≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 天皇杯3回戦 横浜ダービー 

 久しぶりに実現した横浜ダービーですが、結果は…

横浜Fマリノス 2-1 横浜FC

 残念ながら勝利をつかむことができませんでした。

FW 大久保・難波
MF 高地・八角・佐藤・小野瀬
DF 中野・堀之内・渡邉・井手口
GK 関


 と、やっぱり週末のリーグ戦を意識したターンオーバーできました。マリノスはガチのメンバーで、本来なら逆だろうというぐらい対照的です。それでも試合前からヒートアップするサポのコールに触発されたか、前半から早い展開のゲームでした。

 マリノスは前線のマルキーニョス・小野がサイドに流れてチャンスメイク、あいた中央を中村俊輔と斎藤学が効果的に使い、マークを絞れない横浜FCディフェンスを翻弄します。
 それでも粘って踏みとどまると、すこしずつチャンスを作る時間も出てきました。この日最もキレていた佐藤謙介が中盤でタメを作りながらパスを散らし、果敢に仕掛けていきます。FCは受け身になる時間が多いながらも志向するパスサッカーを堅持、互角の戦いを見せてくれました。

 しかしマリノスには飛び道具が…。エリア外ながらゴール正面やや左で与えたFK、中村俊輔の蹴ったボールはGK関が予想もしていなかった(と思われます)ファーへ飛び、ポストにあたってゴールネットを揺らしました。こりゃノーチャンスだわ。

 崩された失点ではないだけに、FCも意気消沈することなく攻勢を強めます。
 ところが、後半開始直後、再び同じような位置で与えたFK。中村俊輔はファーへのボールを意識しすぎた関を嘲笑うかのようにニアの甘いコースへ。これが決まって0-2。さすがに凹みます。これは止めて欲しかった…。このあと関は獅子奮迅のセーブを見せてくれますが、やっぱりFK2本決められては痛いですぅ(涙)

 それでも下を向かない横浜FC。後半早い時間帯で難波を諦め(ナンちゃん、厳しいぞ)カイオを投入、さらに野崎を入れるなどして虎視眈々とゴールを狙います。逆にゴール正面で得たFK。カイオはミスキックかと思うようなグラウンダーのボールを蹴ります。壁の横を通ってラインに並んでいた渡邉の足元へ。渡邉がちょんとボールに触れると(トラップミスか?)、ボールは華麗なループシュートとなってゴールに吸い込まれ、なんとか一矢報います。これが狙ったプレーだとするとすごいけど…。

 終盤には怪我に苦しんでいた内田が久しぶりにピッチに立ちましたが、マリノスにボールを保持される時間が長く、時間が過ぎていきます。野崎の突破はPKをもらえず、最後の最後にカイオがフリーでヘディングシュートを放ちますが枠を捉えられず、そのまま終了。
天皇杯横浜ダービー、惜敗

 試合を通して、横浜FCは自分たちのパスサッカーにこだわり続け、そこからチャンスを作ることもできました。しかし、プレッシャーが厳しいとパスの精度やトラップに乱れが生じ、高いラインで網を張るマリノスにボール奪取を許してしまいました。逆にマリノスはさすがにJ1、パスの正確さやスピードには一日の長があります。
 しかし横浜FCにとって、J1レベルのスピードに挑み、果敢な守備も見せ、J2とは一段違う次元でのサッカーをしようとしてくれました。まだまだですが、これからのリーグ戦にきっといい効果があるはず。

 渡邉や中野といった「干されていた」感のある選手も頑張りましたし、佐藤謙介はパスサッカーのタクトを振るうにふさわしい資質を持った選手ということも確認できました。
 内田も復帰し、攻撃陣に厚みも出ます。

 手も足も出ないというのでもなく、まだまだだな、という思いもある。でも選手が「挑戦」する姿勢を見せてくれたことで、悔しいながらもスッキリとした試合でした。

 残り5試合、気合い入れていこう!



▼続きを読む▼

この記事へのコメント

サッカーを愛するきちんとした文章で感心しました。『いがみ合うことが、サポーターだと勘違いしている サポーター の名を借りたダメ人間さん。一般社会ではだのクズ 』は増えてほしくないです。
お疲れ様でした。

同感です。

あの垂れ幕は、ちょっとネ!

こどもが親に意味をきいたら、親も答えずらいと思います。

あなた様のような考え方がいらっしゃると思うと、少しホット

します。

本当にサッカーを楽しみに来ている家族や、子供さんが、楽しく

見れる環境を作るのもサポーターの役割だと思います。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
子供をつれて、家族連れでいけないゴール裏のあるスタジアムを持つクラブはJリーグの恥です。
サポーターとクラブが協力して良いスタジアムに作り変えなければ、横浜FCの今後はありません。
今回の件は、起きるべくして起こったとしか、言いようがありません。
クラブとしても、早急に個人とグループを特定し、無期限入場禁止とかグループの解散とか厳しい処分をする必要があります。
他のJクラブも過去の様々な事件を克服し、努力をしてより良いスタジアムを作ってきています。
J1への昇格の前に、クラブとしての本気度が試されています。
こんにちは。
久しぶりの、横浜ダービーでしたね!!
マリノス対フリューゲルスを思い出しました
家内もそうだね~と嬉しそうでした^^

ただ、残念です今回の事は、誰も止めなかったんですかね
作る事態間違ってますね。
Jリーグ側も動いてるみたいですよ
コメントいただいた皆様、ありがとうございました。
ようやく帰宅したのでレスを書かせて頂きます。
厳しいお言葉も含めて、よく考えていかねばと、改めて感じています。
コメントいただいた方々は、Jのスタジアムをほんとうに大事に感じてらっしゃるのだと思います。私もスタジアム観戦こそスポーツ観戦の醍醐味と信じているので、重く受け止めてまいりたいと思います。
続きは次エントリで…
この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。