≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 J2第31節 甲府vs横浜FC 

 夏休み最後の日曜日、というのは、保育園に通うわが子たちにはあまり関係ありません。
 それより、私にとっては上位陣との対決が続く8月決戦の最終節、昇格レースの主役になれるか、という「天王山」の日です。
 もちろん、一人で山梨まで出かけるとぶっ飛ばされそうなので、富士急ハイランドのトーマスランドと抱き合わせツアーを企画。家族総出で出かけました。
 ただ、前の記事でも書いたとおり、東名を御殿場で降りてからが大変でした。河口湖へ向かう道の渋滞がひどい。そういや最近富士山方面までツーリングに来てなかったな~。忘れてた。

 高校生の時以来の富士急ハイランドは、絶叫マシンだらけのすごい状態なんですね。わが子たちは当然乗れないので、全てスルーしてトーマスランドに直行。

2012-08-26①
 あ、トーマスじゃなかった。パーシーだ。

2012-08-26②
 滑り落ちる息子と私。

 ちっちゃい遊園地としては面白かったけど、富士急ハイランドからチケットが必要だから、高く付きました。一日遊ばないとだめですね。

 それから御坂トンネル経由で甲府盆地に出て、小瀬スポーツ公園の中銀スタジアムへ。あれ?なんか人が少ない。
 …始まってる!? 18時キックオフだったんですね。19時だと思い込んでた…。
2012-08-26③
 慌てて応援スタート!

 横浜FCのスタメンは、
FW  田原
OMF 野崎・武岡
DMF 高地・佐藤・寺田
DF  阿部・スンジン・堀之内・井手口
GK  シュナイダー

 佐藤をアンカーに置く4-3-2-1ですね。

 前半、横浜FCはかなり積極的に動きます。これまで上位対決で押し込まれる展開が多かったので、早い段階でゲームをコントロールしようとしていました。
 その意味では前半の先制点は理想的。CKからの流れで堀之内の移籍後初ゴールでした。
2012-08-26④

 甲府はシンプルに裏を使うシーンと、ビルドアップと織り交ぜる多彩な攻撃。それでもオフサイドをしっかりとって、決定機は作らせません。要警戒のダヴィについてもそれなりに抑えたので、守備面も悪くない。永里のシュートブロックに助けられたのもありましたが。
 1トップの田原もいい動き。甲府CBの津田はかなり困ってました。早い時間でイエロー出たし。
 かなり良い展開で前半を終え、よし、いけるか!?
2012-08-26⑤


 ところが、一人の魔術師がこの状況を変えてしまいました。それは、後半から投入されたフェルナンジーニョ。微妙に浮いたポジショニングでたくさんボールに絡み、攻撃を演出していきます。
 前半飛ばし気味だったからか、横浜FCはこれに後手を踏むようになり、押し込まれるようになります。

 それでも横浜FCはいままでこういう展開の中で落ち着いて守備ブロックを作り、粘り強くディフェンスを続けて勝って来ました。今日も…という期待をしていたのですが、そんなブロックをぶち壊すのがダヴィなんですね。

 ありゃ反則だわ。

 ダヴィの1点目、裏へのロングボールに対し、ちゃんと堀之内は寄せてるんですよ。普通はそれでオッケー。でも振り切られちゃう。
 2点目。オフサイド取れなかったか~。きっちり決められた。
 横浜FCの守備ブロックを物ともしない得点力に脱帽。

 監督もダヴィにやられた、といっております。ただ、それよりフェルナンジーニョだよ。自由にやらせすぎ。前半ダヴィは苛立っていました。ボール来ないから。それを打開したのがフェルナンジーニョです。

 横浜FCは大久保・小野瀬を投入し、攻勢をかけますがパス回しは良くてもシュートを打てない。課題ですね。この試合のシュートは6本。甲府は13本。打たなきゃ入らん。
 せめて同点にと思いましたが、余裕を持ってきた甲府の守備に要所を締められ、ジ・エンド。

 2012-08-26⑥

 9位の栃木も敗れ、順位こそ変わりませんが、2位湘南までのさがに広がりました。かなり苦しい。6位までは4。ここに滑りこむのが目標となるでしょう。勝負の8月は上位との対決では2勝2敗。う~ん。
 まずは次節、9位栃木をきっちり叩かないとイカン。

 残り13試合での上位との対決は、大分・東京Vだけ。地力で上位を引きずり下ろすのが難しい以上、全部勝たないと!

 とはいえ、改めてそれ以外の上位との対決を見ると、
1位 甲府   2敗
2位 湘南 1勝1敗
3位 大分   1敗
4位 山形 1勝1敗
5位 京都 1勝1敗
6位 千葉   2敗
7位 東京V    1分

 ということで、3勝8敗1分。まだまだ力不足ですね。これを五分以上で行けないと、J1とか言ってられないと思います。

 さて、帰り悲惨だったのは前記事のとおり。中央道の渋滞はどうにかならんもんですかね。家についたら12時半ですよ。
 バイクがあればいいんだけどな・・・。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。