZA,57 HUNG TO ROAD,KWUN TONG,KOWLOON,HONG KONG
■代表者:
代表取締役会長 小野寺裕司
代表取締役社長 太田博喜
■チーム名:横浜FC香港 (YOKOHAMA FC Hong Kong)
■横浜FC香港とは:
・初年度は、香港の20代前半の有望選手(U23代表・A代表)をベースに、経験豊富な選手を外国人選手で構成。
今後は、横浜FCの選手・指導者の交流等も積極的に行い、日本人のカラー・横浜FCのカラーを全面に出して、香港・アジアのサッカー界を盛り上げていく存在になることを目指しています。

■その他:
・8月1日~14日の期間日本にてキャンプを予定
・8月31日開幕


------------------------------------

 ついに公式発表されました。以前にマスコミに情報が流れたときは藤田俊哉参入などと噂されましたが、藤田はその後引退を表明しました。
 さて、面白い考えだとは思いますが、J2にいて、サポもさほど多くない横浜FCがここまでやる意義にやや疑問を感じます。
 女子にも参入(横浜FCシーガルズ)しますし、手を広げすぎなければいいのですが…。
 まずは根本である横浜FCを地道に育てて行かないと、と昔からのサポとしては思ってしまうのですがね。

 確かに若手に経験を積ませされるのはいいんですよ。ナソンスあたりはまだベンチ入りもしてないし、ここで試合に出られれば化けるかもしれないけど、実は小野瀬も結構出てるし、去年のルーキーでは佐藤・森本・井手口はレギュラー格。外に出してまで経験積ませる若手はあとは村井ぐらいかな。
 これからそういう若手を多くとって送り込む気かな?

 どっちにしろ、やや不安ではあります。


ダイエットについて 

 前の「スイッチ」でダイエットについて触れたので補足を。

 私は太りやすい体質で、しかもほっとけば結構量を食べるので、まぁ、重いです。
 ただ、背がそこそこで肩幅があり、いわゆる「ガタイがいい」タイプなのであまり肥満は目立ちません。お腹が出てきたのは分かりやすいですが、それでも思った以上に重いです。筋肉も結構あるからですが。

 ただ、「痩せる」ことにはあまり興味はありません。健康のために、とは思わなくも無いですが、けっこう暴飲(コーラ)暴食でもある程度からはあまり太らないのと、今更カッコつける気にもならない(もともとなってないけど)からです。

 実はこないだまで90近くあったのですよ。それでも50m走なら7秒2で走れるので、問題ない!ぐらいに思ってました。
 そしたら先月の肉離れ。重さも負担になったでしょうし、なによりダッシュ程度で肉離れということで、自分の運動不足による衰えが気になって来ました。
 保育園のサッカー教室でも、保護者がコーチと試合する時間があるのですが、あっという間に息切れ。体がついてこないのですな。

 もう一度サッカーが思い切り出来る体を取り戻したい!

 もちろん、肉離れからは安静&ストレッチに努めていました。ほぼひと月たって、通っていた整骨院の先生からそろそろ動かしてリハビリをしようと言われたので、それをきっかけに走ることにしたわけです。

 で、どうせ走るなら体重も落とせばキレが戻るだろうし、筋肉に負担も小さい。そこで食事制限を並行することで、ついでに体重を落とすことにしたわけです。

 まず走る距離に関しては、はじめはとにかく久しぶりのランニングだったので4キロ程度しか走れませんでした。けっこうゆっくりなのにね。それでも毎日コツコツ走ることで体ができてきて、2週間目から途中のインターバル&ストレッチをなくし、すこしずつ距離を伸ばしました。
 もちろん、今までの反省から、じっくりストレッチを前後にしています。

 5年くらい前に走っていたときは、7キロを37分前後で走れていました。まあ大したことないタイムですが、長距離が苦手で高校3年の時にマラソン大会さぼったぐらいですからね。ハタチを過ぎてから5キロ以上走ったことなんてなかったんですから許してください。

 それでも久しぶりに始めて見ると全然走れません。先週の月曜日が初日でしたが、4.7キロを40分近くかかりました。これは古傷の左足首の痛みのせいでもありますが。
 木曜日(12日)は雨がひどかったのと足首を休ませるためにお休み。これが効いてほぼ痛みがなくなり(アイシングは欠かせませんが)、金曜は4.8キロを35分台。土曜に5.3キロに伸ばして、40分弱。そして熱帯夜の今夜は同じ距離を37分まで縮めました。
 これでもまだ2キロ近く前より短いのですが、3週間目に入る日としては上出来かな。

 これからは暫くこの距離で頑張って、35分を切りたい。そうすればまた距離を伸ばそうかと。8月には7キロ走れるようになっていたいな~。
 ちなみにランニングコースは家からちょっと離れた鶴見川のサイクリングコース。川沿いは風が強いのでしんどい。伸ばす距離が中途半端なのは、折り返し地点となる橋を1つずつ先にしているからです。ついでにいえば、帰り道に長い上り坂が2つあるのが結構地獄です。

 というわけでランニングはこんな感じ。もっと走れる人は距離もタイムもずっといいのでしょうが、体力不足&運動不足&長距離苦手&重い私にはこれでも結構キツイので、いいトレーニングになっています。
 もちろん、水分補給は忘れずに。走る前と後に「アクエリアス・ゼロ」を飲んでいます。

 では食事制限はどうかというと、基本は3食ちゃんと食べる&間食カット&炭水化物減量です。
 
 朝食:家で食べられるときは、食パン1枚&野菜&蛋白質。時間がなくて(寝起きが悪いもんで)家で食べられなければ、職場でコンビニのおにぎりを一つ。野菜が不足ですが。
 昼食:コンビニのサンドイッチひとパック。なるべく野菜のあるもの。
 夕食:ご飯は半膳。あとは一般的な量を普通に食べます。ホントは夜を減らしたほうがダイエットとしてはいいのかもしれませんが、家族との食事ですから一緒の物を食べなくてはいけないし、ダイエットが目的ではないので。

 これであとは間食なし。暑いのでついアイスは食べてしまいますが…。
 朝昼が少なめですが、炭水化物は食べますのでちゃんと一日持ちます。もう成長に必要なエネルギーは必要ないので、本来はそんなに食べなくてもいいはず。ビタミンがやや弱いのが自分でも気になりますが、夜は野菜をちゃんと食べているのでカバーできてる…かな?

