FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

2011ホーム最終戦 横浜FCvs京都 

 苦悩の日々が続いた今シーズンもホーム最終戦。しかしその結末は…

 前のエントリでも書きましたが、ホーム最終戦はメインで観戦することにしています。去年はそのおかげでフェアプレーフラッグベアラーやれましたね(こちら)。今年は募集がありませんでした。
2011ホーム最終戦 フリ丸

 この位置じゃないとビッグフラッグもみえません。
2011ホーム最終戦 ビッグフラッグ

 さて、先発ですが、
・・・・・・カズ・・・藤田・・・・・
・・野崎・・・・・・・・・・難波・・
・・・・・・佐藤・・・寺田・・・・・
・・中野・・・・・・・・・・柳沢・・
・・・・森本・・・・・渡邉・・・・・
・・・・・・・・・・関・・・・・・・・・
 退団が決定している柳沢が先発。フランサはベンチ外でした。

 試合は序盤から横浜FCペース。はじめこそ京都の速い楔のパスに手こずりますが、徐々にプレスが効き始め、ゲームを支配します。この日はサイドの裏のスペースも積極的に活用し、再三チャンスを作りました。
 柳沢も今シーズン一番の出来といえるのではないでしょうか、攻守にいい動きを見せます。
 この流れの中で前半24分、佐藤の縦パスを受けたカズが左サイドに流し、走りこんだ野崎がクロス。GKの前で藤田が潰れ、ファーに流れたところを難波が押し込んで先制! 実にいい流れ、いい時間にゲームを動かすことが出来ました。このあとも高い位置での守備が機能し、いい形で前半を終えます。

 後半は頭からカズを下げて荒堀を右サイドハーフに投入、難波がFWの位置に上がります。難波・藤田がしっかりチェイスすることで、後半も悪くない入り方でした。しかし早い時間に交代カードを2枚切った京都は徐々に運動量で横浜FCを押し込み始めます。中盤でのプレスの効きが悪くなった横浜は最終ラインを脅かされることもしばしば。関の好守で辛うじて失点こそしませんでしたが、明らかに流れが変わり始めていました。
 ここで動かないまま流れを明け渡すのが今年の岸野采配の問題点。この日も中々動かず、苦しい時間(まだチャンスも作っていたので、そう見えないのかな?)を過ごします。
 ようやく動いたのは35分、この時点で京都はすべて交代カードを切っていました。
 交代は…
2011ホーム最終戦 佐藤→高地
 佐藤に代えて高地…!?

 これがこの試合のターニングポイントだったと思います。佐藤は痛んでたんでしょうか? 中盤で相手の攻撃の芽をがっちり潰していて、悪くない出来でした。球際に強くなったもんだなあと、しみじみ思っていたのですが…。彼がFWの後ろで積極的に攻守に絡んでいたのが横浜FCのリズムを生み出していたように思います。確かに運動量は落ち始めていましたが、それでも守備の貢献度は高かった。
 高地はそのままボランチへ。もともと守備的な選手ではありません。スピードがあるわけでもなく、運動量もさほど多くない。中盤で防波堤を築かなきゃいけないのに、攻撃の選手である彼を投入するのはどうなんだろう?
 八角の調子が思わしくないのかもしれませんが、守備に関して言えば高地より良かったはず。実際高地はゲームに入れないままで、期待の攻撃でも押し込まれる展開では力を発揮できず。

 最後の交代は、
2011ホーム最終戦 藤田→小野瀬
 これは藤田が足を攣っていたための交代と言えます。小野瀬はそのままFWへ。久しぶりに見ましたが、初出場の時の思い切りがあまりなく、やや消極的なプレーでした。

 結局これでは流れを引き戻すことは出来ず、耐えていた最終ラインも最後の最後に決壊。89分、ロスタイムと立て続けに失点しての逆転負けでした。
 2点ともサイドから崩され、苦手にしているファーへの揺さぶりに屈した形。しかし中盤からあれだけ自由に展開されれば時間の問題と言えたでしょう。あれは耐える時間ではなく、主導権をどう取り戻すかが問題だと思うのですが。

>最後あそこまで押し込まれて、それでも守れると俺は思うし

 とは監督の弁ですが、それなら守れるような手立てをしてくれないと…。今シーズン、こんな形での負けゲームがどれだけあったことか。
 最後のホームで見せつけられたのは、結局今シーズンを象徴する試合だったのです。

2011ホーム最終戦 キビチ~
 厳しいダンマクですが、確かに辛いシーズンでした。

2011ホーム最終戦 監督挨拶
 セレモニーでの監督にも容赦ないブーイング。今日の内容を思うと、やはり監督は交代だったな~、と思ってしまうのですが…。チームの継続性と監督の責任。難しい問題です。
 この2年、岸野監督のチームは作られてきても、これぞ「横浜FC」という形が作られたわけじゃない。チームとしてのベースがあれば監督を替えることは難しくありませんが、いままで大量放出・大量補強を繰り返してきたチームの弱さが出たように思います。フロントのレベルで継続的なチーム作りをしていかないと、監督主導でチーム作りをした負の面がでたのかな。

2011ホーム最終戦 寺田
 確定ではないものの、チームを去りそうな寺田。今日は高い展開力を見せてくれましたが、やや消えている時間もあったかな。ガンバでレギュラー取ってくれ!

 …で、そのあと難波にいじられてました。
2011ホーム最終戦 寺田2

 契約非更新が発表されている「戦友」2人。
2011ホーム最終戦 フランサ
2011ホーム最終戦 柳沢
 いい笑顔でした。新天地での活躍を祈ります。

 今シーズンの総括は、いずれ。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・