FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

2011J2第22節 横浜FC vs ギラヴァンツ北九州 

横浜FC 1-2 北九州

・・・ちょっと気持ちが折れかかった。

 今日の敗戦の責は、もちろん宮本の挑発に乗って一発退場をくらったカイオにあることは間違いありません。サイドに流れていいクロスを供給し、西田も調子が良かっただけに、あの時間帯(前半17分)で1人減ることはあまりに痛手でした。

 しかし!

 あえて言おう! その後の展開の中で勝ちきれなかった、または守りきれなかったのは、
 監督の責任である!

 前半、1人少ない状況としては、かなり早い段階で同点に追いつくことができました。これはひとえに西田の奮闘によります。
 西田はよく孤軍奮闘していました。もちろん値千金の同点ゴールは素晴らしかったですが、前線で体を張ってよくボールを収めていたように思います。

 しかし、前半の残り30分、カイオが1枚減ったままの4-4-1でほぼ動かず。引いて守ってということかもしれませんが、あまりに芸がない。まぁ、それでも前半をそのまま乗り切ったのでよしとしましょう。
 ハーフタイムでカズを下げ、佐藤を投入。ポジションはそのまま。確かにカズはボールロストも多かったし、カウンターでもボールを収めきれてなかった。予想された交代だけど、かと言って佐藤がこの状況の中で流れを変えられたり、前線で起点を作れるか? 少なくともサイドではあまりいい動きがない選手。ボランチでは機能していなかった高地をサイドにあげてキープできる佐藤をボランチに入れたほうが良かったようにも思います。
 まぁ、それはともかく、ただ入れ替えただけでどんなメッセージが込められるというのか?

監督のHTコメント
・中盤の選手がもっと運動量を増やそう!
・守備の際にブロックをしっかり作ろう!
・しっかり勝ちきろう!


 あのどん引きでは中盤の運動量も何も無いし(実際、次の守備ブロックをつくるという指示を考えると矛盾も感じる)、「勝ちきろう」というなら、それなりの勝負のかけ方があるんじゃない?

 しかしこのまま淡々と時間だけが過ぎます。ひたすら耐えるばかりで、打つ手が無い横浜FC。佐藤もやはりゲームを作るに至らず、守備に追われるだけで、しかもその守備もディレイばかり。攻撃にはまったく貢献できません。
 次の交代はなんと25分。何も変化のないまま残り20分ですからね、おかしいでしょ。

 実は開始早々、ミスジャッジと思われる揉め事がありました。5分、北九州のCKがニアを抜け、そのままゴールに吸い込まれたように見えました。関が慌ててキャッチ。体は完全にゴール内で、なんとかボールを前に出していましたが、ゴール裏から見るかぎり、正直ゴールだった気がします。しかし副審は躊躇いなくゴールキックの判定。・・・ゴールの中でキャッチしててゴールキック? キャッチならオンプレーだし、ゴールキックというなら、はっきり言ってゴールしたということ。
 さすがに北九州は猛抗議です。結局、ドロップボール。これは関がゴールインの前にキャッチしたという判定で、整合性は取れてますが、あの副審、どうなんだ・・・?

 というわけで、すみません、助かりました!

 この後、北九州のラフプレーも増え、荒れ気味の試合になりました。それでも横浜FCの時間帯もあって、サッカーの神様が今日は勝たせてくれようとしている、と思ったものでした。
 しかし、監督はその神様のプレゼントをあまり欲しいとは思わなかったようです。

 25分の交代は西田→難波。確かに西田は疲れていたかもしれませんが、ポストプレーは有効だったし、セットプレーでの高さという意味でも最後まで置いておきたかった気がします。疲れたからFWを交代、ではゲームの流れを作れるわけがない。
 難波が入れば、当然裏を狙っていくことになりますが、そこの意思統一もイマイチ。難波もカウンターからのシュートにあまりに精度を欠き(31分、高地の決死のボール奪取からのパスを豪快にフカした)、北九州DF陣は結果として助かった交代になったように思います。

 私のメモでは36分、「動かず、何か手はないの?」とあります。押し込まれて(ラインを下げて)なんとか凌ぐ、というあまりに変化のない展開にイラついていたのを覚えています。
 最後の交代は41分。荒堀に代えて宮崎。左SBの野崎を右MFに上げるだけ。勝負魂のかけらもない愚策だと思いました。
 要するにこれはドローのまま行け、ということでしょう?

 結局システムもいじらず、ポジションもほとんどいじらず、創造性のない交代だけしか見られませんでした。
 それでも粘っていましたが、最後はロスタイム、元横浜FCの池元にループを決められ、万事休す。

 勝ちに行こうよ! 勝ち点1じゃ足りないんだよ! 3が欲しいんだよ!
 1人足りなくても追いつけて、ゴールも一個消してもらって、なぜ勝負に行かない!?
 ディフェンス削ってもいいじゃん! 西田だって今日は切れてた。西田を生かさないのか? 西田をフォローする選手を入れたほうがいいんじゃないか?
 最終ラインはギリギリで頑張ってた。でも攻撃が盛り上がらないままあれだけ長い時間攻撃に曝されていたら、もつわけないじゃんか!

 この采配では、もう反撃できない!!

2011」ハ」イ イ」ノヘ」ニ」テvs・ョ・鬣・。・トヒフカ蠖」
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・