≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年の横浜FCはどうなる? 

 昨年は1月21日に同趣旨のエントリをアップしました(こちら)。
 まだTRMなどもなく、キャンプインすらしていない時期ですから、ポジションごとの確認ということですね。
 それから、カイオがまだ契約更新情報が出ていません。オフィシャルの選手一覧には出ていますが、写真が去年のものなのでまだ来日していないということですね。来日次第更新ということになるのでしょうか。

GK シュナイダー(35)・柴崎(30)・渋谷(17)
 関と村井が抜けたGKですが、柴崎が久々の復帰、高卒新人渋谷の加入で、今年も3人体制となりました。昨年快進撃の立役者となったシュナイダーが今年も中心となることでしょう。メンバーの入れ替わりが多い山口監督ですが、ここをシーズン当初からいじってくることは考えにくいですよね。サブは順当に行けば柴崎。
 渋谷くんはまずは田北塾でシゴイてもらって、大いに成長して欲しいと思います。身長もあるし、スローイングもかなりのものらしいので、将来の守護神として期待したいですね。

CB スンジン(25)・森本(24)・森下(26)・テホン(21)・野上(21)
 堀之内・渡邉が抜けて30代がいなくなったCB。経験も重要なファクターとなるポジションだけに不安もありますが、スンジンが昨季も安定感が高いプレーを見せたので、今年もディフェンスリーダーとして活躍してもらわねばなりません。
 スンジンの相棒ですが、J1での経験もある森下が有力かな? 上背がありませんが、スピードがある選手ですからいいコンビとなるでしょう。森本も昨季後半、非常に成長した選手です。セットプレーからゴールも挙げていますし、一本立ちできるといいなあ。
 テホンは昨季は出番も少なく、大怪我もありました。それでも契約更新は期待の表れ、高さとスピードを兼ね備えた選手ですから、大化けすれば…。野上は特別指定選手として昨季3試合に出場しています。フィジカルも強く、キックも正確とあって、ボランチとしてプレー。今年はいかに経験を積めるかですね。
 この他、MF登録の渡辺もCB経験があります。

SB 中島(28)・西嶋(30)・市村(28)
 阿部・杉山・中野が去ったサイドバックは、ここ数年定着しない苦しいポジション。入れ替わりが激しく、中島も昨年は途中加入で3試合出場ということを考えると、みんな新加入というようなものですね。
 右は熊本で長くレギュラーを張った市村で行くことになるでしょう。運動量豊富で何度もアップダウンを繰り返せる選手だけに、右サイドの攻撃を活性化させてほしい。はまらなければ、昨季のように井手口が起用されることになるかな?
 左は札幌でJ1経験のある西嶋。守備力も高いので、鋭い攻撃を見せながらも裏をよく狙われた阿部とは違うプレーを見せてくれるでしょう。
 中島は昨年の大怪我からリハビリ中。前にも書きましたが、シーズン中盤に「補強」されるでしょう。それまではバックアップがやや不安なポジションです。高地や野崎が経験のあるポジションですが、山口監督のもとではプレーしていません。

DMF 寺田(27)・松下(30)・佐藤(24)・中里(22)・井手口(24)・渡辺(30)・ペフミン(21)

 昨季は期待されたホベルトが怪我で前半のうちに退団(引退)、オフに八角が移籍したポジションで、守備力の高いボランチが補強されました。
 昨季途中加入ながら、フル出場した寺田が今シーズンも軸となるでしょう。攻撃のタクトを揮う重要な選手です。古巣との対決も楽しみ。彼を一列上げるのもオプションとしてありますね。
 パートナーは同じく展開力のある佐藤・中里か、守備に強い松下か。バランスを考えると松下が有力ですかね。個人的には佐藤に期待しているのですが…。
 井手口・渡辺はバックアップという位置づけになるかな? 井手口は昨季右サイドバックとしてしか起用されておらず、ボランチとしての評価は未知数です。渡辺も昨季は松本での出場もすくない(12試合)のですが、こちらもCBができるということで、貴重なユーティリティ選手ですね。
 ペフミンは長身のMF、ポジションは明確ではありませんが、おそらくボランチ。こちらは将来性を買ってということで。

OMF 武岡(26)・高地(32)・野崎(27)・内田(29)・小野瀬(19)・ナソンス(19)
 こちらはメンバーに変動なし。FWの層の厚さを考えると1トップは考えにくく、枠は2つ。右に武岡・内田・小野瀬、左に高地・野崎と、「秘密兵器」ナソンス。高地・武岡・野崎の3人はそれなりのクオリティを期待出来ますが、伸びしろに欠けるのが難点ですね。その分、小野瀬が頑張ってくれなければ。今のところ右のファーストチョイスは武岡。内田も怪我が癒えて巻き返しを狙っているでしょう。ここに食い込むにはやはりゴール。アウェー町田戦で待望の初ゴール&追加点と活躍しましたが、その後は沈黙。良いプレーはしてもインパクトが弱いのです。がんばれ!
 また、後半に大きな怪我をしたナソンスも、そろそろデビューしてもらわねば。年代別代表を経験しているとはいえ、まだ未知数のまま。昨季フィールドで唯一出場がなかっただけに、今年は勝負。ヨンチョルになれるか?

FW 大久保(32)・カイオ(25)・田原(30)・黒津(30)・永井(33)・カズ(45)・青木(22)
 もっとも層の厚いFW陣。若い青木と、復活を期す黒津が加入し、難波が移籍しました。昨季全試合出場の大久保が軸となるでしょうが、昨季後半はゴールが少なく、精彩を欠いていました。年齢的にもフル稼働は難しいかもしれません。それでも田原・カイオが計算出来ますし、スピードタイプの黒津が加入してバラエティが出てきたのはいいことですね。
 永井も怪我がなければプレーの質は高いですから、スーパーサブ的な活躍も可能。こうなるとカズはやっぱり出場機会が限られてきますな。
 最後に青木、なかなか出場は難しいかもしれませんが、気長に待ってるぞ、がんばれ!

 総勢31人、平均年齢26.8歳! 結構高いですねぇ。カズのせいもありますが、30歳前後の選手が多いですもんね。
 今年こそ昇格! がんばっていこう!

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














chinafree
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

japantourist

Author:japantourist
3児の父、リターンライダー。歴史マニアにして、レガシィB4を乗り回し、天文書を片手に星空を眺める。
横浜FCを追いかけ、サッカーボールを蹴っ飛ばす。
ホントは何が好きなんでしょうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。