≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「レジェンド」ファビーニョ加入! 

MFファビーニョ選手加入決定のお知らせ
2011/01/27 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、2011シーズンの新戦力として、クルゼイロEC(ブラジル)より、MFファビーニョ選手(31)の加入が決定いたしましたのでお知らせします。
 
ファビーニョ(FABIO ALVES FELIX /MF 31歳)
■生年月日:1980年1月10 日
■身長/体重:186cm/77kg
■国籍:ブラジル
■チーム歴:
サンカエタノ(ブラジル)-コリンチャンス パウリスタ(ブラジル)-セレッソ大阪-サントスFC(ブラジル)-ツールーズ(フランス)-コリンチャンス(ブラジル)-クルゼイロEC(ブラジル)
 
■Jリーグ出場記録:
2005年セレッソ大阪(J1)
J1リーグ戦/23試合7得点
カップ戦/6試合0得点
 
■ファビーニョ選手コメント:
「 日本に戻れる事が決まり、心の底から幸せです。横浜のみなさん、この様な素晴らしい機会を私に与えてくださってありがとうございます。また、J1昇格と言うプロジェクトに参加できる事を誇りに思います。
あとは、グラウンドの中で沢山仕事する。それだけです。応援よろしくお願いします。」
 
※ファビーニョ選手は2月5日来日、チームには2月6日より合流予定。
※ファビーニョ選手の背番号は決定し次第お知らせします。
 

---------------------------------------

 こちらも昨日アップできなかった「超重要ニュース」です。
 ホベルトの移籍が濃厚になって以来、懸案だったボランチのポジションですが、社長ブログで「内定」が報告されてすぐ、正式発表がありました。2005年のセレッソ大阪が優勝に絡んだときの原動力、ファビーニョ選手の加入です。
 05年はJ1で23試合の出場でボランチながら7得点。私は生で見たことはありませんが、当時サッカーマガジンなどで名前をよく見たのを覚えています。日本でのブランクや年齢の問題もありますが、移籍したホベルトよりは年下なわけで、問題ないと信じましょう。本来のポテンシャルを発揮したら、J2では反則レベルですよ。よく獲得できたものです。
 某掲示板で話題になっているとおり、うちもチェッカーモータースでアルファかフィアット買わなきゃあかんかなwwww カイオとファビーニョ加入で、西京極の試合ではセレッソサポが見に来てくれそうですね。

 ラストピースが埋まり、これで2011シーズンの陣容が固まりました。武岡・渡邉の負傷がありますが、昇格へ向けて補強は満点と言っていいでしょう。熱心な支援をしてくれた社長、実際に奔走したであろう岸野監督と北川強化部長には本当に頭が下がります。

 今日の「エルゴラッソ」でJ2の新人紹介がありました。

DF井手口正昭  即戦度B  特長:中盤での守備、ボール奪取能力
DF森本良     即戦度A  特長:身体能力、スピード
MF荒堀謙次   即戦度B  特長:左右のキック、ドリブル、ミドルシュート
MF佐藤謙介   即戦度B  特長:テクニック、展開力
GK村井泰希   即戦度C  特長:シュートストップ、左右のキック


 コラムまであって、横浜FCの選手獲得について紹介されています。
 佐藤はボランチだとばかり思っていましたが、攻撃的MFということでした。やっぱりプレーを見ないと分かりませんね。武岡が負傷で開幕に間に合わなければ、攻撃的MFは左高地、右寺田となるでしょうから、佐藤にしても荒堀にしてもバックアップでベンチ入りする可能性はありますね。
 渡邉の離脱で手薄となったCBも、即戦度Aという評価の森本などは早くに台頭するかもしれません。すでに昨シーズン特別指定選手として鳥栖で3試合出場していますから。ここに登場していない朴も同じです。CB陣が大化けしないかな~。
 もっとも、「下馬評」というのはアテにならないものです。シーズンが開幕したら三ツ沢でじっくり見たいと思います。

 いずれにせよ、クラブは素晴らしい補強をしてくれました。昨年も積極的な補強でしたから「ちょっとやれるかも」と思いつつ不安を拭い去れませんでした。それ以前も元代表ばかり取ったりして、常に期待より不安のほうが大きかったように思います。しかし、これほど熱い期待をもってシーズンを迎えられる年はありません。
 ここまでの陣容を揃えたからには昇格できないときに言い訳などはできません。もちろん、我々サポも全力を尽くすのみです。3月5日、三ツ沢のゴール裏。熱く滾る思いを胸に声を張り上げることでしょう。それを想像するだけで、今から気持ちが昂ぶってきます。

  2011年Jリーグディビジョン2
     38試合の激闘を制するのは横浜FCだ!


追伸
 霧島での噴火で、日南市もかなりの降灰があるようです。すでに川崎と東京Vが宮崎でのキャンプをとりやめました。横浜FCは2月11日から日南市での2時キャンプを予定しています。いつも歓迎してくれる日南ですから、ぜひとも実施したいところ(TRMの問題が出てきますが)。早く収束してくれるのを祈るのみです。昨年の口蹄疫や今年の鳥インフルに加え、ほんとうに宮崎は大変です…。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

小野寺社長が「補強候補」としてぶっちゃけていた、ブラジル人ボランチ。 先日の練習見学の際に他の見学者等から聞いた時は「関西J1クラブ所属経験あり」という事で、推測ではア ... ...
chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。