FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

「マグネシウム文明論」 

マグネシウム文明論 (PHP新書)マグネシウム文明論 (PHP新書)
(2009/12/16)
矢部 孝、山路 達也 他

商品詳細を見る


 出版は2010年ということで、この手の新書としては古めになってしまいますが、エネルギー論だったので買ってみました。
 大震災以来、代替エネルギー論が喧しくなりました。石油の消費を減らすために増やしてきた原子力発電が事実上破綻し、早期に石油に替わるエネルギー源を探さなければならなくなったのです。
 とはいえ、太陽光発電はコストが高く、発電量も不安定ということで、主力には成り得ません。風力は低周波問題に注目が集まり、都市部での設備建設は難しい。
  一時期騒がれた水素による燃料電池も、コストや技術的な問題を解決しきれていません。こう考えると、ノーテンキな政治家や不勉強な行政担当者を除けば、代替エネルギーの将来には悲観せざるを得ない状況だと思います。

 また、代替エネルギー論は別の視点も必要になっています。
 例えば、水素燃料電池は水素と酸素の反応により発電し、排出されるのは水だけ、という部分ばかりがクローズアップされますが、その水素をどう獲得し、どう保管するかという点を考えないといけない。
 こういった、インフラを含めた社会システム全体についても否応なしに変化を強いられますから、技術的な問題だけでなく、社会システムを構築するところまで想定する必要があります。

 この本では、その処方の一つとして、マグネシウムをエネルギー源とする社会システムを提案しています。
 マグネシウムってのは、意外でした。エネルギー源としてまったく想像していなかったです。こういう「目からウロコ」な話は読んでて面白いですね。

 ここからネタバレ的に書いていきますが、要約の責任は私にあります。
 ではマグネシウムをエネルギー源としてどうするか。
 まず、資源として豊富であることが前提にあります。海水中に多く含まれており、淡水化の過程で酸化マグネシウムを取り出すことができる。
 ただ酸化物では役に立たないので、精錬する必要がありますが、これを「太陽光励起レーザー」、つまり太陽光を媒質に通すだけで高出力のレーザーを発生させるシステムです。このレーザーで酸化マグネシウムから金属マグネシウムを精製します。
 このマグネシウムを「マグネシウム空気電池」として電気を取り出します。常温で金属ですから扱いが容易で、エネルギー密度も高いので、ガソリン車並みの航続距離を実現できるそうです。マグネシウムは規格を統一してパックすれば、コンビニなどでも販売できます。
 火力発電としても、粉末化したマグネシウムを水と反応させて「燃焼」させ、それによって発電できます。既存のインフラを活用しやすいシステムです。

 エネルギーを取り出したあとのマグネシウムは、再び酸化マグネシウムとなります。これは最初に戻って、太陽光励起レーザーによって金属マグネシウムにリサイクルさせ、再び発電に回されます。

 つまり、①入手が容易、②エネルギー密度が高く、③扱い易くて、④リサイクルが可能で、⑤ランニングコストが安く、⑥太陽光を使うために環境負荷が小さく、⑦既存インフラを活用しやすい、ということになります。

 もちろん、ここにあるように簡単ではないでしょう。燃料電池もはじめはこれでエネルギー問題は解決!ぐらいの紹介でしたからね。動き出したら様々な問題が出てくるでしょう。この手の楽観論は科研費を獲得するためにぶち上げられることがよくありますから。

 ただ、先ほど挙げたポイントの中で、②③⑦は非常に重要なポイントであると思います。現実的に使用される場合に負担となる部分が解決される可能性があるからです。
 電気自動車は補助金もあるのでよく見るようになりましたが、充電インフラがまだ普及できません。家にも専用の充電設備が必要で、10万円ほどの費用がかかるそうです。充電時間がかかるのも言わずもがな。
 水素は輸送・保管のためのインフラ負担が大きすぎます。
 この点、マグネシウムは本書の言うとおりならば、相当にアドバンテージがあります。ですから、私もちょっと期待を持って読みました。

 いろいろ調べてみると、賛否両論、なかなか面白いですね。ただ、やはり既存技術の将来への閉塞感は賛否両側にあり、「本当なら」という期待もたくさん。
 矢部教授には、なんとかこれを本物と証明して見せてもらいたいとは思いますが。

 ま、最大の問題は既得権益にしがみつく者共の妨害かも知れませんね。

 さぁ、本当に来るのか、マグネシウム社会!
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・