≪ 2015 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2015 04 ≫
*admin*entry*file*plugin
2015年03月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイエット続報 ランニング再開 

 やっと、ランニングを再開しました。

 肉体改造なんてほどじゃないけど、それなりに動ける体に戻そうというのがダイエットの始まりまでした。
 で、食事制限を始めると同時に、ランニングをはじめました。

 86キロあって、運動不足での43歳。そりゃもうひどいもんで、初日(1/17)は5キロに45分以上かかるという醜態。1キロ9分以上ですからなwww
 まぁ、ペースが掴めないのでゆっくり走ったってのもあったけど、それにしても走れませんでした。

 それから雨の日以外毎日走って、2月7日には9キロまで距離を伸ばしました。キロ平均7分15秒。一般レベルから言えば遅いけど、ずいぶん進歩したでしょ? この時点で体重も10キロ近くダウンしてましたから、調子乗りました。
 で、9キロにして5日目、調子がよくてかなり飛ばしてたんです。7キロまではキロ6分前半をキープできるようになって、欲が出てきたんですねぇ。少しハリがあった左ふくらはぎがミートバイバイしました。ラストをキロ7分半まで落として、なんとかゴール。

 それでも軽いもんだと思ってたので、やめときゃいいのに、翌日も走りました。なんか、休むのが不安になるんですよね。
 キロ7分半以上の超ゆっくり(それでもひと月前からすればずいぶん早いんですが)、ところが、5キロ地点でちょっとした段差を踏み違えて激痛。そこからは諦めて歩きました。これが辛かったwww

 それが2月12日で、さすがに療養期間に入りました。ミートバイバイは治った感覚つかむのが難しくて、大丈夫かなって時にサッカーやって再発させたり。
 結局、ずるずると再開させられないまま、今に至ったのです。

 何の事はない、走った期間(1/17~2/12)より、中断期間(2/13~3/29)の方が長いでやんのwww

 ミートバイバイの方は多分大丈夫、というとこまで来ても、年度末の忙しさもあって、再開させられなかったんですが、やっと昨夜走れました。
 まぁ、ウォーミングアップみたいなもんで、と最初に走った同じコースで5キロから再開。

 ところが!

 ランニングやめてからも食事制限を続けていたので、さらに体重が5キロ減。その状態で走り出したら、体が軽いのなんの!
 
 亀仙人から与えられた亀の甲羅をおろした時の悟空みたいな。再開したてでオーバーペースにならないように、軽めに走ったのに、最初の2キロのペースはキロ6分ちょい。しかも、徐々にペースが上がってしまう不可解さ。1キロごとに6:16→6:13→6:05と・・・。最初は下りがあるのにね。

 中断期間の間に暖かくなったのも良かったです。2月は、保温ピステの上下に、イヤーバンド・ネックウォーマー・手袋と完全装備でしたが、今日は7分丈のトレパンに、加圧インナーと薄めのピステの上だけ。早く温まって、ペース上げやすかったのかもしれません。

 ただ、夕食から時間がなかったので、お腹が痛くなったので、3キロ過ぎてペースを落としましたが、ラストはまた上り坂を頑張って登れました。トータルでキロ6:25ペース。
 最初はあんなに苦しんだ5キロが、チョチョイのチョイ、というレベルで、すごく気持ちよかった。

 明日からも走るのが楽しみになってきました。 

 古傷の左足首に不安がありますが、頑張ろっと!


スポンサーサイト

俺って庶民の味方だぜ 

石破大臣なぜ公用車をレクサスに、民主党が国会で追及
3月30日(月)12時30分  TBS系(JNN)

 国会では、来年度の暫定予算案の審議が行われ、民主党は、石破大臣が公用車を高級車レクサスに乗り換えていることについて追及しました。国会記者会館から報告です。

 委員会の冒頭、まずは安倍総理が29日、シンガポールで韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と言葉を交わした際、日中韓首脳会談実現への期待について話したことを明らかにしました。

 「『先般の日中韓の外相会談が朴槿恵大統領の指導力によって開催をされた』と。『今後、この日中韓の会議が首脳レベルに引き上げられていくことが期待されます』という話をさせていただきました」(安倍首相)

 また、民主党の玉木議員は、石破地方創生担当大臣の公用車について、1年3か月前に買い替えたばかりのクラウンをやめて、なぜ高級車レクサスをレンタルしているのか、と指摘しました。これについて、内閣府を所管する菅官房長官は、日本の技術力の高さを発信するために導入したもので、購入前に運転手の習熟度を高めるため、まずはレンタルにしたと説明。そのうえで、実際にレクサスを3台購入するかについては、白紙に戻して、水素燃料電池車なども含め、検討する必要があると述べました。

 国会では来年度の予算が成立するまでの暫定予算案が、30日、衆参両院で可決・成立する見通しです。


-------------------------------------

 くっだらね~!!!

 こいつだな?
 大臣がレクサスごときで威張ってると思ってるのか? そもそもレクサスの位置づけがそんなに高級車なのか?
 トヨタがそうしたいだけで、自動車業界のヒエラルキーでは、全然大したことない。こいつの中では(これを報じるTBSのバカも)、レクサス=高級車という程度の記号認識しかないんだろうが、そんな認識力でよく政治家なんか務まるもんだ。
 いや、その程度の認識しかない馬鹿さ加減をさらけ出してんだから、そもそも務まってないのか。

 ましてや水素燃料電池車なんて導入したら、そっちの維持費はレクサスの比じゃないことぐらい、馬鹿でもわかるのではないか?

