FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

こんな時代になったとは 

 最近すっかりバイクにも疎くなってしまって寂しい限りです。最近知ったのですが、ホンダから「CBR250」が復活したらしい!

CBR250R 新登場

 ・・・細いな。と、よく見たら懐かしい「CBR250RR」ではなく、「CBR250R」でした。

 CBR250RRは、250ccというエントリークラスでありながら、DOHC4気筒・カムギヤチェーン採用で2万rpm近くまで吹け上がる超絶高回転エンジンを載せ、フレームもアルミダイヤモンドという、本格的なマシンでした。よく売れ、たくさん見かけました。
 私もちょっとだけ乗ったことありますが、低速トルクはさすがに細いものの、ぶんぶん回して楽しいバイクでした。
 ・・・とそういう目で見てみると、単気筒のエンジンに鋼管トラスフレーム、フロントシングルディスクブレーキなど、見劣る点が多々あります。
 ただ、バリバリのバイクなんて作ってもどうせ売れない時代ですし、バリバリやるには排ガス規制や騒音規制などの足枷が大きすぎます。エンジンは新しいし、リアサスはプロリンクをおごっています。ABSも選べるし、基本性能に手を抜かないのはホンダらしいですね。

 昨年カワサキが250クラスに「Ninja」を投入、パラレルツインのエンジンを載せて、本当に気楽に乗れる、そしてバイクらしいバイクを発売して大ヒットしました。その市場を狙ったわけですね。リターンライダーも呼び込めるかも。
 生産はタイで値段も格安。私が前に載っていたVTRと食い合いになるかな?

 私? いや、いまさら250には戻れんなぁ。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・