≪ 2015 01   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2015 03 ≫
*admin*entry*file*plugin
2015年02月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は竹島の日です 条例10年ですね 

 シモ朝鮮の不法な占拠による実効支配に対抗して、島根県が条例で「竹島の日」を定めました。我々としては真実を辛抱強く国際社会に訴え続けるしかないのですが、こんなアホなマスゴミもいて、困りもんです。

-------------------------------------

(「竹島の日」条例10年)日韓、会ったから知ったこと
2015年2月20日13時35分 朝日新聞

 真っ青な海のかなたに突然、岩の塊が現れた。

 韓国・鬱陵島(ウルルンド)から高速船で1時間40分。ソウルに留学中の大学生(21)=大阪府出身=は昨秋、竹島(韓国名・独島〈トクト〉)を訪れた。雲一つない青空を背に、四方が断崖絶壁の孤島は、神秘的だった。

 韓国が実効支配する竹島を、日本から訪れる手段はない。日本の外務省は旅行者に、韓国からの渡航も自粛するよう求めている。韓国側の管轄権に服することを認めたという誤解を与えかねないとの理由だが、大学生は「この目で見たい」と韓国側のツアーに参加した。

 韓国人観光客が「独島はわが領土」と記したカードを手に写真を撮り合い、警備隊員が銃を肩にかけていた。悔しさを感じた。

 だが、高ぶった気持ちは同行したインド出身の留学生らの感想を聞いて冷めた。「ほかの国はもっと深刻な問題で悩んでいるのに、なぜ日韓は小さな岩でいがみ合っているんだ」

 隣国と国境地帯の帰属をめぐり、流血が続く国もある。大学生は思う。「関係を台無しにしてまでぶつかる必要があるのか、大きな視野で考えてみたい」

   ■   ■

 日本のNPO法人「言論NPO」と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」が昨年行った日韓世論調査では、相手国の印象を「良くない」と答えたのは日本側54%、韓国側70%。理由の上位は両国とも「竹島問題による対立」が占めた。

 一方で、50年前の国交正常化時に年間1万人だった両国の往来者は今、500万人を超える。自治体の姉妹提携は150以上を数え、「竹島の日」条例を機に慶尚北道から「断交」された島根県でも、市町レベルの交流は続く。

 2012年4月から島根県雲南市で国際交流員を務める李在鎮(イジェジン、40)=ソウル出身=は来日前、不安だった。「島根は竹島のイメージしかなかった」。赴任後、母国の文化紹介で小学校を訪問。韓国を「悪い国」と思っている児童がいることに驚いた。

 ただ、多くの児童は「李さんに会い、韓国に行ってみたいと思った」と感想に書いた。李さんも地域の祭りに参加し、玄関のチャイムが頻繁に鳴るほど濃く付き合う「ご近所さん」ができて、印象は変わった。「生身の人間と付き合うことで誤解が減った」

以下略


-------------------------------------

 これほどに無責任な記事を、全国紙で垂れ流すってのがすごいよね。さすが天下の大嘘つき、貴重な資源である紙を片っ端から「資源ごみ」に変えていく糞企業だけありますな。

 とにかく、これほど重要な問題をルポっぽく見せて自社の意見として出すわけでなく、かといって統計学的にまったく意味を成さない、恣意的なインタビュー(しかもホントかどうか信用出来ない)で、さも多くの意見を代表するかのように装う。社として責任を負うつもりは全くないけど、世論の誘導を狙う、サヨクの常套手段ですね~。

>韓国側の管轄権に服することを認めたという誤解を与えかねないとの理由だが、大学生は「この目で見たい」と韓国側のツアーに参加した

 これを堂々と載せて批判をしないんだから、朝日的にもオッケーってことでしょ? だいたい、「この目で見たい」という理由をさも素晴らしいように書いてるけど、ただの我侭ですからね。それなら私だって見たいわ。