 ここまでやると、あっという間に体重も落ちます。今日でスタート時から5キロ減。昨日は三ツ沢でスタジアムグルメも楽しみましたが(大好きな「あしびうなあ」のソーキ丼&カーリーポテトフライ)、走ったあとはしっかり落ちていました。

 私の「キレ」にちょうどいいのは70キロ台前半。あと10キロぐらいですね。前回走っていたときは、けっこう追い込んでも70キロは切れませんでした。ある程度筋肉で重くなっちゃいますからね。
 今回はあまり追い込むつもりはないので、8月中にあと10キロ落とせればいいかな。
 あとはしっかり走れるようになって、ダッシュやサイドステップもトレーニングして、サッカーできる体にしたいと思います。

 さて最後に。ダイエットって勉強と似ている気がします。
 いろいろな「方法」が紹介されますが、それは楽してできるようになる方法ですよね。みんな楽して勉強ができるようになりたい、楽して痩せたいからそれに飛びつく。
 でもね、楽な方法はないんですよ、結局
 だってダイエットって要は摂取するカロリーを減らし、消費するカロリーを増やすか、でしょ? 摂取カロリーを減らすには食事を減らすしかないし、消費カロリーを増やすには運動するしかない。
 運動するなら、有酸素運動を30分以上はしないと脂肪の分解につながらないから、30分以上走るしかない。プールでもいいんだけど、お金かかるし、着替えやら面倒臭いでしょ? ランニングならお金はかからないし、時間もいつでもいい。

 結局ね、「徹底するかどうか」なんですよ。徹底すれば結果は出るし、どこかで手を抜けば結果は出ない。
 私はたいしたことはしてないけど、毎日やってる。ただそれだけです。

 勉強もね、楽に英単語が覚えられる方法なんてないでしょ? ただひたすら書いて使ってなんて繰り返すしかない。手を抜かなければいいだけなんです。
 ま、それがキツイんですけどね。

 でも、キツイからって手を抜いて、楽な方法を探すってのは本末転倒でござんすな。
 
 

▼続きを読む▼

「勝手にスイッチ」第196回 

 昨日の横浜FCの敗戦で虚脱しております。とりあえずお仕事の宿題に励んでおります。
 ところで、先月受傷した肉離れのリハビリにランニングを始めたわけですが、ほぼ二週間、1日だけ大雨で休んだ以外毎日続いております。もう完全にトレーニングに向かってます。
 始めは15分走・ストレッチ・15分走というメニューで一週間やって、その後は通常のランニング。現在は5.3キロです。足首の古傷の痛みも出てきているし、受傷したハムストリングの状態を考えて徐々に距離を伸ばしつつ、タイムはゆっくり。40分弱かけて走っています。
 やっと心肺機能も上がってきて、ランニング出来る体が戻って来ました。これまではチョー運動不足でしたからね。ちゃんと走れる体に鍛え直したいと思います。

 副産物はダイエット。正直痩せることに興味はないのですが、運動能力向上には体も絞らないといけないし、重いと筋肉に負担かけるので体重が落ちるのは歓迎。ついでに間食も断って、二週間で4キロは落ちました。
 正直、ダイエットなんて簡単スよ。食事制限して毎日30分以上ランニングすればいい。これ徹底すればすぐに体重落ちます。
 なんでいろんなダイエット法があるのかわからん。みんな楽に、いろいろ食べてでも痩せようとするからでしょうね。半端なことやってうまくいくわけないです。

 とにかくこれでキレのある身体を作りなおしてサッカーがんばります。

1.いじめ関係者の名前が透けて見える状態で放送したCXに一言
 ×よくやった
 ○それやっちゃダメだろ
なんらかの批判精神でやったとしても、姑息ですよね。現状では法的に「いじめ」が確定していない(例えば民事で判決が出るとか)以上、名前出すのはやっぱりマズイ。

2.英裁判所「サムスンのはiPadよりダサいからパクリじゃないです」
 ×笑える
 ○笑えない
劣化コピーというのは笑えますが、アイデアやコンセプトをパクることを認めているようで、さすがにマズイのでは。値段が安ければ少々デザインが劣っていてもそっちを買うという人も多いでしょ。

3.日本のホテルなのに、寝巻きにチョゴリが置いてあったら
 ×着る
 ○着ない
バカにしてんのか、とブチ切れると思います。速攻キャンセルかな。金かかっても。

4.赤ちゃんパンダがあっという間に死んでしまいました
 ×悲しい
 ○別に悲しくない
悲しいのはそれに踊らされている日本人。無駄金使わず、とっとと支那に送り返せ。

