FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

2012 J2 第1節 水戸vs横浜FC 

 ついに開幕の日を迎えた2012年のJ2。今日は久しぶりにアウェーに乗り込みました。

 交通手段はレガシィ。9時に出発したので、道路も空いていていい感じでした。
 話はそれますが、首都高は一昨年中央環状線が開通しています。3号線の池尻を過ぎると大橋ジャンクションに入ります。目が回るほどのループを下ると、山手通りの地下に掘られたトンネルに突入。これで一気に池袋まで出られます。
 ナビには載っていないのでドキドキしましたが、渋滞もなくとてもスムーズ! 常磐道のペースの速さもあいまって、たった2時間で約150キロを走破して、水戸のケーズデンキスタジアムに到着しました。燃費も13.3キロ/リットルを記録し、とても快適な旅でした。

 そのケーズデンキスタジアム。
2012 J2 第1節 水戸vs横浜FC ケーズデンキスタジアム

 前のエントリにも書きましたが、立派なメインスタンドとは裏腹に、ゴール裏の芝生席で観戦しました。曇り空で気温も7度ほど。風がとっても寒かった…
2012 J2 第1節 水戸vs横浜FC ついに開幕

 スタメンはこれも書いたとおり、エルゴラッソの予想が当たりました。
GK 関
DF 杉山・スンジン・渡邉・阿部
MF 野崎・ホベルト・中里・内田
FW 難波・大久保


2012 J2 第1節 水戸vs横浜FC キックオフ

 開始早々から流れるようなパスワークで水戸を押し込む横浜。
 運動量豊富なホベルトがあちこちに顔を出し、中里とともにリンクマンとしてボールを散らします。効果的なサイドチェンジ、縦への鋭い楔など、チーム全体が連動したいい動きを見せてくれました。
 特に両サイドバックの阿部・杉山は高い位置でボールを奪い、攻撃にもよく絡んでいました。
 先制点はその杉山のクロスを「ジャンボ」大久保が頭であわせたもの。いい流れの中で得点を奪い、今年は違う! という感じでしたが…

 前半も終盤に入ると、横浜のプレスに水戸も慣れてきて、徐々にボールを回せるようになってきます。前線では鈴木隆行が絶妙なポストプレーで味方の攻め上がりを促しました。
 横浜はセカンドボールが取れなくなってきて、さらに早くなってきたプレスにボールを回せなくなってきました。
 それでも前半をしのげば随分違ったと思うのですが、最後にミスが。

 右サイドで杉山がボールロスト。鈴木隆行がキープしてサイドに開くと、そのクロスがどフリーの小澤に合わせられて失点。サイドをえぐられた時のファーサイドのマークが受け渡せていないというのは、チームとして相当まずい失点でした。
 渡邉もスンジンも対人プレーはけっしてまずくなかったのですが、組織的なディフェンスはまだまだでしたね。

 しかし、それ以上にまずかったのは後半のゲームの進め方。追いつかれて気がせいたのか、縦ポンサッカーを始めた横浜。確かに前線に大久保がいますから蹴り込みたくなるのもわかるのですが、ロングボードやアーリークロスばかりで、攻め急いでは跳ね返されるまずい流れ。
 もう少し丁寧にサイドを衝けばいいのに…とおもったら、選手交代。動きの良くなかった内田を替えるのはわかりますが、なぜ田原!?
 大久保・田原のツインタワーでますます放り込みが増えます。どういうメッセージの交代なんだ!?
 水戸も高さ対策は十分にしてきていましたし(CBキムは187センチ、途中で182センチの尾本と191センチの加藤を投入)、蹴りっこじゃ話にならないのですが…。

 結局、悪い流れは変わらず、放り込んではセカンドを拾えずにロストを繰り返します。そして失点。これも鈴木隆行のポストにやられました。

 逆転を許したものの、まだサイド攻撃には勢いがありました。
2012 J2 第1節 水戸vs横浜FC 阿部ちゃん頑張れ
 阿部などはよく攻め上がっていたと思いますが、そこで2枚目の交代カードが…。
 中里→八角。
 中盤でゲームを作れなくなっていたのはわかりますが、八角は起点を作るタイプじゃない気がします。よくわからない交代がまた…。

 まぁ、スタンドから見てると言いたい放題で無責任ではありますが、縦ポンで流れが掴めなくなっていたんだから、高い位置で時間を作れる選手がほしいところだったのでは?
 となればシュートを打てていない難波を下げて、高地を入れるべきだったと思います。彼なら高い位置でタメを作って、さらに田原や大久保の高さも活かせたと思うのですが…。

 でも次の交代は野崎→永井。その永井は左サイドハーフに入りましたがほとんどゲームに絡めず。最後はパワープレーでしたしね。パワープレーが予想される展開で永井入れてもしょうがないだろ。

 そして最後までチャンスもあまり作れずにタイムアップ。開幕からいきなり落としてしまいました。

 昨シーズンから何度も見られた、流れを考えない、そして流れを作れない采配。それによってなんとか引き分けでもというゲームを落としていく展開。
 先行き暗い気分になってしまいました。こんなんじゃいかんと思うんですが…。
2012 J2 第1節 水戸vs横浜FC 敗戦…

 来週は、ホーム開幕。こんなんじゃマズイぞ!


▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・