 だいたい、大臣なんて復興担当大臣いれて18人。たったそれだけの人数がレクサス乗ったところで、日本の財政にどんな影響があるんだ?
 逆に、それだけ重要なポストにいる人間が、カローラやらフィットやらに乗ってたら、それはそれでビンボくさすぎ(オーナーには申し訳ないけど)でしょ。
 別にレクサスはすきじゃないけど、国産車に大臣が乗れる車があるってのは、むしろ誇るべきことなんじゃないか?
 ヒュン○イとかには恥ずかしくて乗れないぞ。

 サヨクの連中は、さすがに社会主義育ちだけあって、変な平等幻想にとりつかれたままなんだよ。すでに地球規模の実権が失敗している、みんな平等、という幻想な。
 こういう幻想はしばしば嫉妬心と結びついてることがおおい。レクサス乗りたい奴が、こういう馬鹿政治家の発言に対して、そうだそうだと同調する。
 それを「庶民感覚」なんていうけど、はっきりいえば、トップ政治家に庶民感覚なんていらない。逆に言えば、庶民感覚では政治のダイナミックな感覚を理解できないから、庶民感覚なんてない方がいい。

 国債残高の話をするのに、家計に例えたりする。そうすると、こんなに借金はおかしいという。国家財政と家計を同列に扱う愚に気づいていない。これぞ庶民感覚の弊害である。
 政治家は衆愚のしたり顔に付き合う必要なんてないのだ。

 じゃあ、この玉木ってのは何者かって言えば、政治の本質を無視して、こういうこと言えば馬鹿な庶民は賛同する、と高をくくってるとんだ食わせ物か、本当にレクサスに乗るのはおかしいと思ってるばか者かどちらかだ。
 どっちにしたってろくなもんじゃないけどな。

 汚沢一郎なんてのがいたけど、こいつは悪い意味で政治を知り尽くしてたから、こういう庶民のバカさをうまく利用してた。それはそれでクズだと思うが、それだけの奸智があり、利用し切る力量があったのも事実。
 ただ、そんな汚沢が集めてきたのは、汚沢の方便に鵜呑みにするような脳みそお花畑の愚人ばかり。もともとサヨクにはそういうのばっかりだからしょうがないのだけど、結果としてミンスはそういう愚者の集団になっていて、国会の予算審議という重要な場において、こんな愚劣至極な質問をしていい気になってる。

 これをミンス目線で報道するTBSのイカレっぷりも相当なもんだけどね。

 石破さん、装甲車にでも乗ったら?
 
 

夜からお仕事でしたが、思わぬご褒美 

 今日は夜にちょっとお仕事で東京へ。
 その帰り道、高速に乗りそこねて九段の坂を登っていたら、千鳥ヶ淵が・・・。

2015 03-29 2 chidori

 この数日、一気に気温が上がったので、桜の開花が進んだんですね。
 年度末は忙しくて、バタバタしてばかり。ちょっと一息、バイクを止めて夜桜を眺めました。

2015 03-29 1 chidori

 雨がやんで、朧月がぼんやり。まだ開き切らない夜桜には、こんな月のほうがいいかもしれません。


2015 J2第4節 C大阪vs横浜FC 

C大阪 2-0 横浜FC

 力負けですね。まだまだですな。
 試合を見ていないのでなんとも言えませんが、残念。

 この時期は強豪と対戦するには良かったんですが、これでセレッソが調子出てきてしまうとやだなぁ。

 ここ数シーズン、開幕でいいスタートきっても、一度負けるとズルズル行ってしまうことが多かったので、今シーズンこそここでもう一度仕切り直せるといいな。

 次節はホーム福岡戦ですが、急用のため欠席です。すみません。


パウンドケーキ再び 


 以前にも何度か作ったパウンドケーキですが(こちら)、現在は家族が帰省中のため、一人で作りました。
 異動する人にねだられたのです。

2015 03-29 1
 材料はこんなとこ。奮発して、小麦粉はバイオレットだし、マーガリンではなく、ちゃんとバターを使いました。いつものレシピだと、小麦粉・バター・砂糖が150gですので、バターの消費が激しいです。

2015 03-29 3
 バターは室温にしときます。今日は暖かかったので、ちょっとゆるかった。
 それでもバターの状態で泡だて器で練っていくのはかなり疲れます。

2015 03-29 4
 砂糖が入ると、少し混ぜやすいですね。

2015 03-29 2
 ラストは卵投入。かなり混ぜやすかったんですが、どうやらバターが溶け気味? この段階でバニラエッセンスを入れます。


 小麦粉・ベーキングパウダーをふるい入れます。いつものラムレーズンを入れますが、しっかり小麦粉に絡めておきます。ただ、今日はとにかく生地が緩くなってしまったので、粉をまとわせても沈んでしまいました。

2015 03-29 6
 焼けた!

2015 03-29 7
 あとはラップに包んで寝かせます。パウンドケーキはできたてより、少し置いたほうが美味しくなります。31日にあげるんで、ちょっと早めに焼きました。

 最近、お菓子作りが楽しいですね。

「価値観」をあの国と共有するのは難しい 

「韓国は市場経済を採用する国」 政府答弁書から「基本的価値を共有」を削除 外務省HPも
2015.3.27 16:33 産経新聞

 政府は27日、韓国への基本認識に関し「民主主義および市場経済を採用している国」などとした答弁書を閣議決定した。韓国検察当局が産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を名誉毀損(きそん)で在宅起訴した問題に関する民主党の鈴木貴子衆院議員の質問主意書に答えた。外務省のホームページは今月2日付で、韓国についてこれまで使用してきた「基本的価値を共有する」との一文を削除している。

 安倍晋三首相は今年に入り衆参両院の本会議で韓国について「最も重要な隣国」と答弁していたが、27日の参院予算委員会では「重要な隣国」と述べた。


-------------------------------------

>「基本的価値を共有する」との一文を削除

 ぶわははははははは!

