FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

超ベテランと次代を担う若者と 

 まだ松田選手の訃報のショックから立ち直れませんが、

 「熱いサッカーを!」を個人的に合言葉にして頑張りたいと思います。

 さて、一部では練習参加が知れ渡っていましたが・・・

--------------------------------------

[横浜FC]元柏・フランサ選手が練習参加!
カズ選手との見事なコンビプレーを披露するも獲得については「五分五分」(岸野監督)

2011年8月4日 17:02 エルゴラッソ

 3日の流経大との練習試合、水色の練習試合用ユニフォームを着る選手たちの中に見慣れない選手の姿がありました。横浜FCは練習生を頻繁に呼ぶので、見慣れない選手がいることにはむしろ慣れているのですが、それとは違います。「水色のユニフォームを着ている」ことが見慣れないだけで、彼自身には十分過ぎるほどの見覚えがありました。褐色の肌、頬の深いしわ、そして太いヘアバンド――レバークーゼンでは2004-05シーズンのチャンピオンズリーグでレアル・マドリーを相手にゴールを決めてチームの勝利に貢献し、日本でも柏で活躍したあの男。そう、フランサです。

 フランサ選手は昨年7月に柏を退団した後、どのクラブにも所属していなかったようですが、どうやら日本でプレーすることを目指し、とある大学で練習に参加していたようです。そして今回、横浜FCで2日から練習に参加し、3日の流経大戦に出場しました。

 30分3本をこなした今回の練習試合(1本目0-0、2本目3-0、3本目1-2)、1本目はレギュラー組が出場しましたが、フランサ選手は2本目から登場。カズ選手、難波選手が組むトップ下でプレーしました。ボールを扱うテクニック、キックの精度と強さは群を抜いていました。しかも、かつてブラジルでプレーしていたカズ選手とは初めて味方として同じピッチに立ったとは思えないほど、見事なコンビネーションを披露。互いのパス交換で相手守備網を破ることも少なくありませんでした。

 カズ選手も「なんかわかり合えるよね。非常にやりやすかった。本当に巧いしね」と手応えを感じていたようです。しかし、元来から不安がある運動量については…はっきり言ってしまえば、全く走りません。当然、攻撃の際には自分のタイミングでダッシュすることやボールを受けるために走ることはありましたが、味方に気を使って走ることはほとんどなく、守備は全くしない。トップ下でプレーしていたのに、FWだったカズ選手が自陣に戻ることも多々、というかほとんどでした。これについてカズ選手は、「そういう彼のプレースタイルも理解してあげないといけない」と気遣いながらも、「戦術としてどうなのか」と疑問も抱いているようでした。

 また岸野監督は、「変化をつけられるところのオプションは少ないし、その辺を含めて考えたい。負けてる試合は鳥栖戦(1-3)を除いて全て1点差。その1点をどうするか、ということ」と、フランサに現在のチーム状況を打破する力があるかもしれないとしながらも、「向こうがこちらの条件を飲めるかということもあるし、入った場合にどう変化するかをしっかり見極めないといけない。ただ、今日に関しては、全く走れていない」と慎重な様子。獲得の可能性に関しては、「五分五分」と話していました。

 運動量については横浜FCのカラーに全く合わないと言えますが、攻撃的な要素を考えれば横浜FCの誰よりも力を持っているフランサ選手。果たして横浜FCに入団することはあるのか、これからも目が離せません。

(横浜FC担当 菊地正典)


--------------------------------------

 フランサが本当に練習参加してたなんてねぇ。
 正直見てみたいです。青いユニは似合わなそうですが。

 確かにあれだけ走らない選手は現在のチーム戦術としては問題もありますが、攻撃時にタメが出来たり、パスミスによるボールロストが減れば、それは守備で貢献するのと同じな気もします。
 高地がボランチに入らざるを得ない現在の状況では、攻撃面で迫力不足。押し込んでいてもラストパスが出ず、結局はシュートがうてない、というのが定番です。彼からラストパスが出れば、カイオや難波もゴールが増えるか?なんて。やっぱり変化を付けられる選手が前線に必要なんです。

 問題は、下位に低迷し、目標が霞んでしまった今のチームに必要か、という点です。
 だいたい最終順位が見えてきたところでよく言われるのが、
「来シーズンへ向けて若手の起用を!」
 というところですが、これに関しては怪我人が多かったことや、ファビーニョ退団などで、積極的に若手の起用を進めざるを得ない状況でしたので、十分にクリアしています。なにせ、GKと怪我の渡邊・武岡・エデル以外の全選手が先発出場を経験していますからね。
 大卒の佐藤・井手口・荒堀・森本もかなり出場試合を増やしています。もちろん、パクも。出場機会の少ない若手はGK村井だけですから、若手の育成という面では問題ないでしょう。渡邊が復帰すれば森本の出番は減るでしょうが。

 であれば、目標を見失いそうな今、「勝つ」ためのスペシャルなピースを入れるのも面白いと思います。若手の刺激にもなるでしょう。正直言えば、現在のカズのポジションをそのまま、というのでもいいかも(運動量は厳しくても)。
 経営的にも、客を呼べる選手ですから、ジリ貧の現在、カンフル剤としても面白い。スタンドに行きたくなりますよ。残り3分の1でもいたら面白いと思いますよ。

 ただ、ほんとにちゃんとやれるか、見極めてね。

 さて、こんな楽しみな情報も。

--------------------------------------

横浜FCユースMF小野瀬康介選手トップチーム登録のお知らせ
2011/08/05 横浜FCオフィシャルHP

 横浜FCでは、横浜FCユース所属MF小野瀬康介選手(18)が、第2種チーム(横浜FCユース)に所属しながら、トップチームの公式戦に出場可能となる2種登録選手として登録することとなりましたので、お知らせいたします。

No.40 小野瀬康介(Kosuke ONOSE/MF 18歳)
■生年月日:1993年4月22日
■出身地 :東京都大田区
■身長/体重:176cm/65kg
■チーム歴:
2000年~2006年/ミッキーSC(東京都大田区立大森第四小学校)
2006年~2009年/横浜FCジュニアユース(東京都大田区立第一中学校)
2009年~現在 /横浜FCユース(東京都立美原高等学校)
■小野瀬康介選手コメント:
「先輩達のプロの姿勢を学び、1日でも早く試合に出場しチームの力になれるよう精一杯頑張ります。」
※小野瀬康介選手の背番号は40番となります。
以上


--------------------------------------

 けが人続出という事情もあるでしょうが、JYからの生え抜き、期待しないわけには行きません。やはりユースから育ってナンボ(橋村、忘れてないぞ!)。ぜひとも出場を果たし、時代を担う選手に育ってほしい。
 フランサと一緒に練習とかしたら刺激的なんじゃない?
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・