>インド出身の留学生らの感想を聞いて冷めた。「ほかの国はもっと深刻な問題で悩んでいるのに、なぜ日韓は小さな岩でいがみ合っているんだ」

 ホントにインド出身の留学生がいたかどうかも疑わしいもんですが、あえてインドってのもポイントですよね。カシミール地方を巡って支那と国境を争うインドを持ってくる当たり、いやらしい。
 それをあえてこの「留学生」に突っ込むなら、面積は広くても貧しい高山地帯のカシミールごときでなんで争ってるんだ? となるんですが。

 これは蛇足ですが、もちろん竹島は「小さな岩」でもなんでもなく、日本海の資源をめぐって重要な位置にあるわけだし、さらにいえばそれを狙って強奪しようとしているのはシモ朝鮮であるわけです。
 こういうこというなら、「小さな岩」ごときに大統領(李承晩)自ら国際法を無視して占領したわけですから、あっちを責めてくださいな。

 ちなみにカシミール地方はレアメタルなどの鉱物資源も豊富ですから、、土地がほしいのではなく、資源がほしいのですけどね。まぁ、これはただの岩礁にすぎない沖ノ鳥島なんかも同じ事情で、日本の国土面積よりも広い排他的経済水域を得られるのですから、たかが岩礁一つ、と言っていられないのです。

 なんてことは朝日新聞はよくわかってるはず。それを「小さな岩」ぐらいいいじゃないか、というのはひどいですね。会社の意見としては書けない(書いたらアホすぎて袋叩き)から、「留学生」の言葉とすることで責任を回避しつつ、竹島問題の卑小かを図っています。これを読むのは日本人で、「ああ、そうかも」なんて思ってくれたら御の字。
 日本には一定層の朝日に洗脳された脳みそお花畑がいますから、効果はあるんでしょうな。

 もちろん、シモ朝鮮は国家を上げてのキャンペーンをはっていますから、「小さな岩」くらい譲ろうなんて考えはこれっぽっちもありません。となれば、問題を卑小化して得をするのはシモ朝鮮だけ。
 朝日が完全にシモ朝鮮のプロパガンダ新聞だということがよくわかる記事でした。


スポンサーサイト

ちょっと一息?な休日 

 正月明け、土日も忙しくてかなり放置プレイです。一時期の更新頻度がウソのよう。
 それでもご訪問いただいている方々、ありがとうございます。

 さて、今日は久々にゆっくりできる土曜日、私は部屋の片付け、奥さんはお雛様のセッティングです。

2015 02-21 1
 お雛様は今までも出していたのですが、頂上の2人だけの簡易版でした。雛人形は奥さんが実家からいただいてきたものです。
 ただ、今年は3人めが女の子ということもあり、初節句でもあるので姉妹のために全部出すということに。段数の割にやや人数が少ないですが、狭い部屋だと結構なもんです。泣いていた妹ちゃんは雛あられの袋を渡されて少し機嫌が直りました。
 なんでも官女あたりは30年ぶりぐらいの登場だそうで。
 でも、女の子がいる家で、こうやって飾れて嬉しいですね。

 その間、私はというとお菓子作り。
 職場で振る舞おうかというとで、ミニマフィンを焼きました。奥さんのおかげで道具は揃っているので、私はレシピさえあれば簡単です。
 昨夜から室温にしておいたバターと砂糖を混ぜ、さらに卵と牛乳を入れてよく混ぜます。それから小麦粉とベーキングパウダー入れて生地は完成。
 レシピではチョコチップを入れていたので、ひとセットはそのまま。あとはオリジナルでラムレーズンとドライパイナップルで合計3セット焼きました。
2015 02-21 2
 お弁当用のアルミの皿に(これもテキトー)入れてオーブンで焼くだけ。かなり簡単です。


「蜻蛉切」を見に行きました 

 久々の歴史ネタです。いや、結構ネタはあるんですが、アップをサボっているので…(汗)

 昨日、静岡県三島にある「佐野美術館」におじゃましました。お目当ては「蜻蛉切」です。
2015 02-07 7
 これは、藤原正真作の槍で、御手杵・日本号とともに天下三名槍の一つとされます。家康家臣の猛将本多忠勝の愛用として有名です。
 これだけ名が知られた名槍ですが、現在は個人所有で、岡崎城にあるレプリカだけが常時見学できますが、11年ぶりに本物が一般公開されるとのことで、一気にテンション上昇、職場の同好の士とともに駆けつけました。