 これはいい!
 この2国間関係を考える上で、もっとも重要なポイントだと思いますよ。
 「基本的な価値観」を共有できないという認識を持ってこなかったから、密入国はされるわ、特権あげすぎるわ、技術はパクられるわ、挙げ句の果てには領土までパクられようとしているわけですからね。

>「民主主義および市場経済を採用している国」

 という言葉も含蓄がありますなwww
 形だけは採用してるけど、価値観は共有できてるとは言いがたいわけだから、結局のところちゃんとした民主主義国家とは認められない、とでも言いたそうです。
 名前だけなら、北朝鮮も「民主主義」ですからなwww

 なんなら、「価値観を共有できないが」ぐらい言え。

 

ダイエットしてみた 約3ヶ月の結果・・・ 

 別に不自由していたわけではないのですが、それなりに太っていました。具体的には身長176センチで、体重は86キロくらい。
 肩幅があって、ガタイがいいから目立たないけど、まぁ、デブでしたwww

 日常生活では困らずとも、たまにサッカーやると走れないし、動きに切れもない。当たり前ですが、思ったように動けないのはストレスなわけで。

 てなわけで1月初旬からダイエットしてみました。

 私のダイエット方法は至極単純です。

①食べない
②走る


 これを徹底してやるのがポイントです。

 まず食べない、ということ。
  朝食:パン1枚 or おにぎり一個
  昼食:スープ春雨 or コンビニのサラダ
  夕食:ご飯はごく少量 おかずは通常量の3分の2くらい(子供と同程度)
 
 という感じです。夕食のおかずは、油ものは殆ど無いようにし、お肉は少なめに。タンパク質は必要ですから、魚が中心です。また、野菜を多く摂ります。豆腐やこんにゃくが増えました。
 そのうえで、間食はなし。口が寂しい時は、ゼロカロリーの飴や、おしゃぶり昆布、煮干しなど。
 とにかく、徹底して食べない。

 次に、走る。
 これも雨の日以外、毎日です。最初はろくに走れなかったので、5キロをごくゆっくり。すこしずつペースを上げ、さらに距離も伸ばしました。スマホで「ランタスティック」というアプリを使いました。

 これだけで、1か月で10キロ落ちました。

 ところが、調子に乗って走るペースを上げてたら負荷がかかりすぎていたようで、軽い肉離れをしてしまいました。それでここんとこは走っていません。
 食べないだけではなかなか体重は落ちません。とりあえず、粉末の難消化性デキストリンを買い、コーヒーに入れて飲んでいます。5~10グラム、とのことですが、味が変わることもないし、副作用らしきものもないので、たぶん毎日倍は摂取しています。

 結局その後5キロほど落ち、現在は71キロ。15キロの減量です。

 まぁ、元が重かったので、落ちやすかったんですね。やっと学生の頃の体重に戻りました。ジーパンなんかはボタンを止めたまま脱げまし、新しく買ったベルトはMサイズでよくなりました。
 見た目にもかなり変わったようです。

 エラそうなことをいえば、ダイエットって簡単です。お金もかからないし、特別な器具もいりません。楽して痩せようと思うから失敗するわけで、大事なのは「凡事徹底」ですよ。
 まぁ、簡単だからいつでもできる、って油断するんですけどね。

 あくまで、これで普通になった、というレベルですが、やっと動きが軽くなってきました。肉離れも治ったようなので、また走り始めようとは思っています。
 昨年春に50m走を測った時は、85キロ&運動不足もあって、7秒5でした。
 43歳になりましたが、今年は7秒フラットを目標に頑張ります。


箕輪城訪問記 

 平日ですが、昨日はお休みをいただいて歴史の旅をしてきました。

 目的は上州の箕輪城。関東管領上杉氏の重臣、長野氏の居城だった城です。
 著名な城主としては、戦国期の長野業正がいます。上杉氏が関東の拠点を失って後も、孤塁よく領域を守り、武田信玄の猛攻にも耐えました。
 業正没後、嫡子業盛が信玄に敗れ滅亡。星霜を経て井伊直政が入封しましたが、居城を高崎に移して廃城となりました。

 近世城郭として再興されなかったために、遺構がよく残っているということで、訪ねてみました。

 朝9時にCBくんで出発。暖かくなってきたので、バイクで遠乗りも気楽になりました。東名から海老名JCTで圏央道に入り、関越道で高崎ICまで。
 本筋ではないですが、海老名JCTは酷いですね。東名から1車線で分岐するのはいいとして、その後本線に入る前に上り車線からの分岐と合流しますが、それでもまだ1車線。ここで渋滞が発生してしまいます。両方たいした交通量でもなく、圏央道の本線も空いているのに、合流で渋滞してしまいます。
 反対車線も東名に入るのに長蛇の列。交通量の多さは予想できたはずなのに、この設計はありえません。

 その後はスムーズに高崎まで。高崎駅に寄って、名物だるま弁当を買ってきました。
 横川の峠の釜めしもありましたが、やはり高崎でたべるならだるまですよ。
2015 03-26 30

 箕輪城は高崎から10キロほど離れています。榛名山を目指すように西に向かっていくと、新幹線をくぐったあたりから榛名山の裾野の傾斜に入ります。
 やや狭い道になってから箕郷地区に入ります。ここが箕輪城の旧城下町になります。

 箕輪城の搦手がわにバイクを止めました。綺麗に整備された駐車場からは榛名山の山並みが望めます。
2015 03-26 1

 箕輪城の立地を見ると、榛名山麓から伸びてくる傾斜地の中で、舌状に伸びた台地を利用しています。南側は高崎市街に向かって開けていて、そこに城下町が形成されていました。
 西側は榛名白川が流れていて段丘になっており、天然の外堀としています。この西側が城の大手です。東側は現在はありませんが沼地があって、搦手になっていました。
 上州の東に広がる平野を睥睨する位置取りの平山城ですが、背部に丘陵地帯を背負っているあたり、中世から近世への移行期を象徴しています。

 では、城に登って行きましょう。
2015 03-26 2


▼続きを読む▼

妹ちゃん どアップ 

2015 03-25

 抱っこしてたら寝てもうた。

 禁断のどアップ。

 癒やされる。


 もうすぐ9ヶ月。早いものです。


春だねぇ その3 

2015 03-24

 19日ようやく一つだけ咲いたチューリップ。今朝には咲いたのがもうこんなに増えました。
 風が冷たい朝でしたが、確実に、春。

 新年度の人事が決まり、ますます忙しくなりそうだし、昨日のエントリのようなこともあるし、いつになくヘビーな気分で迎える春ですが、やるしかない!