5.40歳定年でもその後の生活が保障されるなら
 ×働かない
 ○いや、働く
私、定年過ぎたってことですか…。もう少し働かせてよ。いや、お金の問題ではなく。

6.和田アキ子と小林幸子、私がより多くの楽曲を知ってるのは
 ○前者
 ×後者
辛うじて「あのか~ね~を~」を知っていたので。

7.宇多田率いる「クマちゃんの肌触りは世界一党」が実在したら
 ○支持する
 ×支持しない
すっかり「御意見番」状態ですね。そろそろ初期の楽しい楽曲聞きたいな。なんか、後半は凝りすぎてて…。

8.本物のロケット打ち上げに
 ○興味ある
 ×興味ない
すごく興味ありますね。魂を重力に縛られているのでなかなか宇宙(そらと読みます。当然ですね)へは上がれませんが、せめて発射ぐらいは見たいですね。種子島もいいんですが、内之浦宇宙空間観測所が一番見たい。糸川博士の系譜を引くM型ロケットの発射を担ってきたとこですから。「はやぶさ」もここから打ち上げられています。
辺鄙な場所ですが、地元の人との協力でできた、日本の誇るべき基地です。


2012 J2第24節 横浜FCvs千葉 

 何度も書いていますが、千葉戦は横浜FCにとっての天王山。急上昇してきた横浜が、上位に喰いこんでいけるかを見定める試金石ともなります。これで勝てないようであれば、優勝争いの資格はない!

 気合を入れて3時に家を出発。相手は千葉ですからね、前のエントリでも書いたとおり、混雑が予想されるので、会場30分前に駐車場に行きたいのです。
 で、3時半頃ついたら、臨時駐車場のメインスペースはもう満杯。出入口近くのスペースに止めることになりました。かえってラッキー

 もちろん、時間はかなり早いので息子を連れて馬術場へ。
2012#24 馬術場見物
 間近に見るたくさんのお馬さんに息子も喜んでおりました。

 その息子は…
2012#24 息子も一緒
 ちゃんとチームシャツも着て、準備万端!

2012#24 フリ丸と
 限定ユニを着たフリ丸ともパチリ。なんで下向いとんねん!
 でも、着ぐるみが怖くて今も近づけないお姉ちゃんに比べれば立派です。ちなみに我が家の階段の手すりにはフリ丸が座っているので、毎日おはよう&お休みの挨拶をする息子はフリ丸大好き。

 さて、今日は日差しが強いのと、ホベルト引退セレモニーがあるので、持っていたバックスタンドのチケットをアップグレードしてメインへ移動。メインは西陽が当たらないから、涼しいんですよね。

 ウォーミングアップ前に行われたサポ投票の年間MVP中間発表では、2位大久保を大きく引き離してシュナ潤が現在トップ。たまたまベンチにいたのでインタビューに応じていました。
2012#24 年間MVP中間発表
 最後に「昇格しましょうね!」というセリフに痺れました。

2012#24 ホベルト引退セレモニー
 ホベルト引退セレモニーは、家族も来て温かい雰囲気でした。誠実な人柄が伝わって来ましたよ。9年にもわたって日本でプレーしたホベルト。横浜FCでは短い時間でしたが、大きなインパクトを残してくれました。ありがとう!

2012#24 ホベルトとともに
 記念撮影ではホベルトも一緒。他の選手が隣をあけていて、カイオがそこに当たり前のようにやってきて肩を組んでいるのが微笑ましたかったです。


▼続きを読む▼

2012 J2第24節 千葉を倒せ!! 

2012  �ェ�堤ャャ�抵シ皮ッ� 蜊�痩繧貞�偵○!!

今日は早めに来ました。千葉戦だけに車の出足が早く、3時半ごろ着いたのに満車間近という状況でした。
天気はいいですが、かなり風が強く、試合に影響しそうです。

千葉サポも沢山入ってますね~。アウェイ側ゴール裏は売り切れだそうで。

20120715 莉頑律縺ッ諱ッ蟄舌→

今日は息子と二人で観戦です!

今年の天王山 千葉戦を前に 

 暑いですね~。今日は今シーズンの天王山ともいうべき、千葉戦です。アウェー8連勝など、急速に勝ち点を伸ばし、ついに7位まで食い込んできた横浜。これから優勝争いに加わるためには、上位陣にしっかり勝てないといけません。
 町田・岡山と下して、ついに迎える千葉戦。初勝利以来11勝を挙げましたが、この間上位陣との対決は大分ぐらい。これには破れていますので、今の横浜の強さが本当なのか、実はよくわからない。

 上位に通用するのか。
 ほんとに優勝争いできる力があるのか。

 難敵岡山に勝って、順位が入れ替わり、ついに「挑戦権」は獲得しました。
 ここで勝てないようであれば…。

 というわけで、もうすぐ出発。がんばろう!


 ところで、その千葉ですが、浦和から高橋峻希を獲得しました。甲府もFC東京から重松を獲得し、福岡もマリノスの狩野にオファーを出しているようです。千葉にはリカルド・ロボも加入していますし、湘南には札幌からキリノが移籍。
 夏の移籍ウィンドウで上位陣は活発に補強しています。

 横浜FCはホベルトの引退で外国人枠が空きました。CB・ボランチにやや不安があり、怪我人も多いですから、ここらで補強してほしいものですが…。


2012 夏の予定 

 夜になると雨が結構降って、まだ梅雨明けしないんだなあ、と思う今日この頃。
 それでも晴れているときの空気は確実に夏になってきていますね。7月も約半分が過ぎましたし、私も仕事が来週で一段落するので、ちょっと気分転換できます。