2015 02-07 1
 こちらが佐野美術館。三嶋神社に程近い、住宅街の中にあります。近代的ですが瀟洒な建物で、なかなか。
 住宅街にある小ぶりの美術館にしては駐車場が多く、助かりました。

 「蜻蛉切」を含む今回の展示は矢部コレクションというもの。実業家の故矢部利雄氏のコレクションです。
 蜻蛉切の展示はYahoo!のトップニュースに挙がるほどで、そこばかり注目されましたが、根来塗や尾形乾山など、他の品々も見応え充分。眼福でございました。

 特に根来塗は、根来が滅びてしまっているので希少なものです。それが数多くあって、素晴らしい! しっかりした黒漆塗りに上に、さっと朱漆をかけています。使い込むうちに表面の朱漆が摩耗し、下地の黒漆が見えてくるのが非常に味わい深く、なんとも言えません。大名家などの高級な蒔絵の品もいいですが、民俗学でいうところの「用の美」というものでしょうか、こういう使い込んだ品もいいものです。

 また、刀もいいものが多かったです。一文字や備前景則、長船長光など、蜻蛉切にかぎらず、名刀の数々があり、惹きこまれました。
 景則は伊達政宗の佩刀だったというもので、三種の拵えもまた見事でした。

 肝心の「蜻蛉切」ですが、ガッツリ見るために行列ができるほど。私は行列の後ろからの俗にとどめましたが、いやはや、すごい人気です。
 ちなみにこの美術館、おそらく普段はこれほどの人ではないものと思われます。展示室は2Fだけ、入口の受付はミュージアムショップの会計と共通で、一人しかいませんし。はっきり言ってしまえば、キャパオーバーなんですが、蜻蛉切にはそれほどの魅力があったということですね。
 あ、誤解ないようにいいますが、美術館はすごく綺麗で見やすいし、設備は整っています。ショップもいいものがたくさんありますし、小型の地方美術館としてはこれ以上ないほど。常設展も良い物いがたくさんありますから、また来てみたいです。

 さて、その蜻蛉切ですが、細身の刀身に梵字と三鈷剣が彫られています。猛将忠勝の手によって、多くの血を吸ってきたはずですが、それを感じさせない繊細で美しいデザインです。忠勝が持っていた姿を見てみたいものですね。

 展示を堪能したあとはミュージアムショップで日本等に関する書籍と絵葉書を購入し、美術館をあとにしました。図録がなかったのが残念です。

 その後は近所の三嶋大社に参詣。
2015 02-07 2

 言わずと知れた伊豆の一宮です。門前町も栄えていて、楽しそうな町ですが、今回は参詣だけ。
 頼朝の崇敬篤く、箱根路の隆盛とともに大いに信仰を集めていました。この日も参詣客が多く、愛されている様子が伺えて楽しくなります。
 参拝の後、「福太郎」という幟がたくさん出ていたので、お店に入ってみました。福太郎は草餅をこしあんでくるんだもので、名物のようです。お茶とセットでいただけるということで、早速注文。
2015 02-07 3
 我々がラストだったみたいで、駆け込みセーフ、ラッキーでした。美味しかったですよ!

 夕暮れまでまだ時間があったので、三島から東海道を下り、箱根に登る中腹にある山中城跡に行きました。
 山中城は後北条氏が築いたもので、豊臣秀吉による小田原攻めの際の前線基地として期待されました。

 東海道を取り込んだ山城で、石垣は使っていませんが地形をうまく活かした構造や、畝堀・障子堀など、中世的山城の完成形として、非常によく出来たものです。
2015 02-07 4
 こちらは畝堀。傾斜もしっかり付けられた空堀の底を畝を築くことで分断、攻め手の展開を防ぐ構造になっています。

2015 02-07 5
 こちらは障子堀。同じように、堀に入った攻め手の展開を制限します。なお、構造を保護するために、芝生が貼ってあります。これは堀だけでなく、曲輪すべてがそうで、非常に歩きやすいし、構造も見やすく、山城の整備としてはなかなかいいものですね。

 さて、これだけ素晴らしい構造の山中城ですが、豊臣秀次率いる豊臣方の猛攻の前にわずか一日で陥落、関東全体を支城群で結んだ北条氏の防衛構想はあっという間に覆ってしまいました。
 山中城はあくまで箱根防衛戦の前線基地ですから、小田原陥落後は無用になり、廃城。おかげで当時の構造がよく残ったわけですね。

2015 02-07 6
 駿河湾を望む岱崎砦からの夕日です。終始雲が多かった一日でしたが、最後はこの景色でしたので、満足満足!


