≪ 2014 10   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2014 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014 J2第42節 横浜FCvs北九州 

 いよいよ、今シーズンも最後、42節です。昇格こそなくなりましたが、最後のホーム、意地を見せて欲しい。
 すでに山口監督の契約満了などが発表されていますが、他にも別れが。
2014 11-23 1

 ヒュンメルの契約非更新は驚きました。ショック。
 Jリーグ昇格以来ともに戦ってきてくれたヒュンメル。独特のデザインは、単にチームが採用している、というだけでなく、多くのサポの心を捉えました。スタンドを見渡しても、横浜FCグッズ以外のヒュンメルアイテムを身につけている人の多いこと(ワタシもそうですが)。
 こんなこと、他のメーカーではないでしょ? 試合終了後のセレモニーでの温かい拍手がその結びつきの強さを物語っていると思います。どういう事情かわかりませんが、すごく残念です。
 私はこれからもヒュンメルを愛し続けます! …だから、最後のヒュンメルショップ、お目当てのエナメルバッグとかなかったけど、たくさん買いましたよ~。
2014 11-23 13
2014 11-23 14
 ユニフォームサプライヤーに対して、こういうセレモニーって珍しくないですか?

2014 11-23 4
2014 11-23 5
2014 11-23 19
 マネージャーの下久保さん、ヨンデコーチ、芝田コーチ、中村コーチも退任の模様です。芝田さんは岸野さんと一緒に来て、結構長くなりました。私、2011年に北九州の遠征先でばったりお会いしたんです。懐かしい。

2014 11-23 3
 山口監督ラストゲーム。私も色々いいました。プロは結果がすべて。でも、この試合は勝って、最後をともに喜びたいです。

 なお、奥寺さんはAFCの殿堂入り、おめでとうございます。花束のプレゼンターはカズでした。
2014 11-23 2

 先発は、
FW 黒津・野崎
MF 内田・寺田・渡辺・野村
DF 中島・西嶋・野上・小池
GK 南

 両松下やドウグラスが累積警告で出場停止。CBには西嶋が起用されました。


▼続きを読む▼
スポンサーサイト

ブラインドサッカー世界選手権 日本vsモロッコ 

 このところ、急にメディア露出が増えた「ブラインドサッカー」
 ご存知ですか? いわゆる視覚障がい者によるサッカーです。4年に一度の世界選手権が、今日本で開催されています。

 ルールなどは、ブラインドサッカー協会のサイト(こちら)をご覧いただきたいと思います。
 昨日行われたグループリーグでは強豪フランスと1-1で引き分け、これでグループリーグ1勝2分で見事決勝トーナメント進出を決めました。

 私はさらにその前の日、第2戦モロッコ戦を観戦してきました。早くからチェックしていたんですよ~v(^^)v

 会場は代々木公園フットサルコートです。特設のスタンドがあり、私は見やすいようにメインで観戦しました。
 ゴール裏にはちゃんと日本のサポがいて、試合前はコールもしていました。
2014 11-19 1
2014 11-19 2

 目につくのはフェンスです。ブラインドサッカーではタッチラインはなく(ゴールラインはある)、このフェンスを利用してプレーすることも出来ます。アイスホッケーみたいですね。

2014 11-19 3
 試合開始前のセレモニー。両国国歌が斉唱されました。私の目の前には在日モロッコ人の集団がいて、最初ちょっとビビリました。

2014 11-19 4
 これがゴール。4人のフィールドプレイヤーは目隠しをしてプレーします。GKは晴眼者です。これはモロッコゴールですが、ゴールのすぐ後ろにいるのは日本人。プレーヤーではありませんが、れっきとした“選手”です。コーラーといい、ゴールの方向などを声で指示します。

 ブラインドサッカーは音が頼り。GKやコーラー、そして監督の声による指示で、自分の位置や相手の位置、ボールの動きなどを把握します。だから、プレー中は応援禁止。声を出さないように、固唾を呑んで試合を見ることになります。


▼続きを読む▼

横浜FC 山口監督契約満了 

山口素弘監督 契約満了のお知らせ
2014年11月13日 16時00分 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、山口素弘監督(45)との契約を2014シーズンで満了し、来シーズン(2015年)の契約を更新しないこととなりましたのでお知らせいたします。
 なお、2015シーズンの監督は決まり次第、お知らせいたします。

山口素弘(やまぐち もとひろ/45歳)
■生年月日:1969年1月29日(45歳)
■出身地:群馬県
■選手歴:
前橋育英高等学校
東海大学
1990~1991年 全日空
1991年~1998年横浜フリューゲルス
1999年~2002年名古屋グランパスエイト
2003年~2005年8月アルビレックス新潟
2005年8月~2007年横浜FC ※2007年現役引退

