≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013 横浜FC契約更新情報② 

来季の契約を更新しない選手について
2012年11月26日 16時11分 横浜FCオフィシャルHP

横浜FCでは、下記の選手について、契約満了にともない当クラブと来季(2013シーズン)の契約を更新しないことと、なりましたのでお知らせいたします。

No.5八角剛史(Tsuyoshi HAKKAKU/MF 27歳)
■生年月日:1985年4月20日
■身長/体重:174cm68kg
■出身地:千葉県
■チーム歴:市川市立市川第四中学校-ジェフユナイテッド市原ユース-駒沢大学-横浜FC(2008年加入)
■2012シーズン出場記録:J2リーグ戦29試合0得点/天皇杯1試合0得点

No.20渡邉将基(Masaki WATANABE/DF 25歳)
■生年月日:1986年12月2日
■身長/体重:181cm/77kg
■出身地:京都府
■チーム歴:京都FC長岡京-桂高等学校-京都産業大学-サガン鳥栖-横浜FC(2010年加入)
■2012シーズン出場記録:J2リーグ戦6試合0得点/天皇杯2試合1得点

No.24堀之内聖(Satoshi HORINOUCHI/DF 33歳)
■生年月日:1979年10月26日
■身長/体重:178cm/72kg
■出身地:埼玉県
■チーム歴:三室サッカー少年団-浦和市立三室中学校-浦和市立高等学校-東京学芸大学-
浦和レッドダイヤモンズ-横浜FC(2012年加入)
■2012シーズン出場記録:J2リーグ戦22試合2得点/天皇杯1試合0得点

No.32杉山新(Arata SUGIYAMA/DF 32歳)
■生年月日:1980年7月25日
■身長/体重:167cm/66kg
■出身地:埼玉県
■チーム歴:
春日部幸松サッカー少年団-柏レイソルジュニアユース-柏レイソルユース-柏レイソル-ヴァンフォーレ甲府-
大宮アルディージャ-横浜FC(2012年加入)
■2012シーズン出場記録:J2リーグ戦27試合0得点/天皇杯0試合0得点


-------------------------------------

 毎年毎年、この時期は契約非更新の発表で切ないばかり。ただ、今まではホーム最終戦を前に発表されることがおおく、「戦友」として去りゆく選手を見送ることができました。
 しかし今年はプレーオフの関係でリーグ戦の終了も早く、さらにプレーオフに進出したせいもあって発表が相対的に遅くなりました。彼らとの惜別の機会がないのが残念です。

 八角は大卒新人で加入し(08年)、中心選手として活躍しました。カズ、難波に次ぐ古参で、ここのところあまり選手を育てられていない横浜FCとしては生え抜きとも言える選手でした。守備に長けたボランチとして、今年はアンカーなども務めましたが、攻撃面ではやや物足りず、寺田にポジションを奪われる形になりました(寺田加入後は16試合中先発は3試合、途中出場が6試合)が、そのあたりが見切られたのかもしれません。中盤の守備を落ち着かせられる選手として期待していたのですが、寂しいですね。
 もしかしたら、守備の強固なボランチ獲得に目処がついているのか?(噂はありますが…)

 堀之内は驚きました。確かに年齢も高く、怪我も抱えているとはいえ、22節のアウェー町田戦で完封に貢献してからは16試合に先発、大事なところで得点も記録するなど大車輪の活躍でした。優れたカバーリング能力で、スンジンとのコンビはもちろん、若い森本もよくコントロールしていました。衰えもあるとはいえ、こういうベテランCBはいてもらえたほうがいいのに。10シーズンオフに早川を切った時を思い出します。

 渡邉は個人的にもっとも期待していた選手でした。上位争いに食い込んだ10シーズンは素晴らしいパフォーマンスだったと思います。しかし昨季は怪我でほぼ1年を棒に振り、今年は岸野監督時代の3試合に先発したものの、山口監督に代わってからはポジションを失いました。次の出場は30節まで待たなくてはいけません。結局6試合の出場にとどまるということで、非更新は仕方がないところかもしれません。化けて欲しかったな~。岸野さんに引っ張られ、岸野さんとともにチームを去るような形になりました。

 杉山も怪我はありましたが、シーズン中盤から徐々に出場機会を減らしました。豊富な運動量を誇る選手で、退団した柳沢の後を受けて攻守両面の活躍が期待されましたが、やや期待はずれでしたか。守備面では特に狙われることが多かったと思います。貢献度も高いと思いますが、井手口のような本職でない選手にポジションを譲ることが増える現状では…。

 センターバックを2人切ったということは、逆に言えば山口監督としてはここを補強ポイントと考えているからでしょう。途中で監督を引き受けた今シーズンと違い、チーム作りから山口カラーが出てくるでしょうから、そこに期待しましょう。この判断に見合う結果がなければいけませんからね。

 今年は苦しくも希望を持てる、大変な一年でした。このシーズンを共に過ごした4選手が、新天地でこれからも活躍することを祈ります。ありがとう!
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。