FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

この思いに恥じぬ日本であらねば 

ドナルド・キーン氏、コロンビア大で最終講義
2011年4月27日13時35分 読売新聞

 日本文学研究の第一人者で、東日本大震災を機に日本永住と国籍取得を決めたドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(88)が26日、同大での最終講義を行った。

 キーン氏は冒頭、博士課程の学生ら約10人を前に日本帰化の決意を表明。「(日本人に)勇気を与えたと言ってくれる人がいる。私も、そうであることを願う」と語った。9月までに東京都内の住まいに移り住む予定だ。

 講義のテーマは能の歴史。キーン氏は自らの体験もユーモアを交えて披露し、日本留学中の1950年代に初めて能を見た際には「長時間の正座が大変で空腹にも襲われ、実は苦痛だった」と告白。「でもその後、能を愛すようになった。あなた方も日本に行って、私と同じ体験をしてくれることを願う」と学生たちに訴え、大きな拍手を浴びて、半世紀を超すコロンビア大での研究生活に終止符を打った


--------------------------------------

 米国随一の知日家であるドナルド・キーン氏が日本に帰化、永住されるとのことです。

>東日本大震災を機に日本永住と国籍取得を決めた

 88歳とかなりのご高齢(6月に89歳になられます)ながらそのような決意をされたことに、感動を通り越して呆然としてしまいます。
 著作を読んだのはずいぶん前で今は手元にないのですが(文学史の本でした)、司馬遼太郎との対談「日本人と日本文化」の印象が強いですね。深い洞察とそれを支える日本文化への愛情に心が動かされました。

 このような方たちに恥ずかしくない日本でなければならない。切にそう思います。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・