≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失われた3年半を取り戻す日 

 2009年、まだマスゴミの報道が大きな力を持っていた頃、懸命に実績を積み重ねていた麻生総理(当時)の努力は報じられず、ただ鳩呆率いるミンスの虚言とそれを煽る妄言のなかで、「政権交代」という悪夢は始まりました。

 その頃のエントリをあえて丸々載せましょう。

-------------------------------------

「近づく選挙」(09/8/24)

 まだ、選挙区の詳しい情報をまとめていないので、選挙については記事にしていませんが、とりあえず少しだけ。

 ほとんどの世論調査で、民主300超・・・。どれだけ右へ倣えなんだ、この国は。それに、とにかく民主の実態について無知すぎる。
 国旗の問題がずいぶん騒がれていますが、問題は、もっと根深い。多分今までの民主のやってきたことや、幹部の発言などをよく見ていれば、氷山の一角に過ぎないことがよくわかるはずです。
 つまり、本当にこの国への愛などない。あれは、明確な悪意。そういう政党なんです。

 それから、2007年の11月に小沢が代表を放り出そうとしたことを覚えていますか?

「民主党はいまださまざまな面で力量が不足しており、国民の皆様からも、自民党はダメだが、民主党も本当に政権担当能力があるのかという疑問が提起され続け、次期総選挙での勝利は大変厳しい情勢にあると考えている。・・・」
 
 まぁ、情勢もずいぶん変わりましたが、2年も経たずに政権担当能力が育ったんかい? それなりに人材供給能力もあっただろう自民でさえ、4年前は300議席行っちゃって、S村T蔵のようなのまで当選しちゃった。
 で、民主がそこまで議席伸ばしたら、どんなのが議員になるの? すげぇレベルの議員が増殖するんだってことも考えてる? それとも2年でそれだけの人材を育てたって信じられる?

 民主の人材供給は、日教組とか自治労とかになるんかね。さぞかし左巻きのすばらしく香ばしいのが出てきそうだな。

-------------------------------------

「明日は選挙です」(09/8/29)

 いや~、いろいろと憂鬱な日がやってきますナァ。
 ミンス、ミンスの大合唱も鬱陶しいですが、アフォ垂れ流しの選挙速報から、明日の報道とか、すべてが今からうんざり。
 しかし!

 明日は選挙です! 投票に行きましょう!

 さて、私が在住する横浜市青葉区は、衆議院では神奈川8区になります。横浜市は併せて横浜市長選もあるわけですが、青葉区は大変で横浜市議の補欠選挙もあります。
 つまり、衆議院小選挙区・比例区・最高裁判事国民審査・横浜市長・横浜市議と5つも投票箱を巡らなきゃいけない。

 その神奈川8区ですが、立候補者は以下のようになっています。

2009衆議院議員選挙神奈川8区
 福田峰之    自民党
 山崎誠     民主党
 小島祐行    幸福実現党
 江田憲司    みんなの党
   (届け出順)

 今回は共産なしですね。社民は昔社会党時代に伊藤茂がいたとこなんですが、見る影なし。
 さて、その伊藤茂を追い落としたのが中田前市長で、市長になってからは江田憲司がかなりの知名度でリードしているんではないでしょうか。
 ちなみに前回は江田憲司(当時無所属)が88000票余りで当選。岩國哲人(民主)が79000票弱、福田が74000票余りで、比較的僅差でした。岩國・福田ともども比例復活当選しています。つまり、この選挙区は国会議員3人を擁していたわけです。ただ一人当選できなかったのは共産候補で、11000票あまり。

 こうしてみると、江田は硬そうだね。民主山崎(市議でした。つまりこの人の補欠選挙)と自民福田の2位争いかな。ここは浮動票だらけの地域。自民批判の票は江田・山崎に割れそうだから、福田が2位に食い込んで復活、というのを福田陣営は期待してんのかな。

