≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめて明るい時にフレーミングを見学 

工事43日目(フレーミング) 1月29日

 土曜日ということで、お昼過ぎに現場へ。夜しか見てなかったフレーミングをやっと明るい時間に見ることが出来ました。
躯体工事 リビングです

 もちろん、午前中のうちに工事は進捗。2Fの壁もずいぶん進んでいます。
 まず。外側から。これは玄関ポーチですが、帯金物が準備されています。縦長の金物です。これは外壁構造材と土台をつなげるもの。もちろんこれだけで固定しているわけではないですが、重要な金具です。ただ、まだ仮止めで、壁に固定されているだけで、土台には固定していません。
躯体工事 帯金物の準備
 なぜ仮止めかというと、これから2Fができていくと、1Fの壁にも荷重がかかってきて、わずかではありますが、縦に圧縮されてしまいます。今止めてしまうと金物にたわみが出てしまうんですね。現場監督さんによると、屋根ぐらいまで行ってから止めるようです。

躯体工事 床下点検口のマーク
 こちらは洗面所の床。夜には気づきませんでしたが、鉛筆で枠が書かれていました。床下点検口の位置になります。床下点検口も断熱性の板でフタをするのですが、オプションの床下収納(これも断熱)にしてもたいして値段が変わらないので、収納にします。

躯体工事 ホールダウン金物
 洗面所の隅っこ。家全体としても北西の角になります。基礎から土台を挟んで構造材を固定するホールダウン金物です。今しか見られない代物ですね。かなり頑丈そうな金物です。

躯体工事 2Fの廊下
 2Fは作業中なので上がりませんでした。階段の位置から見上げると、廊下の枠が。手前は階段の出口&フレックスの位置です。左の壁はトイレですね。奥に見える枠は西側の子供部屋の入口。
 むすめに「あれがお部屋だよ。屋根無いけど、お空見えるしこのままでいい?」と聞いたら、「やだ」あたりまえか。

 さて問題のお風呂の窓ですが、狹いものに変更決定。現場を見て、高さがあるものにしようということになりました。


スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。