 さて、今年の夏はどこに行こう? ということなんですが、やはり今年は東北かな、と思っています。
 結婚以来九州か金沢という選択肢しかなかったもので、あまりバラエティがなかったんですよね。独身時代は、ほぼ全国をさまざまに回っていただけに、若干寂しい思いもあります。帰省も法事も大事なので不満があるわけではないし、家族での旅も楽しいんですけどね。

 ただ東北は今こそ行ってお金を使ってくるべきだし、なんらかボランティアもしてきたいと思っていたので、奥さんに相談したところ、一人で行ってきていいと許可が出ました。ただ見物するだけでなく、なんか働いてこい! という応援ももらったので、8月に3泊ぐらいで三陸方面に行ってきたいと思います。
 邪魔にならないように現状を見てきて、その上で2日ぐらいはボランティアで肉体労働してこようかと。大したことはできませんが、少しでもという思いです。

 後半にもあるグループに混じって磐城方面にオトナの社会科見学にも行ってきます。小名浜あたりを見てきます。

 あとはついでですが、8月12日の横浜FCのアウェイ戦が山形でありますので、これも日帰りか前泊で。行きは道路が混みそうですけどね。ただこれは19時開始の試合で、翌日9:00には仕事が入っているので帰りは超ハードです。

 出かける分、仕事頑張らなくちゃ!


みなさ~ん、バカにされてますよ~ 

「国民の生活が第一」が発足、国会議員49人が参加
2012年 07月 11日 21:27 ロイター

[東京 11日 ロイター] 消費増税法案に反対して民主党を除名された小沢一郎元代表らが11日夕、都内で結党大会を開き、新党が正式発足した。現在の民主党は「政権交代当時の民主党ではなくなった」とし、結党の理念である「国民の生活が第一」を党名とすると同時に党是とすることを決めた。
代表に選任された小沢氏は「もてる力を全力で発揮し職責を全うしたい」と述べ、消費増税法案を撤回させるべく行動していくとの決意を表明した。

新党には、衆参両院から49人の国会議員が参加(衆議院37人、参議院12人)。代表に小沢氏を選任、代表代行には山岡賢次氏、幹事長には東祥三氏があたる。

国民との約束を守る政党として、党名は「国民の生活が第一」とした。民主党が政権交代を実現した2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた基本理念を党名にかかげ、真正民主党を印象づける。

政権奪還に向けた詳細な政策は来週にも発表する予定。重点項目として小沢新代表は「まずは社会保障と税の一体改革に名を借りた実質増税だけの消費増税法案を撤回させるべく行動していく」と表明。増税前にやるべきこととして、東日本大震災の被災地を始めとする地方の復興と生活再建、地域主権確立のための行財政改革、スケジュール感を持ったデフレ経済対策を提示するとしたほか、新たなエネルギーの開発に努め、脱原発の方向性を鮮明にしていきたい、と語った。

その後の記者会見で小沢代表は、消費増税法案撤回に向けた内閣不信任決議案や首相問責決議案提出の可能性については「不信任案や問責決議案は国会運営の1つの手段として設けられているが、現時点ではそういうことではない。今は正論、王道でやっていく」とし、「良識の府である参議院で大増税への否決を期待する」と述べるにとどめた。

また民主党の鳩山由紀夫元代表ら消費増税法案に反対しながら民主党にとどまった議員らと連携し「どういう方向が国民のためになるかを基準に力を合わせていきたい」と語った。


------------------------------------

ぶわはははははははwwwww

 臆面もなくこう言えるのは、政治家ってのはよほど恥知らずでないといけないってことですね。
 ホンネは「俺様の選挙が第一」ってことはみんな知ってますが。
 
 「国民のwww生活がwww第一wwwwww」

 って草を生やしてやるとあら不思議、汚沢にふさわしくなりましたね!

 さ、誹謗中傷はこのくらいにして、まじめに考えます。
 人数が少ないし、第3極としては弱いですよね。ミンスが自民と共同歩調をとっている今、ミンス政権成立当時の捨民党や国民新党よりは人数が多いのに影響力はグッと少ない気がします。
 だいたい、このメンバーのうち、どのくらいが次の選挙で勝ち残れるのか。

 それでも汚沢が新党結成に踏み切ったのは…?

 耄碌したんじゃないの?

 政局が読めなくなってきてんじゃないですか? 汚沢といやあ、中身はともかく政局を読みきってこれまで政界を動かしてきたのに、自分たちの置かれた立場がわかりきってないのでは。
 だから先日の採決での造反者も意外と少なかったし、離党を撤回する奴も結構いた。野田にしてみりゃ、うまく膿を出したとも言える。

 次の選挙が見ものでっせ。本人は当選すると思うけど、党員の大量落選で引導が渡せるかもね。


オリンピックのサッカーをどう考える? 

ロンドン・オリンピック サッカー男子テストマッチ
日本 1-1 NZ

 改めて考えるのですが、日本サッカーにとって、オリンピックはどう位置づければいいんでしょう。

 ヨーロッパでは明らかにプライオリティが低い。多分この夏もユーロが終わって、完全にオフモードのはず。視線はもう2012-13シーズンの開幕に向いていて、移籍市場が賑やかな状態。体を休める時期でもあるので、オリンピックより休暇がほしい。

 ブラジルはけっこうオリンピック好き。若手選手にしてみれば欧州への売り込みのチャンスでもあるので、悪くないステージ。

 日本は、Jリーグの勃興期にはワールドカップと並んで重要な大会でした。23歳以下という制限があるとはいえ、若手に期待の選手が多く、その選手たちのステップアップの場として捉えられていました。
 アトランタ(1996)では川口能活、前園真聖、中田英寿、松田直樹ら錚々たるメンバーが顔を揃え、ワールドユース出場の経験を引っさげて参加、ブラジルを破る「マイアミの奇跡」を演じました。決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、その後彼らは日本代表の中心選手として活躍していきます。

