≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地震 さすがにあの日を思い出す 

 昨日の地震、さすがに3.11を思い出しました。

 職場にいたのも同じ。ゆるやかな揺れから始まって、船のようにゆらゆらと横揺れが広がり、それが長く続く感じ。
 去年とは違うのは、そのままグラグラっと言う感じにならず、ただゆらゆらと揺れ続けたところ。地震そのものへの怖さはなくても、去年を思い出す怖さがありました。

 去年、強烈な揺れに驚きながらもそれ以上に不安に思ったことは、その激しい揺れがほとんど横揺れだったことです。
 言うまでもないことながら、地震ははじめに縦揺れが来て、つぎに横揺れが続きます。震源に近いほど縦揺れが強く、遠ざかれば早くに減衰する縦揺れよりも横揺れのほうが強く感じられます。
 つまり、横揺れがメインならば震源から遠いということ。

「震源が遠いはずなのに、こんなに揺れるってことは、震源に近いところは…」

 だから、激しい揺れに恐怖は感じつつも、それ以上に、どこかはわからない「震源にちかいどこか」が、えらいことになってるんじゃないか、と。

 地震が収まってしばらくして知ったのは、その「震源にちかいどこか」が東北で、予想通り激しい揺れに見舞われてことでした。
 そして、予想できなかったのは、更に恐ろしい津波が襲っていたこと…。

 昨日の地震も、あの気味の悪い横揺れでした。さすがに今回は「東北だ!」と直感しましたし、この地震にあった人は津波のことが頭をよぎったことでしょう。

 自然とは過酷なものです。これでもか、と厳しい試練を与えます。「もういいじゃないか!」と訴えたくなりますが、この国に暮らす以上、しょうがない。

 つらい思いにさせられる地震でした。
 


 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。