人生の折り合いをつける 

 40を過ぎていろいろ思うことが増えています。
 何がしんどいって、できること、できないことがはっきりしてきて、そこに折り合いをつけなくてはいけないことが増えてきたことです。

 「もう若くないんだから」

 なんて言われて、色々と諦めて、おっさんになっていかなくてはいけない。いや、十分におっさんなんですが、抵抗している自分もいます。

 誰も自分の中に「コドモ」がいて、うまく飼いならすと精神の瑞々しさが保たれ、美しい景色や芸術に感動できたり、人の優しさや温かさを感じられたりします。
 そういう「コドモ」が大事だと信じてたくさんのことに楽しさを感じられるように生きてきたのです。それが今の私のエネルギーになっています。歴史学・旅・バイク・サッカーなどなど。

 でも「コドモ」でありすぎて、そこにしがみついてはいけないというのもある。うまく年を取っていかないと、「アンチエイジング」などと称して、幻の若さにしがみつくあまり、醜悪な姿をさらしてしまうことになります。

 昔の人は、年を取ることが上手だったのではないでしょうか。
 「ご隠居」なんて人がいて、経験という知恵を持っていて、人の面倒を見てる人がいました。服装もそれらしく、爺くさい雰囲気を出して、盆栽なんかいじって。

 うちの親父殿なんか見ててもそうです。40手前からすっかりおっさんでした。漫画なんか読まないし、ゲームもしない。ゴルフやって、ジーンズもはかない。
 早くから「青春」に別れを告げ、新しい人生にモードチェンジしていたんでしょうな~。

 私は漫画も読むし、ゲームもするし、サッカー見るしやるし、J-POPは聴くし、ガンダム見るし、バイクも乗るし、ファッションも若いころと変わりません。肉体の衰えはともかく、知恵深い大人にはなり切れていません。

 まぁ、30代はそれでもなんとかなる。でも、家族をもって、職場でもそれなりに責任があって、という40代ではそうはいかないんですな。

 うまく折り合いつけて、乗り越えてしまうと、一気に老け込んでしまいそうだし、まだ頑張りたい気もあるし、モヤモヤしたことがたくさんあります。

 こういうモヤモヤは、悪いほうに出てしまうと前述のように醜悪になってしまいます。芸術家はそういうモヤモヤがもの凄くて、それを昇華させて芸術にするんだと思うんです。私にはいうまでもなく芸術の才能はないので、他の方法でこのモヤモヤと付き合って、折り合いをつけていかなくてはいけない。

 簡単に言えば、青春が終わったんですよね。

 それに気づかされることがあったんです。いや~、愕然としました。もちろん、本来ならとっくに終わっていて当然なんですが、なんとなくどこかに青春の気分のままだったんですね。
 そして、その事実を受け入れられていない自分がいます。ショックを乗り越えられないwww

 もう答えは出ているのに、あがいている自分。

 しばらくはかかりそうですな。


 みなさん、どうやって青春と決別してきたんでしょう?




春だねぇ その2 

 昨日は実家で3月生まれのうちの親父殿と弟くんと、姪っ子の合同誕生パーティでした。プレゼント以外のおみやげがなかったので、職場の夏みかんをさらに12個(!)、さらに鍋持参で行ってきました。

 う~ん、さすがに大量ですね。
2015 03-22b 1

 皮剝いて刻むまではいいのですが、12個も果汁を絞るのが大変でした。ただ、調子に乗って果汁を全部突っ込んだら、ちょっと多すぎたみたいで、やたら汁気の多いマーマレードになっちゃった。
2015 03-22b 2

 今日は朝からさらに暖かい一日。
2015 03-22b 3
 先日蕾が膨らんでいたチューリップも、咲いてしまいました!

 ふるさと村まで散歩に行くと、
2015 03-22b 4
 菜の花も綺麗。野菜やお米を買って帰りました。



石巻線開通!! 

石巻線が再開 女川町長「ようやくたどり着けた」
2015/3/21 21:58 日本経済新聞

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けたJR石巻線(小牛田―女川間、44.7キロ)が21日、震災から4年ぶりに全線で運転を再開した。不通区間として残っていた宮城県女川町の浦宿―女川間(2.3キロ)が復旧し、再建した女川駅も開業した。女川町は同日を「まちびらき」の日とし同駅前で記念式典を開いた。

 同日は晴天に恵まれ、式典には竹下亘復興相や宮城県の村井嘉浩知事ら国や自治体の関係者約200人が出席した。地元住民らも含めると総勢約2300人に上り、駅前の広場は参加者で埋め尽くされた。

 女川町の須田善明町長は「震災から4年を経て、ようやくここまでたどり着けた。日本全国、世界からいただいた支援のおかげだ」とあいさつした。式典後の列車出発式では、地元の小学生を乗せた列車が多くの町民らに見守られながら、隣の浦宿駅に向かった。

 式典に参加した町内の仮設住宅に住む主婦、松川八千江さん(76)は「新しい女川駅ができて幸せ。今日買った切符は一生の宝物にしたい」と涙を浮かべながら話した。

 女川駅に併設した温浴施設「ゆぽっぽ」が22日に開業し、5月には駅周辺に水産業体験館もオープンする。駅から女川湾に一直線につながる遊歩道も年内に完成し、沿道には商業施設が相次ぎ開業する予定だ。


-------------------------------------

 嬉しい! 

