FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

レンタカーはプリウスにしました 

レンタカーのプリウス①


 28・29と長野までスキーに行ってきました。路面の状況が分からず、レガシィのサマータイヤでは厳しいかも、ということで一度はスタッドレスタイヤ購入も考えましたが、あまりの高さに断念。ではスタッドレスをはいているレンタカーということで、試乗も兼ねてプリウスをチョイスしました。

 レンタル当日に新百合ヶ丘まで出かけたのと、その後の長野往復で、役370キロの走行。8割がた高速です。
 昨年ディーラーで試乗した時(こちら)は時間が短かったので、今回はゆっくり味わってみました。

 外見は特に感想はありません。洗練はされていますが、かっこいいとは思えません。ある自動車雑誌でエンブレムのあたりを「恥骨」と表現していたのは笑ってしまいましたが、確かに品のいい感じはしません。

レンタカーのプリウス②
 内装はこれも前に述べたとおり至ってチープ。マテリアルの選択にコストダウンの影響が…。センターコンソールも無駄に場所をとっています。気になったのは、エアコンの調整などの時、シフトレバーが邪魔なこと。ハイブリッドだからって奇を衒いすぎです。
 長時間運転していて、最大の問題を感じたのはステアリング。素材が樹脂なので、手になじまないんですよ。ステアリングは車の中で最も感触が大事な場所。そこにもう少しコストかけてもいい。
 また改めて感じたのはシートの出来の悪さ。なかなかいいポジションが取れないんです。腰をサポートしてくれないし、座面もやや小さめ。高速に乗る前に腰が痛くなりました。

レンタカーのプリウス③
 今回の車にはバックモニタがついていましたが、サイド後方の見切りが悪いので、結局駐車はしにくかったですね。

レンタカーのプリウス④
 3人分の荷物でほぼ終了。スキー板は、私の99センチのスキーボードならサスの張り出しの間にちょうどおさまりました。しかしカオルちゃんが借りた板は斜めにしか入らず。高さがあるものの、やはり狭いですね。

 運転フィールについて。
 試乗の時にも感じたことですが、やはりアクセルとエンジンがつながっている感覚を持てないのがつらい。普段は道路状況に合わせて微妙にアクセルをコントロールしていますが、エンジンの感覚が全く伝わってこないので、アクセルは完全に速度調整装置。自分の感覚とリンクしないので、速度を定めるのに苦労しました。感覚とリンクしないということは、やはり運転の楽しさがないということで、乗っててすぐに飽きました。
 燃費を良くする運転も考えましたが、回生ブレーキを利かすために、不必要にブレーキを踏んだほうがいいような気がするほどで、なんかむなしい。

 ハンドリングはスタッドレスということで大目に見ます。中立付近のすわりが悪いのとか。しかし、減衰が足りてないリアサスには辟易しました。ファミリーカーなんだからもっとしっとりとロールさせてほしい。突っ張ってるだけで、段差などのショックがボディをゆするのがつらかった。

 肝心の燃費ですが、
レンタカーのプリウス⑤
 そりゃ、すごいですわな。レガシィ+10キロですよ。ガソリン代は2400円ほどだったと思います。

 でもね、あらためて感じました。

 燃費と引き換えに失ったものが多すぎる。

 感触の悪いステアリングに、貧弱なシートに、神経とリンクしてくれないアクセル、微調整よりしっかり踏んだほうがいいブレーキ。
 人と車を結ぶマンマシンインターフェイスがこの状態ですから、運転が楽しくない。
 結局この旅行ではスタッドレスの必要性がゼロで、レガシィでよかったのに~と悔しい思いをしました。

 改めてレガシィへの愛を再確認ですね。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・