FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

第91回天皇杯決勝 FC東京vs京都サンガ 

 とある事情で無料券が手に入るものですから、天皇杯決勝観戦となりました。
 今回はJ2で優勝を果たし、来季J1復帰となるFC東京と、こちらは昇格を逃した京都。初となるJ2同士の対決になりました。

第91回天皇杯 開始前

 到着が結構ギリギリでして、かなり高い位置になりました。

 開始直前のFC東京ゴール裏。
第91回天皇杯 FC東京側ゴール裏
 かなりきれいで、センスいいですね。京都側も紫と白の紙がありましたが、分かりにくい感じです。

 さて、試合のほうは京都が中山のゴールで先制。バタバタと落ち着かない時間帯だけに、京都はいいタイミングの先制点でした。
 しかしFC東京は両サイドをワイドに使うサッカーを徹底、特に先発した石川直宏がキレのある動きで躍動していました。先制されても慌てず騒がず、CKからその石川のアシストで今野が同点ゴール。

 もうこの後はほぼ一方的な展開でした。
 FC東京はサイドチェンジを多用し、京都の最終ラインを揺さぶります。梶山を中心に中央からテンポよくサイドにパスが供給され、京都は再三裏に抜けられ、防戦一方。
 ディフェンスでも中盤で組織的にしっかりボールを奪い、ほとんど決定機を作らせません。

 カウンターに活路を見出したい京都ですが、サイドを全くと言っていいほど使えず、スペースが消された相手陣内に細かなパスワークで侵入を試みますが、今野・森重のCBがバイタルエリアをがっちりつぶしていました。

 最終的なスコアは4-2。「スコアほどの差はない」なんて表現がよくつかわれますが、これだけの点数でも「スコア以上に差がある」ゲームでした。攻守ともにFC東京の質の高さが際立っていました。
 京都は完全に攻撃でのアイデア不足。これだけ天皇杯で活躍しても、来シーズン、どこまでできるか…?

 ではFC東京はJ1でどれだけやれるか。この試合を見る限り、序盤は苦労するかも、と思いました。正直、サッカーが雑だったと思います。素晴らしいタレントが犇めくチームですが、ある程度やれてしまうだけに局面での精度が低かった。それは技術的な問題ではなく、J2でやってきて、そこまでの制度と質の高さを要求されなかったからではないでしょうか。
 J2は試合数も多く、難しいリーグですが、それでもFC東京のレベルは図抜けています。少々雑なプレーでも失点はしないし、FKもそんなにピンチにはならない。
 しかしJ1ではそうはいかないでしょうから、きっちりと精度を高めたプレーをしていかないとJ1では厳しいように思います。

 とはいえ、屈指のタレントをそろえていますから、J1の質に順応できれば、昨シーズンの柏のような躍進だって不可能ではないでしょう。

第91回天皇杯 FC東京初優勝
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・