 街開きがあるのは知っていたので、先週は南三陸町からの帰りに女川に行きたかったのですが、ちょっと時間が足りなかったのです。

 女川は震災後3回行っています。石巻から国道398号線をゆくと、万石浦のほとりを石巻線と並走します。列車の走らない線路ですが、ちゃんと手入れもされていて、この日を待ち焦がれているようでした。
 浦宿駅を過ぎるとわずかながら峠になっていて、それを越えると津波の被害を受けた女川市街に入ります。

 震災翌年の町は、こんなでした。
2015 03-21 3
 平地は津波で真っさらになっていて、駅も跡形も無い状態でした(1年経っていたので、撤去したのでしょうが)。液状化と津波で倒れてしまったビルが残るだけの光景です。

 これが昨年の夏になると、
2015 03-21 4
 このようにかさ上げが進行しています。このときは駅の跡地に行かなかったので、様子はわかりません。

 そして、昨日、ついに駅が完成し、開通となったわけです。
2015 03-21 1
2015 03-21 2

 ホントに嬉しいです。駅前が町っぽくなるにはまだ時間が必要でしょうが、頑張って欲しいです。
 次に東北に行くときは、ぜひ訪れたいと思います。一山越えた雄勝などもこういうことをきっかけに復興が進むといいですね。

 気仙沼線も復興してほしいな~


2015 J2第3節 金沢vs横浜FC 

 開幕戦に勝利したものの、前節のホーム開幕ではドロー。
 若干ディフェンスに不安を感じつつも、まぁまぁの滑り出しではあります。

 今節は他会場より一足早く金曜開催。J2昇格を果たし、前節は東京V相手に快勝を演じた金沢が相手です。

 横浜FCは松下がFKを直接決めて先制しましたが、前半のうちに同点ゴールを許します。しかし後半、大久保が決勝ゴールを決めて2-1で勝利!
 これで暫定(笑)首位です!

 次節もアウェーで、セレッソが相手。次の観戦は5節、福岡戦になります。


もうすぐ は~るですねぇ 

2015 03-19 b
2015 03-19 a

 まだ冬装備でバイクに乗っていますが、グリップヒーターも弱めに設定するようになりました。暖かい、とは言わなくても、寒くないと思える日が増えました。

 昨年の冬に植えて、玄関前に置いたチューリップですが、ここ数日の暖かさで蕾がほころび始めていました。

 せっかく寄せ植えのように密度高く植えたので、一緒に開いてほしいんだけどなぁ。


マーマレード作ってみました 

 夏みかんを10個も貰ってきました。売り物ではなく、職場に(笑)なっていたものです。ものすごくたくさんあるので、また貰ってこられそうwww
2015 03-19 2

 ただ、ものすごく酸っぱいものなので、そのまま食べるのはキビシイ。そこで、マーマレードにしてみました。
 マーマレード作りは初めてなので、とりあえず4個を使ってみます。

①皮を刻む
2015 03-19 1
 皮を4分割して剝きます。全部は使わず、2つ分+4分の1(これは気分で追加)を3mm厚に刻みます。

②皮を洗う
2015 03-19 3
 刻んだ皮はボウルで洗います。水に浸して、揉むように。これで余分な油脂や苦味を取ります。水を替えながら3回洗ったところで齧ってみたら、まだ苦味が強かったので、結局5回ほど洗いました。
 皮の内側の白いとこが水を吸って半透明になるのが目安です。洗い終わったら、ザルにあげ、手でしっかりと絞ります。

③果汁を絞る2015 03-19 4

 実を半分に切って絞ります。当たり前ですが4個分。300ccほどでいいのですが、多めに入れちゃいました。そのとき、種は取り除いて別の鍋にあげておきます。
 果汁は先ほど絞った皮と一緒にボウルに入れ、皮に染み込ませます。2時間ほど置いておきました。

④煮る
2015 03-19 5
 十分に染みこんだら、鍋で30分ほど煮ます。強火で煮立ててアクを取り、そのあとは中火で。皮が崩れないように、混ぜるときは木べらで優しく。

⑤種を煮こむ
2015 03-19 6
 別の鍋に入れた種は、水を入れて煮込みます。これは増粘安定剤となるペクチンを抽出するためです。とろみが出たら、濾して50ccほどとっておきます。

⑥砂糖を入れる
2015 03-19 7
 皮が柔らかくなったら砂糖を入れます。私はグラニュー糖を使いました。200gを数回に分けて投入。ここでも混ぜるときは優しくです。
 砂糖が全部入ったら、さらに先ほどの種の煮汁を入れて少し火を強くします。これでとろみが出ます。このとき、味見をしてみて、甘さを調整。少し砂糖を追加しました。

⑦完成
2015 03-19 8
 十分にとろみが付いたら、完成です。熱いうちに広口の瓶に入れます。冷えたら粘度が上がりますから、少しさらっとしてるかなぐらいでいいです。

 今で来たばかりなので、まだ熱いです。朝になったら、冷えて食べられるので、楽しみ♪



2015春 南三陸ツアー② 

 2日目、いい天気ですが、非常に寒い朝でした。一週間前の天気予報では雨マークがついていたのですが、少しずれてよかったです。

 11時からの「感謝の集い」までに間があるので、娘を連れて町内を回りました。

 志津川漁港周辺は港湾整備が急ピッチで進められています。2012年に初めて来たときは津波でも何とか残った建物を利用してカキの養殖の仕込みを行いましたが、翌年には撤去されていました。現在は市場を含めて大がかりに整備が進んでいます。一昨年ボランティアでカキの処理を行った施設も(当然ながら)健在で、懐かしい限りです。
 また、河口に当たるこの地域には防潮堤も建設中。さすがに10mなどという高さはないですが、この周辺ではおおむね8,7mのものを計画しているようです。
2015 03-15 1

 こちらは旧志津川駅。何度もこのブログで紹介していますが、こちらはノータッチ。3年前と何ら変わっていません。周辺はかさ上げを含めた造成事業が盛んですが、エアポケットのように静けさを保っています。
 ホームに立った娘は、今いる場所がどんな場所だったか、想像できていないようでした。
2015 03-15 2