J/J1リーグ362試合37得点
J2リーグ106試合4得点
ナビスコカップ63試合7得点
天皇杯32試合1得点

■代表歴:
国際Aマッチ58試合出場4得点/1998年FIFAフランスワールドカップ日本代表

■指導経歴:
横浜FC監督
【’12通算成績:22勝5分11敗J2リーグ4位】
※J1昇格プレーオフ準決勝進出(準決勝敗退)※2012年3/22から指揮を執り、リーグ戦38戦
【’13通算成績:15勝13分14敗J2リーグ11位】
【’14通算成績:13勝13分14敗J2リーグ12位】※2014J2リーグ第40節終了時点

■ライセンス取得:2010年JFA公認S級コーチライセンス取得

■山口素弘監督コメント:
「まだ試合が残っている状況なのでまずは残り2試合、最後までチーム一丸となってすべてを出し切り勝利に向けて全力で取り組むつもりです。最終戦を終えた後に総括として自分の思いをお話させていただければと思います。」


-------------------------------------

 昇格を逃したという結果が、プロという結果が第一の世界としては何よりも雄弁なのではないでしょうか。
 1年目こそプレーオフに出場出来ましたが、2年目3年目は2ケタ順位。3年間の結果として、これで更新というのでは、昇格を諦めたととられても仕方ありません。

 山口素弘という、フリューゲルスで育ち日の丸の中核だったビッグネームが監督として共に戦ってくれたことは、とても感謝しています。

 しかし、昨年から選手との確執と思われるようなことがあったり、不可解な選手起用が見られたりということもありました。1年目は冴えた采配も、後手を踏むことが多くなり、能動的にゲームをコントロール出来ないことが気になっていました。

 3年間チーム作りを任されていた監督が去れば、またチーム作りがゼロからスタートということになります。監督とともに去ってしまう選手がいるかもしれません。
 しかし、3年間やってうまく行かなかったことが、来年突然うまく行くとは思えません。リクスがあったとしても、ここは監督交代というのが正しい選択であろうと思います。

 フロントの責任も重大です。まずは、山口体制でなぜ昇格できなかったのか、検証をしっかりしていただきたい。ザッケローニの失敗を検証せずに新監督を早々に決めてしまった日本協会の轍は踏んでほしくない。
 そのうえで、今後の方向性を見つめなおし、新監督を選び、選手を集めねばなりません。

 ついでに言えば、外国人選手選考もどうにかして欲しい。ドウグラスは成功と言っていいでしょうが、日本で実績のある選手だったから想定内。あれぐらいはやってもらわないと困ります。
 日本で実績のない外国人選手で成功した例は、06年のパウリーニョぐらいまで遡りますよ(スンジンは徳島が育てたしね)。これはフロントの責任としか言いようがない。

 カズの契約更新のニュースがマスゴミを賑わせていますが、ゴール裏の問題といい、高齢化が進む主力といい、クラブとして岐路に立っているのは間違いありません。
 サポを裏切る事のないようにお願いしたいものです。


訃報 徳大寺さん他界 

自動車評論家、徳大寺有恒さん死去 辛口の新車批評
11月8日(土)11時20分 朝日新聞

 「間違いだらけのクルマ選び」などの著書で知られる自動車評論家の徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名杉江博愛〈すぎえ・ひろよし〉)さんが7日、急性硬膜下血腫で死去した。74歳だった。葬儀は親族だけで行う。喪主は妻悠子さん。後日、しのぶ会を開く予定。

 東京都生まれ。日本のモータースポーツ黎明(れいめい)期にレーサーとしてデビュー。トヨタ自動車の契約ドライバーになった。引退後は、自動車評論家に転身。辛口の新車批評で知られ、1976年に出版した「間違いだらけのクルマ選び」(草思社)は70万部を超えるベストセラーに。以後は毎年書き下ろしが出る人気シリーズになった。近著に「駆け抜けてきた 我が人生と14台のクルマたち」「新・女性のための運転術」。


-------------------------------------

 驚きました。いつまでも矍鑠としてらっしゃる印象で…。
 「間違いだらけの~」は、中学生の頃からけっこう読みましたよ。クルマの見方をいろいろ教わった感じです。
 納得出来ない批評もありましたけど、ホントに運転が好きなんだな~と感じていました。常に目線が、ドライバーですからね。ミニバンとか、興味ないんだろうな、みたいな。
 そこは結構共感しまして、今も私はセダン乗りなわけです。

 楽しい車が減ってきた時代ですから、もっと発言して欲しかったですね。

 ご冥福をお祈りいたします。 


2014 J2第39節 水戸vs横浜FC 

 今日は仕事で現地観戦できませんでした。

水戸 2-2 横浜FC

 6位の大分が勝ったこともあり、プレーオフ圏内まで勝ち点差8。

 まぁ、終戦というべきでしょう。


 10月は負けが混んで、切れてしまったかのようでしたが、ここ数試合はよく持ち直したと思います。連勝の上、今日も終了間際に追い付きました。
 シーズンを通してこういう粘りが持続しないといけません。

 多くの選手が点をとっていますが、同時に絶対的なストライカーが不在というのが苦しかったですね。最後にやや黒津が頑張ったとはいえ、チームトップスコアラーがトータル6ゴールでは…。

 来年へ向け、どのようなチーム編成が行われるのか。
 私はあとは最終節のみの観戦となります。


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。