両氏に哀悼の意を表すると共に 

 長く続いた混乱は、両氏の殺害という最悪の結末となりました。

 我々はこの事件から何を考え、学ぶべきなのでしょうか。

 とりあえず、安倍政権攻撃の手段としか考えられない下劣極まりない連中の主張はドブに流すとして、確認しなくてはならないことは、避難されるべきはISILだということです。
 たとえ、その主張の中に正しいことがあったとしても、その実現の手段がテロでは、擁護のしようもありません。

 安部総理に人道支援の演説に責を求める人もいますが、あの演説がなくても、他の機会に同じことをしたでしょう。より効果的な場面を狙っているだけの話ですから。

 その意味で、あの演説をもって安倍政権を攻撃するのは、ISILの思う壺というわけです。強請りがいがあるというわけです。

 さらにあえて言うなら、両氏が渡航制限がかかった場所に行ったことに問題があることも忘れてはなりません。自己責任論を振りかざすわけではないですが、こんなことがあった時に、日本政府にはどうすることもできないということが、あらためて理解させられたというべきでしょう。だから行ってはいけないし、行ってしまった以上、こういう事態がありうるということを覚悟しなくてはいけない。
 「安倍政権ガー」という話ではなく、誰が政権を担当しても同じことです。
 両氏はおそらく、そこまでの覚悟があったのかもしれません。しかし、当人に覚悟があろうとも、政府は国を挙げて救出の努力はするし、他国を巻き込んでの騒動になってしまうことも理解しなくてはいけない。
 
 事件後に、シリアに渡航したアカヒ新聞の記者はそれが理解できているのでしょうか。

 こんな報道が。

-------------------------------------

翻弄され続けた日本政府=「ヨルダン頼み」終始―犯行組織と直接交渉なし

2月1日(日)11時24分 時事通信

 過激組織「イスラム国」が人質の後藤健二さんを殺害したとする映像が1日公開され、救出を目指してきた日本政府は大きな衝撃を受けた。イスラム国側と直接交渉する手だてがない日本は、ヨルダンをはじめ関係国の協力頼みに終始。日本を敵視し、インターネットを通じて要求を次々と突き付けるイスラム国による「劇場型」の犯行に翻弄(ほんろう)され続けた。
 1月20日、イスラム国が後藤さんと湯川遥菜さんの殺害を警告して身代金2億ドルを要求する映像を公開して以来、政府は「あらゆるチャンネルを駆使」(岸田文雄外相)して解決の糸口をつかもうと努めた。しかし、イスラム国との交渉は「まったくなすすべがなかった」(政府関係者)。ヨルダン、トルコなどの友好国や、有力な部族長、宗教関係者らに仲介を頼んだり、メディアを通じて対処方針を発信したりして、犯行組織の反応を待つしかなかった。
 ヨルダンは、後藤さんらが不明となったシリアと国境を接し、日本からの経済協力などが累計3000億円を超える。親日国で、アブドラ国王には11回の訪日歴がある。「しっかりとした信頼関係」(菅義偉官房長官)をてこに、日本政府はとりわけヨルダンに望みを託した。
 殺害警告後、安倍晋三首相はアブドラ国王に2度にわたり電話で人質解放への支援を要請し、国王も「あらゆる協力の用意」を表明。首都アンマンに現地対策本部を置き、中山泰秀外務副大臣がヨルダン当局と折衝を重ねた。
 ところが、犯行組織が24日に後藤さん解放の条件として、ヨルダンで収監中のイラク人テロリスト、サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を要求。ヨルダンが当事者として巻き込まれる形となり、状況は厳しさを増した。
 ヨルダン政府はイスラム国に拘束された空軍パイロットの解放を最優先にする姿勢を崩さず、日本政府は後藤さんとパイロットの2人と、死刑囚の「2対1」の交換を模索。「後藤さんのことも最大限配慮してほしい」との要請を続けた。
 犯行組織が人質交換の期限を「29日の日没(日本時間同日深夜)」と通告すると、事態は緊迫。その期限を過ぎても進展はなく、政府高官は31日夜、「進んでいるというか、動いている」と力なく語った。
 ヨルダン政府は結局、パイロットの安否確認ができないことを理由に死刑囚の釈放に応じなかった。日本政府関係者は「後藤さんを特別扱いするようなお願いはとてもできなかった」と打ち明ける。
 ヨルダンが米国主導の空爆に参加していることから、政府・与党内には「ヨルダンとイスラム国の交渉はもともと難しかった」(自民党幹部)との見方もある。「アブドラ国王には惜しみない支援をいただいた」。首相は1日夜の国王との電話会談で、苦しい立場の中でのヨルダン政府の協力に謝意を示した。
 