 シドニー(2000)ではいわゆる黄金世代が、これまたワールドユース準優勝という実績からのステップアップを図るメンバー。小野伸二・中村俊輔・稲本潤一・高原直泰・柳沢敦らに、アトランタで飛び級参加していた中田英寿と松田直樹も加わり、ベスト8進出を果たしました。このメンバーが翌々年の日韓ワールドカップの中心メンバーに成長します。

 若干様子が変わってくるのがアテネ(2004)から。闘莉王・松井大輔・今野泰幸・大久保嘉人らがいますが、このチームがそのまま次のワールドカップへ、という感じではなくなります。歴史を重ねたJリーグも人材が豊富になり、上の世代が高い実力をもっていますから、オリンピック世代から数名が代表に呼ばれる、という若手の登竜門的な要素が見えてきました。

 北京(2008)では再び代表につながるチームとして現在もお馴染みのメンバーが名を連ねます。
 現在でも代表にコンスタントに出場するのは長友佑都・内田篤人・吉田麻也・本田圭佑・香川真司・岡崎慎司ら。ただちょっと違うのは、すでに多くの選手がフル代表を経験しているということ。つまり掛け持ちです。
 世界的に見れば、23歳といえばけっして若過ぎはしません。本当に実力がある選手ならそれぐらいの年齢でとっくに代表でバリバリやってます。メッシは22歳でバロンドールですからね~。

 さて、その日本代表選手も多くが海外に移籍するようになりました。ロンドン・オリンピック世代で言えば、登録メンバーでは酒井宏樹、酒井高徳、宇佐美貴史、清武弘嗣、大津祐樹ら。登録されなかったところで香川真司や高木善朗、指宿洋史、宮市亮など。正直香川なんてマンU移籍直後ですからオリンピックなんて出てる場合じゃない。海外クラブだってチーム作りの重要な時期に長期間離脱させたくないでしょ。
 こういったメンツからすると、オリンピックってなんだろうと思います。香川はフル代表の中心だし、酒井宏樹、宇佐美、清武、宮市あたりも呼ばれてます。伸びざかりの若手なら、オリンピックではなくて、フル代表でどんどん経験させたほうがいい。

 この傾向はこれからも進行するでしょうから、本気でオリンピックの位置づけを考え直す必要があると思うんですよ。
 簡単に言えば、若手B代表

 今回のメンバーで言えば、永井、扇原、東、山村なんてあたりは年代別ならともかく、フル代表ではまだまだ厳しい。だから定期的に招集してテストマッチを組むのは悪くない。トゥーロン国際大会なんかちょうどいい。ここでブレークすれば、とっととフル代表に送り込む。
 オーバーエイジ枠を使うなら、若手の当落線上の選手。正直徳永悠平はとうがたってます。吉田はほぼ同年代なのでまだいいけど、フル代表でいいでしょ。それなら森重あたりのほうがいい。

 もし、日本なりにワールドカップと同等のプライオリティを与えるなら、香川だって宮市だって呼ぶべき。無理してもね。オーバーエイジ枠だって、ボランチが弱いんだから長谷部あたりを入れようよ。
 このあたりはハッキリしないから、中途半端なメンバーだし、方向性も微妙。関塚さんも苦労してるんじゃないの?
 協会も欲をかいて放映権料とかいろいろ儲けたいからどうしても割り切れないし、でもオリンピックの価値はわかってるから、香川を呼ぶことはしない。

 マスゴミも悪い。オリンピックの位置づけを明確にしない(したくない?)。多くの日本人にとってオリンピックはスポーツの最高峰だから、サッカーだってそういうイメージ。そうじゃないと視聴率稼げないもんな。今日の放送もそのノリだからテストマッチという冷静さが感じられないですよね。
 そういうイメージに乗せられてるだけの「代表サポ」も結構いるんじゃないの?

 途中、NZのフリーキックのシーンで必死の表情で祈りを捧げるような姿の女の子が大写しになりました。可愛かったし、テレ朝としては狙い通りなんだけど、オリンピックのテストマッチで必死に祈る意味がわからん!

 私はNZに苦戦している日本を見て、アホか、と思ってみるのやめましたけどね。清武もあのプレーならまだフル代表では厳しいよ。だから「若手B代表」であるべきなんだと思うけどね。


「勝手にスイッチ」第195回 

 先週からリハビリで始めた夜のランニングですが、無事三日坊主にならずに今日まで続いています。土曜の夜の飲み会のあとも、夜中に走りましたよ。シラフですからね。
 日曜日までは15分走×2(途中ストレッチ)で、昨日からは休みなしにしてゆっくり4.7km走ってます。ランニングというレベルではなく、遅すぎるペースですが、それでも運動不足の身には結構こたえます。
 しばらく筋肉痛がとれなかったし、日曜の午前中にバスケをやったので、古傷の左足首がかなり痛み出して結構キツイ。まぁ、でも始めてしまったのでだましだましがんばります。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.オスプレイの事故率は、従来機よりも低いそうです
 ○信用できる
 ×信用できない
今となっては、なんでも新しく米軍がすることには必ず反対しとかなきゃ、というだけのように感じます。

2.民主を離党した奴としなかった奴、次の選挙で生存率の高いのは
 ×前者
 ○後者
前門の虎後門の狼ってやつですね。ただ、離党グループはかなり醜態を晒していますので、単純な勝負なら残留組のほうが高いでしょう。