 最後に志津川中学校にお邪魔しました。ご迷惑とは思いましたが、高台にある中学校の校門の近くからは志津川の街が一望できるのです。
 鳥瞰してみると、造成の進み具合がよくわかります。「復興の槌音」というにはまだまだですが、着実に進んでいるのはわかります。
 以前に書きましたが、これだけ思い切った造成をすると、復興が成っても以前の町並みは帰ってきません。それは、町の方々にしてみればとても寂しいことだと思います。「故郷」は永遠に失われてしまいました。今作っている町が、新たな「故郷」にふさわしいものになるように願うばかりです。
2015 03-15 3
2015 03-15 4

 ベイサイドアリーナに戻ると、まだ1時間前だというのに、すでに「感謝の集い」に集結した多くの人でごった返していました。いつもの駐車場も満車で、少し離れたところに車を停め、会場に入ります。
 会場は体育館のアリーナいっぱいにパイプいすが並べられ、つどいの盛況を感じさせます。
2015 03-15 5

 11時、いよいよ開会です。

プログラム
 ○オープニング  大森創作太鼓「旭ケ浦」
 ○開会あいさつ  南三陸町社会福祉協議会長 阿部東夫さん
 ○ボランティアセンターの軌跡  同協議会事務局長 猪又隆弘さん
 ○感謝の辞  南三陸町長 佐藤仁さん
 ○ボランティア体験発表
 ○アトラクション  よさこい 南三陸今村組 陸仙海
           感謝の歌 「花は咲く」
 ○閉会あいさつ  南三陸町議会議長  星喜美男さん


2015 03-15 6
2015 03-15 7

 よくあるといえばよくある、この手のイベントのアトラクションやスピーチ。普段であれば退屈極まりないようなものですが、今日だけは違います。アトラクションは気合が違いますから、目を離せません。お偉方のスピーチも睡眠タイムになるものですが、深い悲しみを乗り越えようとしている方々だからこそ聞ける言葉ばかりで、涙なしには聞けませんよ。佐藤町長に至っては、のっけから目を赤くしての登場でした。
 もちろん、町民の皆さんによる「花は咲く」は心の奥深いところに響きました。きれいごとではなく、この人たちの笑顔のためにできることをしたい、そう決意を新たにした瞬間でした。

 一時間半の会はあっという間に終わりました。隣の小ホールでは震災直後の街の様子や、その後のボランティアの活動などの写真を集めて展示していました。2012年に漁業支援に参加した日の写真があって、残念ながら私は写っていませんでしたが、懐かしい顔が見られて、幸せでした。
2015 03-15 8
 (その時の様子はこちら

 記念写真コーナーでは、たまたま佐藤町長がいらっしゃっていて、ぜひとお願いして一緒に写真を撮っていただきました。
2015 03-15 9

 町長は、地震の後、避難などの指揮を執るべく、町の防災拠点である防災庁舎に乗り込んでいました。しかし、想像以上の津波に襲われ、屋上に避難したものの津波にのまれてしまいました。
 幸運にも柵に掴まることができ、九死に一生を得たのです。濡れたまま屋上で一夜を明かし、翌日、徒歩でベイサイドアリーナにたどり着いたといいます。
 以来、先頭に立って復興に尽力されてきました。

南三陸町長の3年―あの日から立ち止まることなく (河北選書)南三陸町長の3年―あの日から立ち止まることなく (河北選書)
(2014/03)
佐藤仁、石田治 他

商品詳細を見る

 こちらの本も読んでいたので、町長にお会いできてとても嬉しかったです。ありきたりですが、「頑張ってください、また来ます」という言葉を精いっぱいの誠意をこめて届けました。

 外に出ると、地元の方々によるお食事のサービスが軒を連ねていました。おにぎりやカキ鍋、ちゃんこ鍋、カマスのつみれ汁、茎わかめなど心のこもったおもてなしです。カキ鍋なんて、カキが5個も入っていて、野菜・豆腐もたっぷりで贅沢そのもの!
2015 03-15 12
2015 03-15 10
2015 03-15 11

 この日のために準備してくださった町民の皆さんには頭が下がるばかりです。涙なしには食べられませんでした。
 ほかにも様々なお土産物や地元の食べ物がありました。娘はまたいくら丼を満足そうに頬張っていましたし(だって、500円じゃ考えられないような量のイクラが乗ってるんですもん)、私はお土産をつい買いすぎてしまいました。

 来るたびにいつも感じることですが、私は被災地の方々を応援するつもりで来ています。小さくても力になれるように。

 でも、いつも地元の方々の笑顔とおもてなしに、たくさん接することができます。

 その笑顔の力はすごいもので、むしろこちらが頑張らなきゃ、と応援される一方です。被災者の方々からすれば元気の赤字ではなかろうかと。

 今日の集いだってそうです。ボランティアへの感謝、ということですが、私個人の感覚では、被災地の力になれる機会をいただいたことと、地元の人たちやほかのボランティアの方々にいただいた力に感謝するために、そしてこんな会に参加させていただけること、素晴らしいおもてなしをいただくことへの感謝のために参加しました。
 感謝してもらうためではありません。

 南三陸のみなさん、ありがとうございました。また帰ってきます。

 お世話になったこのボラセンも今月いっぱいで終わりです。次は災害復興ボランティアセンターという名前から「災害」を取った名前で活動が続きます。この光景に名残は尽きませんが、これも復興への一歩です。
2015 03-15 13
 
 仙台への帰途、また大川小学校に寄りました。3月11日の直後とあって、多くの方が訪れていました。
 小学生になったわが娘。同じ小学生がここで多く亡くなったことを知って、その悲しみを感じてほしかったのです。
 冷たい風が吹きすさぶなか、深く祈りをささげて、この旅を終わりました。2015 03-15 14

 女川は時間がなくて割愛しました。でも、娘は珍しい父親の私との2人旅、楽しんでくれたようです。素直に被災地を見て、話を聞いて、様々なことを感じてくれました。疲れたでしょうが文句も言わず、帰宅してからは自分が塗ったオクトパス君や頂いた木製グッズを嬉しそうに披露していました。そして「花は咲く」をずっと口ずさんでいます。
 早くボランティアにも連れていきたいものです。



