FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

3月11日。 

 時間だけは妙に平等で、あれだけのことがあったのに、順調に月日は進みました。今年は閏年で1日多かったけど、それでもいつもどおりやってきた「3月11日」。

 三ツ沢でスタンドに登りながら時計を見ると、これまた順調に時間は過ぎていて、14:32。

 12時半過ぎに家を出て、寄り道なんかもしてからやってきた三ツ沢。時間がすぎるのはあっという間で、14:46がすぐ目の前に来ていることに、動揺しました。


 私は被災者ではありません。
 職場は停電もしたし、混乱もしましたが、結局なんともありません。
 我が家は予定通りに完成し、予定通りに引越しました。

 ガソリンがなかなか手に入らず、計画停電のこともあって、子供たちを熊本に預けましたが、結果論としてはそこまでしなくてもよかったと思います。

 私個人の生活で言えば、本当になんてことなかった。





 でも、やはり苦しいんですね。


 恵まれている私は、傷なんか負っていないのに。


 あの揺れを感じ、そして心に刻まれた津波の映像。

 家族を、友を、あらゆる物を奪い去った痛みは、

 私のようなものの心にさえ、傷を残しています。



 軽微な傷ですが、小さい痛みですが、

 その痛みがあるから、もっと、比べ物にならないほどの傷をおった心の苦しみが、

 感じられるのです。


 日常生活を取り戻して、こうしてサッカーを見に来ている能天気な生活。

 14:46

 いろいろな思いが、悲しみが、それこそ津波のように。


 きれいごとを言うつもりはないけど、

 スタンドで黙祷したとき、

 とっても苦しかったです。


 だからこそ、きれいごとを言います。

 東北の痛みを、苦しみを、

 ちゃんと支えていこうよ。


 瓦礫処理を拒否したり、

 転校・転園を拒否したり、

 「絆」なんてどこにもないじゃないか。


 「絆」なんて言葉はどうでもいい。上辺の感動はどうでもいい。

 自分の中にある不安をグッと抑えて、

 「公」の心を奮い立たせよう。




 うまく言えませんが、「3月11日」に寄せて。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・