3.ジェットスターという名前は、絶叫マシンみたいでやだ
 ○そうですね
 ×そんなことない
70年代の夢の飛行機の名前みたいな。

4.受刑者だって東電からの賠償を受ける権利が
 ×当然ある
 ○あるわけない
原発敷地内に移送するってことで。

5.ヒッグス粒子発見のニュースに
 ○心が躍った
 ×何がすごいのか分からなかった
ここのところずっと素粒子物理学の本を読んでいたので、文系的な理解では興奮しました。しかし素粒子物理学は想像を超える話が多いので、理解に苦しみますね。

6.生まれたパンダはマジで尖閣由来の名前に
 ○してほしい
 ×しないでほしい
他にもテンテン・アンアンとか、チベチベ・ウイウイとか。

7.米政府「人魚は存在しない」
 ○うん知ってた
 ×そんな…ウソだと言ってよ
改まって発表されると興ざめですね。こちらもシラフに戻ります。

8.ちゃんとした演芸場で落語を聞いたことが
 ×あります
 ○ないです
いきたいですけどね~。高校の芸術鑑賞会で、故柳家小さん師匠の落語を見ました。感動しました。


2012 J2第23節 岡山vs横浜FC 一つ一つ! 

ファジアーノ岡山 0-1 横浜FC
得点 野崎(後半17分)

 うぉ~~~~~~~っ!!!!

 岡山にも借りは返した!(前回対戦は三ツ沢で0-1)
 町田戦で地球を蹴っ飛ばしたカイオがメンバー入りせず、武岡・スンジンが復帰。しかし、誰が出ても高いクオリティで戦えるのが今の横浜の強さです。
 互いにシュートも少なく、監督コメントを見てもタフな試合だったようですが(e2では明朝放送)、しっかり零封しての勝利。これは素晴らしいですね。

 ついでに言えば、アウェー8連勝のリーグ新記録だと!

 では、順位。
1 大分 44
2 千葉 43
3 東京 43
4 湘南 42
5 山形 42
6 甲府 41
7 横浜FC 37
8 京都 37
9 栃木 35
10 岡山 35

 7位ですよ! ついに昇格圏が目の前!
 しかも首位グループが潰し合いをしているので、勝ち点差も急接近。首位にたった大分との勝ち点差はわずかに7!

 しかしね。横浜FCより上位のチームとの前半での対戦を見直すと、大分・千葉・湘南・山形・甲府には敗戦、辛うじてヴェルディにはスコアレスドローと、まったく勝てていません。ま、ハッキリ言うと弱いものいじめでここまで上がってきたわけです。

 そう。これからが正念場。

 その最初の戦いが次節の千葉戦です。いくらいいサッカーで結果も伴っていても、強豪に勝てなければそれまでのこと。6連勝以来見せてきた質の高い試合で千葉と戦えるか。後半戦を占う試金石です。これで勝てなきゃ優勝だの昇格だのいう資格はない。まだまだJ2で雌伏せねばなりません。

 しかし、アウェー連勝で借りを返し、準備は整いました。もう負けただけの相手は、この上位チームだけなんです。挑戦の資格ならある。

いざ戦え! 横浜FC!
つどえ! 三ツ沢の丘!

 

▼続きを読む▼

最後の夕涼み会は雨でした 

 保育園毎年の恒例行事、夕涼み会。年間3大イベントの一つです。盆踊りや、模擬店、お神輿、そして花火大会など、楽しいこといっぱいですが、やはり梅雨明け前なので雨が心配。
 午後、どんよりした雲の下で準備スタート。私はお姉ちゃんが入園した年から焼きそば作りのボランティアに参加しています。6回目なのですっかりベテラン。これが楽しくてですね、子供そっちのけでやってます。お姉ちゃんは今年で卒園ですが、弟くんがあと3年あるから、まだまだできる!

 しばらくすると乳児の部スタート。奥さんとお姉ちゃんもヨーヨー釣りのお手伝いに参加したので、弟くんは私の両親と一緒に遊んでいました。ま、押し付けたといいますね。盆踊りはかなり上手だったようです。私が合流した時には同じクラスの女の子を追っかけまわしてましたが。

 ところが、焼きそばが終わりかけた頃に雨がポツポツ…。やっぱりんもたなかったか(涙)
 イベントはこれで室内に切り替え。せっかくのお神輿も室内にセッティングされました。先生方も準備や手配が大変です。
最後の夕涼み会は雨…
 ちなみに右下の顔がお姉ちゃんの自画像です。

 お姉ちゃんは今年で最後の夕涼み会だったのですが、ちょっと残念ですね。花火も中止。
 運動会は晴れるといいな~


 

▼続きを読む▼

今さら何を? 

石原知事「黙って見ていてくれ」 都として購入方針
2012.7.7 12:08 MSN産経ニュース

 沖縄県・尖閣諸島国有化の方針について、記者の質問に答える石原都知事=7日午前、東京都大田区
 政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化する方針を固めたことについて、東京都の石原慎太郎知事は7日、政府から国有化方針を伝えられたことを認めた上で、「結構なことだが、これまでの経緯もある。黙って見ていてくれと伝えた」と話し、あくまで都として購入を進める考えを示した。

 石原知事は「都庁に長島昭久首相補佐官と副官房長官が来て、『国が買うことにしました』」と言って来た」と説明、地権者と交渉してきたいきさつなどを挙げ、「いったん都が買うと答えた」とした。

 また、地権者からも電話で連絡があったことを明かし、「(地権者は)『国から買いたいという話がきたが、石原さんにしか売りませんから、安心してください』ということだった」と語った。

