FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

系外惑星を探せ! 第二の地球を探せ! 

星が6個ある恒星=ケプラー望遠鏡で発見―NASA
2月3日(木)3時4分 時事通信

 地球から約2000光年離れた太陽に似た恒星に6個の惑星があるのをケプラー宇宙望遠鏡で発見したと、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが3日付の英科学誌ネイチャーに発表した。太陽系外の恒星で見つかる惑星は1~3個の場合が多く、6個も見つかったのは初めて。今後の詳細な観測で惑星の形成過程の解明が進むと期待される。
 この恒星は「ケプラー11」と呼ばれる。惑星は内側5個の公転周期が10日から47日と非常に短く、外側に離れた1個が4カ月弱だった。内側5個の半径は地球の2.0~4.5倍、質量は2.3~13.5倍と推定された。
 これら惑星の公転軌道はほぼ同じ平面上にあり、惑星は恒星を取り巻くちりとガスの円盤から形成されるとの見方と一致。しかし、内側寄りの惑星は現在の位置ではなく、もっと外側の軌道で形成されてから内側に移動した可能性が高い。
 また、最も内側の2個は過去に水素を主成分とする大気があったが、その後なくなったと考えられるという。
 ケプラー宇宙望遠鏡は2009年3月に打ち上げられた。はくちょう座付近の方向を狙い、地球に近い惑星を探す観測が続けられている。


---------------------------------------

 現在の天文学の世界で最も盛り上がっている分野の一つが系外惑星探し。探査の方法も確立してきて、発見が相次いでいます。
 ただ、そこで見つかるのは木星型の巨大ガス惑星ばかり。それも木星のように恒星から遠い位置を公転するものではなく、水星よりも小さい公転軌道を回るものでした。太陽系とはかけ離れた惑星系の姿に、驚愕させられたものですが、今となってはそんなんばかり見つかるので、「いつものアレね」状態。
 現在の焦点は「地球型惑星」の発見です。もちろん、公転軌道も「ハビタブルゾーン(水が液体として存在できる範囲)」にあって円軌道を描いていれば最高。

 もちろんとても小さいので、直接光学的に発見することが難しい。系外惑星の捜索には、一般的に2つの方法があります。
 ひとつは赤方偏移を使った方法。惑星を連れた恒星は、公転する惑星とバランスを取るように少しだけ動くのです。ハンマー投げの選手のように軸が少しブレて回転するわけ。その時の僅かな光のブレを、ドップラー効果を使って解析します。すなわち、遠ざかるときに光は波長が伸ばされ、わずかに赤に偏移するのです。これを検知します。
 もうひとつはトランジット法といって、惑星が攻勢の前を横切るときの僅かな光の強さの変化を捉えます。

 どちらにしても、高度な技術が必要ですね。なので、どうしても見つけられるのは大型のガス惑星が多かったのです。
 となると、恒星を中心とする惑星系が成立する過程がよくわからない。こういった発見で惑星の成立条件が分かってきたら、今後の探査に役に立つかもしれません。楽しみです。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・