-------------------------------------

 なんだろう、この他人事感。

 そもそも、翻弄されて当然でしょう。
 日本には優れた情報機関もなければ、他国に派遣する軍事力もない。ISILに限らず、どんな事件にも打つ手はないんですよ。か細い外交ルートを使うしかないのです。あとはその国にお願いするだけですね。

 誰をどんなふうに批判したいのかよくわかりませんが、翻弄されたというなら、これから日本はどうすべきかを考えなくてはならないのではないでしょうか。
 1977年のダッカ事件で、日本政府は16億円の身代金を払いました。それしか打つ手がなかったとはいえ、後々に禍根を残すことになりました。相手は日本赤軍でしたから、交渉も何とかなった部分もありますが、今回のような国外の組織の場合はお手上げ。
 さらに言えば、もうテロリストに身代金を払うわけにも行きません。
 その後警察内にSATなどが出来ましたが、国外には無力です。

 であれば、何ができるのか。

 いや、アメリカの特殊部隊ですらどうにもならないのですから、今回の件などは非常に難しいのですが、それでも、他のテロだってあるんですから。

 私は以下の2点だと思います。
①情報収集力
 日本版NSC増強とか。いや、ISILとのパイプを持ちましょうというのではないけど、ヨルダン頼みになりすぎたのは確かです。外交ルートも含めて、お金かけていくしかない。
②軍事力
 アメリカですら、というのはありますが、自衛隊を現地派遣できるようにすることはもちろん、断固たる行動を起こせる「背景」としての軍事力なくして、国民を守ることなどはできませんよ。

 まぁ、こんな間の抜けたやつもいますが。

-------------------------------------

「邦人救出、警察権で対応すべき問題」 社民・又市氏
2015年2月1日13時22分 朝日新聞

■又市征治・社民党幹事長
 (人質の殺害が)事実なら卑劣な蛮行で許しがたい。
 (安倍首相が邦人救出のための自衛隊派遣に言及していることについて)こんなことで自衛隊を出します、などという発想が根本から狂ってる。(人質事件は)犯罪行為であって、その国が警察権として対応すべき問題であって、「そこに自衛隊を出します。その国の協力があれば」なんて、戦争と犯罪を混合してしまったような話ではいかん。

 この間からの国会は、人質にとられている状況があったから、各党ともかなり抑制的に政府の問題について発言していたが、ことここに至ると、かなり厳しく追及されないとならないし、我々もするつもりだ。(東京都内で記者団に)


-------------------------------------

 語るに落ちたとはこのことですな。後ろの方で追及するとか行ってますが、

>こんなことで自衛隊を出します、などという発想が根本から狂ってる

 「こんなこと」言うたで、こいつ。なら追及する必要ないじゃん。
 人質を取り返せなかったことは追及する。でも自衛隊派遣は許さん。これって自己撞着してますけどね。

 だいたい、ISILを「犯罪行為であって、その国が警察権として対応すべき問題」って、認識が甘いにも程がある。
 これで政府を追及とか、ちゃんちゃらおかしいわ。


chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。