FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

雪も溶ければ関係ないさ! 

工事60日目(内装・外壁) 2月15日

 37度台の発熱と喉・背中の痛みに苦しんだ昨日。帰りには雪も降っていたので、さすがに現場訪問は諦めました。1月24日のフレーミング開始以来、毎日現場チェックをしていましたが、初めてサボりましたwwww
 で、今日は積もった雪も何のその、ロキソニン効果で36度を切った体温で元気溌剌! いやぁ、ロキソニンはほんとすごいわ。
 むすこの嘔吐下痢症には効きませんがね。

 そのむすこも夜にはすっかり元気になっていたので、安心して現場訪問。パッと見は変化ありませんでしたが、近づいてみると…

 フッフッフ、私の目はごまかせぬぞ、帯金物がきちんと止められているではないか!
外壁工事 帯金物締結

 1Fと2Fの間もご覧のとおり。こちらは土台とつなぐ上の写真と違ってちょっと長め。
外壁工事 帯金物締結 2F
 現場監督さんが言うには、屋根までしっかりのって、きちんと重さがかかった状態で取り付けないと、あとからの重さで撓んでしまうらしいです。逆に言えば、これが止められたということは…。

屋根工事 スレート葺き 途中まで
 スレートが葺かれてる! 足場を上がって、2Fの建物が狭くなっている所まで行ってみました。予想通り! でも、さすがに1日では終わらないですね。

屋根工事 一部に残る雪
 この右側の面は北向きですので、雪がまだ残っていました。明日にはここも終わりますかね。

屋根工事 スレートの重なり
 スレートって薄いんですね。割れないか不安になるくらい。その分一枚が大きい。これなら旧来の瓦に比べ、単価も安いでしょうし工事も簡単でしょう。現在の建築がどんどん瓦からスレートに入れ替わっているのもわかる気がします。そうとうのコスト削減になるでしょうね。
 伝統的な瓦を尊重したい気持ちはありますが、そのあたりを考えると庶民には手が出ないなぁ、と思います。

屋根工事 エレベーターに乗せられたスレート
 こちらは搬送待ちのスレート。こうして見ると、結構大きいことがわかります。

 さて、2Fを見て回っているところでネタを2つ。
外壁工事 この配線は??
 あまりうまく撮れませんでしたが、2Fの南西角です。太いチューブが出ていました。おそらくは電気の引きこみ場所の配管だと思われます。我が家はこの南西側に電柱が建っていて、そこからこの南西角に電線を引っ張ってくるはずですので。この位置にはCSのアンテナも取り付ける予定です。その配管もお願いしているのですが、片方はそれかな? わかりません。

外壁工事 サッシのシルパン
 こちらは窓の下側。窓枠の下に、前にも紹介したシルパンという樹脂材があります。グレーのシートはその下の防水シート。これで雨水の浸入を防止するのです。

 今週はまた週末に天気が崩れるようです。早く屋根が仕上がるといいなぁ。
 外構の方は早速問い合わせをした業者から連絡が来ました。来週はその打ち合わせですね。

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・