FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

新監督は山口素弘! 

山口素弘氏監督就任のお知らせ
2012年3月21日 17時00分 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、元サッカー日本代表で現在サッカー解説者の山口素弘氏が監督に就任することが、決定いたしましたのでお知らせいたします。
なお、山口素弘監督は3月22日(木)9:30のトレーニングよりチームに合流し指揮を執ります。

山口素弘(やまぐち もとひろ/43歳)
■生年月日:1969年1月29日(43歳)
■出身地:群馬県
■経歴:
前橋育英高等学校
東海大学
1990~1991年 全日空
1991年~1998年横浜フリューゲルス
1999年~2002年名古屋グランパスエイト
2003年~2005年8月アルビレックス新潟
2005年8月~2007年横浜FC ※2007年現役引退
■Jリーグ通算出場歴:J/J1リーグ362試合37得点
J2リーグ106試合4得点
ナビスコカップ63試合7得点
天皇杯32試合1得点
■代表歴:国際Aマッチ58試合出場4得点/1998年FIFAフランスワールドカップ日本代表
■ライセンス取得:2010年JFA公認S級コーチライセンス取得


------------------------------------

 強敵ヴェルディからなんとか勝ち点1をもぎ取った試合から一夜明けて、新監督が発表になりました。
 名前が挙がっていたとおり、山口素弘に決定です。

 横浜フリューゲルス出身であり、横浜FCでは06年のJ2優勝メンバーでもあります。そういうOBが監督として帰ってくるのは、けっこう胸が熱くなることですね。横浜FCとしても初めてのことです。

 もちろん、この監督業が容易ではないのは言うまでもありません。同じような状況で監督に就任した高木琢也は、その時点で横浜FCのコーチングスタッフに入っていて、チームを見ていました。
 山口はOBといえどもコーチ経験もなく、チームからも離れていましたから、今のチーム状況をどれだけ見ているか。

 ものは考えようで、変にネガティブなイメージを持たずにチームを見てくれればいいんですが。

 経験がないということは多少の不安もあります。ただ、それで結果を残した人もたくさんいますから、卓越した戦術眼を誇ったボランチとして、十分に期待できます。

 なにせ、下位に低迷するチームで、しかも3試合で監督を放り出したクラブですから、経験・実績がある人はなかなか引き受けてくれないでしょう(そういう意味では岸野さんはありがたかったんです)。
 クラブとしても、山口を監督として育てるぐらいのつもりでやってもらいたい。

 サポも、この危機を乗り越えるべく、懸命に応援するしかないです!
 山口監督、ともに頑張りましょう!

 ・・・といいつつ、25日もいけない。初陣を見られないとは悲しい。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・