FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

2012 J2第3節 ジェフ千葉vs横浜FC 

千葉 3-0 横浜FC

もはや惨劇・・・

 今日は家でTV観戦。スタメンにはホベルトとスンジンの名前がありません。怪我のようです。ホベルトは古傷の膝とのこと、なんだかシルビーニョを思い出してしまう…

 前節、後半の4-2-3-1が機能したこともあって、今日は田原を1トップにして難波を左、高地をトップ下、佐藤と八角の2ボランチです。CBは堀之内が初出場。

 前半早々に深井にゴールを割られましたが、それでも必死に攻撃の型を作ろうとして阿部や内田が奮闘し、初先発の佐藤もゴール前に果敢に攻め上がります。ぎこちないながらも積極性もある前半。

 ところがその流れを断ち切ったのは誰あろう、監督。佐藤を下げてカイオをボランチで投入。それも前半途中で。そこまで佐藤悪かったかな…?
 そのカイオはコンディションがまだまだ。足を滑らすシーンも度々あって、残念な出来。

 さらに後半に入ると、それまで攻撃の軸だった内田を下げる愚策。野崎投入はわかるけど、機能していない難波を残す理由がわからない。


 ジェフは素晴らしかった。「連動」という言葉がぴったりの運動量と頭脳的な動き。2ゴールの深井もさることながら、兵頭のゲームメーカーとしての動きは圧巻でした。
 そして移籍した藤田祥史の別人のようなプレー。ストライカーとしては得点こそありませんでしたが、ポストプレーといいクロスといい、獅子奮迅の活躍。
 そうして去年あれが出来なかったの? というより、どうしてあの能力を引き出せなかったの? ということですね。

 メンバーいじった後半は、もう翻弄されまくりのフルボッコ。シュート1本しかうてず、攻撃の緒すらない。
 球際ではことごとく負け、パスは繋がらず、キープもできない。

 これで3試合で1得点、4失点。シュートは5・3・7ときて15本。
 3年目のチームでこれでは、監督としての力量が不足していると言わざるを得ません。

 監督を代えたからといって、良くなるとは限りません。しかし、このままで良くなることはまずない。


 弱いチームであることには慣れてるけど、つらいっす。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・