FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

新潟沖に油田? 

新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘
2012年6月18日15時45分 読売新聞

 経済産業省は18日、新潟県沖で油田・天然ガス田の商業開発に向けて試掘に入ると発表した。

 来年4月にも掘削を開始し、埋蔵量を3年かけて調査する。地質調査の結果では国内最大の油田・ガス田となる可能性もある。

 試掘地点は、新潟県の佐渡島から南西約30キロの水深約1000メートルの海底。2003年に周辺海域で試掘した際、少量の石油やガスの産出が確認されていた。

新潟に油田?

 経産省資源エネルギー庁は、08年に導入した3次元物理探査船を使用して地層構造を精密に分析した結果、海底から2700メートル下にある地層のうち、約135平方キロに及ぶ範囲で石油や天然ガスの埋蔵の可能性があるとのデータを得た。面積はJR山手線内の約2倍に相当し、同庁は「面積では海外の大規模油田に匹敵する」としている。

 政府は09年、「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」を策定し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の資源開発に本腰を入れた。日本近海の11か所で3次元調査を進めたところ、新潟県沖が最も有望と判断した。試掘の結果が良好なら、同計画の第1号として17年の商業化を目指す。


------------------------------------

 メタンハイドレートに続き、日本近海にも資源が! という明るいようなニュースですが、いったいどれほどのものでしょうか。
 まだ試掘の段階にも至っていないのでなんとも言えませんが、

>面積では海外の大規模油田に匹敵する

 なんて軽々しく言ってしまっていいのかねぇ。
 もちろん、事実なら喜ばしいことです。世界的に見ても、大規模油田の発見は先細りで、100億バレル規模の油田があまり見つかっていません。サウジのガワール油田は1200億バレルの埋蔵量でしたが、そういった規模の油田の発見の見込みはありません。
 その意味で、僅かな量でも採掘できるのであればありがたいのですが…。

 一つには石油が高値で安定しているので、それほど大きくない規模の海底油田でも採算がとれるという見込みがあるということでしょう。

 なんにせよ、自前で資源を確保しようという努力を始めたことは良いことですがね。ちと遅いですが。
 変な利権や外圧に負けずにしっかりやることができるかね?
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘2012年6月18日15時45分 読売新聞 経済産業省は18日、新潟県沖で油田・天然ガス田の商業開発に向けて試掘に入ると発表した。 来年4月にも掘削を開始し、埋蔵量を3年かけて調査する。地質調査の結果では国内最大の油田・ガス田?... ...
chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・