 記者団からなぜこの時期に伝えられたと思うか、と問われると、石原知事は「単なる人気取りじゃないか」と一蹴した。


------------------------------------

 多分多くの人が思っていると思いますが、ミンス党のことだからこうやって石原さんと尖閣問題を切り離し、そのうえで「購入」を有耶無耶にしようとしているじゃないですかね。
 石原さんが尖閣購入を表明したのが4月。その日のうちに政府も官房長官の談話で「必要ならそういう(国有化の)発想で前に進めることもある」と牽制してきました。しかしその後は音沙汰なし。
 逆に都や石垣市には募金が殺到し、現在に至ります。

 ホントに国有化するなら、この2ヶ月何をしていたのかと。

 支那の圧力に腰が引けているミンス党にはこの問題の対応ができるわけがない。

 あ、購入してから献上しようというのかい?

 どうやら地権者と石原さんとの間には信頼関係ができているようですから、このままやってほしいと思います。





完全に舐められてますな 

韓国、自国の大陸棚延伸申請へ…沖縄トラフまで
2012年7月6日08時22分 読売新聞

【ソウル=門間順平】韓国外交通商省当局者は5日、東シナ海の自国の大陸棚を、沖縄近海の海底地形「沖縄トラフ」まで延伸することを認めるよう求める申請書を、月内にも国連の大陸棚限界委員会に提出すると明らかにした。


 石油や天然ガスなどの開発権を確保する狙いだが、日本と中国が自国の大陸棚とする海域と重なり、今後、日中韓の外交摩擦に発展する可能性がある。

 韓国が拡張を目指す大陸棚は約1万9000平方キロ・メートルで、韓国の国土面積の約20%に相当。韓国の排他的経済水域(EEZ)外だが、済州島(チェジュド)南方から延びている大陸棚だとして、韓国に属すると主張している。ただ、同委員会の認定で大陸棚の境界が画定するわけではなく、画定には当事国同士の協議が必要となる。


------------------------------------

 朝鮮半島は滅んでいいと思います。

 似たような主張は支那もしていますがね。これまで弱腰でずっときた日本の外交を舐めてやがりますよ。

 日本海にしても東支那海にしても、メタンハイドレートを始めとする海底資源の採掘が現実的になってきています。
 先だっても兵庫県が独立総合研究所と協力して日本海でメタンハイドレートの埋蔵地を調査し、有望な結果を得ています。

 となれば、居直り強盗根性が染み付いている支那と朝鮮が喰らいついてくるのは時間の問題と思っていましたが、ずいぶん早く釣れましたね。
 しかも沖縄トラフを南朝鮮が自国のものと主張するという発想は、呆れ果てますが。

 こんな国と友好関係を結んでいる必要性を感じないし、経済協力なんてもってのほか。冷静且つ冷淡に協力関係を断絶していくというのが良いのではないでしょうか。とりあえず通貨スワップなんかやめちまうとか。

 これから日本が資源を自前で調達していこうとするなら、本気で支那と朝鮮のゴロツキどもと全面対決する覚悟を決めないといけないと思いますよ。


マウリッツハイス美術館展が始まった 

 今週から上野の東京都美術館で「マウリッツハイス美術館展」が始まりました(こちら)。

 マウリッツハイスというのは、オランダのハーグにある美術館で、一般には「王立美術館」といわれます。小規模ですが、なんといってもフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」やレンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」などの名作があるところとして知られます。

 美術館が今年から改修工事ということで日本に作品がやってくることになりました。目玉はもちろんフェルメールですね。すでに各所で大きなポスターが見られます。

 私は05年に新婚旅行でオランダに行っていて、このマウリッツハイスも足を運びました。「真珠の耳飾りの少女」について言えば、ついさっき描き上げたと錯覚するほどに潤いを感じさせる瞳や唇がものすごく印象的でした。
 「テュルプ博士の解剖学講義」が見られないのは残念ですが、「少女」に再び会える日が来るなんて、嬉しいですね。
 レンブラントは自画像などは見られるようですね。

 ルーベンスの「聖母被昇天」も来ますし、それなりに充実した展覧会になりそうです。

 ばっちり夏休みにかぶっている上、「真珠の耳飾りの少女」について必要以上に宣伝しているので、混んでいるかもしれませんが、楽しみです。時間を見つけて絶対行くぞ!


「勝手にスイッチ」第194回 

 今年もついに後半戦に突入しました。あまり梅雨っぽくないですが、暑くなってきて苦手な夏が本格的にやってきます。
 肉離れをしていた左足はずいぶんよくなりまして、日常生活には支障がなくなりました。ただ、ダッシュが出来ないので困ります。今日から少しずつランニングをしてコンディションを整えていきます。同じとこ二度やらないようにちゃんとケアしないといけません。

「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪(日ス輪)について、詳しくは「atsuのB級ニュース批評」をごらんください。

1.「脂肪にドーン」という表現は、誤解を生むと
 ×思う
 ○思わない
でもあれ、濃くて渋くて美味しいです。

2.哲学書を読み、小論文を提出したら刑期4日短縮というのは
 ○割に合う
 ×割に合わない
期間よりも、簡単に縮まってしまうことにびっくりデス。

3.外国人が霞が関と霞ケ浦を間違うのは
 ○仕方ない
 ×仕方なくない
日本語難しいですからね。やたら母音が多い名詞も大変なのでは?

