≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第44回日展を鑑賞して 

 畏友T画伯が出展していることもあって、毎年のように「日展」を見に行っています。
 日本最大の公募展とあって、展示作品も膨大ですから、いつもT画伯の作品を見る道すがら、他の作品も楽しむ、というところがありました。
 でも、昨日は時間もあったので、いつもよりじっくりと鑑賞してきました。

 美術は本当にドシロウトなので、的はずれなことも含めて感想を書いておきたいと思います。

 T画伯は日本画なので、いつも日本画はよくみています。画伯が出展した展覧会はほとんど見ていますから、自然と日本画を見る機会も多いのです。
 そういう目で見ると、日本画の現在が少しだけ見えるような気がします。

 やや批判的になりますが、モチーフに定形性が出てるのかな、と感じました。例えば、期せずしてでしょうが、同じタイトルで同じピラルーク?をモチーフにした作品がありました。あれ?と思ってみていくと、ピラルークは登場頻度が多いですね。深淵を覗きこむような主題にはもってこいなのでしょうか。
 逆に印象画風の明るくぼんやりした色調のもので蓮を描いた作品も多かったです。まさかモネの睡蓮を剽窃したわけではないでしょうが、モチーフと主題の予定調和のような印象も感じます。
 また、植物では複雑に絡み合う蔓や枝をクローズアップしたものが多いように思いました。

 絵というものは、主題をモチーフを使って表現するものと理解しています。しかし、多くがモチーフが主題になってしまっているというか、主客顛倒している気もします。
 さらに言えば、日本画は技法が多彩で、様々な素材も使って巧みに質感を表現しますが、ともすれば技巧のためのモチーフになってはいないか、と。

 様々なチャレンジもあって面白い作品も多いのです。「フラミンゴ」という作品は、フラミンゴの優美さを表しつつ、羽を一枚一枚細かに描写していました。「伊勢の網」では漁村の一光景ながら、網を鮮やかな赤で表すことに意外性がありました。などなど・・・。
 ただ、さっきも言った通り結構見てきてる分だけ、点が辛いようになってしまいますね。

 ちなみに画伯の絵は、雨の夜、駅前の雑鬧を描いたものです。美しく、日本画の技法を巧みに使いつつそれを匂わせない素晴らしいものです。でも、そろそろ新しい主題の絵も見たいな。

 このあと初めて洋画を見ました。洋画は過去の偉大な画家の絵はたくさん見ていますが、現代の画家のものは殆ど見ていません。それだけに新鮮でした。
 もとはといえば、様々なモチーフを表現するという点では洋画は長い歴史があり、その臭みが感じられないほどになっています。油絵である以上、日本画のようにマテリアルに頼った質感の表現は使えず、技法を見せつけずに主題に対してストレートに挑んでいる感じがしました。「雪解けの田舎道]なんて油絵でないと表せない写実性と、でも写真じゃ出せないあわあわとした温かみが感じられます。
 人物画もすごくストレート。背景に至るまで非常に写実的だし、表現でごまかすというのはありません。しかしながら、写実的であるがこその抽象性が感じられるのが面白いですね。一捻りして抽象的に人物を描こうとする日本画との違いを感じました。

 美術工芸も初めて覗いて来ました。これは面白いですね! 様々なマテリアルで多彩な表現があって、どれも興味深かったです。特に数は少なかったですが、七宝や鍛鉄をつかったものが質感が気に入りました。全体を見ると主題に対する表現方法が多彩なので、とても刺激的です。

 最後に彫刻。どうして、こんなに裸婦が多いんでしょう? 全体が自己模倣的になっているような気すらします。様々なポーズで立つ裸の女性たちが、おしなべてスタイルが良く、乳房なども同じようで個性がない。こういうもんなの? 牛を引く少年とか、新しい(のかな?)モチーフのものを見ると刺激的だし、楽しいです。

 勝手なこと書きましたが、アートって面白い。やっぱり、たくさん見て、目を鍛えていかないといけませんね。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。