 逆に江田は「みんなの党」(このネーミングセンスなんとかならんかな)の主力ですから、なんとしてもいかなきゃならんでしょう。渡辺喜美も青葉台にきてたし、青葉台中学校で江田は演説会やってたな。

 私? そりゃあもう、マスゴミとつるんで暴走してる民○党にいれるつもりはないですわ。だって、年金確保のために4年後に収入の15%を徴収するとか言ってんだぜ、○主党は。今までの山のような媚中・媚韓発言の数々といい、自治労・日教組とのコンビネーションといい、冗談でも「み○○ゅ党」には入れられないですわ。

 そういや、O沢氏は、「国民生活を無視した自民党に投票して政治に文句を言う資格はない」んだそうだよ(毎日jp)。キ○○イですね、完全に。さすが民主主義をまったく理解できてない前代表。こんな○チガ○が幹部なんだわ。

 あとはよ~く考えて明日の朝、投票に行きます。
 さぁ、これからどうやって抵抗していくかな~

-------------------------------------

「投票終了」(09/8/30)

 1番手を狙って、6時40分ぐらいに投票所に行ってみたのでですが、残念ながら2番でした。前の人が空の投票箱を確認するのを見ながらついていきました。

 3番手の青年が何を急いでいるのか、ものすげースピードで記入して(あんなんで書けんのか?)私を追い越して、1番の人が確認する前に入れようとしてました。もうアフォかと。

 ①横浜市長
 ②横浜市議
 ③衆院小選挙区
 ④衆院比例区+最高裁判事国民審査

 で、④は一緒に投票用紙を渡されました。場所がないのかもしれないけど、絶対間違えるやついるって。

 昨日も書きましたが、とりあえず民○党には入れていません。これからしっかりと対決します。
 最高裁判事については、国籍法改悪に関わったのとかに×をつけました。まぁ、こちらもこれで罷免されることはありませんけどね。

 今日、再び自民が下野することになるでしょう。民主のめちゃくちゃぶりがいくらなんでもそのまま通ることはないでしょうが、どこまで良識ある議員が暴走を止められるか。
 自民にしても、わけのわからないのもいますから、そういうのを淘汰して、新しい政党として生まれ変わるしか次はないわけで、チャンスとして捉えられるかですね。

 民主はおそらく与党としてやっていく中で、左巻きの連中と保守の間で対立が出てくるでしょうが、鳩ポッポにはそれをまとめられるとは思えません。どれだけ具体的・現実的に政策を実現できるかを、我々はしっかりチェックする必要があります。

-------------------------------------

 先見の明があった、というつもりはありません。少しでも情報を集めていれば、ミンスがこのような体たらくになるのは自明のこと。それだけに暴走するマスゴミと、「一度やらせてみよう」なんていう人を見て苦虫を噛み潰していたわけです。

 それから3年半の間、ホントにひどいものでした。

 そしてようやく迎えた今回の総選挙。
 我が神奈川8区は以下のような立候補者でした。

江田憲司(みんなの党)
福田峰之(自民党)
釘丸進(共産党)
伊藤久美子(ミンス党)


 前回ミンスから出て比例復活した山崎誠はみどりの党なんちゅうよくわからんとこに逃げて、さらに名目上は未来の党からでるという不実ぶり。沈没する泥船ミンスから逃げ出しても、結局沈没しそうです。
 私はみんなの党はイマイチ信用できないし、維新はまだまだドタバタなのでこれも信用できず。なので、結局投票する人と政党は限られます。

 さて、今回は自民圧勝の様相。しかし、この針の大ぶれはどうにかならんの? 前々回は小泉効果で自民圧勝。前回はミンスで、今回はまた自民。前2回は300議席を超え、今回も自民が300に迫る勢い。こんなぶれぶれの選挙はどうなんでしょうか。あまり健全とはいえません。

 2大政党制を目指して導入された小選挙区制ですが、どうやら「狂騒曲」を奏でるだけのようです。中選挙区復活を真剣に考える時期が来たと思うのですが、いかが?
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。