≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013 高山本線縦断ツアー まとめてご紹介 

 金沢から無事に帰宅しました。こっちも寒いですね。家に入ったら室内が10度しかなく、びっくり。いつもは全館空調を使ってもう少し高めに維持しているので、家をあけると寒くなります。

 今日一日の金沢からの旅をリアルタイムでお届けしてきましたが、ひとつまとめていきたいと思います。なにせスマホからの更新はめんどくさくてね。

 何度も書いているとおり、趣旨は「帰省からのUターンをせめて楽しく」です。仕事の関係で一人で先に帰るので、どうせなら家族に気を使わずにすむ時間を生かした旅をしようというもの。
 これまでも、

2008正月 夜行列車で帰る(こちら
2009夏  クルマで出雲崎や富岡などに寄り道(こちらこちら
2010暮  フォッサマグナツアー(こちら


 といったように、ちょっとしたチャンスを生かして旅をしてきました。なにせ、飛行機や新幹線+「はくたか」のコンボという効率重視の旅ばかりでは、せっかく長距離旅行をするのにもったいないですからね。
 いまや廃止されてしまった「北陸」や「能登」に乗ったのもいい経験となりました(能登に乗った記事が見当たらん・・・)。

 さて、今回はこれも繰り返している通り高山本線の縦断がテーマです。高山本線は中山七里の景勝など、沿線の変化に富んだ景観を楽しめる路線。2009年に職場の旅行で高山に行った時(こちら)に乗って以来です。
 この時は名古屋~高山の往復でした。
 今回は念願の全線踏破、テンションあげあげです。

 すでにアップしたとおり、嫁さんの実家は白山市の旧鶴来町域にあります。北陸鉄道が走っているものの、移動はもっぱら自動車。今回も往路は金沢駅に義父がお迎えに来てくれました。帰りも金沢までは送ってくれるといっていただいてはいたのですが、やはり鉄道の旅らしくということで、最寄りの北陸鉄道道法寺駅まで送ってもらい、そこから旅をはじめることにしました。 
2013 高山本線縦断ツアー1
 ご覧のとおり無人駅ですが、冬の加賀を見るには悪くありません。

2013 高山本線縦断ツアー2
 ホームからは手取川扇状地が一望できます。このあたりはちょうど白峰から流れてきた手取川が、野を広くしたあたりで、典型的な加賀の米作地帯です。洪水を繰り返した手取川に氾濫に備えた、「島集落」といわれる古くからの集落がたくさんあります。地図で見ると、寺や神社を中心に集落が散らばり、その間には新たな街区が整然と造成された様子が見て取れます。
 ちなみにこの写真の向こうの山の麓には、蓮如の墓があります。今度行ってみたいですね。

 懐かしの東急線7000系車輌に乗車して新西金沢駅まで。地方ローカル線は保線が弱いので、よく揺れます。これまた懐かしい直流モーター音を楽しみました。
2013 高山本線縦断ツアー3

 新西金沢駅から少し歩くとJR北陸本線の西金沢駅です。ここで一駅だけ乗って金沢まで。
2013 高山本線縦断ツアー4
 車輌はJR西日本の521系です。これは関西でよく乗る車輌なので、あまりテンションは上がりません。

 金沢でおみやげを買い込み、次に乗るのは「はくたか13号」です。私は結婚以来すっかりお馴染みになっていて、これもあまり興奮しないのですが、
2013 高山本線縦断ツアー5

 行きに乗った681系0番台ではなく、2000番台が入線してきたので、ちょっと嬉しい。0番台のグレー塗装は素っ気なくて好きになれないのですよ。そこへいくと2000番台はクリムゾンレッドの塗装があってかっこいい。色って大事ですよ。

 「はくたか」で富山まで行きます。所要は35分。この間、金沢で買った「鱒寿司&鰤寿司」を頂きます。
2013 高山本線縦断ツアー6
 金沢なら「笹寿し」が有名ですが、いつも嫁さんが帰省帰りにおみやげで持って帰るので、パス。ホントなら鱒寿司をたくさん食べたいのですが、これから幾つか駅弁を楽しもうと思っているので、小さいのにしました。
 ブリは大根と一緒にしめたもの。美味しいけど身が少なくて残念。マスは厚みがあって嬉しいわ~。

 富山から、いよいよ本題、高山本線です!
 今回は長いですよ~。写真たくさんなもんで!


▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。