FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

まさに予想の斜め上! 

事故車両を穴に埋める…ネットで反発渦巻く 中国高速鉄道事故
7月25日(月)10時54分 産経新聞

 【温州(中国浙江省)=河崎真澄】中国の浙江省温州で23日夜に起きた高速鉄道の追突事故で、消防隊や軍など救援隊が24日夕までに大破した車両の一部を重機で現場に掘った穴に埋めてしまった問題で、インターネット上では「車内には生存者がおり、遺体、遺留品もあるかもしれないのに、どうして急いで埋めたのか。最後まで探したのか」と反発する声が渦巻いている。

 破損車両は事故原因の究明にも欠かせないが、24日深夜に温州で記者会見した中国鉄道省の王勇平報道官は、運転席など車両の先頭部分を地中に埋めたことを認めた上で、「危険回避の緊急措置だった」と反論した。車両落下地点の農地は激しい雷雨でぬかるみになっており、救援隊や車両を現場に入れるために必要な措置だったと釈明した。

 しかし、こうした説明に対し、ネット上では「技術的な問題が引き起こした人災としての事故原因を隠蔽するためではないか」「安全性の向上のためにも事故車両は保存して徹底研究すべきだ」などとする声であふれている。ネットユーザーは当局の事故処理への疑念を深めているようだ。  事故車両は24日夕までにすべて撤去された。


--------------------------------------

中国高速鉄道事故 わずか1日で運行ほぼ正常化
7月25日(月)15時10分 毎日中国経済

【新華社杭州7月25日=張楽】 上海鉄道局によれば、浙江省の杭州駅では25日、高速車両の運行がほぼ正常な状態に戻った。

23日夜に同省温州市で起きた高速鉄道の追突事故からわずか1日で、事故現場の路線は復旧し、運行が再開した。この路線で運行を停止しているのは杭州発・温州南行きのD5571便など一部のみだ。


--------------------------------------

その手があったか!

 いや~、事故車両を埋めるなんてのは思いつかなかったなぁ。さすが中国です。予想の斜め上ってのはこういうことをいうんでしょうね。
 隠蔽体質なんてもんじゃないですよ。

 そんでもって、あれだけの事故なのにすぐに復旧させちゃう。それが国家の体面を守ることなんでしょうね。別の大事なものを失い続けていますが。

 こういうことを聞くたびに思うのですよ。こういう国とまともにお付き合いできるの? 何かあったときに、同じ方向性の発想をしてくれないのですよ。たとえばアメリカや欧州諸国なら、原因究明&安全性の確保・再発防止&遺族への最大限の補償(精神的なものも含めて)という路線は同じだと思うんです。もちろん、細かい差異は生じるでしょうけどね。
 ただ、支那はその同じベクトルでは考えてくれないのです。まともな交渉など成立しないですよ。

 すげぇ迷惑なお隣さんだと思って、こちらも狡猾に付き合っていかないと、迷惑ばかり被るハメになりまっせ。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・