4.ついにレバ刺しを食べることができなくなりました
 ○悲しい
 ×どうでもいい
中延で食べたレバ刺しのめちゃくちゃウマイのを思い出します。残念。金曜日、嫁さんの誕生日だったので焼肉屋に行ったのですが、もう扱っていませんでした。ま、中延の店も冬限定でしたけどね。

5.小野ヤスシが元ドリフだったって
 ○知ってた
 ×知らなかった
どんなことしてたかは知りません。荒井注ほど知られてないんですかね。

6.「犬税」を導入すればペットの糞害は
 ○増える
 ×減る
目的=払うのが嫌だから片付けよう
現実=払ってるから役所で処理してよ

7.「えちごトキめき鉄道」という会社名は
 ×いいセンスだ
 ○酷いセンスだ
いちいちなんかいれないとダメなの?

8.キャベツの千切り、タマネギの微塵切りが
 ×得意です
 ○苦手です
こればかりは料理経験豊富なのに上手にならない。残念。


2012 J2第22節 町田vs横浜FC 

 生憎の空模様ですが、後半戦のスタートですから気合入れて野津田にやって来ました。
 昼まで仕事でしたので、小田急で鶴川に出て、シャトルバス。雨の中動きまわるのも嫌なので、座席についたらポンチョ着込んで座りっぱなしです。ヒマ~。
 野津田は改修工事中ですが、設備よりもアクセスの悪さは難点ですね。路線バスはほとんどなく、公園全体の利用者を考えて駐車場も使えない。
 我が家から距離だけなら近いのですが、公共交通機関では厳しいです。帰りは鶴川までタクシーで戻りましたが、そこから帰るには柿生からのバスも終わっているし、町田回りだと時間かかりすぎだし、大変です。結局柿生からバスに乗り、途中で奥さんに迎えに来てもらいました。
 来年は考えないとな~。

 さて、前節は福岡との痛み分けに終わり、不完全燃焼。スンジンも負傷するなど苦しい台所事情を考えると、前回対戦で苦杯を舐めさせられたとはいえ、最下位の町田相手に負傷選手を休ませつつ勝ち点を稼いでいかないといけません。

 先発は
FW 大久保・カイオ
MF 高地・中里・佐藤・野崎
DF 阿部・森本・堀之内・井手口
GK シュナイダー

 です。スンジンの代役堀之内はコンディションさえ良ければ安心。しかし武岡・八角がそろってサブにも入っていないのが気になります。
 サブには難波が久しぶりに入りました。

 と、観戦記を書き始めたはいいものの、雨でよく見えないわ、トラックがあるからピッチは遠いわ、メモも取れないわでまともに書けそうにありません。
 スカパーの放送も朝5時なので、とりあえず印象だけ。

 雨というコンディションもあるのでしょうか、丁寧にパスを繋ぐというサッカーはああまり見られませんでした。しかしこちらも負傷者が多い町田は、中盤では出足も鋭くプレスを掛けてきたもののサイドががら空き。
 横浜の仕様とはとはちょっと違いますが、カウンターが非常に有効でした。これは大久保・田原のコンビではなく、カイオを使っているせいもありますね。
 先制はそのカイオのヘディングですが、クロスを上げた大久保を走らせたのは井手口からのロングボールでした。大久保の飛び出しに対応できなかった上にカイオのヘッドも打点が高く、町田ディフェンスも為す術もないというところでした。

2012 J2第22節 町田戦 ゆりかご
 ゆりかごですが、遠すぎですね。携帯じゃ無理がある。

 町田のCB2人は本来がボランチの選手。ここぞというところでの寄せやクリアが甘い感じでした。横浜FCとしてはゴール前まで押し込んでいけば何とかなる、という気がしてしまいました。2点目、3点目は特に。

 ディフェンスでは、前回対戦でやられた平本のポストプレーにしっかり対応。それでも結構危ないシュートを浴びていたのは反省点です。ポストにも救われたし、シュナ潤も好セーブを連発していました。

 後半ゴール裏のサポの前でゴールを決めてくれたのは小野瀬。初のユース出身選手によるゴールということで、感無量です。だいぶゴール前での落ち着きが出てきましたね。
 2点目は左サイドから細かいタッチのドリブルでエリアに侵入し、自ら打って決めたもの。そういう積極性がよかったですね。これまでやや遠慮がちで、パスを選択することも多かった小野瀬ですが、これでブレークできるか?
2012 J2第22節 町田戦 快勝!
2012 J2第22節 町田戦 小野瀬!

 結果としては0-4で圧勝となりました。しかし、全体としてはやや雑なゲームながら町田の不出来に救われた感じ。「リベンジ」は果たしたものの、不安が残る部分が多いです。しっかり修正して次節の岡山戦でも「リベンジ」を果たしてきて欲しいですね。私の誕生日ですので、勝ってほしいな~。

 あ、そういえば田原が髪切って普通のあんちゃんになってたね。


2012 J2第22節 雨の町田戦 

2012 」ハ」イツ陬イ」イタ? アォ、ホトョナトタ?

恨めしくも的中の天気予報…

今日から後半戦です。「リベンジ」と「返り討ち」を合言葉に頑張っていきましょう。
とりあえず町田戦は三ツ沢で鈴木のハットトリックを含む4失点という痛恨のゲームでしたので、しっかりお返ししたいね。

怪我のスンジンのかわりには予想通り堀之内が入りました。対する町田には鈴木は勿論、散々やられた平本がいます。しっかり捕まえないとね。

ところで、野津田はよく近くは通っていますが、スタジアムは初めて。鶴川からシャトルバスできましたが、時間かかりますね~。我が家からは直線距離ならかなり近いけど、アクセスがよくないから気分的には三ツ沢とかわりません。
バイクがあったら20分だなあ。



chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。