≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 J2も残り2節! 

 40節が終わって、各チームの試合数も揃いました。京都は木曜日に徳島と対戦して勝利し、2位を確保。3位の湘南との間を4に広げましたが…。

 あらためて今日の結果を見ると、
山形 0-2 千葉
大分 1-0 福岡
徳島 2-1 東京V
富山 0-2 湘南
北九州 2-0 京都
栃木 3-2 松本


 上位争いでは山形・東京V・京都が敗れました。私が大きい、大きいと言い続けてきた未消化試合に勝って、頭ひとつ抜けだしたはずの京都は、勝てば自動昇格の2位をほぼ手中にできたといえるぐらいだったのに、なにやってんだか。
 さらに食いついてこないといけない7・8位の東京Vと山形が揃って敗れるっていうのも…。今年のJ2はホントにサッカーの神様のイタズラが過ぎます。ま、横浜が今この位置にいるのは、そのイタズラの御蔭でもありますがね。

 というわけで順位表。
1 甲府 82 +26 優勝
2 京都 70 +14

3 湘南 69 +19
4 大分 67 +16
5 横浜FC 67 +15
6 千葉 66 +23

7 東京V 63 +19
8 山形 61 +7
9 栃木 60 +3
~~~~~~~~~~~~~~
10 岡山 59 +4
11 松本 58 +5


 残り2試合となって、まずドローだった岡山、栃木に敗れた松本は6位以内の可能性がなくなりました。9位の栃木までが数字的可能性を残しています。連敗していた栃木はようやく踏みとどまりましたが、6位千葉との得失点差が大きく、ほぼ絶望と言えます。
 山形は2試合勝って67と横浜FCに並びますが、これまた得失点差をひっくり返すのは難しく、勝ち点差5の千葉に対しても、一つでもドローがあればこれまた得失点差で逆転はほぼ不可能。つまり、ほぼ山形も北九州に引導を渡された形になりました。

 東京Vですが、次節横浜FCと直接対決。これに勝つと66。千葉が敗れると、6位に返り咲き可能です。これも得失点差次第ですが。東京Vは残り連勝で69。これは十分に可能性があります。

 ここからは対戦も重要。
 東京Vは最終節は草津。今日の状態だと東京V有利ですね。ということは、プレーオフ圏内確保というためなら、横浜FCは次節は悪くてもドローにはしたい。
 …いや、待てよ。次節ドローなら横浜FCは68。東京Vは最終節勝っても67。横浜FCは次節ドローでプレーオフ確定なのか!
 ま、ドローだと自動昇格が苦しくなるので、その意味でも「プレーオフ確定」なんですけどね。
 
 いや、横浜FCの目標は2位での自動昇格のはず。ライバルを見て行きましょう。それに一つでも順位が上がれば、プレーオフは上位が有利(ドローの時は上位チームの勝利扱い)ですしね。

 まずは千葉。千葉は次節ホームで松本、最終節はアウェーで徳島です。上位対決がないぶん、やりやすくもありますが、松本は怖い相手ですし、徳島は東京Vを破っています。
 大分は山形・松本と戦います。山形は意地を見せるか!? 松本は…千葉の次大分かい! もしかして、横浜FCにとって松本は超重要じゃないですか。こんな因縁になるなんて。もし松本が連勝するようなことがあれば、プレーオフには横浜FCのユニの下に松本ユニを着ていかなアカン。

 大分とは勝ち点で並び、得失点差もわずか1差(総得点はわずかに横浜FCが上)。今日の3点はココで効いてきますね。
 つまり、横浜FCは残り2試合勝利すれば千葉よりはもちろん上にいられますし、大分が2勝しても多く点を取っていけば追い越せるわけだ。

 勝ち点差2の3位湘南。鳥取・町田と戦います。20位の鳥取と最下位の町田。例年であれば楽勝かもしれませんが、今年は降格争いなんてものも絡むんですよね。
 今日は鳥取が敗れ、町田は負ければ最下位確定の試合で岐阜に勝ちました。鳥取は一つでも勝つか、ドロー2つでほぼ残留確定しますから、眼の色が違うはず。
 町田は次節水戸と戦いますが、ここで勝てば得失点差絡みで最終節まで残留争いがもつれます。21位の岐阜は今日町田に敗れたことで勝ち点差が3となり、得失点差は3。次節岐阜は徳島と戦いますが、敗れるようなことがあると、町田勝利で勝ち点が並んでしまい、得失点差もどうなるかわかりません。
 湘南は、今日の町田の勝利で大変な残留争いに巻き込まれてしまったといえるでしょう。「窮鼠猫を噛む」なんてことはサッカーではしょっちゅうですからね。

 待て待て、横浜FCも最終節は岐阜じゃないですか。町田が最終節の湘南戦で燃えているというシチュエーションは、当然岐阜との残留争いをしてるということでもあるわけで、結構苦しいですね。逆に岐阜が残留を確定させている場合は、次節で町田が敗れて最下位確定しているわけで、湘南に噛み付いてくれないかもしれない。…難しい。

 最後に京都。今日敗れて勝ち点70。湘南とは1差、大分・横浜FCとは3差ですが、京都は得失点差が小さく、上位6チームの中では最小(今日、横浜FCは逆転しました)。並ばれてしまうと苦しいのです。
 次節は福岡。ややモチベーションが保ち辛い18位。ところが、最終節はなんと甲府! 甲府は今日は引き分けてますがJ2不敗記録は更新中。連敗したってなんてことありませんが、この記録はキープしたいはず。

 いやあ、面白いことになってるじゃないですか。
 その上、次節はまだ開始時間に差があります。ドキドキだぜぇ。

 しかしですね、最終節の三ツ沢、行けないんです! むすめの七五三がココしかいれられなくて…。
 となりゃ、プレーオフ見に行くしかない!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。