≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松田直樹戦力外 え~っ!? 

松田に無情の戦力外通告「裏切られた」…横浜M
11月28日(日)8時0分 スポーツ報知

 ◆J1第33節 G大阪0―2横浜M(27日・万博記念競技場) 横浜Mの元日本代表DF松田直樹(33)が戦力外通告を受けたことが27日、分かった。この日のG大阪戦後、下條佳明チーム統括本部長から告げられた。「貢献してきた選手だから突然切ることはしない」としていた同部長から「社長と監督の決断。クラブを新しくする」と言い渡され、本人は「何を言われたかよく覚えていない。とにかく裏切られた思い」と怒りと悲しみに体を震わせた。

 横浜M一筋16年。95年のリーグ初優勝を知る最後の選手で、チームに骨をうずめる覚悟だった。今季は右ひざ手術で出遅れたが、8月7日の仙台戦で先発復帰。10位だったクラブをけん引し、10月17日の神戸戦まで先発したリーグ戦は6勝2分け。守備力と技術は今もトップ級で、松田をボランチに起用し勝利した10月31日の広島戦後には木村和司監督(52)も「契約はもう大丈夫」と話していた。この日は左太もも裏肉離れの疑いで走るのもやっとだったが、中沢と栗原の両DFが不在の状況に「俺が休むわけにはいかない」と強行出場した。その頑張りに対する答えが非情通告だった。

 現在、クラブは強化部に対する不信感と現場の求心力低下で移籍を考える選手が続出。松田の解雇で、精神的な支えを失うのは確実だ。「サポーターにもう一度、感動を与えたい。マリノスを強くしたい」と繰り返していた“ミスターマリノス”は現役続行を視野に入れ、移籍先を探す。

 ◆松田 直樹(まつだ・なおき)1977年3月14日、群馬県生まれ。33歳。DF。前橋育英高から95年に横浜M入団。96年アトランタ五輪、2000年シドニー五輪に出場。02年日韓W杯でも日本の守備を支え、ベスト16入り。クラブでは3度のリーグ優勝を経験。国際Aマッチは40試合1得点。183センチ、78キロ。


---------------------------------------

 松田直樹まで・・・。マリノスの功労者じゃんか~。彼のような身体能力の高いCBって大好きなんですよ。マリノスの14番時代のTシャツ持ってます!

 不況だからとは言うものの、彼のような選手をちゃんとリスペクトするべきですよ、Jリーグは。確かに年俸はネックかも知れないけど、もう少しやり方あるんじゃない?

 うち、CBほとんどいなくなったのよ。どぉ?
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。