FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

2012 J2第16節 鳥取vs横浜FC 

 さすがに鳥取はいけません。でもバードスタジアムはトラックもなくていいスタジアムなので、いつか行きたいな。
 前節松本山雅を破って3連勝。この間無失点で、且つマルチスコアですから、実にいい調子です。
 富山戦のように完全にゲームを支配できる相手ばかりではありません。逆に松本戦では押される時間をしのぎつつゴールを重ねるしたたかさも身につけました。選手が自信を持ってプレーしている様子が伝わってきて、頼もしい限り。

 今節は調子は悪くない鳥取。昨年ホームで負けてますからね。借りを返さねば。
 スカパー!の生放送は見られませんでしたが、今日は時間に余裕があって夕方に録画放送を見られました。

 スタメンは、
FW 田原・大久保
MF 野崎・中里・八角・武岡
DF 阿部・堀之内・スンジン・杉山
GK シュナイダー


 2トップはすっかり定着しましたね。ツインタワーも初めは役割分担がハッキリしていませんでしたが、大久保がゴールにより近い位置でプレーし、田原がポストで基点になったり、潰れ役をこなしたりで、うま~く住み分けができるようになって来ました。
 相手にとって厄介なのが、その役割の入れ替わりも自由自在で、どちらもボールを良く収めるところ。センターバックがマークに固定され、その分サイドが薄くなっているので、サイドハーフがグリグリいけるようになっています。

 ボランチも中里が覚醒を始めていて、運動量とパスセンスを生かしたプレーだけでなく、シュートの意識が高まっていて、ミドルを打つようになってきたのがいい。八角は黒子に徹していますが、余裕が出てきたのか長いボールでサイドチェンジを繰り出していて、これも攻撃を活性化しています。

 対する鳥取はベテラン岡野雅行が先発。頑張ってますね~。守備の要戸川は体調不良で欠場。古巣対決で借りを返したかったけど残念。

 さて、この試合、開始早々落ち着かない中で失点します。美尾のキープから縦パスが入り、折り返しを左FWの住田が体をこじいれてゴール。ボールを待ってクリアしようとした杉山のミスですね。
 嫌なゲームの入りとなりましたが、様相はすぐに一変。高い位置でガンガンボールを奪うと、野崎・武岡の両サイドハーフが鋭い突破で両サイドをズタズタにします。

 失点直後、野崎が縦に長いドリブルで3人ぐらい抜いてからのマイナスのクロス。これは大久保がふかしてしまいますが、いきなりの決定機。その後も田原が同じように野崎のクロスに合わせるなど、波状攻撃を仕掛けます。こんな感じなので、あっという間に主導権を奪い、ボランチを軸に両サイドを生かしつつ、時には田原が懐の深いキープから強引に突破をはかったり、大久保が柔軟なプレーで周囲を引き出したりと、もう圧倒的。

 追いついたのは26分。杉山の右サイドからのクロスを大久保が丁寧に落とし、走りこんだ野崎がシュート、一度はGKが弾きますが走りこんだ武岡が押し込んで同点となります。
 この時間帯になると、中盤でのボール奪取が面白いように決まり、そこからシュートまでしっかりいけるので逆転も遠からずというところ。

 39分、右サイドでの大久保の落としを武岡がエリア内へパス。さらに野崎がダイレクトで落とすと回り込んだ大久保がシュート。再びGKに弾かれるも今度は田原が蹴りこんで、逆転に成功!
 
 さらに44分。左サイドのスローインから野崎がどフリーでクロスをあげると、ドンピシャで大久保が頭でゴール。2トップ揃い踏みですね。
 この時点で、横浜の圧倒的な攻撃力は鳥取の守備を麻痺させていました。

 後半、鳥取は横浜在籍経験のある吉野智行がボランチに入りました。この吉野が落ち着いたプレーでボールを散らしたり攻め上がりを促したりと、ゲームをコントロールします。吉野は成長しましたね~。
 それでも、両サイドに破壊力がある横浜、47分に野崎が突破からシュートまで行くなど、絶好調。そして48分、今度は武岡が野崎とワンツーで抜け出し、ゴール。完全にサイドを崩しきっていますね。

 横浜FCが好調な理由は、とにかくどの選手もよく走る。「連動」という言葉を表現するかのように、様々な選手が次々に顔を出します。さらにちょっとでも相手がもたつこうものなら、一気に寄せてボールを奪うあたりの強さ。ためらいがないから、研ぎ澄まされた鋭い出足で圧倒します。
 奪ってからも味方がいい動き出しをしているから、テンポよく前線にボールを送り込む。なんとなく及び腰の弱いパスではなく、鋭く正確な長短のパスが相手を翻弄。言うことなしですね。

 「走らない」という触れ込みの田原も実に献身的にプレー。味方のボールはしっかり収めるし、馬力のあるドリブルでアクセントはつけるし、チェイシングで結構ボールを奪う。58分にはチェイシングからボールを奪い、それを中里がロングシュート。GK小針の心胆を寒からしめます。

 それでも弱さが見られるのが成長途上の横浜FC。
 69分、鳥取が素早い展開で右サイドに渡り、小井手が早めにクロスを入れると、走りこんだ住田が2点目のゴール。後方からの侵入を許してしまい反省すべし。

 しかし80分には佐藤の縦パスを、エリア内で奥山をブロックしながら受けたカズがCB水本の寄せも交わし、さらにGKの股間を抜いて一昨年最終戦以来のゴール!

 終盤野崎が激突で負傷退場し、交代枠を使いきっていたため10人で戦った横浜。さすがに足が止まって、苦しい時間帯もありましたが、その後は失点を許さず、5-2で勝利。昨夏以来の4連勝です。さらに言えば、5得点なんていつ以来?

 これで6勝7敗3分けと、あとひとつで借金完済。得失点差は一足早く+2として、借金組では最も順位の高い13位となりました。次は土曜日にホームで熊本戦。今節山形に勝利して首位から引きずり下ろした難敵です。しかしガッチリ潰してしまいましょう!

 それにしても今日はヒーローたくさんでした。
 決定機を外したりもしたものの、多彩なプレーでチャンスを演出した大久保。鋭いドリブルで右サイドを制圧して2得点の武岡。
 しかし、MOMはあえて言うなら2アシスト+2点に絡んだ野崎かな。サイドのマッチアップは無敵でしたね。退場後の状態が気になりますが、次も頼んだ!
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

 さすがに鳥取はいけません。でもバードスタジアムはトラックもなくていいスタジアムなので、いつか行きたいな。 前節松本山雅を破って3連勝。この間無失点で、且つマルチスコアですから、実にいい調子です。 富山戦のように完全にゲームを支配できる相手ばかりではあ... ...
chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・