≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おやじどの 

最近、わが親父殿が古文書にはまっています。
ついにヤフオクにまで手を出して、江戸時代の天保期に刊行された百人一首の本とか買ってました。

もともと歴史好きの親父殿はかなりたくさんの蔵書を持っていて、少年期の私もそれを読んで育ちました。
私自身は歴史を専門に学ぶようになり、古文・漢文すいすいになりましたが、最後まで身に付かなかったのが古文書です。

大学には古文書研究会があって、日本史をやるならこういうとこでみっちり勉強しなきゃならんのですが、崩し字読むのはかなり根気がいるし、その当時の私は中国史志向だったので、漢文に走ってしまったんです。
漢文は旧いものでも活字になってるので、辞書を片手にやれば何とかなります。

ところが、大学院を出た後は日本史に軸足が移り始め、古文書に触れることも増えてきました。しかし多少かじったくらいじゃ読めないんです、これが。
といって、いまさら勉強しなおす時間も根気もない。歴史家として一次史料に触れられないのは致命的です・・・

そんな古文書を還暦過ぎた親父殿はコツコツ読んでんです。私の出身大学の講座に出て、本もいろいろ買い込んで、えらい根気です。

新しもん好きとか、お調子者とか、いろいろ遺伝してるなぁと思うけど、その根気こそ受け継ぎたかったよ
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。