≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 J2第34節 横浜FC vs 松本山雅FC 

 いきなり言いますが、苦しい結果でした。

横浜FC 1-1 松本山雅

 前半、しっかりとゲームを作って優勢に試合を進めながら、策士反町監督にしてやられたという印象です。

 横浜FCの先発は、
FW 大久保・カイオ
MF 小野瀬・佐藤・寺田・武岡
DF 阿部・森本・スンジン・杉山
GK シュナイダー

2012 J2#35①

 怪我で田原を欠き、久しぶりに普通の4-4-2でスタート。前半は松本が前から積極的にプレスを掛けてこなかったこともあり、横浜がじっくりとボールを動かしつつ、チャンスを伺うという展開。小野瀬の動きが良く、中盤も寺田がうまくギャップでボールを受けて攻撃を組み立てるなど、いい出来でした。

 先制点はその流れの中でCKから森本が決めたもの。しかしこれで安心したのか、慎重になりすぎたか、ボランチ2人が運動量が減って怖くないボール回しに終始するようになり、チャンスが激減します。それでも前半は動きがないまま。松本は前半のうちにFWを入れ替えてきましたが、それは後でじわっと。

 後半から仕掛けてきたのは松本。渡辺匠をアンカーに入れ、4-1-4-1というか、4-3-3というか、ボランチだった喜山とユンのポジションを少し上げて横浜のボランチとマッチアップさせます。これで一気に高い位置でプレッシャーが来るようになって、横浜の守備が混乱。佐藤と寺田が守備に負われ、ボールをキープすることもできず、両サイドハーフも含めたまつもとの分厚い攻めにタジタジとなります。

 それでもなんとか耐えていると、山口監督が動きます。大久保を下げて高地を投入。高地が低い位置で守備に入ることで落ち着いたかに見えましたが、これはいつもの3ボランチではなかったんですね。
2012 J2#35②

 寺田を1列上げて4-2-3-1にして高い位置でのキープ力をあげようとしたということでしょうが、結局松本の前5人の攻撃を受け止めきれません。寺田も却ってボールに触れなくなり、苦しい展開が続いたままクロスから失点。暑さと連戦で足が止まり、集中力も途切れていたのでしょう。イケイケの松本にしてやられました。
 それにしてもこのシステム変更は効いたな~。これで途中出場のFWも生き生きしてたし…。

 
 横浜はこのあと思い切って2人交代。武岡と寺田を下げて野崎と特別指定の野上を投入。野上は初出場ですね。DF登録の彼をどう使うのかと思いきや、なんとこれまたアンカーに。アンカー対決です。佐藤と高地を高い位置にあげ、武岡・野崎で両サイド、カイオの1トップです。
 この野上がなかなかの出来。松本の中央からの圧力をしっかり跳ね返し、横浜は息を吹き返します。このあたり、監督同士の手の打ち合いは見応えがありました。

 ここから両チームの壮絶な打ち合い。中盤がほとんど機能せず、カウンター合戦となります。しかし、横浜はカウンターのチームじゃないんですよね。どうも勢いが空回り。最後のFKも決まらずにこのままドローでした。
2012 J2#35③

 野上の出来は収穫ですが、暑い中のドローは精神的にダメージが大きいですな…。傍から見たら好ゲームだったと言えるしょうけどね。
 せっかく山形・千葉といったチームが敗れてチャンスだったのですが、残念です。

 次節はホームとはいえ福島でのゲーム。三ツ沢の芝の養生期間ですね(今日もひどかった…)。しんどいゲームが続きますが、がんばろう!(さすがに福島はいけないですが)
 次の三ツ沢は10月14日までおあずけです。
2012 J2#35④
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。