▼続きを読む▼

2015春 南三陸ツアー① 

 前のエントリでも書きましたが、この土日は娘と一緒に南三陸町ツアーです。
 先月、「ボランティア感謝の集い」のお知らせが届き、参加を即決、一度は家族みんなで行こうとも思いましたが、8ヶ月児を抱えていくのはそれなりに大変だし、5歳になった弟くんが集いに参加するのも厳しかろうということで断念。娘と二人旅となりました。

 朝6時半に家を出発、8:20発の「はやぶさ」5号に乗って仙台に向かいます。私はいまさらですがE5系初乗車。指定席はゆったりしていて、乗り心地がいいですね。
 仙台からはレンタカーで南三陸町へ向かいます。
2015 03-14 1

 ちょうど仙台では国連防災世界会議が開催されることになっていて、仙台市内や仙台道路などは交通規制がかかるようですが、さっさと仙台を脱出したので、影響はありませんでした。
 三陸自動車道経由でまずはさんさん商店街へ。ぴったりお昼に到着したので、すぐにお店に入りましたが、これが大繁盛で、30分ほど待ってようやくご飯にありつけました。

 今回のご飯は、松原食堂さん。一昨年はこちらでウニ丼をいただきました。私はこの季節の企画ごはん「春つげ丼」です。ホタテやカキなど具材たっぷり! 娘は大好物のいくら丼に大満足の様子です。さらにいうと、付け合わせのメカブが絶品でした!
2015 03-14 2

 あと、。商店街ではモアイと記念撮影です。
2015 03-14 3

 次は入谷地区にある「入谷Yes工房」に行きました。ここでのお目当ては南三陸町のゆるキャラ「オクトパス君」の製作体験です。様々なオクトパス君グッズを展開するお店で、様々なお土産物を手掛けています。
 今日はオクトパス君の色塗り体験です。
2015 03-14 6
2015 03-14 4

 ちなみにオクトパス君はペーパーウェイトになるもの。さほどの大きさではありませんが、鋳物なのでずっしりと重く、娘の手に余るほどです。これを赤い塗料で塗っていきます。それと幟をつくって完成です。
 娘は工作大好きなので、台座のデコレーションにやたら凝っておりました。
 こちらの工房ではお土産物だけでなく、缶バッジや地元の間伐材を使った木製グッズなども製造していて、それも見学させていただきました。とても楽しいところでした。
 私の完成品はこちら。
2015 03-14 5

 そのあとは防災庁舎にお参り周囲を一巡り。志津川の街の中心部はすでに相当かさ上げが進んでいます。以前の面影はなく、ただせわしくダンプカーが往来していて、そこここで重機が地ならしをしています。どんな街になるのか、まだ予想できません。
2015 03-14 7
2015 03-14 8

 さらに区画整理のために撤去される予定のボラセンを覗きに行きました。もうだいぶ片付けが済んでいますね。駐車場の裏山はすっかり削られて、空が広くなっていました。
一方で、病院の建設がかなり進んでいました。今年度後半には開院を目指しているようです。約52億円の建設費のうち、台湾の赤十字が22億も援助してくださっています。台湾の方々には本当に感謝の言葉もありません。
2015 03-14 9
2015 03-14 10

いつもお世話になる民宿「なか」に行きました。もう4回目の「なか」ですが、娘は初めて。民宿というスタイルに少し戸惑ったようですが、すぐに寛いでいました。食事はもちろん海の幸!
2015 03-14 12

 夕食前に袖浜漁港まで歩いてみました。3年前は地盤沈下のために使い物にならなくなった桟橋などがみられたものですが、かなり整備が進んで、漁港として面目を一新していました。ただ、まだ加工場などが作られていないので、活気はありません。南三陸漁港で一括して処理しているのでしょうか。
2015 03-14 11

 宿であらためて、南三陸を襲った津波の様子をWeb上の写真やYouTubeで娘と一緒に見ました。一緒に見上げた防災庁舎が水没している様子に絶句。
 実際に自分がいた場所がどんな状態だったかを改めて見たことで、娘も津波の恐ろしさを実感しつつあります。

 なにより、まっさらになっていく街を見て、そこに住んでいた人たちの悲痛を少しですが感じられたように思います。
 まだ被災地を南三陸しか知らない娘ですが、こういう学習を継続的に進めていきたいと思います。

 これで一日目は終了。いろいろ話をしているうちに寝てしまいました。



4年目の「その日」 

 また、この日がやってきました。

 あの日のあと、混乱と不安の中で過ごした日々は、ただただ重苦しく、永遠に続く「劫」を感じさせるものでした。

 しかし、時間というのは無駄に公平で、気が付けば4年が過ぎてしまいました。

 この4年間で、私は6回ほど東北を訪れました。
 わずかな回数ですが、少しずつでも確実に進む復興と、一方で先の見えない混沌を目の当たりにできたと思います。


 いまだに広がる雑草だらけの野原。

 撤去されないままの建物の残骸。

 懸命に復興の歩みを進めようとする人。

 今、目の前のことに取り組む人。

 悲哀を乗り越え、深みのある笑顔で往時を語る人。

 とりとめなく書いていても、様々な光景や百人百様の表情を思い出すことができます。
 ただ、たくさんの笑顔を思い出すと目頭がツンとくるのはどうしてでしょうね。

 解決されない原発の問題や、遅れる復興行政に募る不満もあることでしょう。震災遺構の保存をどうするかという問題も、様々な思いが綯い交ぜになっています。
 それでも、目の前に横たわる現実に向き合って、懸命に生きる。それが今の東北の姿。

