FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

今夜も雪らしいですが… 中は進んでいるみたい 

工事61日目(内装・屋根など) 2月16日

 今夜は雨らしいですが、まだ星も輝く済んだ空気の中、現場チェックに行きました。もうこれが平常運転www

 例によって外から見ただけでは大きな変化は見られません。中に入って細かいところもチェック。とはいえ、素人だから変化に気づきにくいんですよね。

 最初に気づいたのはこちら。玄関に近い1F東側壁です。
電気工事 電気メーター設置場所?
 黒い2本のチューブ。昨日の2F西南角と同じです。ここには電気メーターが設置されるはずですから、その配線用でしょう。全館空調だと恒常的にエアコンに大きな電力が必要になりますので、一般電源とエアコン用は別に引かれます。よって電気メーターも2つ。チューブも2本、ということでしょうか。そうなると、昨日は気付きませんでしたが、2F南西角の2本のチューブも2系統の電線ということですかね。

 屋根に回ります。
 屋根工事 妻部の装飾板
 南側妻部です。屋根の端っこに鋼製の保護板(?)が設置され、こちらの方は屋根も完成に近付いている感じです。また、その下に装飾板(破風)がはられていました。白い板がそうです。まだ下からは垂木が見えていますが、ここはボードがはられます。破風の板は軒の方にも続けてはられています。
屋根工事 軒下の装飾板

 同じように玄関の庇にも。
屋根工事 玄関庇の装飾板
 玄関庇は家のファサードをつくる重要な部分。きれいじゃないとね。

 昨日、スレート葺きがずいぶん進行していましたが、今日はというと…。
屋根工事 スレート葺き あと少し!
 西向きの屋根はひと通り葺き終わったようです。東側は確認していないのですが、残るはこの狹い北向きの面だけのようですね。この写真ではスレートを固定する釘も良く見えています。上に見えるはスレートを輸送するエレベーター。こんなとこまで伸びるんですね。
 谷になっている部分は、スレートの下に鋼板の溝が設置されていましたが、さらに上にもなんかするんですかね。

 今夜は少し足を伸ばして北側斜面まで行きました(ヲイ)。
屋根工事 北側斜面と雪止め
 北側斜面には雪止めの金具の設置が義務付けられています。これ、昨日は付いてたのかな。設置早々役に立つなんてことだったら面白いのですが。ここを見ると、寄棟の尾根になっている部分の処理は終わっていませんが、スレートはしっかり葺かれています。

 足場を降りて、下に置かれていたあるものに気付きました。
 屋根工事 棟換気準備
 棟の上に設置される棟換気だと思われます。アンテナなどを除けば、我が家の構造物で最も高いとろこに設置される部品です。
 この建物は外壁通気工法です。構造躯体と外壁のサイディングボードの間に空間があり、そこを通った湿った空気は屋根裏に抜け、棟の上から排気されるようになります。

 さて、最後に。
遅ればせながらシャッター
 今までなんで気づかなかったかな~。考えもしませんでした。サッシが設置されたということは、掃き出し窓に設定したシャッターも付いてるということです。全然上を見ませんでしたよ。
 この窓は、我が家の唯一の掃き出し窓。大きい窓なので、シャッターを付けました。デザインもすっきりしていて、あまり目立たないですね。はじめから付けるとこういうとこがいい。

 室内は、まだキーボックスが置かれてないので入れません。早く~。
 懐中電灯で中を覗いてみると、断熱材となるグラスウールは天井も含めてほぼ終了しているようです。リビングは天井板も貼られていました。
 壁の方は、一部グラスウールが入ったところにポリエチレンフィルムがはってあったようです。防水・防湿のためでしょう。その上に石膏ボードがはられますが、これも山積みで出番待ちでした。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・