FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

2011アジアカップ 日本vs韓国 

日本 2-2 韓国
       (PK3-0)


演出家、出てこい! やりすぎ!

 今回大会は劇的すぎますね。ホントに疲れる。
 ジャッジに関してはこの試合は救われたというべきかもしれませんが、不安定な笛に悩まされたことに変わりありません。どちらのPKも不可解というべきで、試合を面白くしすぎた。

 前半は日本の良さがでていました。縦にスペースを突くこととサイドを使うこと。守備は人数をしっかりかけてサイドに追い込む。完全に試合を支配していましたし、サッカーの質の高さは素晴らしいものがありました。
 同点ゴールは、この大会の白眉と言える素晴らしいゴールでした。本田のタメからのパス(3人引きつけてましたね)、長友のオーバーラップからのクロス、前田のポジション取りからのシュート。最高に美しかったですね。

 しかしこの前半に逆転しきれなかったことは苦しかった。後半になると、本来コンディション的に苦しいはずの韓国は息を吹き返したように攻めて来ます。1日休みが多かった日本のほうが勢いが衰えました。韓国の攻撃は日本のような華麗さはありませんが、フィジカルの強さと鋭い突破による波状攻撃で、日本にダメージを与えていきます。
 後半の日本はほとんどディフェンスに偏っていて、得点の気配がありませんでした。グループリーグではここで岡崎が投入されて、なんてのがパターンでしたが、ここで流れを変える選手がベンチにいないのが苦しいところ。
 それでもよくしのいで後半を終えます。とにかく日本としては何としても失点を防いで、ワンチャンスを狙うしかない。

 このタイミングでPKを得たのは幸運としか言えません。ファウルの位置はギリギリでエリアの外ともとれました。松木さんは「まぁ、中ってことでいいでしょう」なんてお気楽に言ってましたがwww 日本が与えたPKも変でしたが、前半の早い段階だったのが助かったのです。

 日本はあとは守り切るだけ。前田を下げて伊野波を投入するなど、ザッケローニさんの采配はストレートでした。実際攻撃に出たり、中盤のボール奪取力を上げる余力はありませんでしたから、これはこれで現実的。ただ、日本はそういう、守り切る、というのが上手ではないんですよ。

 97年のフランスワールドカップ予選、国立競技場での日韓戦。伝説的な山口素弘のループシュートで先制した日本でしたが、守り切ろうとDF秋田豊を投入したところ、押し込まれる展開に耐え切れず逆転負けを喫しました。ザッケローニさんはこの試合のことを知らないでしょうし、誰も当時のメンバーはいないのですから思い出す必要はないかもしれません。しかし、あれが日本人のメンタリティなのかも。イタリアならあれで守りきれるんでしょうけどね。

 日本は延長後半、残り5分というあたりからキープに入りました。これも早いんじゃないかな~と思いました。5分それで耐え切れるのかな?と。
 案の定、残り僅かの時点で失点。ここをしのげるようになるかは、若い日本のこれからの課題ですね。

 PK戦はもう、どうなるかわかりません。オシムさんなんかは監督時代見なかったそうですね。
 川島は汚名返上の奮闘。2本止めたのが効いて、韓国の3本目も狙いすぎて外したと言えるでしょう。

 とにかく、不満は多いですが、それでも今大会最強チームとも言える韓国を倒した。素晴らしい。ここまできたらあとは決勝も勝ちましょう!


スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・