 だから、私はこの4年間、この震災に関しては政治的なことはなるべく考えず、ただそこで生きる人を見つめ、応援しようと思ってきました。

 そして、これからも。


 3月15日(日)、南三陸町では「ボランティア感謝の集い」が催されます。
 私のようにわずかな回数しか参加していないものにもご案内をいただきました。勝手に南三陸町を「第二の故郷」認定をしている私としては、行かないわけにはいきません。土曜日から前乗りして参加させていただきます。
 今回は、初めてボランティアに参加しない南三陸町ですが、その分ゆっくりと歩いてみたいと思います。

 今回は娘を連れていきます。震災を4歳で経験した娘は、保育園でお昼寝の時間。ぐっすり寝ていて、揺れを知らないままでした。
 8歳になって多少は感受性も育ちました。ことあるごとに震災の話もしてきました。
 あとは実際に現地を見ること。これが我が家の英才教育です。「次の世代」として、娘にも東日本大震災に向き合ってもらわねばならないですから。

 遠く離れていても、共に歩く。

 5年目が始まります。
 頑張りましょう。



サーフェスプロ3 買っちゃいました! 

 今まで使っていたノートが使いにくくなってきたので、新しいのを考えていたのですが、ついにマイクロソフトの「サーフェス プロ3」を買ってしまいました!

2015-03-10 1

 ちょうど今、キーボードのプレゼントキャンペーンやってて、無料なんですよね。そこに負けました。
 あとは・・・、

①タブレットとしても使えて、メインPC並みのスペックがある
②画面が大きくて、みやすい
③キーボードがスマート(タッチもいい)
④オフィスが余裕で使える
⑤HDDではなくて、SSDなのでなんとなく安心

 選んだのは、Corei5搭載、メモリが8GB、SSDが256Gのタイプです。
 プレゼントのキーボードは、当初パンフにも使われている青を考えていたのですが、初めはネット購入でしか入手できなかった赤が入っていたので、迷わず赤に。シャア専用っぽいでしょ。

 2015-03-10 2
 出してみました。セットアップが大変そうです。ペンと電源ケーブルは同梱。電源ケーブルは高かったので買わなかったけど、家と職場と両方必要かな。

2015-03-10 3
 もちろん、保護フィルムも購入。

2015-03-10 4
 カバーはキーボードが兼用なので、まとめて入るケースだけ買いました。なかなか渋い。

2015-03-10 5
 こんな感じです。う~ん、カッコイイ。

 まだあまり使っていませんが、サクサク動くので快適です。まだペンのボタンに慣れてないかな。
 どう育てていこうかな~





2015 J2第1節 横浜FCvs群馬 

 毎年思うのですが、Jリーグは開幕が早いです。昨年はホーム開幕でしたが生憎の雨。非常に寒かったのを覚えています。今年はアウェー、群馬での開幕でした。
 今朝の横浜は朝から雨。しかし前橋の予報は曇りでしたから、それを信じてバイクで出発しました。正田醤油スタジアム群馬は駐車場のアクセスが悪いようなので。

 幸い群馬県に入ってからは雨もやみ、気温も上がってきました。正田醤油スタジアム群馬は初めて来ましたが、いわゆる国体型の総合運動場の一角ですから、トラックもあり、スタンドもあまり大きくありません。メインに陣取りましたが、こちらはやや高さがあるので、よく見えます。

 気になる開幕のスタメンは、
FW 大久保・カズ
MF 小野瀬・中里・寺田・松下
DF 中島・野上・テホン・市村
GK 南

 カズの開幕スタメンは驚きましたね。優勝した2006シーズン以来です。まぁ、今シーズンは背水の陣、48歳になったばかりで、どんなプレーを見せられるか。ボランチ寺田の相棒は案の定中里。こちらは武者修行帰り、期待です。
 最も不安があったCB。野上の相棒はテホンでした。在籍時(2011)は、CBとしては高さもスピードもあるのに軽いプレーが散見されましたが、どれだけ成長しているでしょうか。なお、サブには楠元が入っています。
 対する群馬は新外国人アクレイソンとタンケが先発、また横浜FCから復帰した松下裕樹はキャプテンマークを巻いて登場です。今年から所属する永井雄一郎はサブ。群馬にはベンチ入りしていませんが坂井洋平もいますし、なんか懐かしい。
2015-03-08 1

 このスタジアムは、遙か赤城山を望めます。雲をかぶっていましたが、裾野が広がる雄大な山容は、中々のものですね。
2015-03-08 2

 では、開幕です!
2015-03-08 3
2015-03-08 4


▼続きを読む▼

駐韓米国大使襲撃事件 

 めんどくさいんでソース貼るのやめます。
 シモ朝鮮のテロリストが駐韓米国大使を襲撃し、大怪我を負わせました。大使は後遺症も心配されるほどの重症です。

 で、シモ朝鮮政府は遺憾の意を表明。

 ???

 なんででしょうね?

 シモ朝鮮は国家を挙げてテロリストを称揚しているではないですか!

 あれですよ、アンなんとかってやつ。
 朝鮮半島のことを慮りながら近代化行政を進めていた伊藤博文を暗殺し、かえって併合を推進させたの。

 そんなテロリストを英雄にしてるんだから、今回の事件も起こるべくして起こったのでは?
 現在の駐韓米国大使はかなり親韓の人だったみたいですが、発言一つでテロリストの標的にされるんですね。お~、こわ。

 でも、そうやってテロリストが正義と教えてきたんですから、このテロリストは期待通りの行動をとったわけです。過去には日本大使も襲ってるのですから、筋金入りの朝鮮式テロリストです。
 シモ朝鮮政府としては、これまでの教育の賜物と大いに喜ばねばなりません。

 なにせ、何の分別もなく、国家挙げてのプロパガンダに忠実に行動したんですから、素晴らしいシモ朝鮮人ですよ。
 だから、シモ朝鮮政府は軽々しく「遺憾の意」なんて表明してはいけません。ぜひとも、シモ朝鮮大酋長自らアメリカを糾弾して、国民を鼓舞せねばならないと思うのです。
 

chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。