FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

光市母子殺害事件 死刑確定 

光母子殺害事件、元少年の死刑確定へ…上告棄却
2月20日(月)15時12分 読売新聞

 山口県光市で1999年に母子2人が殺害された事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、差し戻し後の控訴審で死刑となった元会社員大月孝行被告(30)(犯行時18歳1か月)について、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。

 死刑が確定する。

 判決によると、大月被告は99年4月、排水検査の作業員を装って近所の会社員本村洋さん方を訪れ、妻弥生さん(当時23歳)を乱暴目的で襲って、抵抗されたことから両手で首を絞めて殺害した。泣きやまなかった長女の夕夏ちゃん(同11か月)も、ひもで首を絞めて殺し、財布を盗んで逃走した。

 最高裁によると、記録が残る66年以降、犯行時少年で死刑が確定したのは12人。60~70年代は被害者が1人のケースもあったが、連続射殺事件の永山則夫・元死刑囚(犯行時19歳)の判決確定(90年)以降は、いずれも被害者数が4人だった。

         ◇

 ◆おことわり

 読売新聞は、犯罪を犯した未成年者について、少年の健全育成を目的とした少年法の理念を尊重し、原則、匿名で報道しています。しかし死刑が確定すれば、更生(社会復帰)の機会はなくなる一方、国家が人の命を奪う死刑の対象が誰なのかは重大な社会的関心事となります。このため20日の判決から、光市母子殺害事件の被告を実名で報道します。


---------------------------------------

正義は守られた!

 長くかかった裁判ですが、ついに結審。被告人の死刑が確定しました。

 前に「スイッチ」の中で書いた、この事件についての思いをもう一度載せたいと思います。

>4.死刑制度に賛成か反対か聞かれたら、はっきりと
○答えられる
×答えられない

即答できますよ。「賛成」 え?なんかまずい?
裁判員制度について、少し前までは私も人を裁いたり、死に追いやったりすることの重さを感じてた。自分はそれができるか?なんて。
でもさ、正義って社会全体で守らなきゃいけないって、本村さんに教わりました。光市の事件で、本村さんはたった一人で○田○行や安田弁護士のようなムシケラから「正義」を勝ち取ったんだよ。もしあれが死刑じゃなかったら、こんな社会、安心して生きていけない。私には大事な奥さんと娘がいる。本村さんには申し訳ないけど、この判決で、彼に遠くから守ってもらったんだって思ってます。
何より申し訳ないのは、この「正義」を守る戦いを彼に任せてしまったこと。
もちろん、多くの世論が後押ししていたことは間違いない。でも本村さんは「一千万人と雖も我行かん」という覚悟だったと思う。そんな本村さんに私たちの社会は救われた。
今度は私たちの番です。
社会正義のために、勇気を持って裁判員制度に参加するべきなんじゃないか。そりゃいろいろ問題があることはわかってる。でも、凶悪な犯罪を、判例主義ではなくて、正義を求める一市民として堂々と裁く。頑張んなきゃならんぞ。


 このエントリは2008年4月のものです。もう4年も前なんですね。

 振り返ると、この事件はまず「少年事件」であったこと、そしてあまりに惨忍な事件だったこと、そして「死刑是か非か」というイデオロギー論争が持ち込まれたことが問題でした。

 少年事件ではありましたが、当時18歳を越えていますから判断力の欠如という言い訳は通用しないでしょう。民法の成人年齢を18歳にしようという案もあるくらいですから。

 事件の残忍性は言うに及ばず。また、その言い訳が異常で、家族を失った本村さんに対し、あまりに礼を失しているのですが、それを平気で撒き散らす弁護団のロクでもなさも凄まじかった。私個人としては犯人よりもあの安田弁護士のほうが憎たらしいですね。

 その弁護団の異常さは、この事件の審判に対し、死刑制度に対するイデオロギーを持ち込み、死刑反対論を取り込もうとしたことです。
 おそらくはこの弁護団に被告人を救おうという気持ちはなかったでしょう。死刑廃止への捨石に過ぎないように思います。その意味で、被告人も不幸だったかも知れません。
 本来裁判は現行の法でしか裁けません。現在の刑法に死刑がある以上、死刑も視野に入れて審議をしなくてはならないはずですが、地裁の裁判官のような法曹関係者が、このような動きに惑わされていたように思います。

 しかし、本村さんはブレなかった。イデオロギーを抜きにして、このような惨忍な犯罪を許さない、ということを、胸の中で渦巻いているであろう怒りを露にせず、それでいて毅然として正義を貫いておられました。ホントにすごい方です。

 4年前のエントリと思いは同じです。本村さんのおかげで正義は守られました。あんな屁理屈並べたら、罪が軽くなり、死刑が回避されるような、ロクでもない社会にならずに済んだ。
 だからこそ、我々がその正義を守る側として頑張らなきゃいけないんですよ。
 それだけが、本村さんのためにできるせめてものことだと思います。

 あらためて、弥生さん、夕夏ちゃんのご冥福をお祈りさせていただきたいと思います。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・