≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 スキー旅行は今年もプリウス 

プリウス1500①

 28・29日で長野県にスキーに行ってきたんですが、相変わらずスタッドレスを持っていない我が家は、またレンタカーを借りて行きました。
 昨年はプリウスの現行型(1800cc)でしたが、今年は申し込みが遅く、旧型になりました。ま、どっちでもいいんですが。

 エッジを効かせすぎている現行よりはプレーンな印象です。旧型っぽい古臭さはあっても、こちらのほうがまだしも良心的です。

プリウス1500②
 乗り込んでみると、現行より大人しく、その分機能的なセンターコンソール。ただ、ハンドルポスト左にあるシフトレバーは、とっさのエンジンブレーキに必要な「B」モードに変えるときに手がでないんです。ついワイパーをいじってしまいましたwww
 でも足元がすっきりしていて、ドリンクホルダーも含めて使い勝手悪くない。

 去年、現行型のインプレで「奇を衒いすぎ」と書きましたが、あらためてそれを感じますね。こっちの方が「まだ」いいかな。

 メーターは現行より小さめ。像が歪んでいるようで、非常に見にくかった。デジタルメーターもいいけど、見やすいものにしてよ。
 シートは現行もそうですが、腰を支えてくれないので、腰痛持ちには非常に辛いですね。

プリウス1500③
プリウス1500⑤

 トランクスペースなどは特に書くことなし。現行と大して変わらないと思います。

 さて、エンジン。
プリウス1500④
 向かって左側に1500ccのアトキンソンサイクルエンジン、右にモーター等です。エンジンが77ps、モーターが58psです。
 現行はこれを1800cc(99ps)、モーターも82psのものに換装しています。とはいえ、思い出してみてもパワー感はあまり変わりません。

 ただ、現行のほうがモーター仕様領域が広い設定になっているようです。しかし、トルクの向上のためとはいえ、排気量を拡大するのはどうなの? その分フリクションロスも出るわけだし。

 さて、今回も足回りはスタッドレスなのでうるさいことは言わないように。でも、昨年現行で感じた、

>中立付近のすわりが悪いのとか。しかし、減衰が足りてないリアサスには辟易しました。ファミリーカーなんだからもっとしっとりとロールさせてほしい。突っ張ってるだけで、段差などのショックがボディをゆするのがつらかった。

 旧型では当然同じなわけで。実に疲れるクルマです。ただ、スタッドレスとDSCのお陰で雪道もそこそこ頑張れていました。

 気になる燃費ですが、400キロ以上走って19キロ前後。今回は大雪だったのでディフューザーも随分使いましたから、その割にはいいですね。
 でも、ここまで大仰なシステム積んでおいてこの程度? 電池やモータなどの部品で結局は環境負荷をかけているということに気づかないんですかね。

追記
返却前の給油で最終的な燃費を計算したら17キロ余り。条件の厳しさを差し引いてもたいしたことないですのね。ハイブリッドシステムそのものの環境負荷を考えたら、明らかに赤字だと思います。
使うガソリンは減っても、貴重な資源の使用や、バッテリーの使用後の処理などが…
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。