FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

絶対来ると思ったどさくさ紛れ 

人権侵害救済法案提出へ、メディア規制なし
2011年5月12日03時03分 読売新聞

 政府・民主党は、不当な差別や虐待で人権侵害を受けた被害者の救済を目的とする「人権侵害救済法案」を次期臨時国会に提出する方針を固めた。

 2002年に小泉内閣が提出(翌年に廃案)した人権擁護法案の対案として民主党が05年に作成した法案をベースに修正を加える方針で、擁護法案で批判が強かったメディア規制条項はなく、早期成立を図る構えだ。

 民主党は4月に人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(川端達夫座長)を設置、今国会中に救済法案の骨子をまとめる予定だ。政府は党の作業を踏まえ、人権侵害の定義、国と地方機関の組織のあり方などの制度設計を法務省で行い、次期国会への提出を目指す考えだ。

 自民、公明両党の連立政権時の擁護法案では〈1〉人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省外局として設置〈2〉取材を拒む被害者らを継続して待ち伏せることへの停止勧告――などの内容に報道規制や救済機関の独立性への懸念が示され、自民党内でも異論があった。民主党対案は05年の衆院解散で廃案となり、同党は09年の衆院選政権公約(マニフェスト)に「人権侵害救済機関の設置」を掲げていた。


-----------------------------------

 でた、どさくさ紛れ!

 メディア規制をなくしたことで批判の先頭に立っていたマスコミを懐柔しようということでしょうね。
 存在そのものが危険な法案であることを改めて強調したいと思います。
 ざっとみても、

①人権侵害の定義を「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム」「人権委員会」なるものが考えようとしている
 ミンスが恣意的に立ち上げた組織に、「それは人権侵害です」なんて決められていいのか? 「人権委員会」にしても、それを抑制する機関はないわけで、「人権侵害」という錦の御旗を振りかざされて正当な批判すら許されなくなるぞ。

②内容の周知不徹底
 ①のようなことの問題点をほとんどの国民は知らないですぜ。それを考えずにミンスに投票した人たち、どうしてくれる?

③「差別」というものに対する過剰なおそれ
 自主規制が横行し、表現が陳腐化することは十分考えられます。「ちびくろサンボ」の悲劇再び。

④人権委員会に国籍条項がない
 ミンスにつながりの深い在日外国人大喜びですね。外国人参政権反対派を「差別」の名で潰して、参政権付与、というシナリオだって冗談に思えなくなる。

⑤人権委員会という新しい権力組織の誕生
 選挙で選ぶこともできない権力組織が表現の自由を制限できるようになるんです。アンタッチャブルですね。

 こんな重要な問題を孕む法案を、災害復興に全力を尽くさねばならない時期に優先的に審議する意味が分からない。
 潰せ!
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・